KITAGATA Gen

J-GLOBAL         Last updated: Dec 10, 2018 at 12:57
 
Avatar
Name
KITAGATA Gen
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/2140a789999e04a3c938a0501a23fbfc.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Research Institute of Electrical Communication Systems & Software Division Communication Network Systems Intelligent Network
Job title
Associate Professor

Committee Memberships

 
Apr 2011
 - 
Today
電子情報通信学会・ネットワークソフトウェア研究専門委員会  専門委員
 
May 2010
 - 
Today
電子情報通信学会  会計幹事
 
Apr 2006
 - 
Today
Information Processing Society of Japan  マルチメディア通信と分散処理(DPS)研究会 運営委員
 
Apr 2006
 - 
Today
The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers  モバイルマルチメディア通信研究専門委員会 専門委員
 
May 2006
 - 
May 2008
Information Processing Society of Japan  東北支部 広報幹事
 

Awards & Honors

 
Oct 2009
オーバーレイネットワークのためのスケーラブルな分散認証に関する研究, 平成21年度 石田(實)記念財団研究奨励賞, 石田(實)記念財団研究奨励賞
 
Mar 2007
平成18年度 情報処理学会 山下記念研究賞, 情報処理学会
 
Mar 2002
電子情報通信学会学術奨励賞, 電子情報通信学会
 
Oct 2010
Socio-familiar Personalized Service の概念に基づくメニュー推薦システム, 第18回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ ベストデモンストレーション賞, 情報処理学会
Winner: 北形 元,半井明大,大澤由憲,今村 理,武田敦志,橋本和夫,白鳥則郎
 
Mar 2009
Fourth International Conference on Intelligent Computing and Information Systems (ICICIS 2009) Session's Best Paper Award, Fourth International Conference on Intelligent Computing and Information Systems (ICICIS 2009)
Winner: Debasish Chakraborty, Jun Makishi, Toshiaki Osada, Gen Kitagata, Atushi Takeda, Kazuo Hashimoto and Norio Shiratori
 

Published Papers

 
エージェント指向ミドルウェアにおける利用者指向流量調整方式の設計と実装
今野 将, 加藤貴司, 菅沼拓夫, 木下哲男
情報処理学会論文誌   44(3) 789-798   Mar 2003   [Refereed]
FAMES: Design and Implementation of Flexible Asynchronous Messaging System Based on Agents
Gen Kitagata, Takashi Katoh, Takuo Suganuma, Susumu Konno, Tetsuo Kinoshita
The IPSJ Journal   43(2) 487-498   Feb 2002   [Refereed]
Salahuddin Muhammad Salim Zabir, and Gen Kitagata
Telecommunication Systems   25(3-4) 371-400   Mar 2004   [Refereed]
<RIEC><DUMMY>あ</DUMMY><BIBID>2003500883</BIBID></RIEC>
Salahuddin Muhammad Salim Zabir, Ahmed Ashir, Gen Kitagata, Takuo Suganuma and Norio Shiratori
International Journal of Network Management   13(5) 337-348   Sep 2003   [Refereed]
<RIEC><DUMMY>あ</DUMMY><BIBID>2003500554</BIBID></RIEC>
Shintaro Imai, Gen Kitagata, Susumu Konno, Takuo Suganuma, and Tetsuo Kinoshita
International Journal of Distance Education Technologies   2(2) 13-26   Apr 2004   [Refereed]
<RIEC><DUMMY>あ</DUMMY><BIBID>2003500880</BIBID></RIEC>

Misc

 
ソーシャルウェア,「特集:シンビオティック・システムの実現に向けて」
木下哲男,今野将,北形元,打矢隆弘,原英樹
情報処理学会誌   47(8) 817-824   2006
通研インポート200703

Conference Activities & Talks

 
2自律分散型タスクオフロードを用いたエッジコンピューティング
志野嘉紀,笹井一人,北形元,木下哲男
第85回MBL・第71回ITS合同研究発表会   15 Nov 2017   
Support Mechanism for the Collaboration Between Humans and Agents in Network Management Tasks
Takuya Hoshino, Yusuke Tanimura, Kazuto Sasai, Gen Kitagata, Tetsuo Kinoshita
The 6th IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2017)   24 Oct 2017   
エージェント型スライス制御機構に基づくリアクティブネットワーク構成法
門脇伸明,笹井一人,北形元,木下哲男
第25回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2017)   11 Oct 2017   
Reactive network construction method considering user activity
門脇伸明,笹井一人,北形元,木下哲男
平成29年度電気関係学会東北支部連合大会   24 Aug 2017   
Service Oriented Network Management with Knowledge-Based Network Management System in Fluctuating Environment
Yusuke Tanimura, Kazuto Sasai, Gen Kitagata, Tetsuo Kinoshita
The 18th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2017)   26 Jun 2017   

Social Contribution

 
H21「学都仙台コンソーシアム」 サテライトキャンパス公開講座
[Others]  17 Oct 2009
インターネットの仕組みとその光と影について

Others

 
Apr 2012   課題ウ-2 知識型移動式ICTユニット管理運用支援技術
本研究では、ネットワーク機器やサーバ機器の運用に係わる管理者のノウハウを機器自身に知識として組み込むことで、機器を能動的に動作可能な情報資源(Active Information Resource: AIR)とする。これにより、複数台を接続運用した移動式ICTユニットに関して、移動式ICTユニットの増減等、復旧段階の推移に伴う物理構成の頻繁な変化に対応しつつ、従来、人手で行われていた作業の一部を代替し、管理対象機器の物理接続の推定、制御、および管理情報収集・蓄積・障害診断・対策の自律的な実行を可能とし、必要最小限の人員構成により全体運用を可能とする。具体的には、以下の開発項目について研究開発を遂行する。
Mar 2012   課題イ2-2 知識型リソースユニット管理運用支援技術
本研究では、ネットワーク機器やサーバ機器を情報資源とみなし、その運用に係わる管理者のノウハウを機器自身に知識として組み込むことで、機器を能動的に動作可能な情報資源(Active Information Resource: AIR)とする。これにより、機器の監視・計測、および障害発生時の原因推定・診断作業の一部を機器自身が自律的に実行可能とし、限られた人的リソースでのリソースユニットの管理を実現可能とする。
Mar 2008   課題キ オーバーレイネットワークのセキュリティに関する技術
 無秩序に構築されるオーバーレイネットワークを介して流れるトラヒックから実ネットワークを防御するための技術を確立すると共に、信頼できるノード同士が互いを認証して安全に通信できるセキュアなオーバーレイネットワークを容易に構築可能とするための共通プラットフォームを開発する。
Apr 2003   次世代ユビキタスネットワークの監視フレームワークに関する研究
本研究開発では、これまで有線ネットワークを中心に推進してきたこれらの最先端の研究成果をベースとして、それをユビキタス環境へ向けて発展・進化させ、IPv6モバイルネットワークを基盤とした次世代ユビキタスネットワークの監視フレームワークを世界に先駆けて開発する。
Apr 2003   アドホックネットワークにおけるやわらかいモバイルマルチメディアアプリケーションの最適構成方式に関する研究
無線アドホックモードを利用したネットワークの本質的な性質である''一時性''に起因する,次のような利用者視点から見た利便性の欠如が挙げられる.
1)どのようなサービスが稼働しているか判らないため,サービスを利用しづらい
2)コンピュータとその所有者の関連が不明なため,利用者間コミュニケーションに利用しづらい.
1)を改善する関連研究として,各コンピュータ上で提供可能なコンテンツのサマリーをもとに,利用者をナビゲートするシステム等がある.これに対し本研究では,2)の問題点,を解決するシステムとして,エージェント型サービス構成システム:井戸端LANを提案する.