森田 栄伸

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/01 03:14
 
アバター
研究者氏名
森田 栄伸
 
モリタ エイシン
URL
http://www.med.shimane-u.ac.jp/dermatology
所属
島根大学
部署
医学部 医学科 皮膚科学講座 
職名
教授
学位
博士(医学)   (広島大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2009年
 - 
2013年
医学科長2009〜2013副病院長2015〜
 
2014年
 - 
2018年
日本皮膚科学会  専門医認定委員
 
2012年
 - 
2018年
日本皮膚アレルギー学会  広報委員会委員長
 
2012年
 - 
2014年
日本皮膚アレルギー学会  広報委員会委員長
 
2011年
 - 
2014年
日本アレルギー学会  特別委員会委員
 

受賞

 
2009年
Top 10 Cited Paper 2006-2008
 

Misc

 
ω-5グリアジン感作型小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの 病因・病態Update.
千貫祐子,森田栄伸
アレルギーの臨床   37(9) 17-21   2017年
野上京子,新原寛之,中谷俊彦,岸本晃司,中村 恩,松木真吾,森田栄伸
西日皮   79(1) 28-33   2017年
野上京子,金子 栄,千貫祐子,新原寛之,森田栄伸
J Environ Dermatol Cutan Allergol   11(2) 121-129   2017年
太田征孝,福代新治,白築理恵,森田栄伸
西日皮   79(6) 578-581   2017年
イネ科花粉症に合併するPFAS
千貫祐子,荻野龍平,森田栄伸
アレルギー・免疫   24(8) 49-54   2017年

書籍等出版物

 
トンプソン&トンプソン遺伝医学 第2版.
メディカル・サイエンス・インターナショナル   2017年   
皮膚疾患最新の治療2017-2018
南光堂   2017年   
今日の小児治療指針 第16版
医学書院   2015年   
皮膚疾患 ガイドライン編
ディカルレビュー社   2015年   
EBM皮膚疾患の治療 up-to-date
中外医学社   2015年   

講演・口頭発表等

 
島根大学皮膚科における特発性後天性全身性無汗症の臨床的検討.
第116回日本皮膚科学会総会   2017年   
蕁麻疹治療における新規導入薬.
第116回日本皮膚科学会総会   2017年   
角層ケモカイン物語
第116回日本皮膚科学会総会   2017年   
Isolation of antifungal components from ou-gon which is widely supplemented in Kampo medicine.
第116回日本皮膚科学会総会   2017年   
HLA-A*5801検出をLAMP法で試みたアロプリノールによる薬疹の8例.
第116回日本皮膚科学会総会   2017年   

競争的資金等の研究課題

 
食物アレルギーの発症機序の解明と予防法の確立。アトピー性皮膚炎の病態解析と新規治療法の開発。皮膚悪性腫瘍の転移の機序の解明。抗真菌物質の単離同定と作用機序の解明。薬疹。
研究期間: 2004年