柳原 敏昭

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/02 08:37
 
アバター
研究者氏名
柳原 敏昭
 
ヤナギハラ トシアキ
eメール
tyanam.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/cfefeb72d8e131978a4809810f672a1d.html
所属
東北大学
部署
大学院文学研究科・文学部 歴史科学専攻 日本史学講座 日本史分野
職名
教授
学位
博士(文学)(東北大学), 文学修士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1990年4月
 - 
1997年3月
鹿児島大学 講師、助教授
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
現在
東北大学国史談話会  会長
 
2007年9月
 - 
現在
宮城歴史科学研究会  委員、事務局
 
2004年10月
 - 
現在
東北史学会  理事
 
2007年6月
 - 
2013年3月
東北大学国史談話会  役員
 
2006年5月
 - 
2011年3月
史学会  評議員
 

論文

 
柳田國男に師事した東北帝大生―大島正隆の民俗学と歴史学―
柳原 敏昭
鈴木岩弓・小林隆編『柳田國男と東北大学』東北大学出版会   65-92   2018年4月
「伊達氏重臣遠藤家文書」の料紙について
柳原 敏昭
湯山賢一編『古文書料紙論叢』   365-383   2017年6月   [招待有り]
治安維持法で検挙された唯一の女子帝大生
柳原敏昭
宮城歴史科学研究   76・77 33-54   2016年5月
奥州合戦
柳原敏昭
東北の中世史1 平泉の光芒 (吉川弘文館)      2015年7月
中世の交通と地域性
柳原敏昭
岩波講座 日本歴史   2 113-144   2014年4月   [招待有り]
大島正隆と森嘉兵衛―戦前・戦中期東北地方の研究者間交流―
柳原敏昭
伊藤清郎編『最上氏と出羽の歴史』   205-222   2014年2月
中世日本国周縁部の歴史認識と正統観念
柳原敏昭
熊谷公男・柳原敏昭編 講座東北の歴史3 境界と自他の認識   274-295   2013年11月
史学史研究の現在―東北中世史の開拓者 大島正隆を中心として―
柳原敏昭
第50回中世史サマーセミナー実行委員会編 日本中世史研究の歩み   69-94   2013年5月   [招待有り]
『鎌倉遺文』の「古田券」を典拠とする文書について-『鎌倉遺文』未収録文書の紹介もかねて-
柳原敏昭
東京大学史料編纂所研究成果報告書2012-4 協調環境下での中世文書の網羅的収集による古文書学の再構築   83-95   2013年3月
Onmyodo in the Muromachi Period
YANAGIHARA Toshiaki
JAPANES JOURNAL OF RELIGIOUS STUDIES   40(1) 131-150   2013年   [招待有り]
東北中世史の開拓者 大島正隆の鈴木家調査
柳原敏昭
産金村落と奥州の地域社会   225-249   2012年10月
境界への逃亡
柳原敏昭
竹田和夫編『古代中世の境界意識と文化交流』、勉誠社      2011年5月   [招待有り]
唐坊と唐人町
柳原敏昭
日本の対外関係4 倭寇と「日本国王」   204-214   2010年7月   [招待有り]
滝川事件と東北帝国大学
柳原敏昭
宮城歴史科学研究   (66) 1-29   2010年4月
「源氏南部八戸家系」の成立
柳原敏昭
2007~09年度科学研究費補助金 基盤研究(B)『南部光徹氏所蔵「遠野南部家文書」の調査・研究』研究成果報告書   23-39   2010年3月
東北帝国大学時代の「生協」─医学部自治会と法文共済部─
柳原敏昭
『東北大学百年史』3、通史3   332-387   2010年3月
曽我文書の軍忠状写と安藤家季の花押
柳原敏昭
2007~09年度科学研究費補助金 基盤研究(B)『南部光徹氏所蔵「遠野南部家文書」の調査・研究』研究成果報告書   131-132   2010年3月
太田正雄東北帝大医学部教授(木下杢太郎)と学生たち
柳原敏昭
人文社会講演シリーズⅣ 三浦秀一編『東北人の自画像』   131-174   2010年2月
東北帝大入学前後の大島正隆
柳原敏昭
東北中世史研究会会報   18 1-16   2008年12月
東北帝国大学時代の栗原百寿
柳原敏昭
六軒丁中世史研究   13 118-132   2008年8月
滝川事件を語り伝える一枚のビラ─東北大学史料館所蔵「大学自由擁護連盟を提唱す」─
柳原敏昭
東北大学百年史編纂室ニュース   13 4-7   2008年7月
奥羽古代・中世交易史─西と南を視野に入れて─
柳原敏昭
東北学   16 45-51   2008年7月   [招待有り]
薩摩国阿多郡地頭鮫島氏系譜考
柳原敏昭
中世武家系図の史料論 上巻(高志書院)      2007年10月   [招待有り]
「寺塔已下注文」の新解釈について
柳原敏昭
平泉・衣川と京・福原(高志書院)      2007年5月   [招待有り]
東北と琉球弧─島尾敏雄「ヤポネシア論」の視界─
柳原敏昭
東北文化研究室紀要   48 97-106   2007年3月
東北大学附属図書館所蔵「森潤三郎氏旧蔵米原文書」小考
柳原敏昭
入間田宣夫編『東北中世史の研究』下巻(高志書院)      2005年5月
中世万之瀬川下流地域の様相について─近世絵図を手がかりとして─
柳原敏昭
羽下徳彦編『中世の地域と宗教』吉川弘文館      2005年1月
中世日本の北と南
柳原敏昭
日本史講座4『中世の構造』東京大学出版会      2004年9月   [招待有り]
平安末~鎌倉期の万之瀬川下流地域─研究の成果と課題─
柳原敏昭
古代文化   55(2)    2003年2月   [査読有り][招待有り]
室町時代の陰陽道
柳原敏昭
林淳一・小池淳編『陰陽道の講義』嵯峨野出版      2002年10月   [招待有り]
モンゴル襲来と近代の地域社会
柳原敏昭
日本歴史   (652)    2002年9月   [招待有り]
中世陸奥国の地域区分
柳原敏昭
柳原敏昭・飯村均編『鎌倉・室町時代の奥州』高志書院      2002年5月
二階堂氏の所領と海上交通─阿多北方の位置づけを考えるためのノート─
柳原敏昭
入間田宣夫編『日本・東アジアの国家・地域・人間─歴史学と文化人類学の方法から─』(入間田宣夫先生還暦記念論集編集委員会      2002年3月
唐坊についての補説
柳原敏昭
『旧記雑録』月報   (23)    2002年1月   [招待有り]
東北大学附属図書館所蔵 米原文書-伝来についての予備的考察-
柳原敏昭
東北大学図書館報『木這子』   (25)    2000年6月   [招待有り]
中世前期南九州の港と宋人居留地に関する一試論
柳原敏昭
日本史研究   (447) 102134   1999年12月   [招待有り]
中世前期南薩摩の湊・川・道
柳原敏昭
村井章介・藤原良章編『中世のみちと物流』山川出版      1999年10月   [招待有り]
鎌倉時代の陰陽頭
柳原敏昭
国史談話会雑誌   (37)    1997年3月
義持政権期の陰陽道
柳原敏昭
鹿児島中世史研究会報   (50)    1995年7月
70年代後半~80年代前半における“歴史学の転換”に関するノート
柳原敏昭
田中邦夫編『パラダイム論の諸相』鹿児島大学法文学部      1995年3月
安倍有世論
柳原敏昭
羽下徳彦編『中世の政治と宗教」吉川弘文館      1994年8月
「廻祈祷」について
柳原敏昭
東北中世史研究会報   (6)    1993年10月   [招待有り]
南北朝・室町時代の陰陽頭
柳原敏昭
鹿大史学   (40)    1993年1月
応永・永享期における陰陽道の展開
柳原敏昭
鹿児島大学法文学部紀要・人文学科論集   (35)    1992年2月
逃散・家・妻子<補考>
柳原敏昭
鹿大史学   (38)    1991年1月
百姓の逃散と式目42条
柳原敏昭
歴史学研究   (588)    1988年12月   [査読有り]
室町政権と陰陽道
柳原敏昭
歴史   (71)    1988年9月   [査読有り]

Misc

 
野鳥つながり
柳原 敏昭
鈴木岩弓・小林隆編『柳田國男と東北大学』東北大学出版会      2018年4月
2008年の歴史学会 回顧と展望 日本(中世)
柳原敏昭
史学雑誌   118(5)    2009年5月
仙台城の艮櫓建設問題と石垣保存運動
柳原敏昭
歴史評論   633    2003年1月
九州の唐坊・唐房の由来を探る
柳原敏昭
別冊歴史読本『地名を歩く』      2004年3月
国史・日本史研究室小史 付・略年表
柳原敏昭
国史談話会雑誌   44    2003年11月

書籍等出版物

 
中世日本の周縁と東アジア
柳原敏昭
吉川弘文館   2011年2月   
講座東北の歴史3 境界と自他の認識
柳原敏昭・熊谷公男他 (担当:共編者, 範囲:編著者)
清文堂   2013年11月   
伊達家重臣遠藤家文書・中島家文書~戦国編~
柳原敏昭,平川新,菅野正道,七海雅人,櫻井和人,片岡耕平,小佐野浅子 (担当:共著, 範囲:史料翻刻・書誌情報等(全般)、論考編112頁~114頁)
白石市教育委員会,白石市歴史文化を活用した地域活性化実行委員会   2011年12月   
東北文化資料叢書6 東北中世史の開拓者 大島正隆資料集
柳原敏昭,佐竹輝昭,佐藤健治,曽根原理,七海雅人,山田仁史 (担当:共編者)
2012年3月   
展望日本歴史9『中世社会の成立』
柳原敏昭,大石直正 (担当:共編者)
東京堂出版   2001年5月   

講演・口頭発表等

 
ミュージアムトーク「東北大学の古文書」
東北大学珀周年記念展示「東北大学の至宝」(仙台市博物館)   2007年11月17日   
フロアレクチャー
東北大学百周年記念展示「東北大学の至宝」(江戸東京博物館)   2007年9月22日   
森鷗外と東北大学
東北大学国史談話会大会   2007年6月9日   
中世日本の[外国人]居留地
東北アジア文化学会第13回国際学術大会   2006年11月25日   
東北と琉球弧─島尾敏雄「ヤポネシア論」の視界─
東北文化研究室シンポジウム   2006年10月28日   

競争的資金等の研究課題

 
日本中世史の研究
その他の研究制度
研究期間: 1990年4月   

社会貢献活動

 
京都女子大学宗教・文化研究所公開講座講師
【その他】  2000年12月
公開講座講師
仙台市史でまえ講座講師
【その他】  2003年9月
講演
仙台リビングサマーカレッジ講師
【その他】  2001年9月
講演
色麻町公民館高齢者学級講師
【その他】  2001年7月
講演
尚古集成館文化講座
【その他】  1997年3月
講演

その他

 
2002年10月
東北大学日本史研究室所蔵「朴沢文書」
2001年5月
2000年の歴史学界─回顧と展望─ 日本中世三
1994年4月
伊藤喜良『日本中世の王権と権或』
1990年9月
安良城盛昭著『天皇・天皇制・百姓・沖縄』
1989年5月
1988年の歴史学会─回顧と展望─ 日本中世五