基本情報

所属
東北大学 大学院工学研究科・工学部 ファインメカニクス専攻 材料メカニクス講座 知能システム工学分野 教授
学位
工学博士(東北大学大学院)

J-GLOBAL ID
200901084813787781
researchmap会員ID
5000028131

外部リンク

経歴

  5

受賞

  35

論文

  247

MISC

  30

書籍等出版物

  14

講演・口頭発表等

  226

共同研究・競争的資金等の研究課題

  5

産業財産権

  57

メディア報道

  57

その他

  3
  • 2017年10月 - 2017年10月
    世界初の水潤滑システム実現のための超低摩擦耐摩耗複合材料の開発
  • 2013年1月 - 2013年1月
    CBN粒子を切削タップ表面に電着することにより,工具寿命の向上や加工能率の向上などを目指す.
  • 2012年10月 - 2012年10月
    一般にゴム系材料は,変形しやすく,振動吸収性に優れるものが多いが,高摩擦で著しく耐摩耗性に劣るという欠点を有している.本課題では,米ぬかを原料とする硬質多孔性炭素材料RBセラミックスとゴムの複合化により,世界初の「変形しやすく,振動吸収性に優れ,低摩擦・優れた耐摩耗性を示す新しい複合材料」を開発し,被災地域企業への技術移転を行うことを目指したものである.具体的には,ゴム特有の低弾性係数(弾性変形しやすさ)や粘弾性特性を保ちながら,ゴム材料の1/10以下の低い摩擦係数と10000倍以上の耐摩耗性を示すRBセラミックス粒子の平均粒径,充填率,ベースゴム材料の硬度などの好適材料設計指針を解明する.