山口 洋典

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/08 02:52
 
アバター
研究者氏名
山口 洋典
 
ヤマグチ ヒロノリ
URL
http://www.nposchool.jp
所属
立命館大学
部署
共通教育推進機構
職名
准教授
学位
博士(人間科学・大阪大学・第19152号)(大阪大学)
その他の所属
立命館大学立命館大学

研究分野

 

経歴

 
2000年4月
 - 
2006年3月
財団法人大学コンソーシアム京都 事務局、主事、主査、研究主幹
 
2006年4月
 - 
2016年3月
宗教法人應典院(浄土宗大蓮寺塔頭)主幹
 
2006年10月
 - 
2011年3月
同志社大学大学院総合政策科学研究科 助教授、准教授
 
2011年4月
   
 
立命館大学 共通教育推進機構 准教授(現在に至る)
 
2017年4月
 - 
2018年3月
デンマーク王国・オールボー大学人文学部コミュニケーション・心理学科客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1998年3月
立命館大学 理工学部 環境システム工学科
 
 
 - 
2000年3月
立命館大学大学院 理工学研究科 環境社会工学専攻
 
 
 - 
2005年3月
大阪大学大学院 人間科学研究科 ボランティア人間科学講座
 

委員歴

 
1998年7月
 - 
2000年7月
特定非営利活動法人きょうとNPOセンター運営委員
 
1999年4月
 - 
2000年3月
草津コミュニティ支援センター事務局次長
 
1999年7月
 - 
2003年7月
京のアジェンダ21フォーラム幹事
 
2000年7月
 - 
2003年10月
特定非営利活動法人きょうとNPOセンター副運営委員長・理事
 
2001年7月
 - 
2002年10月
京都市市民活動推進協議会委員
 

論文

 
メタファーを通した災害復興支援における越境的対話の促進――新潟県小千谷市塩谷集落・復興10年のアクションリサーチから
山口洋典・渥美公秀・関嘉寛
質的心理学研究   18 124-142   2019年3月
PBLの風と土:(8)指導の不安と不満で学生を抑えぬように
山口洋典
対人援助学マガジン   9(4) 240-245   2019年3月
参加型学習における問題解決活動と教育実践の相即:立命館大学とデンマーク・オールボー大学との比較研究を通じた理論と方法論の検討
山口 洋典
ボランティア学研究   19 7-22   2019年2月
メゾレベルなボランティア学を求めて:特集「主体的な学びを拓くボランティア学」の企画趣旨
山口 洋典・桑名 恵・阿部 健一・竹端 寛・玉城 直美・福永 敬・高橋 真央
ボランティア学研究   19 3-6   2019年2月
PBLの風と土:(7)どのように問題を設定するかという問題
山口洋典
対人援助学マガジン   9(3) 223-228   2018年12月

Misc

 
学びのコミュニティ:プロブレム・ベースド・ラーニング
山口洋典
2017年度「コミュニティ・デザイン論研究」レクチャー・ドキュメント「社会の構造的問題へ多分野の知でアプローチする」(大阪ガスCEL)   8 1-5   2018年7月
震災20年・人生の選択肢を見つめなおす
山口洋典
同志社大学キリスト教文化センター チャペル・アワー奨励集   294 220-213   2017年3月
支援で問われる受援力:学園による支援
山口洋典
大学時報   372 62-69   2017年1月
まち・ひと・しごと創生法で求められる産官学の連携
山口洋典
TOYONAKAビジョン22   19 11-19   2016年3月
サービス・ラーニング:キーワードで読み解く大学改革の針路第4回
山口洋典
Between   (260) 30-31   2015年2月

書籍等出版物

 
「べき、と、である、を結ぶ。 :目標と現状の整合によ る力量の向上のために」『アートNPOデータバンク2018-19:実践編!アートの現場からうまれた評価』
山口洋典
アートNPOリンク   2019年2月   
「海外から見た日本の市民活動って?」『京都発NPO最善戦:共生と包摂の社会へ』
山口洋典
京都新聞出版センター   2018年6月   ISBN:978-4-7638-0705-2
「異なるアプローチで、 分野を横断してコミュニティ・デザインを紐解く」「コミュニケーションデザインから、 ソーシャル・イノベーションとしてのコミュニティ・デザインへ」、「「物語」と「関係性」からコミュニティ・デザインを捉える」『「コミュニティ・デザイン論研究」読本』
弘本由香里/新川達郎/川中大輔/渥美公秀/山口洋典/髙田光雄
大阪ガス株式会社エネルギー・文化研究所   2016年2月   
「復興に学び・復興を学ぶ:震災PBLを自己目的化しないために」『臨地の対人援助学:東日本大震災と復興の物語』
晃洋書房   2015年8月   ISBN:978-4-7710-2648-3
ソーシャル・イノベーションが拓く世界:身近な社会問題解決のためのトピックス30
西村仁志編著
法律文化社   2014年11月   ISBN:978-4-589-03627-8

講演・口頭発表等

 
【研究報告・実践報告】災害
日本NPO学会第21回大会   2019年6月2日   
コミュニティ間を有機的に繋ぐ人材育成を目指して―サービスラーニング、多文化間教育、地域日本語教室での実践省察から考える市民性教育に向けての現実と課題―
言語文化教育研究学会第5回年次大会   2019年3月10日   
学生とともに紡ぐわたしたちの未来:「教育とICTの可能性」「多文化共生・難民」「社会企業/起業」「NPOの未来」「ジェンダーと開発」
国際ボランティア学会第20回大会   2019年2月16日   
企画セッション「ボランティア学研究(の未来)を読む」
国際ボランティア学会第20回大会   2019年2月16日   
当事者研究される側とする側との分断に関する一考察:拠点での活動と日常の生活との乖離へのまなざし
国際ボランティア学会第20回大会   2019年2月16日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
住民主体の持続可能な共生型地域づくりとその担い手等に関する研究
厚生労働科学研究費補助金 行政政策研究分野 厚生労働科学特別研究
研究期間: 2016年8月 - 2017年3月