竹村 俊彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/28 13:15
 
アバター
研究者氏名
竹村 俊彦
 
タケムラ トシヒコ
URL
http://sprintars.net/toshi/
所属
九州大学
部署
応用力学研究所 大気海洋環境研究センター 気候変動科学分野
職名
教授
学位
博士(理学)(東京大学)
ORCID ID
0000-0002-2859-6067

プロフィール

九州大学応用力学研究所教授。2001年に東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)。2001年から九州大学応用力学研究所助手。2006年から同研究所准教授。2014年から現職。同研究所大気海洋環境研究センター長。専門はコンピュータを使った大気中の微粒子(エアロゾル粒子)などの大気汚染物質により引き起こされる気候変動の数値シミュレーション。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書主執筆者(Lead Author)。SPRINTARS PM2.5・黄砂予測を運用(http://sprintars.net/forecastj.html)。Highly Cited Researcher(高被引用論文著者)に選出中(6年連続)。2018年度日本学士院学術奨励賞・日本学術振興会賞。

研究分野

 
 

経歴

 
2019年11月
 - 
現在
九州大学 応用力学研究所 主幹教授
 
2014年12月
 - 
現在
九州大学 応用力学研究所 教授
 
2006年2月
 - 
2014年11月
九州大学 応用力学研究所 准教授
 
2001年10月
 - 
2006年1月
九州大学 応用力学研究所 助手
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2001年9月
東京大学 理学系研究科 地球惑星科学専攻
 
1993年4月
 - 
1997年3月
東北大学 理学部 宇宙地球物理学科
 

委員歴

 
2018年5月
 - 
2019年2月
北九州市環境審議会  特別委員
 
2018年4月
 - 
現在
気候変動に関する懇談会  委員
 
2018年3月
 - 
現在
東アジアの大気汚染に係る地域協力の推進方策に関する懇談会  委員
 
2016年8月
 - 
現在
日本気象学会地球環境問題委員会 委員
 
2016年8月
 - 
現在
日本気象学会国際学術交流委員会 委員
 
2016年5月
 - 
現在
Atmospheric Chemistry and Physics 編集委員
 
2016年2月
 - 
現在
日本学術会議環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP・DIVERSITAS合同分科会CLIVAR小委員会  委員
 
2014年8月
 - 
現在
北九州市日中大気環境改善推進会議  委員
 
2014年7月
 - 
2018年6月
気象集誌編集委員会  委員
 
2014年6月
 - 
現在
Scientific Reports (Nature Publishing Group)編集委員会  委員
 
2013年10月
 - 
現在
日本気象学会山本賞候補者推薦委員会  委員
 
2011年6月
 - 
現在
気候変動に関する政府間パネル第1作業部会国内幹事会幹事会  委員
 
2011年6月
 - 
2017年7月
気候変動に関する政府間パネル国内連絡会委員  委員
 
2010年1月
 - 
現在
Atmosphere編集委員会  委員
 
2008年7月
 - 
現在
日本気象学会気象研究コンソーシアム運営委員会  委員
 
2013年8月
 - 
2014年3月
宇宙航空研究開発機構地球圏総合診断委員会大気分科会  委員
 
2012年1月
 - 
2012年3月
温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)中間総括会議  委員
 
2006年10月
 - 
2008年9月
日本学術会議IGBP・WCRP合同分科会IGAC小委員会  委員
 
2008年10月
 - 
2010年3月
地球観測連携拠点地球温暖化観測推進ワーキンググループ  委員
 

受賞

 
2019年11月
Highly Cited Researchers 2019
 
2019年11月
西日本文化賞奨励賞
 
2019年2月
日本学士院 学術奨励賞
 
2019年2月
日本学術振興会 日本学術振興会賞
 
2018年11月
Highly Cited Researchers 2018
 
2017年11月
Highly Cited Researchers 2017
 
2016年11月
Highly Cited Researchers 2016
 
2015年9月
トムソン・ロイター Highly Cited Researchers 2015
 
2015年5月
日本地球惑星科学連合 地球惑星科学振興西田賞
 
2014年6月
トムソン・ロイター Highly Cited Researchers 2014
 
2013年5月
日本気象学会 学会賞
 
2011年8月
Asian Aerosol Research Assembly Asian Young Aerosol Scientist Award
 
2009年8月
日本エアロゾル学会 奨励賞
 
2008年4月
文部科学省 科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞
 
2004年8月
International Radiation Commission Young Scientist Award
 
2002年10月
日本気象学会 山本・正野論文賞
 

論文

 
Hodnebrog Oivind, Myhre Gunnar, Samset Bjorn H., Alterskjaer Kari, Andrews Timothy, Boucher Olivier, Faluvegi Gregory, Flaeschner Dagmar, Forster Piers M., Kasoar Matthew, Kirkevag Alf, Lamarque Jean-Francois, Olivie Dirk, Richardson Thomas B., Shawki Dilshad, Shindell Drew, Shine Keith P., Stier Philip, Takemura Toshihiko, Voulgarakis Apostolos, Watson-Parris Duncan
ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   19(20) 12887-12899   2019年10月   [査読有り]
Sillmann Jana, Stjern Camilla W., Myhre Gunnar, Samset Bjorn H., Hodnebrog Oivind, Andrews Timothy, Boucher Olivier, Faluvegi Gregory, Forster Piers, Kasoar Matthew R., Kharin Viatcheslav V., Kirkevag Alf, Lamarque Jean-Francois, Olivie Dirk J. L., Richardson Thomas B., Shindell Drew, Takemura Toshihiko, Voulgarakis Apostolos, Zwiers Francis W.
NPJ CLIMATE AND ATMOSPHERIC SCIENCE   2    2019年7月   [査読有り]
Stjern Camilla Weum, Lund Marianne Tronstad, Samset Bjorn Hallvard, Myhre Gunnar, Forster Piers M., Andrews Timothy, Boucher Olivier, Faluvegi Gregory, Flaeschner Dagmar, Iversen Trond, Kasoar Matthew, Kharin Viatcheslav, Kirkevag Alf, Lamarque Jean-Francois, Olivie Dirk, Richardson Thomas, Sand Maria, Shawki Dilshad, Shindell Drew, Smith Christopher J., Takemura Toshihiko, Voulgarakis Apostolos
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   124(13) 6698-6717   2019年7月   [査読有り]
Tatebe Hiroaki, Ogura Tomoo, Nitta Tomoko, Komuro Yoshiki, Ogochi Koji, Takemura Toshihiko, Sudo Kengo, Sekiguchi Miho, Abe Manabu, Saito Fuyuki, Chikira Minoru, Watanabe Shingo, Mori Masato, Hirota Nagio, Kawatani Yoshio, Mochizuki Takashi, Yoshimura Kei, Takata Kumiko, O'ishi Ryouta, Yamazaki Dai, Suzuki Tatsuo, Kurogi Masao, Kataoka Takahito, Watanabe Masahiro, Kimoto Masahide
GEOSCIENTIFIC MODEL DEVELOPMENT   12(7) 2727-2765   2019年7月   [査読有り]
T. Tang, D. Shindell, G. Faluvegi, G. Myhre, D. Olivié, A. Voulgarakis, M. Kasoar, T. Andrews, O. Boucher, P. M. Forster, Hodnebrog, T. Iversen, A. Kirkevåg, J. F. Lamarque, T. Richardson, B. H. Samset, C. W. Stjern, T. Takemura, C. Smith
Journal of Geophysical Research: Atmospheres   124 4382-4394   2019年4月
©2019. American Geophysical Union. All Rights Reserved. We compare six methods of estimating effective radiative forcing (ERF) using a set of atmosphere-ocean general circulation models. This is the first multiforcing agent, multimodel evaluation ...
Takemura Toshihiko, Suzuki Kentaroh
SCIENTIFIC REPORTS   9    2019年3月   [査読有り]
Michibata Takuro, Suzuki Kentaroh, Sekiguchi Miho, Takemura Toshihiko
JOURNAL OF ADVANCES IN MODELING EARTH SYSTEMS   11(3) 839-860   2019年3月   [査読有り]
Suzuki Kentaroh, Takemura Toshihiko
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   124(4) 2194-2209   2019年2月   [査読有り]
Santra Sauvik, Verma Shubha, Fujita Koji, Chakraborty Indrajit, Boucher Olivier, Takemura Toshihiko, Burkhart John F., Matt Felix, Sharma Mukesh
ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   19(4) 2441-2460   2019年2月   [査読有り]
Aas Wenche, Mortier Augustin, Bowersox Van, Cherian Ribu, Faluvegi Greg, Fagerli Hilde, Hand Jenny, Klimont Zbigniew, Galy-Lacaux Corinne, Lehmann Christopher M. B., Myhre Cathrine Lund, Myhre Gunnar, Olivie Dirk, Sato Keiichi, Quaas Johannes, Rao P. S. P., Schulz Michael, Shindell Drew, Skeie Ragnhild B., Stein Ariel, Takemura Toshihiko, Tsyro Svetlana, Vet Robert, Xu Xiaobin
SCIENTIFIC REPORTS   9    2019年1月   [査読有り]
Seposo Xerxes, Ueda Kayo, Park Sang Seo, Sudo Kengo, Takemura Toshihiko, Nakajima Teruyuki
GLOBAL HEALTH ACTION   12(1)    2019年1月   [査読有り]
T. B. Richardson, P. M. Forster, T. Andrews, O. Boucher, G. Faluvegi, D. Fläschner, Hodnebrog, M. Kasoar, A. Kirkevåg, J. F. Lamarque, G. Myhre, D. Olivié, B. H. Samset, D. Shawki, D. Shindell, T. Takemura, A. Voulgarakis
Journal of Climate   31 9641-9657   2018年12月
© 2018 American Meteorological Society. The response of the hydrological cycle to climate forcings can be understood within the atmospheric energy budget framework. In this study precipitation and energy budget responses to five forcing agents ar...
C. J. Smith, R. J. Kramer, G. Myhre, P. M. Forster, B. J. Soden, T. Andrews, O. Boucher, G. Faluvegi, D. Fläschner, Hodnebrog, M. Kasoar, V. Kharin, A. Kirkevåg, J. F. Lamarque, J. Mülmenstädt, D. Olivié, T. Richardson, B. H. Samset, D. Shindell, P. Stier, T. Takemura, A. Voulgarakis, D. Watson-Parris
Geophysical Research Letters   45    2018年11月
©2018. The Authors. Rapid adjustments are responses to forcing agents that cause a perturbation to the top of atmosphere energy budget but are uncoupled to changes in surface warming. Different mechanisms are responsible for these adjustments for ...
Ohgaito Rumi, Abe-Ouchi Ayako, O'ishi Ryouta, Takemura Toshihiko, Ito Akinori, Hajima Tomohiro, Watanabe Shingo, Kawamiya Michio
Climate of the Past   14(11) 1565-1581   2018年11月   [査読有り]
G. Myhre, R. J. Kramer, C. J. Smith, Hodnebrog, P. Forster, B. J. Soden, B. H. Samset, C. W. Stjern, T. Andrews, O. Boucher, G. Faluvegi, D. Fläschner, M. Kasoar, A. Kirkevåg, J. F. Lamarque, D. Olivié, T. Richardson, D. Shindell, P. Stier, T. Takemura, A. Voulgarakis, D. Watson-Parris
Geophysical Research Letters   45    2018年10月
©2018. The Authors. Different climate drivers influence precipitation in different ways. Here we use radiative kernels to understand the influence of rapid adjustment processes on precipitation in climate models. Rapid adjustments are generally tr...
Dong Xinyi, Fu Joshua S., Zhu Qingzhao, Sun Jian, Tan Jiani, Keating Terry, Sekiya Takashi, Sudo Kengo, Emmons Louisa, Tilmes Simone, Jonson Jan Eiof, Schulz Michael, Bian Huisheng, Chin Mian, Davila Yanko, Henze Daven, Takemura Toshihiko, Benedictow Anna Maria Katarina, Huang Kan
Atmospheric Chemistry and Physics   18(21) 15581-15600   2018年10月   [査読有り]
短寿命気候汚染物質
竹村俊彦
ビルと環境   162 26-33   2018年9月
Tan, J., J. S. Fu, F. Dentener, J. Sun, L. Emmons, S. Tilmes, J. Flemming, T. Takemura, H. Bian, Q. Zhu, C.-E. Yang, and T. Keating
Atmospheric Chemistry and Physics   18(16) 12223-12240   2018年8月   [査読有り]
Takahashi, H. G., S. Watanabe, M. Nakata, and T. Takemura
Progress in Earth and Planetary Science   5    2018年8月   [査読有り]
Park, S. S., T. Takemura, and S.-W. Kim
Atmospheric Environment   186 56-73   2018年8月   [査読有り]
Liang, C.-K., J. J. West, R. A. Silva, H. Bian, M. Chin, F. J. Dentener, Y. Davila, L. Emmons, G. Folberth, J. Flemming, D. Henze, U. Im, J. E. Jonson, T. Kucsera, T. J. Keating, M. T. Lund, A. Lenzen, M. Lin, R. B. Pierce, R. J. Park, X. Pan, T. Sekiya, K. Sudo, and T. Takemura
Atmospheric Chemistry and Physics   18(14) 10497-10520   2018年7月   [査読有り]
Galmarini, S., I. Kioutsioukis, E. Solazzo, U. Alyuz, A. Balzarini, R. Bellasio, A. M. K. Benedictow, R. Bianconi, J. Bieser, J. Brandt, J. H. Christensen, A. Colette, G. Curci, Y. Davila, X. Dong, J. Flemming, X. Francis, A. Fraser, J. Fu, D. Henze, C. Hogrefe, U. Im, M. G. Vivanco, P. Jimenez-Guerrero, J. E. Jonson, N. Kitwiroon, A. Manders, R. Mathur, L. Palacios-Pena, G. Pirovano, L. Pozzoli, M. Prank, M. Schultz, R. S. Sokhi, K. Sudo, P. Tuccella, T. Takemura, T. Sekiya, and A. Unal
Atmospheric Chemistry and Physics   18(12) 8727-8744   2018年6月   [査読有り]
Tang, T., D. Shindell, B. H. Samset, O. Boucher, P. M. Forster, O. Hodnebrog, G. Myhre, J. Sillmann, A. Voulgarakis, T. Andrews, G. Faluvegi, D. Flaschner, T. Iversen, M. Kasoar, V. Kharin, A. Kirkevag, J.-F. Lamarque, D. Olivie, T. Richardson, C. W. Stjern, and T. Takemura
Atmospheric Chemistry and Physics   18(11) 8439-8452   2018年6月   [査読有り]
Liu, L., D. Shawki, A. Voulgarakis, M. Kasoar, B. H. Samset, G. Myhre, P. M. Forster, O. Hodnebrog, J. Sillmann, S. G. Aalbergsjo, O. Boucher, G. Faluvegi, T. Iversen, A. Kirkevag, J.-F. Lamarque, D. Olivie, T. Richardson, D. Shindell, and T. Takemura
Journal of Climate   31(11) 4429-4447   2018年6月   [査読有り]
Tan, J., J. S. Fu, F. Dentener, J. Sun, L. Emmons, S. Tilmes, K. Sudo, J. Flemming, J. E. Jonson, S. Gravel, H. Bian, D. Henze, M. T. Lund, T. Kucsera, T. Takemura, and T. Keating
Atmospheric Chemistry and Physics   18(9) 6847-6866   2018年5月   [査読有り]
Myhre, G., B. H. Samset, O. Hodnebrog, T. Andrews, O. Boucher, G. Faluvegi, D. Flaschner, P. M. Forster, M. Kasoar, V. Kharin, A. Kirkevag, J.-F. Lamarque, D. Olivie, T. B. Richardson, D. Shawki, D. Shindell, K. P. Shine, C. W. Stjern, T. Takemura, and A. Voulgarakis
Nature Communications   9    2018年5月   [査読有り]
Richardson, T. B., P. M. Forsterd, T. Andrews, O. Boucher, G. Faluvegi, D. Flaschner, M. Kasoar, A. Kirkevag, J.-F. Lamarque, G. Myhre, D. Olivie, B. H. Samset, D. Shawki, D. Shindell, T. Takemura, and A. Voulgarakis
Geophysical Research Letters   45(6) 2815-2825   2018年3月   [査読有り]
Sato, Y., D. Goto, T. Michibata, K. Suzuki, T. Takemura, H. Tomita, and T. Nakajima
Nature Communications   9    2018年3月   [査読有り]
Takemura, T.
CGER’s Supercomputer Monograph Report   24 1-88   2018年1月
Stjern, C. W., B. H. Samset, G. Myhre, P. M. Forster, O. Hodnebrog, T. Andrews, O. Boucher, G. Faluvegi, T. Iversen, M. Kasoar, V. Kharin, A. Kirkevag, J.-F. Lamarque, D. Olivie, T. Richardson, D. Shawki, D. Shindell, C. J. Smith, T. Takemura, A. Voulgarakis, and F. Zwiers
Journal of Geophysical Research-Atmospheres   122(21) 11462-11481   2017年11月   [査読有り]
Sand, M., B. H. Samset, Y. Balkanski, S. Bauer, N. Bellouin, T. K. Berntsen, H. Bian, M Chin, T. Diehl, R. Easter, S. J. Ghan, T. Iversen, A. Kirkevag, J.-F. Lamarque, G. Lin, X. Liu, G. Luo, G. Myhre, T. van Noije, J. E. Penner, M. Schulz, O. Seland, R. B. Skeie, P. Stier, T. Takemura, K. Tsigaridis, F. Yu, K. Zhang, and H. Zhang
Atmospheric Chemistry and Physics   17(19) 12197-12218   2017年10月   [査読有り]
Silva, R., J. J. West, J.-F. Lamarque, D. Shindell, W. Collins, G. Faluvegi, G. Folberth, L. Horowitz, T. Nagashima, V. Naik, S. Rumbold, K. Sudo, T. Takemura, D. Bergmann, P. Cameron-Smith, R. Doherty, B. Josse, I. MacKenzie, D. Stevenson, and G. Zeng
Nature Climate Change   7(9) 647-651   2017年9月   [査読有り]
Kaskaoutis, D. G., A. Rashki, E. E. Houssos, M. Legrand, P. Francois, A. Bartzokas, H. D. Kambezidis, U. C. Dumka, D. Goto, and T. Takemura
International Journal of Climatology   37 1013-1034   2017年8月   [査読有り]
海のしぶき:気象や気候への多大な影響
竹村俊彦
パリティ   32(7) 57-61   2017年7月
Myhre, G., P. Forster, B. Samset, O. Hodnebrog, J. Sillmann, S. G. Aalbergsjo, T. Andrews, O. Boucher, G. Faluvegi, D. Flaeschner, T. Iversen, M. Kasoar, V. Kharin, A. Kirkevag, J.-F. Lamarque, D. J. L. Olivie, T. B. Richardson, D. Shindell, K. P. Shine, C. W. Stjern, T. Takemura, A. Voulgarakis and F. Zwiers
Bulletin of the American Meteorological Society   98(6) 1185-1198   2017年6月   [査読有り]
Gryspeerdta, E., J. Quaas, S. Ferrachat, A. Gettelman, S. Ghan, U. Lohmann, H. Morrison, D. Neubauer, D. G. Partridge, P. Stier, T. Takemura, H. Wang, M. Wang, and K. Zhang
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114(19) 4899-4904   2017年5月   [査読有り]
Park, S. S., T. Takemura, and J. Kim
Atmospheric Environment   152 98-110   2017年3月   [査読有り]
Myhre, G., W. Aas, R. Cherian, W. Collins, G. Faluvegi, M. Flanner, P. Forster, O. Hodnebrog, Z. Klimont, J. Mulmenstadt, C. L. Myhre, D. Olivie, M. Prather, J. Quaas, B. H. Samset, J. L. Schnell, M. Schulz, D. Shindell, R. B. Skeie, T. Takemura, and S. Tsyro
Atmospheric Chemistry and Physics   17(4) 2709-2720   2017年2月   [査読有り]
竹村俊彦
日本地球惑星科学連合ニュースレター   13(1) 7-9   2017年2月
Nakajima, T., S. Misawa, Y. Morino, H. Tsuruta, D. Goto, J. Uchida, T. Takemura, T. Ohara, Y. Oura, M. Ebihara, and M. Satoh
Progress in Earth and Planetary Science   4    2017年1月   [査読有り]
Li, Z., W. Lau, V. Ramanathan, G.-X. Wu, Y. Ding, M. Manoj, J. Liu, Y. Qian, J. Li, T. Zhou, J. Fan, D. Rosenfeld, Y. Ming, Y. Wang, H. Jianping, B. Wang, X. Xu, S. S. Lee, M. Cribb, F. Zhang, X. Yang, T. Takemura, W. Kaicun, X. Xia, Y. Yin, H. Zhang, J. Guo, P. Zhai, N. Sugimoto, S. S. Babu, and G. Brasseur
Reviews of Geophysics   54(4) 866-929   2016年12月   [査読有り]
Kipling, Z., P. Stier, C. E. Johnson, G. W. Mann, N. Bellouin, S. E. Bauer, T. Bergman, M. Chin, T. Diehl, S. J. Ghan, T. Iversen, A. Kirkevag, H. Kokkola, X. Liu, G. Luo, T. van Noije, K. J. Pringle, K. von Salzen, M. Schulz, O. Seland, R. B. Skeie, T. Takemura, K. Tsigaridis, and K. Zhang
Atmospheric Chemistry and Physics   16(4) 2221-2241   2016年   [査読有り]
Sato, Y., H. Miura, H. Yashiro, D. Goto, T. Takemura, H. Tomita, and T. Nakajima
Scientific Reports   6    2016年   [査読有り]
Michibata, T., K. Suzuki, Y. Sato, and T. Takemura
Atmospheric Chemistry and Physics   16(23) 15413-15424   2016年   [査読有り]
Silva, R. A., J. J. West, J.-F. Lamarque, D. T. Shindell, W. J. Collins, S. Dalsoren, G. Faluvegi, G. Folberth, L. W. Horowitz, T. Nagashima, V. Naik, S. T. Rumbold, K. Sudo, T. Takemura, D. Bergmann, P. Cameron-Smith, I. Cionni, R. M. Doherty, V. Eyring, B. Josse, I. A. MacKenzie, D. S. Plummer, M. Righi, D. S. Stevenson, S. Strode, S. Szopa, and G. Zeng
Atmospheric Chemistry and Physics   16(15) 9847-9862   2016年   [査読有り]
Kaskaoutis, D. G., E. E. Houssos, A. Rashki, P. Francois, M. Legrand, D. Goto, A. Bartzokas, H. D. Kambezidis, and T. Takemura
Global and Planetary Change   137 10-23   2016年   [査読有り]
Zhang, S., M. Wang, S. J. Ghan, A. Ding, H. Wang, K. Zhang, D. Neubauer, U. Lohmann, S. Ferrachat, T. Takemura, A. Gettelman, H. Morrison, Y. H. Lee, D. T. Shindell, D. G. Partridge, P. Stier, Z. Kipling, and C. Fu
Atmospheric Chemistry and Physics   16(5) 2765-2783   2016年   [査読有り]
Govardhan, G. R., R. S. Nanjundiah, S. K. Satheesh, K. K. Moorthy, and T. Takemura
Atmospheric Environment   125 486-504   2016年   [査読有り]
Stjern, C. W., B. H. Samset, G. Myhre, H. Bian, M. Chin, Y. Davila, F. Dentener, L. Emmons, J. Flemming, A. S. Haslerud, D. Henze, J. E. Jonson, T. Kucsera, M. T. Lund, M. Schulz, K. Sudo, T. Takemura, and S. Tilmes
Atmospheric Chemistry and Physics   16(21) 13579-13599   2016年   [査読有り]
Samset, B. H., G. Myhre, P. M. Forster, O. Hodnebrog, T. Andrews, G. Faluvegi, D. Flaschner, M. Kasoar, V. Kharin, A. Kirkevag, J.-F. Lamarque, D. Olivie, T. Richardson, D. Shindell, K. P. Shine, T. Takemura, and A. Voulgarakis
Geophysical Research Letters   43(6) 2782-2791   2016年   [査読有り]
Koffi, B., M. Schulz, F.-M. Breon, F. Dentener, B. M. Steensen, J. Griesfeller, D. Winker, Y. Balkanski, S. E. Bauer, N. Bellouin, T. Berntsen, H. Bian, M. Chin, T. Diehl, R. Easter, S. Ghan, D. A. Hauglustaine, T. Iversen, A. Kirkevag, X. Liu, U. Lohmann, G. Myhre, P. Rasch, O. Seland, R. B. Skeie, S. D. Steenrod, P. Stier, J. Tackett, T. Takemura, K. Tsigaridis, M. R. Vuolo, J. Yoon, and K. Zhang
Journal of Geophysical Research-Atmospheres   121(12) 7254-7283   2016年   [査読有り]
Peers, F., N. Bellouin, F. Waquet, F. Ducos, P. Goloub, J. Mollard, G. Myhre, R. B. Skeie, T. Takemura, D. Tanre, F. Thieuleux, and K. Zhang
Geophysical Research Letters   43(8) 3991-4000   2016年   [査読有り]
Ghan, S., M. Wang, S. Zhang, S. Ferrachat, A. Gettelman, J. Griesfeller, Z. Kipling, U. Lohmann, H. Morrison, D. Neubauer, D. Partridge, P. Stier, T. Takemura, H. Wang, and K. Zhang
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113(21) 5804-5811   2016年   [査読有り]
Akimoto, H., J. Kurokawa, K. Sudo, T. Nagashima, T. Takemura, Z. Klimont, M. Amann, and K. Suzuki
Atmospheric Environment   122 588-595   2015年   [査読有り]
Michibata, T., and T. Takemura
Journal of Geophysical Research-Atmospheres   120(18) 9570-9590   2015年   [査読有り]
Goto, D., T. Nakajima, T. Dai, T. Takemura, M. Kajino, H. Matsui, A. Takami, S. Hatakeyama, N. Sugimoto, A. Shimizu, and T. Ohara
Journal of Geophysical Research-Atmospheres   120(12) 6247-6270   2015年   [査読有り]
Lacagnina, C., O. P. Hasekamp, H. Bian, G. Curci, G. Myhre, T. van Noije, M. Schulz, R. B. Skeie, T. Takemura, and K. Zhang
Journal of Geophysical Research-Atmospheres   120(18) 9814-9836   2015年   [査読有り]
Pan, X., M. Chin, R. Gautam, H. Bian, D. Kim, P. R. Colarco, T. L. Diehl, T. Takemura, L. Pozzoli, K. Tsigaridis, S. Bauer, and N. Bellouin
Atmospheric Chemistry and Physics   15(10) 5903-5928   2015年   [査読有り]
Yumimoto, K., and T. Takemura
Journal of Geophysical Research-Atmospheres   120(4) 1582-1607   2015年   [査読有り]
微小粒子状物質PM2.5の予測
竹村俊彦
環境技術   43 344-350   2014年6月
Komurcu, M., T. Storelvmo, I. Tan, U. Lohmann, Y. Yun, J. E. Penner, Y. Wang, X. Liu, and T. Takemura
Journal of Geophysical Research-Atmospheres   119(6) 3372-3400   2014年   [査読有り]
Samset, B. H., G. Myhre, A. Herber, Y. Kondo, S.-M. Li, N. Moteki, M. Koike, N. Oshima, J. P. Schwarz, Y. Balkanski, S. E. Bauer, N. Bellouin, T. K. Berntsen, H. Bian, M. Chin, T. Diehl, R. C. Easter, S. J. Ghan, T. Iversen, A. Kirkevag, J.-F. Lamarque, G. Lin, X. Liu, J. E. Penner, M. Schulz, O. Seland, R. B. Skeie, P. Stier, T. Takemura, K. Tsigaridis, and K. Zhang
Atmospheric Chemistry and Physics   14(22) 12465-12477   2014年   [査読有り]
Kim, H.-J., K. Takata, K. Tanaka, R. Yamashima, J. Matsumoto, K. Saito, T. Takemura, and T. Yasunari
Asia-Pacific Journal of Atmospheric Sciences   50(4) 423-435   2014年   [査読有り]
Jeoung, H., C. E. Chung, T. V. Noije, and T. Takemura
Tellus Series B-Chemical and Physical Meteorology   66    2014年   [査読有り]
Kim, D., M. Chin, H. Yu, T. Diehl, Q. Tan, R. A. Kahn, K. Tsigaridis, S. E. Bauer, T. Takemura, L. Pozzoli, N. Bellouin, M. Schulz, S. Peyridieu, A. Chedin, and B. Koffi
Journal of Geophysical Research-Atmospheres   119(10) 6259-6277   2014年   [査読有り]
Pathak, B., A. Borgohain, P. K. Bhuyan, S. S. Kundu, S. Sudhakar, M. Gogoi, and T. Takemura
Journal of Earth System Science   123(4) 651-663   2014年   [査読有り]
Kaskaoutis, D. G., E. E. Houssos, D. Goto, A. Bartzokas, P. T. Nastos, P. R. Sinha, S. K. Kharol, P. G. Kosmopoulos, R. P. Singh, and T. Takemura
Climate Dynamics   43(9-10) 2313-2331   2014年   [査読有り]
Tsigaridis, K., N. Daskalakis, M. Kanakidou, P. J. Adams, P. Artaxo, R. Bahadur, Y. Balkanski, S. E. Bauer, N. Bellouin, A. Benedetti, T. Bergman, T. K. Berntsen, J. P. Beukes, H. Bian, K. S. Carslaw, M. Chin, G. Curci, T. Diehl, R. C. Easter, S. J. Ghan, S. L. Gong, A. Hodzic, C. R. Hoyle, T. Iversen, S. Jathar, J. L. Jimenez, J. W. Kaiser, A. Kirkevag, D. Koch, H. Kokkola, Y. H. Lee, G. Lin, X. Liu, G. Luo, X. Ma, G. W. Mann, N. Mihalopoulos, J.-J. Morcrette, J.-F. Muller, G. Myhre, S. Myriokefalitakis, N. L. Ng, D. O'Donnell, J. E. Penner, L. Pozzoli, K. J. Pringle, L. M. Russell, M. Schulz, J. Sciare, O. Seland, D. T. Shindell, S. Sillman, R. B. Skeie, D. Spracklen, T. Stavrakou, S. D. Steenrod, T. Takemura, P. Tiitta, S. Tilmes, H. Tost, T. van Noije, P. G. van Zyl, K. von Salzen, F. Yu, Z. Wang, Z. Wang, R. A. Zaveri, H. Zhang, K. Zhang, Q. Zhang, and X. Zhang
Atmospheric Chemistry and Physics   14(19) 10845-10895   2014年   [査読有り]
Michibata, T., K. Kawamoto, and T. Takemura
Atmospheric Chemistry and Physics   14(21) 11935-11948   2014年   [査読有り]
楢崎幸範, 竹村俊彦, 天野光, 石川徹夫, 藤高和信
Radioisotopes   62 847-855   2013年11月
九州地方における越境大気汚染の現状
竹村俊彦
科学   83 428-432   2013年4月
竹村俊彦
日本風工学会誌   38 426-433   2013年
Yumimoto, K., and T. Takemura
Geoscientific Model Development   6 2005-2022   2013年   [査読有り]
Yasunari, T. J., Q. Tan, K.-M. Lau, P. Bonasoni, A. Marinoni, P. Laj, M. Menegoz, T. Takemura, and M. Chin
Atmospheric Environment   78 259-267   2013年   [査読有り]
Silva, R. A., J. J. West, Y. Zhang, S. C. Anenberg, J.-F. Lamarque, D. T. Shindell, W. J. Collins, S. Dalsoren, G. Faluvegi., G. Folberth, L. W. Horowitz, T. Nagashima, V. Naik, S. Rumbold, R. Skeie, K. Sudo, T. Takemura, D. Bergmann, P. Cameron-Smith, I. Cionni, R. M. Doherty, V. Eyring, B. Josse, I. A. MacKenzie, D. Plummer, M. Righi, D. S. Stevenson, S. Strode, S. Szopa, and G. Zeng
Environmental Research Letters   8 034005   2013年   [査読有り]
Lambert, F., J.-S. Kug, R. J. Park, N. Mahowald, G. Winckler, A. Abe-Ouchi, R. O'ishi, T. Takemura, and J.-H. Lee
Nature Climate Change   3 487-491   2013年   [査読有り]
Yu, H., M. Chin, J. J. West, C. S. Atherton, N. Bellouin, D. Bergmann, I. Bey, H. Bian, T. Diehl, G. Forberth, P. Hess, M. Schulz, D. Shindell, T. Takemura, and Q. Tan
Journal of Geophysical Research   118 700-720   2013年   [査読有り]
Stier, P., N. A. J. Schutgens, N. Bellouin, H. Bian, O. Boucher, M. Chin, S. Ghan, N. Huneeus, S. Kinne, G. Lin, X. Ma, G. Myhre, J. E. Penner, C. Randles, B. Samset, M. Schulz, T. Takemura, F. Yu, H. Yu, and C. Zhou
Atmospheric Chemistry and Physics   13 3245-3270   2013年   [査読有り]
Shindell, D. T., J.-F. Lamarque, M. Schulz, M. Flanner, C. Jiao, M. Chin, P. J. Young, Y. H. Lee, L. Rotstayn, N. Mahowald, G. Milly, G. Faluvegi, Y. Balkanski, W. J. Collins, A. J. Conley, S. Dalsoren, R. Easter, S. Ghan, L. Horowitz, X. Liu, G. Myhre, T. Nagashima, V. Naik, S. T. Rumbold, R. Skeie, K. Sudo, S. Szopa, T. Takemura, A. Voulgarakis, J.-H. Yoon, F. Lo
Atmospheric Chemistry and Physics   13 2939-2974   2013年   [査読有り]
Lee, Y. H., J.-F. Lamarque, M. G. Flanner, C. Jiao, D. T. Shindell, T. Berntsen, M. M. Bisiaux, J. Cao, W. J. Collins, M. Curran, R. Edwards, G. Faluvegi, S. Ghan, L. W. Horowitz, J. R. McConnell, J. Ming, G. Myhre, T. Nagashima, V. Naik, S. T. Rumbold, R. B. Skeie, K. Sudo, T. Takemura, F. Thevenon, B. Xu, and J.-H. Yoon
Atmospheric Chemistry and Physics   13 2607-2634   2013年   [査読有り]
Samset, B. H., G. Myhre, M. Schulz, Y. Balkanski, S. Bauer, T. K. Berntsen, H. Bian, N. Bellouin, T. Diehl, R. C. Easter, S. J. Ghan, T.Iversen, S. Kinne, A. Kirkevag, J.-F. Lamarque, G. Lin, X. Liu, J. E. Penner, O. Seland, R. B. Skeie, P. Stier, T. Takemura, K. Tsigaridis, and K. Zhang
Atmospheric Chemistry and Physics   13 2423-2434   2013年   [査読有り]
Myhre, G., B. H. Samset, M. Schulz, Y. Balkanski, S. Bauer, T. K. Berntsen, H. Bian, N. Bellouin, M. Chin, T. Diehl, R. C. Easter, J. Feichter, S. J. Ghan, D. Hauglustaine, T. Iversen, S. Kinne, A. Kirkevag, J.-F. Lamarque, G. Lin, X. Liu, M. T. Lund, G. Luo, X. Ma, T. van Noije, J. E. Penner, P. J. Rasch, A. Ruiz, O. Seland, R. B. Skeie, P. Stier, T. Takemura, K. Tsigaridis, P. Wang, Z. Wang, L. Xu, H. Yu, F. Yu, J.-H. Yoon, K. Zhang, H. Zhang, and C. Zhou
Atmospheric Chemistry and Physics   13 1853-1877   2013年   [査読有り]
Pathak, B., P. K. Bhuyan, J. Biswas, and T. Takemura
Atmospheric Environment   69 334-344   2013年   [査読有り]
福島第一原子力発電所から発生した微粒子の地球規模拡散
竹村俊彦
パリティ   27(1) 67-68   2012年1月
竹村俊彦
日本風工学会誌   37 192-197   2012年
Yumimoto, K., I. Uno, N. Sugimoto, A. Shimizu, Y. Hara, and T. Takemura
Geophysical Research Letters   39 L24807   2012年   [査読有り]
Danielache, S. O., C. Yoshikawa, A. Priyadarshi, T. Takemura, Y. Ueno, M. H. Thiemens, and N. Yoshida
Geochemical Journal   46 335-339   2012年   [査読有り]
Fiore, A. M., V. Naik, D V. Spracklen, A. Steiner, N. Unger, M. Prather, D. Bergmann, P. J. Cameron-Smith, I. Cionni, W. J. Collins, S. Dalsoren, V. Eyring, G. A. Folberth, P. Ginoux, L. W. Horowitz, B. Josse, J.-F. Lamarque, I. A. MacKenzie, T. Nagashima, F. M. O'Connor, M. Righi, S. T. Rumbold, D. T. Shindell, R. B. Skeie, K. Sudo, S. Szopa, T. Takemura, and G. Zengu
Chemical Society Reviews   41 6663-6683   2012年   [査読有り]
Iguchi, T., T. Nakajima, A. Khain, K. Saito, T. Takemura, H. Okamoto, T. Nishizawa, and W.-K. Tao
Journal of the Atmospheric Sciences   69 2566-2586   2012年   [査読有り]
Watanabe, S., T. Takemura, K. Sudo, T. Yokohata, and H. Kawase
Atmospheric Chemistry and Physics   12 5249-5257   2012年   [査読有り]
Koffi, B., M. Schulz, F. Breon, J. Griesfeller, Y. Balkanski, S. Bauer, T. Berntsen, M. Chin, W. D. Collins, F. Dentener, T. Diehl, R. Easter, S. Ghan, P. Ginoux, S. Gong, L. W. Horowitz, T. Iversen, A. Kirkevag, D. Koch, M. Krol, G. Myhre, P. Stier, T. Takemura, and D. Winker
Journal of Geophysical Research   117 D10201   2012年   [査読有り]
Kaskaoutis, D. G., R. Gautam, R. P. Singh, E. E. Houssos, D. Goto, S. Singh, A. Bartzokas, P. G. Kosmopoulos, M. Sharma, C. Hsu, B. N. N. Holben, and T. Takemura
Journal of Geophysical Research   117 D09106   2012年   [査読有り]
竹村 俊彦
天気   59 143-150   2012年   [査読有り]
吉森正和, 横畠徳太, 小倉知夫, 大石龍太, 河宮未知生, 塩竈秀夫, 對馬洋子, 小玉知央, 野田暁, 千喜良稔, 竹村俊彦, 佐藤正樹, 阿部彩子, 渡部雅浩, 木本昌秀
天気   59 91-109   2012年   [査読有り]
吉森正和, 横畠徳太, 小倉知夫, 大石龍太, 河宮未知生, 塩竈秀夫, 對馬洋子, 小玉知央, 野田暁, 千喜良稔, 竹村俊彦, 佐藤正樹, 阿部彩子, 渡部雅浩, 木本昌秀
天気   59 5-22   2012年   [査読有り]
Goto, D., S. Kanazawa, T. Nakajima, and T. Takemura
Atmospheric Environment   49 294-301   2012年   [査読有り]
山口慶人, 竹村俊彦
天気   58 965-968   2011年11月
福島第一原発起源微粒子の地球規模での輸送
竹村俊彦
科学   81 942-942   2011年9月

書籍等出版物

 
地球温暖化─そのメカニズムと不確実性─
竹村俊彦 (担当:共著, 範囲:第2章)
朝倉書店   2014年12月   ISBN:978-4-254-16126-7
異常気象と気候変動についてわかっていることいないこと
竹村俊彦 (担当:共著, 範囲:第5章)
ベレ出版   2014年11月   ISBN:978-4-86064-415-4
Climate Change 2013: The Physical Science Basis, Contribution of Working Group I to the Fifth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change
竹村俊彦 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 8)
Cambridge University Press   2014年1月   ISBN:978-1-107-66182-0
エアロゾルの気候と大気環境への影響
竹村俊彦 (担当:共著)
日本気象学会   2008年   ISBN:978-4-904129-01-2
Climate Change 2007: The Physical Science Basis, Contribution of Working Group I to the Fourth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change
竹村俊彦 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 2, 8)
Cambridge University Press   2007年   ISBN:978-0-521-70596-7

講演・口頭発表等

 
Toward better representation of aerosols and clouds in climate models: Current status and problems to be addressed
Takemura, T.
8th International EarthCARE Science Workshop   2019年11月25日   
Numerical simulation of air pollutants for analyzing climate change
Takemura, T.
Forum "Math-for-Industry"   2019年11月18日   
発生領域別複素屈折率データを用いたダスト放射強制力の見積もり
竹村俊彦, 村瀬蓮一, C. Di Biagio
日本気象学会2019年秋季大会   2019年10月31日   
Difference in sensitivities to climate change between black carbon and sulfate aerosols
Takemura, T., and K. Suzuki
18th AeroCom Workshop   2019年9月25日   
大気海洋結合モデルを用いたエアロゾル排出量変化による気温変化の解析
竹村俊彦, 鈴木健太郎
日本気象学会2018年秋季大会   2018年10月29日   
Sensitivity of meteorological field to changing anthropogenic aerosol emissions assessed with a coupled-ocean general circulation model MIROC-SPRINTARS
Takemura, T., and K. Suzuki
Tri-MIP (AerChemMIP-RFMIP-PDRMIP) Workshop   2018年6月12日   
Operation of an aerosol 7-days forecasting system with a global climate model
Takemura, T.
International Workshop on Asian Dust, Bioaerosols and Environmental Regime Shift   2017年11月3日   
Climate responses of anthropogenic aerosols assessed with a coupled-ocean general circulation model MIROC
Takemura, T., and K. Suzuki
Asian Conference on Meteorology 2017   2017年10月23日   
Temperature responses of anthropogenic aerosols assessed with a coupled-ocean general circulation model
Takemura, T., and K. Suzuki
2017 CFMIP Meeting on Clouds, Precipitation, Circulation, and Climate Sensitivity   2017年9月26日   
Climate responses of black carbon and sulfate aerosols assessed with coupled-ocean general circulation model
Takemura, T., and K. Suzuki
AGU Fall Meeting   2016年12月16日   
大気海洋結合モデルを用いたエアロゾルによる放射収支変化と気温変化との関係性の検証
竹村俊彦, 鈴木健太郎
日本気象学会2016年秋季大会   2016年10月28日   
Climate change and impacts due to aerosol effects in Asian region based on modeling studies
Takemura, T., K. Sudo, K. Ueda, Y. Masutomi, K. Suzuki, and D. Goto
15th AeroCom Workshop   2016年9月20日   
Mineral dust aerosols under the glacial period and anthropogenic global warming simulated by global models
Takemura, T.
Goldschmidt 2016   2016年6月27日   
Integrated assessment of aerosol effects on atmospheric temperature and precipitation with global climate models
Takemura, T.
Yoram Kaufman Memorial Symposium   2016年6月21日   
エアロゾルによる気候変動 ― 数値モデルの開発と影響評価
竹村俊彦
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月24日   
Environmental assessment on aerosol effects in Asian region based on modeling studies
Takemura, T., K. Sudo, K. Ueda, Y. Masutomi, S. Watanabe, M. Nakata, H. Takahashi, and D. Goto
International Radiation Symposium 2016   2016年4月20日   
Resent application of SKYNET and AD-Net to aerosol climate models
Takemura, T., H. Irie, T. Nishizawa, K. Aoki, R. Kudo, A. Higurashi, A. Shimizu, S. S. Park, and K. Yumimoto
International SKYNET Workshop   2016年3月3日   
Assessment on climate response to aerosol effects based on a coupled atmosphere-ocean general circulation model
Takemura, T.
International Workshop on SLCPs in Asia   2016年2月18日   
Integrated assessment on effects of short-lived climate pollutants (SLCPs) in Asia based on numerical models
Takemura, T., K. Sudo, K. Ueda, Y. Masutomi, S. Watanabe, M. Nakata, H. G. Takahashi, D. Goto, and T. Nakajima
AGU Fall Meeting   2015年12月17日   
Simulations under recent projects on aerosol model intercomparisons
Takemura, T.
Asian Conference on Meteorology   2015年10月26日   
Integrated assessment on effects of short-lived climate pollutants (SLCPs) in Asia
Takemura, T., K. Sudo, K. Ueda, Y. Masutomi, S. Watanabe, M. Nakata, H. G. Takahashi, D. Goto, and T. Nakajima
14th AeroCom Workshop   2015年10月6日   
複数のエアロゾル関連モデル相互比較プロジェクト対応シミュレーション
竹村 俊彦
日本気象学会2015年春季大会   2015年5月23日   
Relative contributions of regional and sector emissions to the radiative forcing of aerosol-radiation and aerosol-cloud interactions based on the AeroCom Phase III / HTAP2 experiment
Takemura, T., and M. Chin
AGU Fall Meeting   2014年12月16日   
Relative contributions of regional emissions to the aerosol radiative forcing based on the AeroCom Phase III / HTAP2 experiment
Takemura, T., and M. Chin
2014年10月1日   
Application of EarthCARE data in climate models for studies on climate change and air pollution by aerosols
Takemura, T., T. Michibata, K. Suzuki, and K. Yumimoto
EarthCARE Workshop 2014   2014年9月19日   
IPCC第1作業部会第5次評価報告書の概要
竹村俊彦
化学工学会第46回秋季大会   2014年9月17日   
Perspective of researches on aerosol climate effects with global climate models
Takemura, T.
Asia Oceania Geosciences Society 11th Annual Meeting   2014年8月1日   
Recent studies on effects of aerosols on the climate system with global climate models
Takemura, T.
2nd ABC-SLCP Symposium   2014年7月21日   
SPRINTARS global aerosol forecasting system and introduction of S-12 project [招待有り]
Takemura, T.
International Workshop on Strengthening the International Cooperation Framework and Science-Policy Interface to Promote Air Pollution Control in East Asia 2014   2014年3月6日   
Introduction of IPCC WG1 AR5 and S-12 project related to short-lived climate pollutants [招待有り]
Takemura, T.
Toward an Integrated Approach to Co-benefits in Asia   2014年3月6日   
CloudSat衛星観測による北半球中緯度帯の水雲の微物理・巨物理構造
竹村俊彦
日本気象学会2013年秋季大会   2013年11月19日   
Recent topics using aerosol models —focusing on Japanese activities—
Takemura, T.
12th AeroCom Workshop   2013年9月23日   
Recent studies on the aerosol-climate interaction with global models
Takemura, T.
ABC-SLCP Symposium   2013年9月9日   
エアロゾルの気候影響評価のためのシミュレーションの現状
竹村俊彦
第30回エアロゾル科学・技術研究討論会   2013年8月29日   
Historical and future aerosol radiative forcing along the Representative Concentration Pathways (RCPs) with the global climate model
Takemura, T.
12th East Asian Climate Workshop   2013年7月2日   
数値モデルを用いたエアロゾルの気候影響評価の現状と今後の展開
竹村俊彦
日本気象学会2013年春季大会   2013年5月15日   
Distributions and climate effects of atmospheric aerosols from 1850 to 2100 along Representative Concentration Pathways (RCPs) simulated by SPRINTARS
Takemura, T.
11th AeroCom Workshop   2012年9月11日   
RCP排出量シナリオを用いたエアロゾルの分布および気候影響のシミュレーション
竹村俊彦
第29回エアロゾル科学・技術研究討論会   2012年8月30日   
Historical and future simulations of aerosol radiative forcing along the Representative Concentration Pathways (RCPs) with a global climate model
Takemura, T.
International Radiation Symposium 2012   2012年8月8日   
Historical and future simulations of aerosol climate effects with a global climate model
Takemura, T.
16th International Conference on Clouds and Precipitation   2012年8月1日   
RCP排出量シナリオを用いた1850~2100年のエアロゾルの分布および気候影響のシミュレーション
竹村俊彦
日本気象学会2012年春季大会   2012年5月29日   
エアロゾルからみた大気化学と気候変動 [招待有り]
竹村俊彦
日本地球惑星科学連合2012年大会   2012年5月22日   
Implications for common metrics of short-lived climate forcers (SLCFs) [招待有り]
Takemura, T.
Workshop on common metrics to calculate the CO2 equivalence of anthropogenic greenhouse gas emissions by sources and removals by sinks   2012年4月3日   
福島第一原子力発電所から放出された大気微粒子の長距離大気輸送シミュレーション [招待有り]
竹村俊彦
日本原子力学会九州支部研究発表講演会   2011年12月   
Projection of future climate change by aerosols along the Representative Concentration Pathways (RCPs) with a global climate model
Takemura, T.
Goldschmidt 2011   2011年8月   
Projection of climate change by the aerosol direct and Indirect effects in the 21st century [招待有り]
Takemura, T.
25th General Assembly of the International Union of Geodesy and Geophysics (IUGG2011)   2011年6月   
2011年2月上旬の日本における大気汚染について
竹村俊彦, 山口慶人, 青木一真
日本気象学会2011年春季大会   2011年5月   
大気汚染および黄砂現象に関する情報提供のあり方について
竹村俊彦
日本気象学会2010年秋季大会   2010年10月   
Evaluation and data assimilation of aerosol distributions and climate effects simulated by SPRINTARS using remote sensing observations in the Asian region [招待有り]
Takemura, T.
16th CEReS International Symposium   2010年10月   
Change in surface solar radiation due to aerosols for several decades based on AeroCom Phase II Experiment
Takemura, T.
9th AeroCom Workshop   2010年9月   
Analysis of decadal trend of surface solar radiation in Asia simulated by an aerosol transport-climate model
Takemura, T., and A. Ohmura
3rd Asia Pacific Radiation Symposium   2010年8月   
Decadal-scale trend of surface solar radiation simulated by a global aerosol transport-climate model
Takemura, T., and A. Ohmura
AMS 13th Conference on Atmospheric Radiation   2010年6月   
Simulation of decadal trends in atmospheric aerosols and their radiative effects in Asia
Takemura, T.
JpGU Meeting 2010   2010年5月   
全球エアロゾルモデル相互比較プロジェクトAeroCom第2期実験準拠シミュレーション
竹村俊彦
日本気象学会2010年春季大会   2010年5月   
Trend of surface solar radiation over Asia simulated by aerosol transport-climate model
Takemura, T., and A. Ohmura
AGU Fall Meeting   2009年12月   
Hindcast simulation of aerosol global distribution and radiative forcing with aerosol climate model
Takemura, T.
4th Japan-China-Korea Joint Conference on Meteorology   2009年11月   
Long-term trend of aerosol radiative forcing estimated with different emission inventories
Takemura, T.
8th AeroCom Workshop   2009年10月   
Development of global aerosol forecasting system
Takemura, T., T. Shinohara, and K. Yumimoto
Goldschmidt 2009   2009年6月   
Comparison and data assimilation for global aerosol climate model with measured data from active sensors
Takemura, T., K. Yumimoto, H. Okamoto, and T. Nishizawa
EarthCARE Workshop 2009   2009年6月   
エアロゾル直接・間接効果による気候影響のシミュレーション~特に土壌・植生起源エアロゾルに着目して~
竹村俊彦
日本地球惑星科学連合2009年大会   2009年5月   
21世紀のエアロゾルの分布と放射強制力の予測
竹村俊彦, 野沢徹
日本気象学会2008年秋季大会   2008年11月   
Distributions and radiative forcings of aerosols during the 21st century
Takemura, T.
7th AeroCom Workshop   2008年10月   
Aerosol effects on climate system: past, present, and future [招待有り]
Takemura, T.
Conference on Air Pollution and Climate Change: Developing a Framework for Integrated Co-benefits Strategies   2008年9月   
Evaluating climate effects and developing forecast system of atmospheric aerosols [招待有り]
Takemura, T.
Sino-Japan International Symposium on the East Asian Environmental Problems   2008年8月   
IPCC SRESに基づいた21世紀のエアロゾル分布および放射強制力の予測 [招待有り]
竹村俊彦
第25回エアロゾル科学・技術研究討論会   2008年8月   
最終氷期極大期におけるエアロゾルの分布および気候影響に関するシミュレーション
竹村俊彦, 江頭未央, 松澤佳奈子, 一條寛典, 大石龍太, 阿部彩子
日本気象学会2008年春季大会   2008年5月   
Aerosol effects on climate system simulated by aerosol climate model [招待有り]
Takemura, T.
JSPS-DFG Round Table on 'Climate System Research - Status and Perspective'   2008年1月   
Simulation of aerosol effects on climate system in Asia
Takemura, T.
A-Train Symposium   2007年10月   
全球エアロゾル予報システムの開発
竹村俊彦
日本気象学会2007年秋季大会   2007年10月   
全球モデルによるエアロゾル分布予報
竹村俊彦
第24回エアロゾル科学・技術研究討論会   2007年8月   
A Study of aerosol effects on climate with a general circulation model and satellite observations [招待有り]
Takemura, T.
Gordon Research Conference: Radiation and Climate   2007年8月   
Changes in cloud and precipitation formations by anthropogenic aerosols in Asian region
Takemura, T.
24th General Assembly of the International Union of Geodesy and Geophysics (IUGG2007)   2007年7月   
A study of aerosol effects on climate with a general circulation model [招待有り]
Takemura, T.
Yoram J. Kaufman Symposium   2007年5月   
エアロゾル気候モデルを用いた最終氷期極大期における大気ダストの全球分布シミュレーション [招待有り]
江頭未央, 竹村俊彦, 大石龍太, 阿部彩子
日本地球惑星科学連合2007年大会   2007年5月   
全球モデルへのエアロゾル・氷雲相互作用のパラメタリゼーションの導入
竹村俊彦, 松澤佳奈子
日本気象学会2007年春季大会   2007年5月   
全球エアロゾル気候モデルを用いた雲エアロゾル相互作用のシミュレーション [招待有り]
竹村俊彦
エアロゾルの核生成―CCN―雲微物理―気候システムの統合モデル開発に向けて ―第1回ワークショップ   2007年2月   
Analysis of aerosol effects on climate system and time evolutions of various radiative forcings with a global climate model [招待有り]
Takemura, T., T. Nakajima, and T. Nozawa
Northeastern Asian Symposium 2006: Climate Change and Carbon Cycle   2006年11月   
大気大循環モデルによる20世紀の放射強制力の経年変化
竹村俊彦, 對馬洋子, 横畠徳太, 野沢徹, 永島達也, 中島映至
日本気象学会2006年秋季大会   2006年10月   
Analysis of aerosol effects on climate system with a aerosol climate model
Takemura, T.
5th AeroCom Workshop   2006年10月   
Aerosol effects on climate system simulated by aerosol climate model
Takemura, T., Y. J. Kaufman, L. Remer, T. Nakajima, and K-1 Project
2nd International Conference on Global Warming and the Next Ice Age   2006年7月   
Simulation of aerosol effects on climate system by aerosol climate model
Takemura, T., T. Nakajima, and Y. J. Kaufman
AMS 12th Conference on Atmospheric Radiation   2006年7月   
アジア域におけるエアロゾル気候影響のシミュレーション [招待有り]
竹村俊彦
日本気象学会2006年春季大会   2006年5月   
Simulation of aerosol effects on cloud and precipitation formation by aerosol climate model
Takemura, T., Y. J. Kaufman, L. A. Remer, and T. Nakajima
EGU General Assembly 2006   2006年4月   
全球モデルによるエアロゾル間接効果の評価の現状と展望 [招待有り]
竹村俊彦
第2回沼口敦さん記念シンポジウム   2006年3月   
フィードバックを含めたエアロゾルの効果による雲・降水変化の考察
竹村俊彦, 中島映至, Y. J. Kaufman, and L. A. Remer
日本気象学会2005年秋季大会   2005年11月   
Modeling study of aerosol effects on climate system under comparisons with satellite retrievals
Takemura, T., Y. J. Kaufman, A. Higurashi, and T. Y. Nakajima
AGU Fall Meeting   2004年12月   
Simulation of climate response to aerosol direct and indirect effects with aerosol transport-radiation model
Takemura, T.
3rd AeroCom Workshop   2004年12月   
全球エアロゾルモデルによる第2種間接効果の解析
竹村俊彦
日本気象学会2004年秋季大会   2004年10月   
Development of global aerosol transport-radiation model (lecture on IRC Young Scientist Award) [招待有り]
Takemura, T.
International Radiation Symposium 2004   2004年8月   
Simulation of climate change by aerosol direct and indirect effects with aerosol transport-radiation model
Takemura, T., T. Nakajima, and T. Nozawa
International Radiation Symposium 2004   2004年8月   
Analysis of climate change by aerosol direct and indirect effects with aerosol transport-radiation model
Takemura, T., and T. Nozawa
14th International Conference on Clouds and Precipitation   2004年7月   
Analysis of climate change by aerosol direct and indirect effects with aerosol transport radiation model
Takemura, T., T. Nozawa, S. Emori, and T. Nakajima
AERONET Workshop   2004年5月   
Climate response to aerosol direct and indirect effects with global aerosol radiation-transport model
Takemura, T., T. Nozawa, S. Emori, and T. Nakajima
2nd AeroCom Workshop   2004年3月   
全球3次元エアロゾル輸送・放射モデルを用いた直接・間接効果による気候応答の解析
竹村俊彦, 野沢徹, 江守正多, 久芳奈遠美, 黒川純一
第14回大気化学シンポジウム   2004年1月   
Analysis of climate response to aerosol direct and indirect effects by aerosol transport radiation model
Takemura, T.
AGU Fall Meeting   2003年12月   
全球3次元エアロゾル輸送・放射モデルを用いたエアロゾル直接・間接効果による気候変動の解析
竹村俊彦, 野沢徹, 江守正多
日本気象学会2003年秋季大会   2003年10月   
全球3次元エアロゾル輸送・放射モデルを用いた雲・エアロゾル相互作用のパラメタリゼーション
竹村俊彦, 野沢徹, 久芳奈遠美
日本気象学会2003年秋季大会   2003年10月   
Aerosol radiation-transport model on Earth Simulator
Takemura, T. and T. Nakajima
Workshop on Global Aerosol Measurements for Climate Studies - Present and Future   2003年9月   
Analysis of aerosol-climate interaction by on-line aerosol transport-radiation model
Takemura, T.
23rd General Assembly of the International Union of Geodesy and Geophysics (IUGG2003)   2003年7月   
Analysis of aerosol-climate interaction in East Asia by SPRINTARS
Takemura, T.
6th APEX International Workshop   2003年6月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
階層的数値モデル群による短寿命気候強制因子の組成別・地域別定量的気候影響評価
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(S)
研究期間: 2019年4月 - 2024年3月    代表者: 竹村俊彦
エアロゾル地上リモートセンシング観測網による数値モデルの気候変動予測の高度化
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2015年4月 - 2020年3月    代表者: 竹村俊彦
数値モデルによる気候・環境変動評価と影響評価
環境省: 環境研究総合推進費
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 竹村俊彦
気候モデルに適用する新しい雲・降水成長スキームの開発
文部科学省: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 竹村俊彦
数値モデルによる大気エアロゾルの環境負荷に関する評価および予測の高精度化
内閣府: 最先端・次世代研究開発支援プログラム
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 竹村俊彦
数値モデルを用いた大気エアロゾルの気候に対する影響の予測
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究(A)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 竹村俊彦
データ同化手法を用いた地球規模でのエアロゾルの排出量推定と気候影響評価
三井物産株式会社: 三井物産環境基金研究助成
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 竹村俊彦
4次元データ同化手法を用いた全球エアロゾルモデルによる気候影響評価
環境省: 地球環境研究総合推進費
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 竹村俊彦
航空機観測に基づくアジアのブラックカーボンの気候影響の解明
文部科学省: 科学研究費補助金 特別推進研究
研究期間: 2007年 - 2011年    代表者: 近藤豊
高解像度気候モデルによる近未来気候変動予測に関する研究
文部科学省: 21世紀気候変動予測革新プログラム
研究期間: 2007年 - 2011年    代表者: 木本昌秀
大気エアロゾル予報モデルの開発
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究 (A)
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 竹村俊彦
大気中の水・エネルギー循環の変化予測を目的とした気候モデル の精度向上に関する研究
環境省: 地球環境研究推進費
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 神沢博
全球エアロゾル輸送・放射モデルを用いたエアロゾルの気象場に対する影響に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究 (B)
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 竹村俊彦
諸物理過程のパラメタリゼーションの高度化
文部科学省: 人・自然・地球共生プロジェクト
研究期間: 2002年 - 2006年    代表者: 日比谷紀之
地球環境変化予測のための地球システム統合モデルの開発
文部科学省: 人・自然・地球共生プロジェクト
研究期間: 2002年 - 2006年    代表者: 松野太郎
高分解能大気海洋モデルを用いた地球温暖化予測に関する研究
文部科学省: 人・自然・地球共生プロジェクト
研究期間: 2002年 - 2006年    代表者: 住明正
気象モデルによるエアロゾルの気候影響研究
文部科学省: 科学技術振興調整費
研究期間: 2002年 - 2006年    代表者: 竹村俊彦
アジア域の広域大気汚染による大気粒子環境の変調について
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 中島映至
対流圏エアロゾルおよび対流圏オゾンの気候影響に関する研究
環境省: 地球環境研究総合推進費
研究期間: 2002年 - 2002年    代表者: 神沢博

社会貢献活動

 
PM2.5および黄砂の予測情報の提供
【情報提供】  http://sprintars.net/forecastj.html  2007年 - 現在
気候変動と大規模災害との関係性に関する解説
【出演】  NHK福岡  ロクいち!福岡  2019年10月15日
「研究費は寄付で集める」記事内での九州大学クラウドファンディングの経験の紹介
【インタビュイー】  朝日新聞出版  AERA  2019年5月13日
汚染物質削減で温暖化が加速か
【インタビュイー】  西日本新聞  2019年3月15日
大気汚染物質をそっくり減らすと地球温暖化が進むという「不都合な真実」
【取材協力】  科学技術振興機構  サイエンスポータル  2019年2月13日
地球温暖化と大気汚染による影響の軽減に向けたあらたな取り組み「大気汚染物質による気候・健康・農作物への影響の評価」
【講師】  環境研究総合推進費戦略研究プロジェクトS-12公開シンポジウム  2019年1月11日
九州大学のページでの研究者紹介
【インタビュイー】  朝日新聞出版  国公立大学 by AERA 2019  2018年10月
SPRINTARS PM2.5予測システムの現状の紹介
【出演】  テレビ西日本  ももち浜ストア特報ライブ  2018年9月18日
SPRINTARS PM2.5予測システムに関する解説
【出演】  RKBラジオ  櫻井浩二インサイト  2018年6月4日
PM2.5予測システム開発
【インタビュイー】  西日本新聞朝刊  2017年3月30日
PM2.5もう一つの顔 〜大気汚染と気候変動〜
【講師】  第8回気象サイエンスカフェin九州  2017年1月28日
PM2.5予測精度向上へ
【インタビュイー】  読売新聞朝刊  2017年1月23日
PM2.5予測 沖縄「非常に多い」」記事内でのコメント
【情報提供】  琉球新報朝刊  2017年1月21日
地球温暖化と大気汚染による影響の軽減に向けたあらたな取り組み「短寿命気候汚染物質による気候・健康・農業への影響」
【講師】  環境研究総合推進費戦略研究プロジェクトS-12公開シンポジウム  2017年1月17日
日本における大気汚染の現状と微粒子予測システムの開発
【講師】  中国大気環境改善のための日中都市間連携協力北九州セミナー  2016年10月12日
次世代の先導者
【インタビュイー】  日経産業新聞  2016年10月6日
PM2.5・黄砂入門
【講師】  えーるピア久留米時事講座  2016年8月27日
気候変動と大気汚染の関係
【講師】  九州大学大学院総合理工学府公開講座  2016年8月20日
ひまわり8号活用 PM2.5正確に予測
【インタビュイー】  日本経済新聞朝刊  2016年7月25日
地球温暖化と大気汚染の正確な予測へ挑戦
【インタビュイー】  朝日新聞(西部本社版)朝刊 九州大学全面広告内  2016年7月15日
冬はPM2.5本番? 日本の第一人者に「越境大気汚染」の現状について聞いた!)
【インタビュイー】  マイナビ学生の窓口  2016年2月4日
PM2.5 ひまわり8号の観測データ活用 予測システム改良へ 九大研など 予測のずれ修正
【インタビュイー】  毎日新聞(西部本社版)朝刊  2016年2月3日
PM2.5 中国から汚染 ひまわり8号で警戒強化 シミュレーション精度向上へ 九大・竹村教授
【インタビュイー】  産経新聞(九州・山口版)朝刊  2016年1月29日
地球温暖化と大気汚染による影響の軽減に向けたあらたな取り組み「大気汚染物質の気候・環境に対する影響の評価」
【講師】  環境研究総合推進費戦略研究プロジェクトS-12公開シンポジウム  2016年1月7日
PM2.5に関するコメント
【出演】  テレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト」  2015年12月21日
PM2.5 15日夕以降、九州、中四国で上昇の見込み」記事内でのコメント
【情報提供】  毎日新聞夕刊  2015年12月15日
PM2.5県内あす日中に高濃度 きょうから「非常に多い」」記事内でのコメント
【情報提供】  琉球新報朝刊  2015年12月15日
PM2.5に関するコメント
【出演】  NHK総合テレビ(福岡)「ロクいち!福岡」および「ニュース845福岡」  2015年12月14日
PM2.5に関するコメント
【出演】  TVQ九州放送「ルックアップ福岡」  2015年12月14日
PM2.5に関するコメント
【出演】  NHK総合テレビ(全国)「これでわかった!世界のいま」  2015年12月13日
PM2.5に関するコメント
【出演】  フジテレビ系列「めざましテレビ」  2015年12月10日
PM2.5に関するコメント
【出演】  日本テレビ系列「ZIP!」  2015年12月10日
PM2.5に関するコメント
【出演】  テレビ西日本「ももち浜ストア夕方版」  2015年12月9日
PM2.5に関するコメント
【出演】  NHK総合テレビ(全国)「ニュースシブ5時」  2015年12月8日
PM2.5に関するコメント
【出演】  NHK総合テレビ(全国)「NHKニュース7」  2015年12月8日
PM2.5に関するコメント
【出演】  NHK総合テレビ(全国)「週刊ニュース深読み」  2015年12月5日
PM2.5に関するコメント
【出演】  テレビ朝日系列「グッド!モーニング」  2015年12月2日
PM2.5に関するコメント
【出演】  テレビ朝日系列「ワイド!スクランブル」  2015年12月2日
煙幕の下で 〜軍都の記憶〜
【出演】  テレビ西日本・フジテレビ系列第24回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品  2015年5月27日
地球温暖化と大気汚染による影響軽減に向けたあらたな取り組み「数値モデルを用いた浮遊粒子状物質(エアロゾル)による気候変動の評価」
【講師】  環境研究総合推進費戦略研究プロジェクトS-12公開シンポジウム  2015年1月29日
数値モデルを用いた微小粒子状物質(PM2.5)による広域大気汚染の予測」
【講師】  全国大気汚染防止連絡協議会第60回全国大会  2014年11月7日
雲のニュータイプ出現!エアロゾルが気候変動を支配する
【出演】  NHK Eテレ「サイエンスZERO」  2014年9月7日
「Yellow haze: nothing clear about Asian skies」記事内でのコメント
【情報提供】  2014年8月18日
微粒子が引き起こす大気汚染と気候変動
【講師】  おおさかATCグリーンエコプラザビジネス交流会  2014年4月24日
微粒子が引き起こす大気汚染と気候変動
【講師】  百道浜公民館お天気教室  2014年3月20日
PM2.5に関するコメント
【出演】  NHK総合テレビ(福岡)「熱烈発信!福岡NOW」  2014年3月19日
PM2.5に関するコメント
【出演】  NHK総合テレビ(福岡)「ニュース845福岡」  2014年3月19日
「PM2.5 黄砂 花粉 迷惑粒子 警戒の春」記事内でのコメント
【情報提供】  読売新聞夕刊  2014年2月28日
PM2.5に関するコメント
【出演】  TBSテレビ系列「朝ズバッ!」  2014年2月27日
PM2.5に関するコメント
【出演】  テレビ朝日系列「スーパーJチャンネル」  2014年2月26日
「PM2.5午後に予報、福岡市初」記事内でのコメント
【情報提供】  読売新聞(西部本社版)朝刊  2014年2月26日
「PM2.5予報 的中4割」記事内でのコメント
【情報提供】  読売新聞(西部本社版)朝刊  2014年2月17日
微粒子が引き起こす大気汚染と気候変動
【講師】  科学を語る会交流会  2014年2月8日
PM2.5に関するコメント
【出演】  TBSテレビ系列「朝ズバッ!」  2014年2月4日
PM2.5に関するコメント
【出演】  メ〜テレ「ドデスカ!」  2014年2月4日
PM2.5に関するコメント
【出演】  鹿児島テレビ「KTSスーパーニュース」  2014年2月3日
「PM2.5、あすから高濃度 県内飛来予測」記事内でのコメント
【情報提供】  熊本日日新聞朝刊  2014年1月29日
「大気汚染微粒子および黄砂の飛来予測」
【寄稿】  環境ビジネス(2014年夏号)  2014年
「春の空気と上手につきあう。」
【寄稿】  &and(西部ガス, 2014年春号)  2014年
「越境大気汚染の最前線 九州での現状は? PM2.5予報の精度は!?」
【寄稿】  マイナビウーマン  2013年12月19日
微粒子が引き起こす気候変動と大気汚染
【講師】  九州大学公開講座  2013年12月7日
PM2.5に関するコメント
【出演】  NHK総合テレビ(全国・福岡)「ニュースウォッチ9」  2013年12月6日
PM2.5に関するコメント
【出演】  NHK総合テレビ(全国・福岡)「熱烈発信!福岡NOW」  2013年12月6日
「PM2.5国内でも発生」記事内でのコメント
【情報提供】  日本経済新聞朝刊  2013年11月28日
大気汚染・気候変動入門
【講師】  第66回九大祭特別講義  2013年11月24日
PM2.5に関するコメント
【出演】  テレビ朝日系列「グッド!モーニング」  2013年11月5日
PM2.5に関するコメント
【出演】  フジテレビ系列「スーパーニュース」  2013年11月4日
環境変化の予測 〜気候変動と大気汚染を例に〜
【講師】  国公私立大コンソーシアム・福岡 理工学系女子の未来カタログ  2013年11月3日
大気汚染微粒子及び黄砂の飛来予測について
【講師】  日本技術士会九州本部技術講演会  2013年11月1日
PM2.5に関するコメント
【出演】  テレビ朝日系列「グッド!モーニング」  2013年10月31日
越境大気汚染と気候変動の数値モデリング
【講師】  サイエンティフィックシステム研究会合同分科会  2013年10月24日
PM2.5に関するコメント
【出演】  TBSテレビ系列「朝ズバッ!」  2013年10月22日
PM2.5に関するコメント
【出演】  テレビ朝日系列「スーパーJチャンネル」  2013年10月18日
PM2.5に関するコメント
【出演】  TBSテレビ系列「ひるおび!」  2013年10月2日
PM2.5に関するコメント
【出演】  テレビ朝日系列「モーニングバード」  2013年10月1日
PM2.5に関するコメント
【出演】  テレビ朝日系列「スーパーJチャンネル」  2013年9月30日
PM2.5に関するコメント
【出演】  TVQ九州放送「ルックアップ福岡」  2013年7月31日
「PM2.5残った課題」記事内でのコメント
【情報提供】  読売新聞(西部本社版)朝刊  2013年7月30日
九州への越境大気汚染・黄砂飛来の現状
【講師】  福岡保険医療研究会  2013年7月24日
「PM2.5 5〜6月に飛来ピーク」記事内でのコメント
【情報提供】  大分合同新聞朝刊  2013年5月4日
「ここが聞きたい」での人物紹介
【インタビュイー】  読売新聞(全国)朝刊  2013年4月29日
「黄砂飛来、PM2.5も上昇 24〜26日予測」記事内でのコメント
【情報提供】  熊本日日新聞朝刊  2013年4月24日
九州への越境大気汚染・黄砂飛来の現状
【講師】  福岡保険医療研究会  2013年4月23日
日本における越境大気汚染と黄砂現象の現状
【講師】  おおさかATCグリーンエコプラザビジネス交流会  2013年4月18日
「風紋」記事内でのコメント
【情報提供】  読売新聞(西部本社版)夕刊  2013年4月18日
「PM2.5と循環器疾患との関係」記事内での越境大気汚染とPM2.5に関するコメント
【情報提供】  日経メディカル2013年4月号(4月10日発売)  2013年4月10日
「大気を汚染するPM2.5とは何か?」記事内での越境大気汚染とPM2.5に関するコメント
【情報提供】  ニュートン2013年5月号(4月7日発売)  2013年4月7日
「大気汚染物質、実態つかめ 気候変動予測の精度向上へ」記事内でのコメント
【情報提供】  日経産業新聞  2013年4月5日
「Newsインタビュー」での人物紹介
【インタビュイー】  熊本日日新聞朝刊  2013年4月4日
「PM2.5の傾向と対策」記事内での越境大気汚染とPM2.5に関するコメント
【情報提供】  日経トレンディー2013年5月号(4月4日発売)  2013年4月4日
「PM2.5警戒」記事内でのコメント
【情報提供】  読売新聞朝刊  2013年4月1日
越境大気汚染に関する解説
【出演】  NHKラジオ第一(九州・沖縄)「はっけんラジオ」  2013年4月1日
近年の日本における大気汚染・黄砂と大気微粒子分布予測システムの概要
【講師】  GLOBE Japanシンポジウム  2013年3月25日
「フォーカス」での人物紹介
【インタビュイー】  日本経済新聞夕刊  2013年3月18日
「PM2.5など きょうから高濃度で推移と予測」記事内でのコメント
【情報提供】  熊本日日新聞夕刊  2013年3月6日
越境大気汚染に関するコメント
【出演】  RKB毎日放送「今日感ニュース」  2013年3月1日
越境大気汚染に関する解説
【出演】  TOKYO FM「シナプス」  2013年2月25日
「福岡市初のPM2.5警戒予報」記事内でのコメント
【情報提供】  読売新聞(西部本社版)夕刊  2013年2月23日
「PM2.5環境基準超過 昨年4月以降で21日間」記事内でのコメント
【情報提供】  神戸新聞朝刊  2013年2月18日
「大気汚染物質PM2.5 中国からの飛来量は平年並み」記事内でのコメント
【情報提供】  産経新聞朝刊  2013年2月18日

その他

 
2013年
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第1作業部会第5次評価報告書 Lead Author
2007年
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第1作業部会第4次評価報告書 Contributing Author