曽良 一郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/14 02:50
 
アバター
研究者氏名
曽良 一郎
 
ソラ イチロウ
URL
http://www.med.kobe-u.ac.jp/
所属
神戸大学
部署
大学院医学研究科 医科学専攻
職名
教授
学位
博士(医学)(岡山大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
神戸大学大学院医学研究科内科系講座教授
 
 
   
 
東北大学 大学院医学系研究科 医科学専攻 神経・感覚器病態学講座 精神・神経生物学分野 教授
 
2002年
   
 
- 東北大学大学院医学系研究科 神経科学講座 精神・神経生物学分野 教授
 
2001年
   
 
- 東京都精神医学総合研究所 分子精神医学研究部門 部門長
 
2001年
 - 
2002年
京都大学大学院 薬学研究科 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1982年3月
岡山大学 医学部 
 
 
 - 
1986年3月
岡山大学 医学系研究科 
 

委員歴

 
2008年
   
 
- 大学共同利用機関法人自然科学研究機構生理学研究所 多次元共同脳科学推進センター 客員教授
 
2002年
   
 
- 東京都精神医学総合研究所 客員研究員
 
1999年
 - 
2008年
米国国立衛生研究所 客員研究員
 
2012年
   
 
国際麻薬研究会  理事
 
2008年
   
 
日本神経精神薬理学会  理事
 

論文

 
Epigenetic clock analysis of blood samples from Japanese schizophrenia patients
Okazaki S, Otsuka I, Numata S, Horai T, Mouri K, Boku S, Ohmori T, Sora I, Hishimoto A
NPJ Schizophr   5(1) 4   2019年2月   [査読有り]
Repeated methamphetamine treatment increases spine density in the nucleus accumbens of serotonin transporter knockout mice
Kasahara Y, Sakakibara Y, Hiratsuka T, Moriya Y, Lesch KP, Hall FS, Uhl GR, Sora I
NEUROPSYCHOPHARMACOL REP      2019年2月   [査読有り]
Association of CYP2D6 polymorphisms and extrapyramidal symptoms in schizophrenia patients receiving risperidone: a retrospective study
Ito T, Yamamoto K, Ohsawa F, Otsuka I, Hishimoto A, Sora I, Hirai M, Yano I
J Pharm Health Care Sci   4 28   2018年11月   [査読有り]
Brain hyperserotonemia causes autism-relevant social deficits in mice
Tanaka M, Sato A, Kasai S, Hagino Y, Kotajima-Murakami H, Kashii H, Takamatsu Y, Nishito Y, Inagaki M, Mizuguchi M, Hall FS, Uhl GR, Murphy D, Sora I, Ikeda K
Mol Autism   9 60   2018年11月   [査読有り]
Mitochondrial DNA copy number of peripheral blood in bipolar disorder: The present study and a meta-analysis.
Yamaki N, Otsuka I, Numata S, Yanagi M, Mouri K, Okazaki S, Boku S, Horai T, Ohmori T, Shirakawa O, Sora I, Hishimoto A
Psychiatry Res   269 115-117   2018年11月   [査読有り]

Misc

 
【神経系のトランスポーター-Up to date】 トランスポーターと疾患 統合失調症
曽良一郎, 山本愛久, 平田尚士
Clinical Neuroscience   36(6号) 728-731   2018年6月
全身性エリテマトーデス加療中に急性精神病状態を呈し診断に難渋した症例
塚本亮, 松山賢一, 菱本明豊, 青山慎介, 朴秀賢, 田宮裕子, 大塚郁夫, 木村敦, 蓬莱政, 曽良一郎
精神神経学雑誌   120(3号) 232   2018年3月   [査読有り]
【成人の注意欠如・多動性障害(ADHD)の診断と治療】 AD/HDの神経薬理学
曽良一郎, 久保有美子, 江口典臣
臨床精神医学   46(10) 1269-1274   2017年10月
Optimizing Outcomes in Clozapine Rechallenge Following Neutropenia Using Human Leukocyte Antigen Typing: A Case Report
YamakiN, HishimotoA, OtsukaI, SasadaT, BokuS, SaitoT, YasudaY, YamamoriH, IkedaM, IkedaM, SoraI, IwataN, HashimotoR
Psychiatry Clin Neurosci      2017年1月   [査読有り]
自殺既遂の生物学的研究
大塚郁夫, 曽良一郎, 菱本明豊
日本神経精神薬理学雑誌   36(3号) 55-61   2016年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
The Encyclopedia of Behavioral Genetics / Genetic Mouse Models of Neurobehavioral Disorders
HallFS, SoraI
Cambridge University Press   2014年   
Serotonin: Biosynthesis, Regulation and Health Implications / The role of serotonin in the effects of psychostimulant drugs: Behavioral studies of addiction-and abuse-related phenotypes in knockout mice
Moriya Y, Hall FS, Sora I (担当:共著)
Nova Science Publishers   2013年   
ストレス科学辞典
実務教育出版   2011年   
現代精神医学事典 (分担3)
弘文堂   2011年   
現代精神医学事典 (分担4)
弘文堂   2011年   

講演・口頭発表等

 
ベンゾジアゼピン系薬と修正型電気けいれん療法(mECT)が奏功せずメマンチンが有効であった遅発性緊張病の1例
新谷 敏夫, 菱本 明豊, 谷藤 貴紀, 木村 敦, 新名 尚史, 蓬莱 政, 大塚 郁夫, 青山 慎介, 曽良 一郎
第124回 近畿精神神経学会   2019年2月   近畿精神神経学会
The cell cycle-related genes as biomarkers for schizophrenia
岡﨑 賢志, 朴 秀賢, 大塚 郁夫, 江口 典臣, 曽良 一郎, 菱本 明豊
Neuroscience 2018 Annual Meeting   2018年11月   
神経性やせ症における社会機能と認知機能障害の関連
田宮 裕子, 大内 淳, 陳 潤舒, 岩本 直子, 曽良 一郎
第18回精神疾患と認知機能研究会   2018年11月   精神疾患と認知機能研究会
Increased serum levels and promoter polymorphisms of macrophage migration inhibitory factor in schizophrenia
岡﨑 賢志, 大塚 郁夫, 渡部 雄一郎, 沼田 周助, 朴 秀賢, 新名 尚史, 大森 哲郎, 染矢 俊幸, 曽良 一郎, 菱本 明豊
WFSBP Asia Pacific Regional Congress of Biological Psychiatry 2018 KOBE   2018年9月   
Loss of chromosome Y in blood, but not in brain, of suicide completers
大塚 郁夫, 岡﨑 賢志, 木村 敦, 蓬莱 政, 泉 剛, Motonori Takahashi, Yasuhiro Ueno, 白川 治, 曽良 一郎, 菱本 明豊
WFSBP Asia Pacific Regional Congress of Biological Psychiatry 2018 KOBE   2018年9月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
マイヤー・サロヴェイ・カルーソー情動認知テストを用いた統合失調症の社会認知の検討
2011年 - 2012年
注意欠陥多動性障害における発達期依存的治療薬反応性の機序
2011年 - 2012年
動物モデルを用いた統合失調症の認知機能障害の解明
2011年 - 2012年
「脳に良い・悪い薬」. 元気!健康! フェア inとうほく
2010年
乱用薬物による薬物依存の発症メカニズム・予防・診断及び治療法についての研究
2010年 - 2013年

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 菱本 明豊
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 曽良 一郎
学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 曽良 一郎
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 菱本 明豊
学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 曽良 一郎

特許

 
特開2006-141330 : メタンフェタミン依存性の判定方法
特開2006-263113 : 驚愕反応減衰現象測定装置並びに驚愕反応減衰現象測定方法
特開2006-81435(P2006-81435A) : 薬物依存症に対する脆弱性の予測方法