武藤多津郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/13 23:59
 
アバター
研究者氏名
武藤多津郎
 
ムトウタツロウ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/60190857.ja.html
所属
藤田保健衛生大学
部署
医学部 医学科 脳神経内科学
職名
教授
学位
博士(医学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2005年
 - 
現在
藤田保健衛生大学 医学部 脳神経内科学 主任教授
 

論文

 
Yamagishi Y, Suzuki H, Sonoo M, Kuwabara S, Yokota T, Nomura K, Chiba A, Kaji R, Kanda T, Kaida K, Ikeda SI, Mutoh T, Yamasaki R, Takashima H, Matsui M, Nishiyama K, Sobue G, Kusunoki S
J Peripher Nerv Syst   4 433-439   2017年   [査読有り]
Anti-neutral glycolipids antibody-positive combined central and peripheral demyelination mimicking encephalomyeloradiculoneuropathy phenotype
Saito K, Toru S, Shima S, Mutoh T
Clinical Neurology Neurosurgery   172 90-92   2018年   [査読有り]
Changes in serial D-dimer levels predict the prognoses of trousseau’s syndrome patients.
Ito S, Kikuchi K, Ueda A, Nagao R, Maeda T, Murate K, Shima S, Mizutani Y, Niimi Y, Mutoh T
Frontier in Neurology   9    2018年   [査読有り]
Ueda A, Shima S, Murate K, Kikuchi K, Nagao R, Maeda T, Muto E, Niimi Y, Mizutani Y, Mutoh T
Mol Cell Neurosci   82 42-48   2018年   [査読有り]
A patient with encephalomyeloradiculoneuropathy exhibiting relapsing-remitting clinical course: correlation of serum and cerebrospinal fluid anti-neutral glycosphingolipids antibodies with clinical relapse
Frontier in Neurology   9 206   2018年   [査読有り]
Niimi Y, Ito S, Murate K, Hirota S, Hikichi C, Ishikawa T, Maeda T, Nagao R, Shima S, Mizutani Y, Ueda A, Mutoh T
Journal of the neurological sciences   377 174-178   2017年6月   [査読有り]
Ishikawa T, Asakura K, Mizutani Y, Ueda A, Murate KI, Hikichi C, Shima S, Kizawa M, Komori M, Murayama K, Toyama H, Ito S, Mutoh T
Muscle & nerve   55(4) 483-489   2017年4月   [査読有り]
Intravenous immunoglobulin for maintenance treatment of chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy: a multicentre, open-label, 52-week phase III trial
Kuwabara S, Mori M, Misawa S, Suzuki M, Nishiyama K, Mutoh T, Doi S, Kokubun N, Kamijo M, Yoshikawa H, Abe K, Nishida Y, Okada K, Sekiguchi K, Sakamoto K, Kusunoki S, Sobue G, Kaji R
J Neurol Neurosurg Psychiatry   88 832-838   2017年   [査読有り]
Current Understanding of Immunopathogenesis of Parkinson’s Disease
Mutoh T.
Austin J Clin Neurol   2016(3) 1097-1098   2016年12月   [査読有り]
Ito S, Ueda A, Murate K, Hirota S, Fukui T, Ishikawa T, Shima S, Hikichi C, Mizutani Y, Kizawa M, Asakura K, Mutoh T
Journal of the neurological sciences   368 344-348   2016年9月   [査読有り]
Kawai H, Morimoto S, Takakuwa Y, Ueda A, Inada K, Sarai M, Arimura T, Mutoh T, Kimura A, Ozaki Y
International heart journal   57(4) 507-510   2016年7月   [査読有り]
Mizuma A, Yamashita T, Kono S, Nakayama T, Baba Y, Itoh S, Asakura K, Niimi Y, Asahi T, Kanemaru K, Mutoh T, Kuroda S, Kinouchi H, Abe K, Takizawa S
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   25(6) 1451-1457   2016年6月   [査読有り]
Fukui T, Ueda A, Murate K-I, Hikichi C, Ito S, Asakura K, Mutoh T.
Neurol Clin Neurosci   4 31-33   2016年   [査読有り]
Takeuchi Y, Ochiai J, Ueda M, Mabuchi C, Shima S, Mutoh T.
Neurol Clin Neurosci   4 70-72   2016年   [査読有り]
Kawabe M, Tachi R, Hideyama T, Yagi M, Kishida Y, Maekawa R, Shima S, Mutoh T, Shiio Y.
Neurol Clin Neurosci   4 162-164   2016年   [査読有り]
Hayashi K, Hamano T, Kawamura Y, Kimura H, Matsunaga A, Ikawa M, Yamamura O, Mutoh T, Higuchi I, Kuriyama M, Nakamoto Y
European neurology   76(1月2日) 87-94   2016年   [査読有り]
Mizutani Y, Ito S, Murate K, Hirota S, Fukui T, Hikichi C, Ishikawa T, Shima S, Ueda A, Kizawa M, Asakura K, Mutoh T
Journal of the neurological sciences   359(1月2日) 236-240   2015年12月   [査読有り]
Kitaguchi N, Hasegawa M, Ito S, Kawaguchi K, Hiki Y, Nakai S, Suzuki N, Shimano Y, Ishida O, Kushimoto H, Kato M, Koide S, Kanayama K, Kato T, Ito K, Takahashi H, Mutoh T, Sugiyama S, Yuzawa Y
Journal of neural transmission (Vienna, Austria : 1996)   122(11) 1593-1607   2015年11月   [査読有り]
Fukui T, Asakura K, Hikichi C, Ishikawa T, Murai R, Hirota S, Murate K, Kizawa M, Ueda A, Ito S, Mutoh T
Toxicology   331 112-118   2015年5月   [査読有り]
Asakura K, Ueda A, Mutoh T
Frontiers in bioscience (Landmark edition)   20 303-313   2015年1月   [査読有り]

Misc

 
製品別にみる自己注射の使い方の実際
廣田政古, 武藤多津郎
自己注射に対する医師・患者ニーズと製品開発への落とし込み   226-232   2016年
内科疾患に伴う神経系疾患 4.腎疾患に伴う神経系障害
木澤真努香, 水谷泰彰, 武藤多津郎
神経内科 研修ノート   429-431   2015年
第5節 ギラン・バレー症候群に於けるバイオマーカーの探索・開発と診断薬・機器開発
武藤多津郎
最先端バイオマーカーを用いた診断薬/診断装置開発と薬事対応   369-372   2015年
抗NMDA受容体脳炎の患者・家族の要望
庄司紘史, 植田晃広, 石川等真, 武藤多津郎
神経内科   82(3) 339-340   2015年
【薬と検査2015】38 パーキンソン病
波多野正和,亀井浩行,植田晃広,武藤多津郎
薬局   66(4) 1140-1157   2015年
亜急性軸索型ニューロパチー症例に認められた抗Trk抗体の意義
廣田政古, 植田晃広, 稲熊容子, 島さゆり, 恵美宣彦, 武藤多津郎
末梢神経   25(1) 100-106   2014年   [査読有り]
【薬と検査2014】53 パーキンソン病
波多野正和,亀井浩行,植田晃広,武藤多津郎
薬局   65(4) 1182-1198   2014年
神経疾患と脂質ラフトの深い関係
武藤多津郎
神経内科   81(6)    2014年
【入院/外来 薬物治療プラクティス】薬物治療管理の実践 精神・神経疾患 パーキンソン病
亀井浩行,波多野正和,植田晃広,武藤多津郎
薬局   64(4) 1212-1226   2013年
石川等真, 植田晃広, 新美芳樹, 引地智加, 河村直樹, 島さゆり, 宮下忠行, 伊藤信二, 朝倉邦彦, 武藤多津郎
脳卒中   35(4) 306-311   2013年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Frontiers in Bioscience
Mutoh T
2014年   
BRAIN and NERVE 増大特集 臨床神経学と臨床免疫学の遭遇と未来
神田隆,上坂等,山村隆
医学書院   2013年   
からだの科学 神経内科の病気のすべて
鈴木則宏
日本評論社   2010年   
臨床病態学1巻
北村聖,楠進,他
ヌーヴェルヒロカワ   2010年   
パーキンソン病診療Q&A110
水野美邦
中外医学社   2009年   

講演・口頭発表等

 
CIDP患者末梢神経組織の画像化と定量の試み
武藤多津郎、石川等真、植田晃広、島さゆり、村手健一郎、伊藤信二.
平成28年度免疫性ニューロパチー班班会議   2017年   
Clioquinolの神経系細胞に及ぼす影響の解明
武藤多津郎、村手健一郎、新美芳樹、水谷泰彰、島さゆり、植田晃広、伊藤信二.
平成28年度スモンに関する調査研究班班会議   2017年   
視神経炎を合併した抗NMDA受容体(NMDAR)脳炎の1例
廣田政古、伊藤信二、植田晃広、長尾龍之介、前田利樹、村手健一郎、引地智加、石川等真、島さゆり、新美芳樹、武藤多津郎.
第147回日本神経学会東海北陸地方会   2017年   
変動する意識障害が診断の契機となった門脈-大循環シャントの1例
菊池洸一, 村手健一郎, 植田晃広, 長尾龍之介, 前田利樹, 廣田政古, 石川等真, 新美芳樹, 水谷泰彰, 島さゆり, 伊藤信二, 武藤多津郎.
第114回日本内科学会東海地方会   2017年   
著明な精神症状で入院し皮膚炎を欠いたペラグラ脳症の1例
長尾龍之介, 植田晃広, 村手健一郎, 引地智加, 石川等真, 島さゆり, 水谷泰彰, 伊藤信二, 朝倉邦彦, 武藤多津郎
第228回 内科学会東海地方会   2016年   
脳梗塞発症を契機に膵癌と診断され、 D-dimerが診断上有用であった Trousseau症候群の1例
前田 利樹, 水谷 泰彰, 村手 健一郎, 廣田 政古, 石川 等真, 島 さゆり, 植田 晃広, 伊藤 信二, 朝倉 邦彦, 武藤 多津郎
第228回 内科学会東海地方会   2016年   
一過性脳虚血発作で発症しランダム皮膚生検で血管内リンパ腫と診断できた1例
引地智加,伊藤信二,村手健一郎,廣田政古,石川等真,島さゆり,水谷泰彰,植田晃広,木澤真努香,朝倉邦彦,武藤多津郎
第142回日本神経学会東海北陸地方学会   2016年   
CIDP患者における 末梢神経のvolume解析
石川等真、水谷泰彰、引地智加、島 さゆり、植田晃広、木澤真努香、伊藤信二、朝倉邦彦、武藤多津郎
第57回日本神経学会学術大会   2016年   
悪性腫瘍による急性期多発性脳塞栓症(Trousseau症候群)におけるD-dimer追跡の意義
伊藤信二, 村手健一郎, 廣田政古, 引地智加, 石川等真, 島さゆり, 水谷泰彰, 植田晃広, 木澤真努香, 朝倉邦彦, 武藤多津郎
第57回日本神経学会学術大会   2016年   
Clioquinol induces apoptosis in PC12 cells via caspase 9 and 3 Activation
朝倉邦彦、石川等真、島さゆり、植田晃広、伊藤信二、武藤多津郎.
第57回日本神経学会学術大会   2016年