OKADA Yoshinori

J-GLOBAL         Last updated: Aug 1, 2019 at 12:32
 
Avatar
Name
OKADA Yoshinori
E-mail
yoshinori.okada.a1tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/f84714f5246fbca220df05e1d2ee314f.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Institute of Development, Aging and Cancer Division of Cancer Control Thoracic Surgery
Job title
Associate Professor

Education

 
 
 - 
Mar 1988
Faculty of Medicine, Tohoku University
 

Published Papers

 
Inoue C, Tamatsuki D, Miki Y, Saito R, Okada Y, Sasano H
Virchows Archiv : an international journal of pathology   475(2) 181-189   Aug 2019   [Refereed]
Ito S, Miki Y, Saito R, Inoue C, Okada Y, Sasano H
Pathology, research and practice   215(8) 152463   Aug 2019   [Refereed]
Onodera K, Sakurada A, Hoshi F, Abe J, Hasumi T, Takahashi S, Saito Y, Okada Y
General thoracic and cardiovascular surgery      Jul 2019   [Refereed]
Horinouchi H, Asano F, Okubo K, Okada Y, Ohsaki Y, Komase Y, Hashizume T, Kohno M, Aoe M
Respiratory investigation   57(3) 238-244   May 2019   [Refereed]
Kikuchi M, Shigeta K, Tanaka M, Takasaki S, Akiba M, Oishi H, Sado T, Matsuda Y, Noda M, Okada Y, Mano N, Yamaguchi H
Therapeutic drug monitoring      Apr 2019   [Refereed]
Tsukita Y, Fujino N, Miyauchi E, Saito R, Fujishima F, Itakura K, Kyogoku Y, Okutomo K, Yamada M, Okazaki T, Sugiura H, Inoue A, Okada Y, Ichinose M
Molecular cancer   18(1) 24   Feb 2019   [Refereed]
Yabuki H, Sakurada A, Eba S, Hoshi F, Oishi H, Matsuda Y, Sado T, Noda M, Okada Y
General thoracic and cardiovascular surgery      Feb 2019   [Refereed]
Kobayashi M, Saito R, Miki Y, Nanamiya R, Inoue C, Abe J, Sato I, Okada Y, Sasano H
Oncotarget   10(10) 1119-1131   Feb 2019   [Refereed]
Suzuki H, Oishi H, Noda M, Watanabe T, Matsuda Y, Tominaga J, Sado T, Sakurada A, Kurosawa H, Takase K, Okada Y
PloS one   14(2) e0210975   2019   [Refereed]
Salybekov AA, Masuda H, Miyazaki K, Sheng Y, Sato A, Shizuno T, Iida Y, Okada Y, Asahara T
PloS one   14(3) e0205477   2019   [Refereed]

Misc

 
【肺移植の適応の拡大とその限界】感染性肺疾患に対する肺移植の適応の拡大と限界
平間 崇, 大石 久, 岡田 克典
呼吸臨床   3(2) 1/7-7/7   Feb 2019
国際登録データによると肺移植の適応となる感染性肺疾患の代表的なものは嚢胞性線維症である。本邦では、嚢胞性線維症は少ないため、それ以外の原因による気管支拡張症、びまん性汎細気管支炎に対する肺移植がより多く行われている。感染性肺疾患に対する肺移植において特に注意を要するのは、術前の肺アスペルギルス症と非結核性抗酸菌症などの合併であり、注意深い術前後の感染症の評価と治療が重要となる。(著者抄録)
1枚のシェーマ Transmanubrial approachによる肺尖部肺癌切除
岡田 克典
胸部外科   71(11) 932-932   Oct 2018
肺保存の現状と肺灌流保存の展望
松田 安史, 江場 俊介, 星 史彦, 大石 久, 佐渡 哲, 野田 雅史, 桜田 晃, 岡田 克典
Organ Biology   25(2) 188-191   Jul 2018
臓器移植におけるレシピエント選定の基準の中では、全肺虚血時間が8時間以内となることが条件になっている。これは、長時間の肺保存により移植後の再灌流障害などが引き起こされ移植肺機能不全となる可能性があると考えられるためである。日本における脳死ドナーと虚血時間の現状、東北大学におけるドナー肺保存法と肺保存時間の現状、持続肺灌流と換気を行う新しい肺保存法について述べた。
肺移植患者における個別化薬物療法
山口 浩明, 菊地 正史, 田中 雅樹, 高崎 新也, 野田 あおい, 重田 健介, 白木 美香, 高木 秀侑, 松田 安史, 野田 雅史, 岡田 克典, 眞野 成康
臨床薬理の進歩   (39) 104-116   Jun 2018
肺移植後患者における薬物療法の個別最適化に向けたエビデンスの構築を目的とし、ミミコフェノール酸(MPA)のAUC推定式の導出および併用薬物の血中濃度情報を活用した相互作用解析を行った。対象は定期検査のため当院に入院した肺移植後患者36名で、ミコフェノール酸モフェチル服用前、服用後0.5、1、2、4、8、12時間後に採血した。MPAのAUC算出では36名、タクロリムスとイトラコナゾール(ITCZ)の相互作用解析では41名、ITCZおよび代謝物血漿中濃度測定とタクロリムス体内動態との相関では2...
肺移植後に発症した腸管気腫症の2例
三友 英紀, 松田 安史, 江場 俊介, 星 史彦, 大石 久, 野田 雅史, 佐渡 哲, 桜田 晃, 岡田 克典
移植   53(1) 47-50   May 2018
症例1は50歳代女性で、6年前に薬剤性間質性肺炎に対して脳死左片肺移植を施行した。CTで上行結腸壁内にair像を認め、約1週間前から軽度の腹痛を自覚した。身体所見、採血所見から腸管穿孔や壊死は否定的と考え経過観察の方針とした。腹部症状はごく軽度であり、食事摂取との関連も否定的であったため経口摂取は継続した。数日で自覚症状は改善し、1年後の単純CTでは上行結膓内のair像は消失していた。症例2は20歳代女性で、5年前に特発性肺動脈性肺高血圧症に対して脳死両肺移植を施行した。ステロイド性糖尿病...
手引き書 呼吸器内視鏡診療を安全に行うために
堀之内 宏久, 大崎 能伸, 浅野 文祐, 青江 基, 岡田 克典, 駒瀬 裕子, 河野 光智, 大久保 憲一, 橋詰 寿律, 日本呼吸器内視鏡学会安全対策委員会
気管支学   39(6) 1-59   Nov 2017
ウェットラボトレーニングにおいて動物倫理・福祉に関する教育が醸成する研修医の生命倫理観(Animal ethics and welfare education in wet-lab training can foster residents' ethical values toward life)
壹岐 裕子, 伊藤 拓哉, 工藤 克昌, 野田 雅史, 兼平 雅彦, 末田 輝子, 三好 一郎, 加賀谷 豊, 岡田 克典, 海野 倫明
Experimental Animals   66(4) 313-320   Oct 2017
生きた中大動物を用いた外科手技トレーニングが、外科手技教育において効果的な教育手法である事は否めない。一方、動物愛護の観点から、開催時に配慮を要するトレーニングであると言える。そのためウェットラボ開催においては、動物倫理・福祉の講義をカリキュラム内で行う施設が増えつつあるが、その効果の数値的実証が未だ行われていない。初期研修医対象の外科手技トレーニングにて、痛みを測定するために実臨床で用いられるVisual Analog Scaleを使用し、トレーニング前後の受講生の倫理意識の向上を測定す...
臨床経験 緩徐な進行を示した肺類基底細胞型扁平上皮癌
小林 数真, 阿部 皓太郎, 石橋 直也, 佐藤 伸之, 岡田 克典
胸部外科   70(5) 356-359   May 2017
70歳男。咳嗽を主訴とした。1年4ヵ月前に左肺S9の結節影(14mm大)を認めるも悪性所見はなく、定期的CTによる経過観察としていたが、腫瘍は徐々に増大した。初診時所見では特記すべき異常はなく、造影CTでは左肺下葉S9に最大径19mmの結節影を認め、血管気管支収束像も伴っていたが、リンパ節転移や遠隔転移はみられなかった。左B9aから経気管支生検とブラッシングを行い、扁平上皮癌cT1aN0M0、臨床病期IA期と診断され、左肺下葉切除およびND2a-1のリンパ節郭清を行った。病理組織像ではba...
動物を用いた若手医師の外科手術トレーニングと動物倫理
壹岐 裕子, 野田 雅史, 工藤 克昌, 末田 輝子, 兼平 雅彦, 伊藤 拓哉, 松田 安史, 岡田 克典, 海野 倫明
胸部外科   70(5) 329-333   May 2017
東北大学病院先端医療技術トレーニングセンター(当センター)で開催された、全身麻酔下のブタを用いた外科手術トレーニングに参加した初期研修医41名を対象として、トレーニング内容に関するアンケート調査を行い、動物トレーニングにおける倫理的配慮の妥当性を検証した。アンケートの中から倫理に関する回答のみを抽出し、トレーニング前後の変化を解析した結果、ヒトに対する倫理に関してトレーニング前後の値に有意差を認めた設問は5問中1問であったが、動物に対する倫理に関しては6問中6問すべてに有意差を認め、いずれ...
Tacrolimusによる冠攣縮性狭心症を発症したと考えられる肺移植後の1例
東郷 威男, 星川 康, 三友 英紀, 渡邊 龍秋, 野津田 泰嗣, 新井川 弘道, 松田 安史, 野田 雅史, 高橋 潤, 建部 俊介, 岡田 克典
移植   52(1) 67-72   Apr 2017
症例は36歳女性で、16歳時に胸部単純X線写真で両側上肺野粒状影を指摘され、特発性間質性肺炎と診断された。33歳時より呼吸苦を訴え、ステロイドを導入した。35歳時、脳死肺移植待機登録を行った。36歳に脳死右片肺移植を施行し、術後の免疫抑制療法はシクロスポリン点滴静注で開始した。腸管蠕動運動を確認後、術後第4病日よりタクロリムス経口投与に移行した。その他、免疫抑制療法としてミコフェノール酸モフェチルおよびプレドニゾロンを併用した。第10病日に喀痰増加、胸部単純X線写真における右移植肺の新たな...