甲山 治

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/29 21:17
 
アバター
研究者氏名
甲山 治
 
コウザン オサム
URL
https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/kozan-osamu/
所属
京都大学
部署
東南アジア地域研究研究所
職名
准教授
学位
博士(工学)(京都大学)
その他の所属
総合地球環境学研究所

研究分野

 
 

経歴

 
2017年1月
 - 
現在
京都大学 東南アジア地域研究研究所 准教授
 
2009年4月
 - 
2016年12月
京都大学 東南アジア研究所 准教授
 
2008年4月
 - 
2009年3月
京都大学 東南アジア研究所 特定助教
 
2007年8月
 - 
2008年3月
京都大学次世代開拓研究ユニット 研究員 
 
2005年5月
 - 
2007年7月
山梨大学 大学院医学工学総合研究部 社会システム工学系 水工学研究室 COE研究員 
 

学歴

 
 
 - 
2005年
京都大学 工学研究科 環境地球工学専攻
 
 
 - 
2000年
京都大学 工学部 地球工学科
 

論文

 
Iizuka K., T. Kato, N. Si. Silsigia, A.Y. Soufiningrum and O. Kozan
Remote Sensing   11(15)    2019年8月   [査読有り]
Mikinori Kuwata, Gautham Giri Neelam-Naganathan, Takuma Miyakawa, Md Firoz Khan, Osamu Kozan, Masahiro Kawasaki, Syahrial Sumin, Mohd Talib Latif
Journal of Geophysical Research: Atmospheres   123(17) 9828-9842   2018年9月   [査読有り]
Kotaro Iizuka, Kazuo Watanabe, Tsuyoshi Kato, Niken Andika Putri, Sisva Silsigia, Taishin Kameoka and Osamu Kozan
Remote Sensing   10(1345) 1-15   2018年8月   [査読有り]
Iriana W., Tonokura K., Inoue G., Kawasaki M., Kozan O., Fujimoto K., Ohashi M., Morino I., Someya Y., Imasu R., Rahman MA., Gunawan D.
Scientific Reports   8(8437) 1-7   2018年5月   [査読有り]
Kok-Boon Neoh, My Thi Nguyen, Vuong Tan Nguyen, Masayuki Itoh, Osamu Kozan, Tsuyoshi Yoshimura
Journal of Insect Conservation   22(2) 197-208   2018年4月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Trend Analysis of Rainfall Characteristics in the Kemena and Tatau River Basins, Sarawak
Osamu KOZAN (担当:共著, 範囲:71-85 Anthropogenic Tropical Forests: Human–Nature Interfaces on the Plantation Frontier)
Springer   2019年7月   
ウズベキスタンを知るための60章
甲山 治 (担当:分担執筆, 範囲:第1章p16-22,第5章p42-46)
明石書店   2018年5月   
Sustainable Management Model for Peatland Ecosystems in the Riau, Sumatra
Haris Gunawan, Shigeo Kobayashi, Kosuke Mizuno, Yasuyuki Kono, and Osamu Kozan (担当:共著, 範囲:Tropical Peatland Ecosystems)
Springer   2016年4月   
Rainfall and Groundwater Level Fluctuations in the Peat Swamps (Chapter10), Catastrophe and Regeneration in Indonesia’s Peatlands Ecology, Economy and Society
Osamu KOZAN (担当:共著, 範囲:296-311)
NUS Press   2016年3月   
第10章 泥炭湿地における降水現象と地下水位変動 講座生存基盤論第4巻 熱帯バイオマス社会の再生―― インドネシアの泥炭湿地から
甲山治 (担当:分担執筆, 範囲:第10章 泥炭湿地における降水現象と地下水位変動)
京都大学出版   2012年12月   

講演・口頭発表等

 
熱帯泥炭火災起源の大気汚染物質観測と健康被害評価 [招待有り]
甲山 治
第29回日本熱帯生態学会年次大会公開シンポジウム   2019年6月16日   日本熱帯生態学会
Reporting and discussing progress on the development of an "Integrated Monitoring System"
KOZAN Osamu
2nd Tropical Peatland Roundtable Discussion -Managing tropical peatlands is a new political urgency that requires strong commitments of multi-stakeholders to conserve for sustainable use of peatland-   2018年11月13日   Peatland Restoration Agency
Monitoring of Particulate Matters and Satellite Analysis of haze pollutants in Indonesia
KOZAN Osamu
Asia-Pacific Regional Space Agency Forum-25 / Space Applications For Environment (SAFE) Workshop   2018年11月5日   JAXA
泥炭火災適応策としての再湿地化と在来種植林による泥炭生態系の回復
甲山治,水野啓,Wahyu Iskandar,亀岡大真
第28回日本熱帯生態学会年次大会   2018年6月9日   日本熱帯生態学会
超学際アクション・リサーチによる地域問題解決の試み:インドネシア泥炭火災への対処に向けて
水野 啓,甲山 治
システム農学会2018年度春季大会   2018年5月26日   システム農学会

競争的資金等の研究課題

 
データベースをつうじた地域と科学の知の統合による気候応答型居住環境の創出
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究C
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 山田 協太
地域生態資源の海外研究者との協働研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究B(海外)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 山田 勇
熱帯泥炭火災起源からの温室効果ガスおよび粒子状物質排出係数のパラメタリゼーション
日本学術振興会: 二国間交流事業共同研究
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 甲山 治
大規模開発下における熱帯泥炭湿地の水文過程解明と防火のための水・植生管理の検討
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究B(海外)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 甲山治
インドネシア災害頻発地域の復興型資源利用にみる地域の復元力形成過程の解明
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究B(海外)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 嶋村 鉄也