數井 裕光

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 05:16
 
アバター
研究者氏名
數井 裕光
 
カズイ ヒロアキ
所属
大阪大学
部署
キャンパスライフ健康支援センター
職名
特任教授
学位
医学博士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
2002年
:  兵庫県立高齢者脳機能研究センター臨床研究科研究員 
 

学歴

 
 
 - 
1995年
大阪大学 医学研究科 精神衛生学
 
 
 - 
1989年
鳥取大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2000年
   
 
日本神経心理学会  評議員
 
2001年
   
 
日本高次脳機能障害学会  評議員
 
2008年
   
 
日本水頭症脳脊髄液学会  評議員
 
2008年
   
 
近畿精神神経学会  評議員
 
2007年
   
 
日本老年精神医学会  評議員
 

受賞

 
2008年
第32回日本高次脳機能障害学会優秀ポスター発表賞
 
2008年
第32回日本高次脳機能障害学会優秀ポスター発表賞
 
2008年
第32回日本高次脳機能障害学会優秀ポスター発表賞
 

論文

 
Suzuki Y, Kazui H, Yoshiyama K, Azuma S, Kanemoto H, Sato S, Suehiro T, Ikeda M.
Psychogeriatrics.   18(4) 252-258   2018年7月
Sato S, Kazui H, Shimizu Y, Yoshida T, Yoshiyama K, Kanemoto H, Suzuki Y, Morikami T, Fujisue H, Tanaka T, Ikeda M.
Psychogeriatrics.   18(3) 166-174   2018年5月
Hata M, Kurimoto R, Kazui H, Ishii R, Canuet L, Aoki Y, Ikeda S, Azuma S, Suehiro T, Sato S, Suzuki Y, Kanemoto H, Yoshiyama K, Iwase M, Ikeda M.
Psychogeriatrics.   18(3) 202-208   2018年5月
Oba H, Sato S, Kazui H, Nitta Y, Nashitani T, Kamiyama A
Int Psychogeriatr   30 87-94   2018年1月
認知症の分類と臨床診断. 特集 画像診断医のための認知症画像診断
數井裕光、藤井志郎
画像診断   38(9) 858-865   2018年7月
iNPHに対する我が国の医師主導前向き多施設共同研究
數井裕光
Dementia Japan   32(2) 216-224   2018年4月
認知症の症状、知って安心ケア
數井裕光
明日の友   233 69-79   2018年4月
認知症の非薬物療法 -ケア、BPSDの対応を含めて- 特集「認知症疾患診療ガイドライン2017」を読み解く
數井裕光
Brain and Nerve   70(3) 199-209   2018年3月
文献抄録. ナーシングホームに住んでいるアルツハイマー病患者の焦燥性興奮に対するシタロプラムの有効性と安全性について:非定型抗精神病薬との比較(Viscoliosi G, J Am Med Assoc 18:799-802, 2017). 特発性正常圧水頭症と正常加齢における静脈性の脳脊髄液排出経路の変化(Satow T, Front Aging Neurosci,Nov 23;9:387, 2017)
數井裕光
老年精神医学雑誌   29(2) 205-205   2018年2月
レビ-小体型認知症の早期診断と包括的治療
數井裕光
CLINICIAN   65(662) 13-18   2018年1月
Yasuno F, Kazui H, Kajimoto K, Ihara M, Morita N, Taguchi A, Yamamoto A, Matsuoka K, Takahashi M, Nakagawara J, Tsuji M, Iida H, Kishimoto T, Nagatsuka K
Int J Geriatr Psychiatry.   32(12) e93-e99   2017年12月   [査読有り]
Sakai M, Kazui H, Shigenobu K, Komori K, Ikeda M, Nishikawa T.
Dement Geriatr Cogn Dis Extra.   7(3) 395-405   2017年11月
Tanaka H, Adachi H, Ukita N, Ikeda M, Kazui H, Kudo T, Nakamura S.
IEEE J Transl Eng Health Med.      2017年9月
Cost-effectiveness analysis of shunt surgery for idiopathic normal pressure hydrocephalus based on the SINPHONI and SINPHONI-2 trials.
Kameda M, Yamada S, Atsuchi M, Kimura T, Kazui H, Miyajima M, Mori E, Ishikawa M, Date I; SINPHONI and SINPHONI-2 Investigators.
Acta Neurochir (Wien).   159(6) 995-1003   2017年6月   [査読有り]
Yamada S, Ishikawa M, Miyajima M, Nakajima M, Atsuchi M, Kimura T, Tokuda T, Kazui H, Mori E.
Neurol Clin Pract.   7(2) 98-108   2017年4月
Violation of Laws in Frontotemporal Dementia: A Multicenter Study in Japan.
Shinagawa S, Shigenobu K, Tagai K, Fukuhara R, Kamimura N, Mori T, Yoshiyama K, Kazui H, Nakayama K, Ikeda M.
J Alzheimers Dis.   57(4) 1221-1227   2017年3月   [査読有り]
Kazui H, Adachi H, Kanemoto H, Yoshiyama K, Wada T, Tokumasu Nomura K, Tanaka T, Ikeda M
Psychiatry Res   251 312-318   2017年2月   [査読有り]
認知症診療におけるかかりつけ医の役割
數井裕光
日本臨床内科医会会誌   32 569-575   2017年12月
特発性正常圧水頭症における症状改善のための臨床研究. ―アルツハイマー病理が疑われる患者に対するシャント術の有効性・安全性に関して―(SINPHONI-3)
末廣聖,數井裕光
老年精神医学雑誌   28(10月) 1118-1123   2017年10月
認知症ちえのわnet.
佐藤俊介, 數井裕光
老年精神医学雑誌   28(10月) 1124-1130   2017年10月
特発性正常圧水頭症(iNPH)の症状と他疾患との鑑別. 特集超高齢社会の今, 特発性正常圧水頭症(iNPH)に注目を!
數井裕光
日本医事新報   4876 35-40   2017年10月
認知症と誤診されやすい疾患 –特発性正常圧水頭症-
數井裕光、吉山顕次
精神科治療学 32増刊号「高齢者のための精神科医療」   241-246   2017年10月
數井 裕光
内科   120(2) 209-211   2017年8月
認知症における問題行動
東眞吾、数井裕光
精神科治療学      2017年1月   [査読有り]
日常会話式認知機能評価(Conversational Assessment of Neurocognitive Dysfunction;CANDy)の開発と信頼性・妥当性の検討.
大庭 輝, 佐藤眞一, 数井裕光, 新田慈子, 梨谷竜也, 神山晃男
老年精神医学雑誌   28 379-388   2017年
認知症診療における連携と協同
數井 裕光
老年期認知症研究会誌   27 57-59   2017年
Yasuno F, Kazui H, Morita N, Kajimoto K, Ihara M, Taguchi A, Yamamoto A, Matsuoka K, Takahashi M, Nakagawara J, Iida H, Kishimoto T, Nagatsuka K
Neuroimage Clin   13 209-214   2016年12月   [査読有り]
Yasuno F, Kazui H, Kajimoto K, Ihara M, Morita N, Taguchi A, Yamamoto A, Matsuoka K, Takahashi M, Nakagawara J, Tsuji M, Iida H, Kishimoto T, Nagatsuka K.
Neuroimage Clin.      2016年12月   [査読有り]
Negative correlation of metabolism between visual association cortex and brainstem in dementia with Lewy bodies.
Kanemoto H,Kazui H,Shimosegawa E,Wada T,Tokumasu Nomura K,Yoshiyama K,Ikeda M.
   2016年12月
Kazui H,Sato S,Kanemoto H,Yoshiyama K,Suzuki Y,Suehiro S,Matsumoto T,Azuma S,Nakajima H,Kosugi N,Onizuka M,Ikeda M.
   2016年12月
Miyajima M,Kazui H,Mori E,Ishikawa M,on behalf of the SINPHONI-2 Investigators.
J Neurosurg   125 1483-1490   2016年12月   [査読有り]
OBJECTIVE
Idiopathic normal pressure hydrocephalus (iNPH) is treated with cerebrospinal fluid shunting, and implantation of a ventriculoperitoneal shunt (VPS) is the current standard treatment. The objective of this study was to compare the effica...
Integrated Care for Elderly People with Dementia: The Japanese Perspective
Ikeda M, Hashimoto M, Kazui H
   2016年12月
Grouping method of dementia care text information to share dementia care information in a website named Ninchisho Chienowa-net.
Nakajima H,Kosugi N,Onizuka M,Kazui H,Ikeda M.
Proc. of the18th International Conference on Information Integration and Web-based Application & Services   479-483   2016年11月
Kazui H,Kanemoto H,Yoshiyama K,Kishima H,Suzuki Y,Sato S,Suehiro T,Azuma S,Yoshimine T,Tanaka T
J Neurol Sci   369 236-241   2016年10月   [査読有り]
Abstract
We examined the effect of the pathology of Alzheimer's disease (AD) on improvement of clinical symptoms after shunt surgery in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus (iNPH). Forty-four iNPH patients were classified into 18...
Neural basis of apathy in patients with amnestic mild cognitive impairment.
Kazui H,Takahashi R,Yamamoto Y,Yoshiyama K,Kanemoto H,Suzuki Y,Sato S,Azuma S,Suehiro T,Shimosegawa E,Ishii K,Tanaka T.
J Alzheimers Dis   55(4) 1403-1416   2016年9月   [査読有り]
Abstract: Background: Although apathy is associated with damage to the frontal and temporal lobes in Alzheimer’s disease (AD), the crucial regions for apathy in patients with amnestic mild cognitive impairment (aMCI) are unknown. Objective: To ide...
Kazui H,Yoshiyama K,Kanemoto H,Suzuki Y,Sato S,Hashimoto M,Ikeda M,Tanaka H,Hatada Y,Matsushita M,Nishio Y,Mori E,Tanimukai S,Komori K,Yoshida T,Shimizu H,Matsumoto T,Mori T,Kashibayashi T,Yokoyama K,Shimomura T,Kabeshita Y,Adachi H,Tanaka T
PLOS ONE 11   11(8)    2016年8月   [査読有り]
Background/Aims
Behavioral and psychological symptoms of dementia (BPSDs) negatively impact the prognosis of dementia patients and increase caregiver distress. The aims of this study were to clarify the differences of trajectories of 12 kinds of B...
Hata M,Tanaka T,Kazui H,Ishii R,Canuet L,Pascual-Marqui RD,Aoki Y,Ikeda S,Sato S,Suzuki Y,Kanemoto H,Yoshiyama K,Iwase M
Clin EEG Neurosci   pii: 1550059416662119   2016年8月   [査読有り]
Recently, cerebrospinal fluid (CSF) biomarkers related to Alzheimer's disease (AD) have garnered a lot of clinical attention. To explore neurophysiological traits of AD and parameters for its clinical diagnosis, we examined the association between...
Yamada S,Kimura T,Jingami N,Atsuchi M,Hirai O,Tokuda T,Miyajima M,Kazui H,Mori E,Ishikawa M,SINPHONI-2 Investigators
J Neurosurg   126(6) 2002-2009   2016年7月   [査読有り]
OBJECTIVE The study aim was to assess the influence of presurgical clinical symptom severity and disease duration on outcomes of shunt surgery in patients with idiopathic normal-pressure hydrocephalus (iNPH). The authors also evaluated the cerebro...
Symposium: Lifespan neuroscience of human cognition: Principles of healthy and pathological aging Cognitive impairment in neurodegenerative dementias at MCI stage
Ikeda M, Hashimoto M, Matsushita M, Miyagawa Y, Ijichi D, Ueno Y, Iwata N, Kazui H
   2016年6月
Yasuyuki Mamiya, Yoshiyuki Nishio, Hiroyuki Watanabe, Kayoko Yokoi, Makoto Uchiyama, Toru Baba, Osamu Iizuka, Shigenori Kanno, Naoto Kamimura, Hiroaki Kazui, Mamoru Hashimoto, Manabu Ikeda, Chieko Takeshita, Tatsuo Shimomura, Etsuro Mori
PLOS ONE   11    2016年5月   [査読有り]
Mariko Sakai, Manabu Ikeda, Hiroaki Kazui, Kazue Shigenobu and Takashi Nishikawa
International Psychogeriatrics   28(3) 511-517   2016年3月
Disease duration: the key to accurate CSF tap test in iNPH
Yamada S, Ishikawa M, Miyajima M, Atsuchi M, Kimura T, Kazui H, Mori E.
Acta Neurologica Scandinavica   135 189-196   2016年3月   [査読有り]
Sakakibara R, Uchida Y, Ishii K, Hashimoto M, Ishikawa M, Kazui H, Yamamoto T, Uchiyama T,Tateno F, Kishi M, Tsuyusaki Y, Aiba Y, Tateno H, Nagao T, Terada H, Inaoka T; Members of SINPHONI (Study of Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus On Neurological Improvement).
Int Urol Nephrol.   48 169-174   2016年2月   [査読有り]
Epub 2015 Nov 17.
Khoo HM, Kishima H, Tani N, Oshino S, Maruo T, Hosomi K, Yanagisawa T, Kazui H, Watanabe Y, Shimokawa T, Aso T, Kawaguchi A, Yamashita F, Saitoh Y, Yoshimine T.
J Neurosurg   124 350-358   2016年2月   [査読有り]
Epub 2015 Aug 21.
Electrical stimulation of the parahippocampal gyrus for prediction of posthippocampectomy verbal memory decline.
Tani N, Kishima H, Khoo HM, Yanagisawa T, Oshino S, Maruo T, Hosomi K, Hirata M, Kazui H, Nomura KT, Aly MM, Kato A, Yoshimine T
Journal of Neurosurgery.   125 1053-1060   2016年1月
字形想起障害による漢字の純粋失書を認め、皮質基底核症候群を呈したアルツハイマー病の1例.
鐘本英輝, 数井裕光, 鈴木由希子, 佐藤俊介, 吉山顕次, 田中稔久
高次脳機能研究   37 15-22   2016年
Yasuno F,Kazui H,Morita N,Kajimoto K,Ihara M,Taguchi A,Yamamoto A,Matsuoka K,Kosaka J,Kudo T,Iida H,Kishimoto T,Nagatsuka K
Int J Geriatr Psychiatr   31 920-928   2016年
Kabeshita Y,Adachi H,Matsushita M,Kanemoto H,Sato S,Suzuki Y,Yoshiyama K,Shimomura T,Yoshida T,Shimizu H,Matsumoto T,Mori T,Kashibayashi T,Tanaka H,Hatada Y,Hashimoto M,Nishio Y,Komori K,Tanaka T,Yokoyama K,Tanimukai S,Ikeda M,Takeda M,Mori E,Kudo T,Kazui H
Int J Geriatr Psychiatry   32 222-230   2016年
Effect of lumboperitoneal shunt on neuropsychiatric symptoms in the patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus
Hideki Kanemoto, Hiroaki Kazui, Yukiko Suzuki, Shunsuke Sato, Kenji Yoshiyama, Masatoshi Takeda
J Neurol Sci   361 206-212   2016年
iNPHに対する医師主導多施設共同研究の成果と診療連携
数井裕光
   2016年12月
うまくいく認知症ケア~認知症ちえのわnetの挑戦
数井裕光
   2016年12月
診断とBPSD対応に苦慮した言語症状の強い変性疾患の1例
佐藤俊介, 数井裕光, 鈴木由希子, 鐘本英輝, 東 眞吾, 末廣 聖, 松本拓也, 吉山顕次, 池田 学
   2016年12月
特発性正常圧水頭症における抑うつ状態とその治療 -シャント術を中心に-
鐘本英輝,數井裕光
臨床精神薬理   19 1725-1732   2016年12月   [査読有り]
特発性正常圧水頭症における髄液シャント術の脳波NPV解析による効果予測
青木保典、数井裕光、石井良平、吉山顕次、鐘本英輝、鈴木由希子、佐藤俊介、東 眞吾、末廣 聖、松本拓也、武者利光、松崎晴康、今城 郁、畑 真弘、池田俊一郎、岩瀬真生、池田 学
老年精神医学雑誌   27(11) 1176-1182   2016年11月   [査読有り]
樫林哲雄,數井裕光,和田佳子,徳増慶子,横山和正
神経心理学   32 239-247   2016年11月   [査読有り]
iNPH診療における医療連携
末廣 聖,数井裕光
老年精神医学雑誌   27 1200-1205   2016年11月   [査読有り]
地域連携を意識する  -手帳型の地域連携パス活用-
佐藤俊介、數井裕光
Modern Physician      2016年10月
シンポジウム3 LORETA の精神医学への応用:特発性正常圧水頭症における安静時皮質回路活動量とその認知歩行機能との関連性
青木保典, 数井裕光, Roberto D. Pascual-Marqui, 石井良平, 吉山賢次, 鐘本英輝, 佐藤俊介, 鈴木由希子, 東 眞吾, 末廣 聖, 松本拓也, 畑真弘, 今城郁, 松崎晴康, 武者利光, 岩瀬真生, 池田 学
   2016年10月
DLB診療と研究へのいざない
数井裕光, 吉峰俊樹
脳21   19(2) 50(142)-53(145)   2016年10月
特集 高次脳機能障害  高次脳機能障害の評価法・検査
鈴木由希子、數井裕光
日本医師会雑誌      2016年9月
頭部外傷後に重複記憶錯誤を呈した1例
樫林哲雄、數井裕光、和田佳子、徳増慶子、横山和正
神経心理学   32 239-247   2016年9月
高齢者診療に役立つ正常圧水頭症のみかた
数井裕光
   2016年9月
左側頭葉後下部を中心とした脳梗塞により呼称障害と漢字優位の失読失書、意味理解障害を呈した1例
佐藤俊介, 数井裕光, 鐘本英輝, 鈴木由希子, 東眞吾, 末廣聖, 松本拓也, 吉山顕次, 中村元, 貴島晴彦, 池田 学
   2016年9月
脳出血後、道順障害を呈した患者に認めた、街並認知による代償
鐘本英輝,吉山顕次,東眞吾,松本拓也,末廣聖,佐藤俊介,鈴木由希子,数井裕光,池田学
   2016年9月
特発性正常圧水頭症のprodromal stage
数井裕光
   2016年9月
軽度認知障害にみられるBPSDの経年変化について
吉山顕次,數井裕光,鐘本英輝,鈴木由希子,佐藤俊介,東眞吾,末廣聖,松本拓也,池田 学
   2016年9月
認知症専門医によるiNPH診断の実際
数井裕光
   2016年9月
高次脳機能障害の評価法・検査
鈴木由希子,數井裕光
日本医師会雑誌   145 119-1186   2016年9月   [査読有り]
パレイドリアテスト:幻視と関連した錯視を測定する神経心理テスト(PLoS One 11, e0154713, 2016)
数井裕光
老年精神医学雑誌   27    2016年8月   [査読有り]
正常圧水頭症の診断
吉山顕次,數井裕光
老年精神医学雑誌      2016年7月   [招待有り]
認知症診療における連携と協同
数井裕光
   2016年7月
BPSD治療の新展開 認知症ちえのわnetの構築と運用
数井裕光
   2016年6月
「疾患別BPSD出現予測マップ」と「治療に役立つ介護サービス情報」の有用性の検討
東 眞吾, 数井裕光, 末廣 聖, 佐藤俊介, 鈴木由希子, 鐘本英輝, 吉山顕次
   2016年6月
認知治療の最前線 ~予防から診断・治療まで~
数井裕光
   2016年6月
レビー小体型認知症 ~早期診断と包括的治療~
数井裕光
   2016年6月
シンポジウム3 LORETA の精神医学への応用:特発性正常圧水頭症における安静時皮質回路活動量とその認知歩行機能との関連性
青木保典, 数井裕光, Roberto D. Pascual-Marqui, 石井良平, 吉山顕次, 鐘本英輝, 佐藤俊介, 鈴木由希子, 東 眞吾, 末廣 聖, 松本拓也, 畑 真弘, 今城 郁, 松崎晴康, 武者利光, 岩瀬真生, 池田 学
臨床神経生理学    44(5) 314   2016年5月   [査読有り]
数井裕光
Brain and nerve   68(4) 429-440   2016年4月
特発性正常圧水頭症の診療連携
数井裕光
   2016年4月
正常圧水頭症の診断
吉山顕次,數井裕光
老年精神医学雑誌   27 758-763   2016年4月   [査読有り]
前頭側頭葉変性症の診断と治療
吉山顕次,数井裕光
臨床精神医学   45 465-472   2016年4月   [査読有り]
DLB診療と研究へのいざない
数井裕光, 吉峰俊樹
脳21   19(2) 50(142)-53(145)   2016年3月
BPSDの対応に向けて(トラックセッション5BPSD)
数井裕光
老年精神医学雑誌   27(増刊Ⅰ) 146-151   2016年3月
認知症診療におけるチーム医療
数井裕光
Clinician   63(1) 7-12   2016年1月   [招待有り]
認知症患者の不眠への対応.
壁下康信,足立浩祥,数井裕光
臨床精神薬理   19 39-47   2016年
前頭側頭葉変性症の診断と治療
102. 吉山顕次,數井裕光
臨床精神医学   45 465-472   2016年
BPSDの対応に向けて
數井 裕光
老年精神医学雑誌   27(増刊1) 146-151   2016年
Hata M, Kazui H, Tanaka T, Ishii R, Canuet L, Pascual-Marqui R, Aoki Y, Ikeda S, Kanemoto H, Yoshiyama K.
Clin Neurophysiol (in press)   127 1269-1278   2015年12月   [査読有り]
Pietrzak RH,et al.; Australian Imaging, Biomarkers, and Lifestyle Research Group. Amyloid-β, anxiety, and cognitive decline in preclinical Alzheimer disease: a multicenter, prospective cohort study. JAMA Psychiatry. 2015;72(3):284-91.(抄録)
数井裕光
老年精神医学雑誌   26(10) 1165-1165   2015年10月   [招待有り]
Yasuno F, Kazui H, Morita N, Kajimoto K, Ihara M, Taguchi A, Yamamoto A, Matsuoka K, Kosaka J, Kudo T, Iida H, Kishimoto T.
Int J Geriatr Psychiatry   30(9) 919-926   2015年9月   [査読有り]
Ohi K, Hashimoto R, Ikeda M, Yamamori H, Yasuda Y, Fujimoto M, Umeda-Yano S, Fukunaga M, Fujino H, Watanabe Y, Iwase M, Kazui H, Iwata N, Weinberger DR, Takeda M.
Schizophr Bull.   41(4) 909-918   2015年7月   [査読有り]
Matsuoka K, Yasuno F, Taguchi A, Yamamoto A, Kajimoto K, Kazui H, Kudo T, Sekiyama A, Kitamura S, Kiuchi K, Kosaka J, Kishimoto T, Iida H, Nagatsuka K.
Int J Geriatr Psychiatry   30(6) 566-572   2015年6月   [査読有り]
Yasuno F, Kazui H, Yamamoto A, Morita N, Kajimoto K, Ihara M, Taguchi A, Matsuoka K, Kosaka J, Tanaka T, Kudo T, Takeda M, Nagatsuka K, Iida H, Kishimoto T.
Neurobiol Aging.   36(6) 2145-2152   2015年6月
Hashimoto M, Yatabe Y, Ishikawa T, Fukuhara R, Kaneda K, Honda K, Yuki S, Ogawa Y, Imamura T, Kazui H, Kamimura N, Shinagawa S, Mizukami K, Mori E, Ikeda M.
Dement Geriatr Cogn Dis Extra.   6(5(2)) 244-252   2015年6月
Kazui H, Miyajima M, Mori E, Ishikawa M; SINPHONI-2 Investigators.
Lancet Neurol.   14(6) 585-594   2015年6月
Ikeda S, Kazui H, Tanaka T, Ishii R, Aoki Y, Hata M, Canuet L, Yoshiyama K, Iwase M, Pascual-Marqui R, Takeda M.
Psychogeriatrics   15(3) 191-197   2015年4月
Kitamura S, Yasuno F, Yamamoto A, Kazui H, Kudo T, Matsuoka K, Kiuchi K, Kosaka J, Nagatsuka K, Iida H, Kishimoto T.
Psychogeriatrics   16 46-53   2015年3月   [査読有り]
Ninchisho Chienowa-net: a website to share good dementia care techniques.
Kosugi N,Onizuka M,Kazui H,Ikeda M
Proc. of the 17th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services,   77-81   2015年
介護職員における認知症に関する知識の普及度とその関連要因.
大庭輝,数井裕光,佐藤眞一
高齢者のケアと行動科学   20 135-150   2015年
Integrating psychiatric services into comprehensive dementia care in the community.
Ito H,Hattori H,Kazui H,Taguchi M,Ikeda M
Open journal of psychiatry   5 129-136   2015年
Aoki Y,Kazui H,Tanaka T,Ishii R,Wada T,Ikeda S,Hata M,Canuet L,Katsimichas T,Musha T,Matsuzaki H,Imajo K,Kanemoto H,Yoshida T,Nomura K,Yoshiyama K,Iwase M,Takeda M
Sci Rep   5 7775   2015年

Misc

 
あすのとも談話室 料理や運転はいつまで続けられるでしょうか?
數井 裕光
明日の友   238    2019年
婦人之友社、東京
あすのとも談話室 料理や運転はいつまで続けられるでしょうか?
數井 裕光
明日の友   237 77-79   2018年12月
婦人之友社、東京
あすのとも談話室 母が時々、父のことがわからなくなります.
數井 裕光
明日の友   236 82-83   2018年10月
婦人之友社、東京
あすのとも談話室 財布や通帳を盗られたといいます
數井裕光
明日の友   235 76-77   2018年8月
婦人之友社、東京
あすのとも談話室 1日中、家でごろごろしています
數井裕光
明日の友   234 78-79   2018年6月
婦人之友社、東京
軽度認知障害の疫学と臨床的意味. 特集:軽度認知障害.
樫林哲雄、数井裕光
臨床精神医学   47(12) 1349-1355   2018年
杉山博通,数井裕光,木藤友実子,高屋雅彦,吉田哲彦,徳永博正,澤温,武田雅俊
精神医学   52 499-506   2010年
代表的疾患 5.特発性正常圧水頭症
最新医学社      2010年
その他の認知症
東京大学出版      2010年
初老期のアルツハイマー病・家族性アルツハイマー病. 精神・神経疾患画像アトラス
メディカルレビュー社      2007年
老年期認知症ナビゲータ
メディカルビュー社      2006年
高齢者の神経心理検査. 現代老年精神医療
永井書店      2005年
アルツハイマー病の管理と治療. 包括管理・診療 新しい診断と治療のABC 22巻 神経3 アルツハイマー病
最新医学社      2004年
痴呆性高齢者のクリニカルパス
日総研出版      2004年
特発性正常圧水頭症診療ガイドライン
メジカルビュー社      2004年
アルツハイマー病の症候. よくわかるアルツハイマー病 ―実際にかかわる人のために―
永井書店      2004年
痴呆疾患における脳室系の形態学的変化.脳室とその周囲器官
数井裕光.
神経科学の基礎と臨床(板倉徹、前田敏博編)ブレーン出版、東京   11 95-107   2002年
痴呆疾患の診断・治療と短期入院のためのクリニカルパス作成の試み
数井裕光.
平成13年度構厚生科学研究補助金総合的プロジェクト研究事業(21世紀型医療開拓推進研究事業)一般病床における痴呆性高齢者のクリティカルパス作成に関する研究報告書(研究代表者・遠藤英俊)   9-16 & 43-96   2002年
痴呆疾患における脳室系の形態学的変化. 脳室とその周囲器官: 神経科学の基礎と臨床第11巻
ブレーン出版      2002年
アルツハイマー型痴呆の臨症 特徴(臨床症状)と診断基準
数井裕光.
アルツハイマー型痴呆の画像診断(西村恒彦、武田雅俊編)メジカルビュー社、東京   20-26   2001年
テレビ番組が与える痴呆性高齢者への影響に関する研究
谷向知、原田和佳、数井裕光.
平成12年度高齢者痴呆介護研究 平成12年度老人保健健康増進等事業による研究報告書   16-19   2001年
アルツハイマー型痴呆の臨床特徴(臨床症状)と診断基準. アルツハイマー型痴呆の画像診断
メジカルビュー社      2001年
数井裕光.せん妄
臨床精神医学講座 special issue 総合診療における精神医学(三好功峰、前田潔編)中山書店、東京   (7) 104-115   2000年
谷向知、数井裕光.知的機能検査
臨床精神医学講座 special issue アルツハイマー病(三好功峰、小阪憲司編)中山書店、東京   (9) 175-185   2000年
せん妄
数井裕光.
兵庫脳研ニュースレター   (12) 2-3   2000年
電気刺激実験
数井裕光、田辺敬貴.
失語症臨床ハンドブック(濱中淑彦監修、波多野和夫、藤田郁代編) 金剛出版   95-103   1999年
一過性全健忘
数井裕光、田辺敬貴.
臨床精神医学講座special issue 記憶の臨床(浅井昌弘、鹿島晴雄編)中山書店   (2) 229-246   1999年
痴呆の定義
数井裕光.
痴呆診療マニュアル(田中知賀子、森悦朗編) 兵庫県立高齢者脳機能研究センター、姫路   3-4   1999年
電気刺激実験. 失語症臨床ハンドブック
金剛出版      1999年
一過性健忘症にみる記憶障害
数井裕光、田辺敬貴.
神経心理   (12) 169-177   1996年
一過性全健忘症発作中の記憶の様態と脳血流の検討
数井裕光.
阪大医誌   (47) 15-21   1995年
伊藤皇一、奥田純一、山本晴子、数井裕光、田辺敬貴.消去現象.一体性感覚における消去現象
神経心理   (11) 140-150   1995年
線状体と記憶.線状体
田辺敬貴、数井裕光.
神経科学の基礎と臨床(板倉徹、前田敏博編) ブレーン出版   2 89-103   1995年
特異な笑いを呈した葉性萎縮の1例.
   1995年
線状体と記憶. 線状体: 神経科学の基礎と臨床第2巻
ブレーン出版      1995年
脳変性疾患の脳画像と神経心理
田辺敬貴、池田学、中川賀嗣、数井裕光、橋川一雄、森脇博、岡崎裕.
精神医学レビュー 老年期の精神障害(西村健編)   (8) 32-52   1993年
Alzheimer病の記憶障害‐その様態と責任病巣‐
田辺敬貴、池田学、数井裕光、橋本衛、山田典史、橋川一雄、岡崎裕、大井博道.
平成4年度科学研究費補助金重点領域研究 脳の高次機能報告書(研究代表者・甘利俊一)   (3) 89-90   1993年
意味記憶の神経基盤
田辺敬貴、中川賀嗣、池田学、数井裕光、原田貢士、橋川一雄、奥田純一郎.
平成3年度科学研究費補助金重点領域研究 脳の高次機能報告書(研究代表者・甘利俊一)   (2) 83-84   1992年

書籍等出版物

 
精神科臨床エキスパート 他科からの依頼患者の診方と対応(中村純編)レビー小体型認知症と特発性正常圧水頭症,
數井 裕光
医学書院,東京,   2015年   
精神・心理機能評価ハンドブック(山内俊雄,鹿島晴雄編)MMSE,
数井裕光,武田雅俊
中山書店,東京,   2015年   
精神・心理機能評価ハンドブック(山内俊雄,鹿島晴雄編)CMAI,
徳増(野村)慶子,数井裕光
中山書店,東京,   2015年   
精神・心理機能評価ハンドブック(山内俊雄,鹿島晴雄編)MENFIS,
樫林哲雄,数井裕光
中山書店,東京,   2015年   
神科臨床評価マニュアル2016年版(臨床精神医学編集委員会編)手続き記憶,
樫林哲雄,数井裕光
アークメディア,東京   2015年   
精神科臨床評価マニュアル2016年版(臨床精神医学編集委員会編)作動記憶,
徳増慶子,数井裕光
アークメディア,東京   2015年   
誠信心理学辞典新版(下山晴彦編集代表)病態(アミロイドPET検査、アルツハイマー病、嗜銀顆粒性認知症、神経原線維変化型老年期認知症、神経病理学、前頭側頭型認知症、レビー小体型認知症),
數井 裕光
誠信書房,東京,   2014年   
日常診療に必要な認知症症候学(池田学編)正常圧水頭症と慢性硬膜下血腫の症候学,
数井裕光,武田雅俊
新興医学出版社,東京,   2014年   
脳と心のプライマリケア(池田学編)特発性正常圧水頭症と慢性硬膜下血腫
数井裕光,武田雅俊
シナジー,東京,   2013年   
特発性正常圧水頭症診療ガイドライン 第2版(日本正常圧水頭症学会特発性正常圧水頭症診療ガイドライン作成委員会編)
森悦朗,新井一,石井一成,石川正恒,伊関千書,貝嶋光信,數井裕光,加藤丈夫,栗山長門,斉藤真,杉山博通,徳田隆彦,中島円,橋本正明,平田好文,三宅裕治,宮嶋雅一
メディカルレビュー社,大阪,   2011年   
日常診療で出会う高齢者精神障害のみかた(松下正明監, 栗田主一編)正常圧水頭症と精神症状,
木藤友実子,数井裕光,武田雅俊
中外医学社,東京   2011年   
看護学テキストNiCE(松田暉,荻原俊男,難波光義,鈴木久美編,林直子総編,武田雅俊分編)正常圧水頭症
數井 裕光
南江堂,東京   2010年   
精神科臨床評価検査法マニュアル(改訂版)(臨床精神医学編集委員会編)手続記憶,
数井裕光,武田雅俊
アークメディア,東京,   2010年   
精神科臨床評価検査法マニュアル(改訂版)(臨床精神医学編集委員会編)作動記憶,
数井裕光,武田雅俊
アークメディア,東京   2010年   
認知症(三村將編)特発性正常圧水頭症
数井裕光,武田雅俊
最新医学社,大阪,   2010年   
専門医のための精神科臨床リュミエール21 前頭葉でわかる精神疾患の臨床(福田正人,鹿島晴雄編)認知症,
武田雅俊,數井裕光
中山書店,東京,   2010年   
精神疾患と認知機能(山内俊雄編集統括,精神疾患と認知機能研究会編)認知機能の加齢変化
武田雅俊,福永知子,数井裕光
新興医学出版社,東京,   2009年   
精神疾患と認知機能(山内俊雄編集統括,精神疾患と認知機能研究会編)認知症と認知機能 各論,
数井裕光,武田雅俊
新興医学出版社,東京,   2009年   
絵でみる心の保健室(武田雅俊, 田中稔久監, 大阪大学大学院医学系研究科・精神医学教室編)治る認知症を見逃さない 特発性正常圧水頭症,
數井 裕光
アルタ出版   2007年   
精神・神経疾患画像アトラス(葛原茂樹監)初老期のアルツハイマー病・家族性アルツハイマー病,
数井裕光,武田雅俊
メディカルレビュー社,大阪,   2007年   

講演・口頭発表等

 
その物忘れ大丈夫?! 知っておきたいケアの話
數井 裕光
医療ルネサンス柏フォーラム 認知症の最前線, 柏, 2018.11.10. 読売新聞社主催   2018年11月10日   
市民公開講座
若年性認知症
數井 裕光
平成30年度(第25回) 認知症に関する研修会(公益社団法人 日本精神科病院協会 高齢者医療・人権保健委員会主催)、東京, 2018.11.29-30.   2018年11月   
研修会講師
特別講演1:認知症患者のための診療連携
數井 裕光
第59回中国・四国精神神経学会、広島、2018.11.22-23   2018年11月   
その他地方会
重複記憶錯誤の責任病巣:神経心理学的理解は可能か?
樫林哲雄、高橋竜一、藤田純、數井裕光
第37日本認知症学会学術集会:重複記憶錯誤:認知症の精神症状を神経心理学と精神病理学から考える, 札幌, 2018.10.12-14   2018年10月   
国内全国学会 シンポジウム
精神医学的観点から, 第23日本神経精神医学会学術集会:私はこう考える~前頭側頭葉変性症の早期診断~
數井裕光
第23日本神経精神医学会学術集会   2018年10月   
国内全国学会 シンポジウム
認知症の行動・心理症状の理解と治療・対応
數井 裕光
第42日本神経心理学会学術集会 教育セミナー, 山形,   2018年9月13日   
国内全国学会 教育講演
Association between left pulvinar hypometabolism and sleep disturbances in patients with Lewy bodies.
Kanemoto H, Kazui H, Adachi H, Yoshiyama K, Wada T, Tokumasu Nomura K, Ikeda M.
The World Federation of Societies of Biological Psychiatry(WFSPBP) Asia Pacific Regional Congress of Biological Psychiatry 2018 Kobe, Kobe, Japan, 2018.9.7-9, Oral presentation   2018年9月10日   
学会発表・国際学会・一般講演
Identifying dementia patients based on behavioral markers in human-avatar interaction.
Ujiro T, Tanaka H, Adachi H, Kazui H, Ikeda M, Kudo T, Nakamura S.
The World Federation of Societies of Biological Psychiatry(WFSPBP) Asia Pacific Regional Congress of Biological Psychiatry 2018 Kobe, Kobe, Japan, 2018.9.7-9, Oral presentation   2018年9月10日   
学会発表・国際学会・一般講演
包括的認知症治療と理学療法士への期待.
數井 裕光
第20回精神心理領域理学療法部門セミナー テーマ:認知症に対する理学療法士の役割(日本理学療法士協会 精神心理領域理学療法部門主催),大阪,   2018年9月2日   
認知症に対する理学療法士の役割
數井裕光
2018年9月   
学会発表・国内全国学会・研修会講師
日本理学療法士協会 精神心理領域理学療法部門主催,大阪, 2018.9.2.
認知機能検査の実際
數井 裕光
第2回日本脳神経外科認知症学会学術総会, もの忘れ外来診療のためのエッセンシャル, 東京, 2018.6.24.   2018年6月24日   
国内全国学会 教育講演
BPSDに対する非薬物療法 ~認知症ちえのわnetも含めて~
數井裕光、佐藤俊介、池田 学、小杉尚子、鬼塚 真
第33回日本老年精神医学会:認知症の非薬物療法をめぐって, 郡山, 2018.6.29-30.   2018年6月   
学会発表・国内全国学会・シンポジウム
認知症を生きる
數井 裕光
第114回日本精神神経学会学術総会市民公開講座, 神戸, 2018.6.23.   2018年6月   
みんなの知恵を集めて、うまくいくケアを目指す!!認知症ちえのわnetの挑戦
數井 裕光
第33回日本老年精神医学会市民公開講座, 郡山, 2018.6.30.   2018年6月   
Approaches to promote the spread of effective behavioural management techniques to informal caregivers of dementia patients in Japan.
數井 裕光
UK-Japan Seminar on dementia care research through multidisciplinary approaches –Perspectives on care, community and environment–, Tokyo, 2018.3.16.(Ambassador’s Residence, British Embassy Tokyo)   2018年3月16日   
国際学会 シンポジウム
Special Lectire “From DLB to long-term care; My experiences in DLB and long-term care”
數井 裕光
13th annual meeting of Tiwanese Society of Geriatric Psychiatry, Taipei,   2018年3月11日   
学会発表・国際学会・特別講演
BPSDに対する包括的治療
數井 裕光
第27回障害教育講座 (公益社団法人 日本老年精神医学会主催)、大阪、2018.12.2.   2018年2月2日   
研修会講師
認知症患者の記憶障害に対する適切な対応法―認知症ちえのわnetの結果からー
數井 裕光
第42回日本高次脳機能障害学会:記憶障害のおけるリハビリテーションの原点とトピック、神戸, 2018.12.6-7   2018年   
国内全国学会 シンポジウム
BPSDの予防
數井 裕光
第21回日本精神保健・予防学会学術集会シンポジウム:超高齢社会におけるメンタルヘルス, 那覇, 2017.12.9-10.   2017年12月   
学会発表・国内全国学会・シンポジウム
Effects of donepezil on sleep disturbances in patients with dementia with Lewy bodies: An open-label study with actigraphy.
Faculty of Psychiatry of Old Age CONFERENCE 2017 (International Psychogeriatric Association), Queenstown, New Zealand, 2017.11.10, Oral presentation   2017年11月10日   
Cerebral metabolism related to sleep disturbances in patients with dementia with Lewy bodies: An open-label study.
Faculty of Psychiatry of Old Age CONFERENCE 2017 (International Psychogeriatric Association), Queenstown, New Zealand, 2017.11.10, Poster presentation   2017年11月10日   
Success rates of methods for managing symptoms of patients with dementia. Statistical analysis of care experiences through “Ninchisho Chienowa-net” website.
Sato S, Kazui H, Kanemoto H, Suzuki Y, Azuma S, Suehiro T, Matsumoto T, Yoshiyama K, Ishikawa T, Hashimoto M, Kosugi N, Onizuka M, Ikeda M.
Faculty of Psychiatry of Old Age CONFERENCE 2017 (International Psychogeriatric Association), Queenstown, New Zealand, 2017.11.9, Oral presentation   2017年11月9日   
学会発表・国際会議・一般講演
認知症診療におけるかかりつけ医の役割
數井 裕光
第31回日本臨床内科医学会, 大阪, 2017.10.8.9.   2017年10月8日   
Keynote Speech “Psychiatric and behavioral symptoms of iNPH”
數井 裕光
The Ninth Annual Meeting of the International Society for Hydrocephalus and Cerebrospinal Fluid Disorders (ISHCSF),Kobe,   2017年9月23日   
学会発表・国際学会・特別講演
Neuroanatomical bases of lower psychomotor speed and gait disturbance in idiopathic normal pressure hydrocephalus.
The Ninth Annual Meeting of the International Society for Hydrocephalus and Cerebrospinal Fluid Disorders (ISHCSF), Kobe, 2017.9.23, (oral presentation)   2017年9月23日   
認知症における無為の神経基盤と治療,
數井 裕光
第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会合同年会シンポジウム:認知症BPSDの生物学的基盤と治療, 仙台, 2017.9.28-30.   2017年9月   
国内全国学会 シンポジウム
The changes of brain morphology in the patients of the preclinical stage of idiopathic normal pressure hydrocephalus,
11th International Congress of the Asian Society Against Dementia, Bangkok, 2017 (oral presentation)   2017年   
Mild Traumatic Brain Injury 精神科診療の実際,
數井 裕光
日本放射線科専門医会・医会ミッドサマーセミナー, 神戸, 2017   2017年   
国内全国学会 教育講演
精神科領域における特発性正常圧水頭症診療の現状と今後,
數井 裕光
第18回正常圧水頭症学会シンポジウム:医療連携, 北九州市,   2017年   
治る認知症、iNPHを見逃さないために,
數井 裕光
第18回正常圧水頭症学会市民公開講座:治療可能な認知症、歩行障害、尿失禁:正常圧水頭症, 北九州,   2017年   
みんなの体験を集めて、うまくいくケアを公開!!「認知症ちえのわnet」の可能性,
數井 裕光
第59回日本老年医学会シンポジウム:本人・家族を中心とした認知症ケア, 名古屋,   2017年   
「認知症ちえのわnet」ICT活用によるケアの質向上に向けた研究,
数井裕光、佐藤俊介、池田学、小杉尚子、鬼塚真
第32回日本老年精神医学会シンポジウム:認知症の先端的治療およびケアに向けた取り組み, 名古屋,   2017年   
認知症患者のうつ症状,
數井 裕光
第113回日本精神神経学会学術総会シンポジウム:気分障害の履歴が認知症の新規発症リスクとなる背景メカニズムは何か?, 名古屋,   2017年   
認知症者のQOLを高めるための知恵と連携,
數井 裕光
第19回日本医療マネジメント学会総会シンポジウム:地域包括ケアシステムのマネジメント, 仙台,   2017年   
正常圧水頭症の診断と治療(講師)
数井裕光
2016年11月   
Development of “Ninchisho Chienowa-net” to clarify and propagate effective skills for managing behavioral and psychological symptoms of dementia,
2016 IPA Asian Regional Meeting, Taipei,2016 (poster presentation)   2016年   
Comparison of memory function between idiopathic normal pressure hydrocephalus and Alzheimer’s disease,
Matsumoto T,Kazui H,Yoshiyama K,Kanemoto H,Suzuki Y,Sato S,Azuma S,Suehiro S,Ikeda M
2016 IPA Asian Regional Meeting, Taipei, 2016 (poster presentation)   2016年   
Grouping method of dementia care text information to share dementia care information in a website named Ninchisho Chienowa-net,
The 18th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services, Singapore,2016 (oral presentation)   2016年   
BPSD治療の新展開 認知症ちえのわnetの構築と運用,
數井 裕光
第31回日本老年精神医学会シンポジウム:BPSD治療の新展開,金沢   2016年   
特発性正常圧水頭症のprodromal stage,
數井 裕光
第21回日本神経精神医学会シンポジウム:prodromal dementia精神科と神経内科の立場から,熊本市   2016年   
iNPHに対する医師主導多施設共同研究の成果と診療連携,
數井 裕光
第35回日本認知症学会学術集会シンポジウム:特発性正常圧水頭症(iNPH)の基礎と臨床,東京,   2016年   
Negative correlation of metabolism between visual association cortex and brainstem in dementia with Lewy bodies,
Kanemoto H,Kazui H,Shimosegawa E,Wada T,Tokumasu Nomura K,Yoshiyama K,Ikeda M
2016 IPA Asian Regional Meeting, Taipei   2016年   
国際学会 シンポジウム
SINPHONI-2 Lancet Neurology 詳細報告
數井 裕光
第17回日本正常圧水頭症学会,山形   2016年   
国内全国学会 パネルディスカッション
Ninchisho Chienowa-net: a website to share good dementia care techniques,
Kosugi N,Onizuka M,Kazui H,Ikeda M
The 17th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services, Brussels,   2015年   
国際学会 一般講演 oral presentation
Effect of lumbo-peritoneal shunt surgery in idiopathic normal pressure hysrocephalus,
Kazui H
The 9th International Congress of the Asian Society Against Dementia, Kumamoto,   2015年   
国際学会 シンポジウム
Longitudinal clinical observation of 4 patients with preclinical stage of idiopathic normal pressure hydrocephalus,
Azuma S,Suehiro T,Kazui H,Sato S,Suzuki Y,Kanemoto H,Yoshiyama K
Hydrocephalus 2015,Banff,   2015年   
国際学会 一般講演 poster presentation
Association between apathy and regional cerebral blood flow in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus,
Kanemoto H,Kazui H,Suehiro T,Azuma S,Sato S,Suzuki Y,Yoshiyama K
Hydrocephalus 2015,Banff   2015年   
国際学会 一般講演 oral presentation
The characteristics of neuropsychiatric symptom in mild cognitive impairment: a Japan multi-center cross-sectional study,
Yoshiyama K,Kazui H,Ikeda M,Hashimoto M,Mori E,Nishio Y,Shimomura T,Tanimukai S,Komori K,Yokoyama K,Kashibayashi T
The 9th International Congress of the Asian Society Against Dementia,Kumamoto,   2015年   
国際学会 一般講演 oral presentation
Research on effective service of long-term care insurance for BPSD,
Suzuki Y,Kazui H,Suehiro T,Azuma S,Sato S,Kanemoto H,Yoshiyama K,Tanaka T
The 9th International Congress of the Asian Society Against Dementia,Kumamoto   2015年   
国際学会 一般講演 oral presentation
Usefulness of collaboration notebook for dementia patients living at home,
Sato S,Kazui H,Yoshiyama K,Kanemoto H,Suzuki Y,Azuma S,Suehiro T
The 9th International Congress of the Asian Society Against Dementia,Kumamoto,   2015年   
国際学会 一般講演 oral presentation

Works

 
認知症の行動心理症状に対する原因疾患別の治療マニュアルと連携クリニカルパス作成に関する研究
2009年
リン酸化タウの凝集阻害及び分解促進を標的とした新しいアルツハイマー病の根本的治療法に関する研究
2009年
メチオニンPETによるアルツハイマー病患者の神経細胞障害の同定
2009年
認知症の行動心理症状に対する原因疾患別の治療マニュアルと連携クリニカルパス作成に関する研究
2009年
正常圧水頭症の疫学・病態と治療に関する研究
2008年

競争的資金等の研究課題

 
痴呆症の診断と治療
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2001年 - 2005年
痴呆症の診断と治療
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2001年 - 2005年