長谷川 啓三

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/06 16:48
 
アバター
研究者氏名
長谷川 啓三
 
ハセガワ ケイゾウ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/6b4b028ce389c235bfd22d3839a0cd1a.html
学位
教育学博士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東北大学 大学院教育学研究科 総合教育科学専攻 教授,東北大学 臨床心理相談室 室長
 

学歴

 
 
 - 
1974年
東北大学 教育学研究科 教育心理学
 

委員歴

 
2003年
 - 
2006年
宮城県臨床心理士会 会長
 
2006年
   
 
日本心理臨床学会  理事
 
2003年
   
 
日本家族心理学会  常任理事
 
2005年
   
 
日本カウンセリング学会  常任理事
 
1996年
   
 
日本システム看護学会  理事
 

Misc

 
New Stage of Communication Studies
Keizo HASEGA,Ph.D.
MRI 50th Memmorial  Conference Proceedings      2009年
Solution Focused Family Therapy for "hikikomori"
Keizo HASEGAWA,Ph.D.
家族療法アジア太平洋地域国際会議      2008年
臨床の語用論とは?
長谷川啓三(編)、大坊郁夫、清水博、北岡明佳、梅香彰他著
現代のエスプリ 至文堂   454    2005年
Solution Bank and Virtuous circle
Keizo Hasegawa,Ph.D.
Solution Focused Brief Therapy Association 2011      2011年
徹底した相互作用論ーインタラクショナル・ビュウとは?
長谷川啓三(編)、ウェンデル・レイ、鈴木岩弓、佐藤悦子、仁平義明、海野弘他(著)
現代のエスプリ 至文堂   456    2005年

書籍等出版物

 
ソリューションバンクー短期療法の哲学と新展開
金子書房   2005年   
変化の原理
法政大学出版局   1992年   
大震災からの心の回復ーリサーチ6とPTG
新曜社   2015年   ISBN:978-4-7885-1440-9
増補版 震災川柳
JDC出版   2013年   
こどもたちとのソリューション・ワーク
金剛出版   2005年   

講演・口頭発表等

 
Family nicknames reflect family relationships and roles
2nd Consortium of Institutes on Family in the Asian Region symposium,   2010年   
「逸脱」呼称が問題家族を予測する妥当性の研究
家族心理学発表論集   2008年   
Family Therapy in Asia
CIFA(家族療法アジア太平洋地域国際会議)   2008年   
質問紙調査法によるカップルのコミュニケーション―問題会話場面についての検討
日本家族心理学会第23回大会発表論文集,(2006),pp37-38.   2006年   
システムとサブシステムの関係についての探索的研究―3者関係における相互作用の組み換えに着目して―[発表論文集,(2006),pp39-40.
日本家族心理学会第23回大会   2006年   

Works

 
臨床心理士に必要な見立て能力の教育プログラムについて
2010年 - 2011年
カウンセリング辞典
1990年
カウンセリング心理学事典
2008年
産業カウンセリング辞典
2008年
現代カウンセリング事典
2001年

競争的資金等の研究課題

 
東日本大震災支援へのシステム論的接近
その他の研究制度
研究期間: 2011年