奥野 久美子

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/16 18:25
 
アバター
研究者氏名
奥野 久美子
 
オクノ クミコ
所属
大阪市立大学
部署
大学院文学研究科 言語文化学専攻
職名
准教授
学位
博士(京都大学)
科研費研究者番号
50378494

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
大阪市立大学 大学院文学研究科 准教授
 
2009年10月
 - 
2012年3月
京都教育大学 教育学部 国文学 国文学科 准教授
 
2005年
 - 
2009年
 別府大学, 専任講師、助教、准教授
 

学歴

 
 
 - 
2003年
京都大学大学院 文学研究科 文献文化学専攻国語学国文学専修
 
 
 - 
1998年
京都大学 文学部 文学科
 

委員歴

 
2017年9月
 - 
現在
国際芥川龍之介学会  編集委員長
 
2017年4月
 - 
現在
日本近代文学会関西支部  運営委員
 
2007年9月
 - 
2017年8月
国際芥川龍之介学会  編集委員
 

論文

 
芥川龍之介「秋山図」など―世界文学としての芥川作品―
奥野 久美子
『二〇一八年度「文学研究科プロジェクト」成果報告書/日本文学を世界文学として読む』   左18-左30   2019年3月
芥川龍之介「山鴫」―原稿・草稿からの考察―
奥野 久美子
国語国文   88(2) 33-54   2019年2月   [査読有り]

Misc

 
高等学校教科書「現代文B」教授資料
奥野 久美子(項目執筆・分担執筆)
「現代文B」教授資料(数研出版)      2018年3月
浦西和彦ほか編『田辺聖子文学事典 ゆめいろ万華鏡』(和泉書院)
奥野 久美子(項目執筆、分担執筆)
   2017年10月
高等学校教科書「国語総合」教授資料
奥野 久美子(項目執筆・分担執筆)
「国語総合」教授資料(数研出版)      2017年3月
奥野 久美子
芥川龍之介研究 = Akutagawa review   (11) 144-146   2017年7月
奥野 久美子, 乾 英治郎, 澤西 祐典, 庄司 達也, 西山 康一
芥川龍之介研究 = Akutagawa review   (11) 108-143   2017年7月

書籍等出版物

 
宮坂覺編『芥川龍之介と切支丹物』
奥野 久美子 (担当:分担執筆, 範囲:318-329頁「「糸女覚え書」―〈烈女〉を超えて―」)
翰林書房   2014年4月   
関口安義編『生誕120年芥川龍之介』
奥野 久美子 (担当:分担執筆, 範囲:262-271頁「恒藤恭「向陵記」と一高時代の芥川龍之介」)
翰林書房   2012年12月   
芥川作品の方法-紫檀の机から-
和泉書院   2009年   

講演・口頭発表等

 
「山鴫」―原稿からの考察―
奥野 久美子
第13回国際芥川龍之介学会   2018年9月20日   
芥川『羅生門』誕生秘話
奥野 久美子
(芦屋市谷﨑潤一郎記念館公開講座)   2018年8月19日   
一高生のトルストイ受容と芥川龍之介
奥野 久美子
大阪府立大学日本言語文学会   2018年7月15日   
芥川龍之介の江戸と明治―奠都五十年言説の中で―
奥野 久美子
日本近代文学会関西支部春季大会   2018年6月2日   
作家の参考書―芥川龍之介を例に―
奥野 久美子
展観と講演(大阪府立大学学術情報センター)   2015年12月2日   

競争的資金等の研究課題

 
近代実録・講談本の研究―事件もの・歴史もの〈説話〉の生成と展開―
科学研究費補助金: 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 奥野 久美子
〈近代説話〉の研究-明治大正期の実録、実記、講談本から歴史小説、大衆文学へ-
科学研究費補助金: 若手研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 奥野 久美子
博文館長篇講談の研究-芥川龍之介を中心とする大正期文学の材源として-
科学研究費補助金: 若手研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月    代表者: 奥野 久美子