篠﨑 陽一

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/23 16:04
 
アバター
研究者氏名
篠﨑 陽一
 
シノザキ ヨウイチ
URL
http://www.ccn.yamanashi.ac.jp/~yshinozaki/Home
所属
山梨大学
部署
大学院 総合研究部 医学域基礎医学系(薬理学)
職名
講師
学位
薬学博士, 博士(薬学)(九州大学大学院 薬学研究院)
科研費研究者番号
10443772

研究分野

 

受賞

 
2017年2月
公益財団法人 金原一郎記念財団 第31回研究交流助成
 
2016年7月
第134回日本薬理学会関東部会 Young Investigator Award
受賞者: 武田明子
 

論文

 
Takeda Akiko Shinozaki Youichi Kashiwagi Kenji Ohno Nobuhiko Eto kei Wake Hiroaki Nabekura Junichi Koizumi Schuichi
GLIA      2018年10月   [査読有り]
The time-dependent variation of ATP release in mouse primary-cultured urothelial cells is regulated by the clock gene.
Ihara T Mitsui T Nakamura Y Kanda M Tsuchiya S Kira S Nakagomi H Sawada N Kamiyama M Shigetomi E Shinozaki Y Yoshiyama M Nakao A Takeda M Koizumi S
Neurourol Urodyn   2018(37) 2535-2543   2018年8月
Purinergic dysregulation causes hypertensive glaucoma-like optic neuropathy
Shinozaki Y Kashiwagi K Namekata K Takeda A Ohno N Robaye B Harada T Iwata T Koizumi S
JCI Insight (Journal of Clinical Investigation姉妹誌, IFは2018夏~)   2(19)    2017年10月   [査読有り]
Cell analysis system using a filter-free fluorescence sensor
transduders2017      2017年7月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
脳の高次機能解明に向けた脳神経系細胞の近接場光イメージング
第65回応用物理学会春季学術講演会   2018年3月17日   
Retinal microglia mediate non-cell-autonomous RGC degeneration in glaucoma model
The 1st International Symposium for Frontend Brain Science of the University of Yamanashi   2018年2月21日   
Disordered P2 receptor signaling causes ocular hypertension and glaucoma-like phenotypes
The 1st International Symposium for Frontend Brain Science of the University of Yamanashi   2018年2月21日   
緑内障発症に関する新たな分⼦メカニズムを発⾒-⼭梨⼤ら
大学コム   2017年10月19日   
緑内障発症の新メカニズム発見
医療情報サイトm3.com   2017年10月16日   

特許

 
特開2009-041931 : タンパク質機能解析装置
篠崎陽一,住友弘二,鳥光慶一
2017-51181 : 緑内障モデル、評価対象薬剤の緑内障予防乃至治療効果の評価方法、及び眼圧調整剤
篠崎陽一,柏木賢治,小泉修一