堂山 英次郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 05:16
 
アバター
研究者氏名
堂山 英次郎
 
ドウヤマ エイジロウ
所属
大阪大学
部署
文学研究科 文化形態論専攻
職名
准教授
その他の所属
大阪大学大阪大学大阪大学

研究分野

 
 

受賞

 
2006年
印度学宗教学会学会賞
 
2007年
日本南アジア学会学会賞
 
2006年
平成18年度印度学宗教学会学会賞
 
2009年
平成20年度国立大学法人大阪大学教育・研究功績賞
 
2008年
第50回日本印度学仏教学会賞
 

論文

 
.Rgveda I 82 hariyojana-, brahma.n-,「新しい歌」, 1. Sg. Konjunktiv
堂山英次郎
   2000年12月
.Rgveda I 82 ---“Das neueste Lied”und die 1. Sg. Konjunktiv ---
Eijiro Doyama
   2001年3月
.Rgveda V 60,6 ---yajの意味と格支配,Imperativ II -taat の機能を中心に---
堂山英次郎
   2004年3月
A morphological study of the first person subjunctive in the Rigveda
Eijiro Doyama
待兼山論叢      2005年12月
古典ペルシア語における「所有」表現
堂山英次郎
   1997年10月

Misc

 
A morphological study of the first person subjunctive in the Rigveda
待兼山論叢   39    2005年
A morphological study of the first person subjunctive in the Rigveda
待兼山論叢   39    2005年
On the Function of the Root-Aorist Participle
印度學佛教學研究   56 3 pp._1043-1048    2008年
Rig-Veda. Das heilige Wissen. Erster und zweiter Liederkreis
Verlag der Weltreligionen      2007年
Rig-Veda: Das heilige Wissen
Verlag der Weltreligionen      2007年

書籍等出版物

 
リグヴェーダにおける1人称接続法の研究
堂山英次郎
大阪大学   2005年3月   
Rig-Veda. Das heilige Wissen. Erster und zweiter Liederkreis
Michael Witzel, Toshifumi Goto, Eijiro Doyama, Mislav Jezic (担当:共訳)
Verlag der Weltreligionen   2007年9月   ISBN:978-3-458-70001-2
Vedic Śākhās: Past, Present, Future. Proceedings of the Fifth International Vedic Workshop, Bucharest 2011
Doyama, Eijiro,Thennilapuram Mahadevan, Hartmut Scharfe (担当:共著)
Department of South Asian Studies, Harvard University - South Asia Books, Columbia, MO   2016年12月   

Works

 
ヴェーダ語における接続法の研究 ─リグヴェーダを中心として─
2006年
アルメニア語・ゴート語比較統辞法の研究
2006年

競争的資金等の研究課題

 
古インド・イラン語における動詞組織の研究
研究期間: 1999年 - 2005年