永盛 克也

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/26 18:00
 
アバター
研究者氏名
永盛 克也
 
ナガモリ カツヤ
所属
京都大学
部署
大学院文学研究科 文献文化学専攻 欧米語学・欧米文学講座 フランス語学フランス文学専修
職名
准教授
学位
文学博士(パリ第4大学(フランス)), 文学修士(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
2000年
 日本学術振興会特別研究員
 
2000年
 - 
2002年
 京都教育大学教育学部助教授
 
2002年
 - 
2007年
 京都大学大学院文学研究科助教授
 
2007年
   
 
-   京都大学大学院文学研究科准教授
 

学歴

 
 
 - 
1997年
京都大学 文学研究科 フランス語学フランス文学
 
 
 - 
1996年
パリ第4大学  フランス文学
 
 
 - 
1989年
京都大学 文学研究科 フランス語学フランス文学
 
 
 - 
1987年
京都大学 文学部 文学科フランス語学フランス文学専攻
 

委員歴

 
2002年
 - 
2004年
日本フランス語フランス文学会  スタージュ運営委員、学会誌編集委員、関西支部研究誌編集委員、関西支部実行委員、渉外委員
 

受賞

 
2000年
学会奨励賞(日本フランス語フランス文学会)
 

論文

 
17世紀の詩学における「認知」
永盛 克也
Stella   (37) 113-132   2018年12月   [査読有り][招待有り]
NAGAMORI Katsuya
Memoirs of the Faculty of Letters, Kyoto University   LVII 183-204   2018年3月   [査読有り]
Katsuya Nagamori
Dramaturgies du conseil et de la délibération      2016年   [査読有り]
Tristan l'Hermite au Japon
Katsuya Nagamori
Cahiers Tristan l'Hermite   (37)    2015年   [招待有り]
Les etapes de la composition d'une tragedie racinienne
Katsuya Nagamori
Comment nait une oeuvre litteraire? Brouillons, contextes culturels, evolutions thematiques   25-38   2011年
Compte-rendu : John E. Jackson, L'Ambiguïte tragique. Essai sur une forme du tragique au théâtre, Jose Corti, 2008.
Katsuya Nagamori
Revue d'histoire littéraire de la France   (4)    2010年   [査読有り][招待有り]
クリスチャン・ビエ 「フランスにおけるピエール・コルネイユの劇作品の演出」(翻訳)
永盛 克也
『コルネイユの劇世界』所収      2010年   [査読有り]
ラシーヌ悲劇の生成過程
永盛克也
『文学作品が生まれるとき−生成のフランス文学』所収   57-81   2010年
Racine et Seneque. L'echec d'un ideal stoicien dans la tragedie racinienne
Katsuya Nagamori
XVIIe siecle   (248) 411-421   2010年   [査読有り]
書評:Georges Forestier, Jean Racine, Gallimard, 2006
永盛 克也
仏文研究   (39)  p. 147-152   2008年   [招待有り]
永盛 克也
仏文研究   (39) 147-152   2008年
16−17世紀フランスにおける翻訳の諸相—ユマニスムから古典主義へ
永盛 克也
『人文知の新たな総合に向けて』21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」第4回報告書(京都大学大学院文学研究科),上巻、p. 427-429      2006年   [査読有り]
17世紀文学における身体の意識と表現
永盛克也
『身体のフランス文学−ラブレーからプルーストまで』所収   30-34   2006年
フランス絶対王政と古典悲劇−「王の身体」をめぐって
永盛克也
『身体のフランス文学−ラブレーからプルーストまで』所収   p. 56-73    2006年
シェイクスピアとフランス・ロマン主義
永盛 克也
Trans (京都大学文学研究科21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」第35班「翻訳の諸相−異文化翻訳と受容」ニューズレター),No.18      2006年   [査読有り]
フランス絶対王政と古典悲劇─「王の身体」をめぐって
永盛 克也
『フランス文学における身体─その意識と表現』H13~16年度科学研究費補助金(基盤研究(A)(2)研究代表者・吉田城)研究成果報告書,p. 59-69      2005年   [査読有り]
ロラン・バルトと演劇
永盛 克也
『人文知の新たな総合に向けて』21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」第2回報告書(京都大学大学院文学研究科),IV (文学篇1)、p. 295-305      2004年   [査読有り]
ローマ史とラシーヌ的神話作用
永盛克也
『ラシーヌ劇の神話力』所収   198-210   2001年
Essai de definition du tragique racinien
Katsuya Nagamori
Etudes de langue et littérature françaises   (74) 17-32   1999年3月   [査読有り]
La fonction de la mythologie dans Phèdre
Katsuya Nagamori
仏文研究   39-49   1999年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Comment la fiction fait histoire
Katsuya Nagamori (担当:共著)
Champion   2015年   
Les Destinataires du moi
Katsuya Nagamori (担当:共著)
Editions Universitaires de Dijon   2012年   
Comment nait une oeuvre litteraire? Brouillons, contextes culturels, evolutions thematiques
Katsuya Nagamori (担当:共著)
Champion   2011年3月   
『文学作品が生まれるとき−生成のフランス文学』(共著)
永盛克也
京都大学学術出版会   2010年10月   
『身体のフランス文学−ラブレーからプルーストまで』(共著)
永盛 克也
京都大学学術出版会   2006年   

講演・口頭発表等

 
Esther de Racine : le texte et le contexte [招待有り]
永盛 克也
Conférence à l'Université de Lorraine   2018年3月14日   
La reconnaissance (anagnorisis) dans la poétique du XVIIe siècle [招待有り]
永盛 克也
Conférence à l'Université de Lorraine   2018年3月13日   
Le bon usage ou la civilité dans le discours au XVIIe siècle : le cas de Racine [招待有り]
永盛 克也
Transitions au pays de la civilité ?   2017年11月3日   
Les fonctions du récit dans la tragédie et dans le nô [招待有り]
永盛 克也
Conférence à l'Université de Lorraine   2016年3月   
フランスにおける文芸共和国―モンテーニュからヴォルテールまで [招待有り]
永盛 克也
京都大学大学院文学研究科・文学部公開シンポジウム「ヨーロッパの文芸共和国―わたしたちにとっての遺産」   2015年12月   
Confidents et conseillers du roi dans la tragedie du XVIIe siecle [招待有り]
永盛 克也
Dramaturgie du conseil et de la deliberation   2015年3月17日   
フランス17世紀演劇研究の現在 [招待有り]
永盛 克也
ロマンス語文献学研究会   2014年3月   
Histoire et fiction dans la tragedie du XVIIe siecle
永盛 克也
Comment la fiction fait histoire   2011年11月   
Cas particulier d'un mecenat artistique a l'aube de l'ere moderne au Japon
永盛 克也
Cycle de conferences dur le mecenat artistique   2011年3月   
L'année 1674 dans la littérature française : introduction [招待有り]
Katsuya Nagamori
Journée d'études dix-septiémistes françaises au Japon : théâtre, poésie, philosophie, histoire des idées ― à l'occasion de la parution du numéro spécial « Japon » de la revue XVIIe siècle   2010年11月1日   
Les etapes de composition de la tragedie racinienne
Katsuya Nagamori
Comment nait une œuvre litteraire?   2007年12月   
ラシーヌ悲劇の生成過程(試論) [招待有り]
永盛 克也
フランス文学の総合的生成研究−理論と実践   2007年4月   
コメント [招待有り]
永盛 克也
グローバル化時代の人文学―対話と寛容の知を求めて   2006年12月   
L'ecriture du moi dans le discours moraliste au XVIIe siecle
Katsuya Nagamori
L'ecriture du moi comme dialogue   2005年4月   
16−17世紀フランスにおける翻訳の諸相—ユマニスムから古典主義へ
永盛 克也
翻訳の諸相−異文化翻訳と受容   2005年1月   
ロラン・バルトと演劇 [招待有り]
永盛 克也
多才の人 ロラン・バルト   2004年1月   
Racine et la catharsis
Katsuya Nagamori
Rencontre de jeunes dix-septemistes japonais avec M. Marc Fumaroli   2003年10月   
フランス絶対王政と古典悲劇 [招待有り]
永盛 克也
フランス文学における身体−その意識と表現   2002年4月   
ラシーヌ悲劇とカタルシス
永盛 克也
日本フランス語フランス文学会   1998年5月   
Le politique dans les tragédies de Racine
Katsuya Nagamori
Seminaire de recherche sur la litterature francaise du XVIIe siecle   1991年3月   

Works

 
ラシーヌにおける人文主義的教養
2010年
フランス文学における歴史記述の総合的研究
2009年
ラシーヌ悲劇におけるセネカ作品とストア主義の影響
2007年 - 2009年
フランス文学における総合的生成研究─理論と実践
2005年 - 2009年
フランス文学における身体─その意識と表現
2001年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
ラシーヌ悲劇と16-17世紀の文学理論
16−17世紀フランスにおける翻訳の諸相
ラシーヌにおける人文主義的教養
ラシーヌ悲劇におけるセネカ作品とストア主義の影響
フランス文学における身体─その意識と表現