KONASHI Kenji

J-GLOBAL         Last updated: Apr 27, 2018 at 10:35
 
Avatar
Name
KONASHI Kenji
E-mail
konashiimr.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/d9cccc1d5d917633b255a69f25713b24.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Institute for Materials Research International Research Center for Nuclear Materials Science
Job title
Associate Professor
Degree
工学博士(The University of Tokyo)

Research Interests

 
 

Academic & Professional Experience

 
Jan 1998
 - 
Today
准教授, 東北大学金属材料研究所
 
Dec 1992
 - 
Dec 1997
助手, 東北大学金属材料研究所
 
Mar 1977
 - 
Nov 1992
担当役、主任研究員, 動力炉・核燃料開発事業団
 

Education

 
 
 - 
Mar 1975
高分子, Faculty of Science, Osaka University
 

Committee Memberships

 
Oct 2016
 - 
Today
日本原子力学会 燃料デブリ研究専門委員  委員
 
Aug 2015
 - 
Today
高輝度光科学研究センター利用実験放射線安全委員会  委員
 
Jan 2014
 - 
Today
平成25年度燃料等安全高度化対策専門部会(日本原子力研究開発機構)  委員
 
Jul 2004
 - 
Today
日本原子力学会  査読員
 
Nov 2013
 - 
Mar 2015
日本原子力学会  軽水炉・高速炉におけるトリウム燃料の利用ワーキンググループ委員
 

Awards & Honors

 
Mar 2010
日本原子力学会論文賞, 日本原子力学会
Winner: 加藤正人,森本恭一,小無健司
 
Mar 1993
日本原子力学会賞核燃料賞, 日本原子力学会
Winner: 小無健司、山脇道夫、米岡俊夫
 

Published Papers

 
Raman spectroscopy of (U, Ce)O2-x
M. Watanabe, M. Kato, T. Sunaoshi, T. Yato and K. Konashi
Asian Nuclear Prospects International Conference 2016 (ANUP2016)      Oct 2016
Enhancing MA Transmutation by Irradiation of (MA, Zr)Hx in FBR Blanket Region
K. Konashi, K. Ikeda, K. Ito, M. Hirai, T. Koyama, K. Kurosaki
Proceedings of Global 2015   Paper 5383   Sep 2015   [Refereed]
K. Kurosaki, D. Araki, Y. Ohishi, H. Muta, K. Konashi, S. Yamanaka
Journal of Nnclear Science and Technology   52(4) 541-545   Apr 2015   [Refereed]
D. Akiyama, K. Idemitsu, Y. Inagaki, T. Arima, K. Konashi, S. Koyama
Proceedings of Materials Research Society Symposium on Scientific Basis for Nuclear Waste Management XXXVII   1665 79-84   Feb 2015   [Refereed]
M. Yamawaki, T. Yamamoto, Y. Arita, F. Nakamori, K. Ohsawa, K. Konashi
Nuclear Science and Techniqes   26(S10312) S10312-1-S10312-6   Feb 2015   [Refereed][Invited]

Misc

 
原子炉用材料として金属水素化物-ハウニウム水素化物制御棒の開発ー
小無健司
金属   81(3)    Mar 2011
核分裂炉関連材料と水素
小無健司、島田祥雄
日本原子力学会誌   46(7) 457-466   Jul 2004
核燃料技術高度化の現状と展望
沢和弘 山下利之, 湊和生, 小無健司
日本原子力学会誌   44(9) 657-662   Sep 2002
アクチノイド水素化物による放射性廃棄物の消滅処理技術開発の現状
小無健司、松井秀樹、山脇道夫
62-67   Jan 2001
山脇道夫、小無健司
日本原子力学会誌   41(12) 1202-1212   Dec 1999

Books etc

 
アクチノイド物性研究のための計算科学入門
小無健司、湊和生 (Part:Joint Editor)
Mar 2013   
Comprehensive Nuclear Materials, Volume 3, 3.12 - Uranium-Zirconium Hydride Fuel
D. Olander, K. Konashi, M. Yamawaki (Part:Joint Work)
Elsevier   2012   
Characterisation and quality control of nuclear fuels
K.Konashi and M.Yamawaki
Allied Publishers Pvt. Ltd.   Jan 2004   
最新核燃料工学
山脇道夫、小無健司 (Part:Joint Work, アクチノイド水素化物燃料)
日本原子力学会   Jun 2001   
消滅処理の現状
小無健司
日本原子力学会   Aug 1994   

Conference Activities & Talks

 
CeO2-xにおける酸素空孔の秩序化
K. Konashi, K. Yoshida, T. Yato, Y. Nagai
7 Sep 2016   
酸化物核燃料における酸素空孔のナノ解析
小無 健司,八登 唯夫,加藤 正人,渡部 雅,矢板 毅, 塩飽 秀啓,小林 徹,源 聡,森 一樹
日本原子力学会2016春の年会   16 Mar 2016   
Nanoscopic analysis of oxygen vacancy in nuclear oxide fuel
T. Yato, M. Kato, M. Watanabe, T. Yaita, H. Shiwakui
The International Congress Pacifichem 2015   15 Dec 2015   
Enhancing MA Transmutation by Irradiation of (MA, Zr)Hx in FBR Blanket Region
K. Konashi, K. Ikeda, K. Ito, M. Hirai, T. Koyama, K. Kurosaki
International Conference GLOBAL 2015   20 Sep 2015   
Irradiation Experiment on Hydride Neutron Absorber in BOR-60
Scientific Conference - New Materials for Innovative Development of Nuclear Power Engineering   24 Mar 2014   

Research Grants & Projects

 
Computer Simulation Study on Nuclear Material
Nuclear and Atomic Science Research
Project Year: Apr 2002 - Today
Development of hydride fuels and materials for nuclear reactors
Nuclear and Atomic Science Research
Project Year: Apr 1996 - Today

Patents

 
特許公開平11-84043 : 原子炉の水素化物燃料、及びその燃料を用いた水素化物燃料集合体、並びにその燃料を用いた高速炉の炉心
小無健司、山脇道夫、藤村幸治、三田敏男
特許1979843 : 放射性廃棄物の消滅処理方法
小無健司,笹尾信之
特許1916308 : 放射性廃棄物の消滅処理装置及び消滅処理方法
小無健司,笹尾信之

Social Contribution

 
大洗町原子力教育推進研究
[Others]  Jun 2008 - Today
原子力に関する正しい理解を深めることによる地域型の原子力教育を進める。
制御棒を長寿命化
[TV or radio appearance, Contribution]  日刊工業新聞  28 Jan 2010
東北大学小無准教授の研究グループは、高速増殖炉用の長寿命制御棒の開発にめどをつけた。制御棒の材料に金属水素化物を採用することで、制御棒自身に高速中性子の減速性能を持たせられる。この結果、中性子吸収性能を向上できる。

Others

 
Nov 2016   放射性廃棄物処理・処分における分離・分析に関する教育
本事業では、大学生及び大学院生等を対象に、一般の原子力発電所や東京電力福島第一原子力発電所で対応が必要となる放射性廃棄物の処理・処分に焦点を当てた講習及び実習を行い、放射性廃棄物の処理・処分分野における人材育成を行うことを目的とする。
Nov 2016   高速パルス通電加熱による超高温核燃料物性測定技術の開発
 原子力発電を日本で継続するためには高い安全性を確保し,一般社会の理解を得ることが緊急の課題である。事故時の環境への影響を最小限にとどめるための方策検討の一環として,事故時の燃料挙動評価や安全性評価を精密に評価することは非常に重要であり,これらの解析において2000K以上の超高温状態での燃料や溶融体の熱的・動的挙動を解明することは,シビアアクシデント解析における最重要課題の一つである。
 従来の超高温領域の燃料挙動を測定する手法では試料を超高温で一定温度に保持して物性を測定するため,「試料容器との反応」,「蒸発による試料組成の変化」等の燃料挙動解析上困難な問題が生じ,溶融体ではさらに顕著になる。本研究では短時間局所平衡状態を実現できるフィードバック制御パルス通電加熱と高周波誘導加熱を組み合わせた世界初の試料加熱技術を用いて,高温領域における上述の問題を解決した全く新しい燃料物性測定手法を確立する。
 本研究の成果により,超高温状態での燃料や溶融体における伝熱/流動現象の解析が可能となり,福島第一原子力発電所事故をはじめとする事故時の燃料挙動や安全性評価の精度が向上し,事故時の環境への影響を最小限にとどめるための方策を精緻に検討することが出来るようになる。
Sep 2016   早期実現化を目指したMA-Zr水素化物を用いた核変換処理に関する研究開発
原子力発電が今後日本社会で受け入れられるためには、高い安全性の確保とともに、長寿命放射性廃棄物を可能な限り低減し、その処分が現実的に可能であることを明らかにすることで一般社会の理解を得ることが緊急の課題である。
長寿命放射性廃棄物の地層処分の負担を低減するために多くの核変換処理方法が検討されている。その中で本提案では、既に技術が確立されつつあるNa 冷却酸化物燃料高速炉を用い、その炉心の燃料はそのままにして径方向ブランケット
領域にMA(マイナーアクチノイド)-Zr 水素化物ターゲットを配置することで核変換の効率化とともに早期実用化を目指す。
Aug 2014   ラマン分光測定のための混合酸化物模擬試料(Ce,U)O2-x)の作成
原子炉用混合酸化物燃料中の酸素格子欠陥が物性に及ぼす影響を調べるためラマン分光測定用試料を作成した。
Sep 2012   ラマン分光法とXAFS測定を用いた混合酸化物燃料の不定比性研究の調査
不定比性の模擬試験体を作成しラマン分光法とXAFS測定を実施し混合酸化物燃料の実験を行う際の問題点を抽出した。