山口 健太郎

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/06 11:58
 
アバター
研究者氏名
山口 健太郎
 
ヤマグチ ケンタロウ
URL
http://www.yamaguchi-lab.org/
所属
近畿大学
部署
建築学部 建築学科
職名
准教授
学位
博士(工学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
   
 
近畿大学 建築学部 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2002年
京都大学 工学研究科 地球環境工学専攻
 
 
 - 
2000年
広島大学 工学部 第四類(建設系)
 

受賞

 
 
日本建築学会奨励賞 2010年
 

論文

 
施設利用特性から見た高齢者施設のエンド・オブ・ライフケアに関する研究
朴宣河, 山口 健太郎, 大原一興
日本建築学会計画系論文集   (630) 1675-1682   2008年8月
本研究では個室ユニット型の高齢者介護施設におけるエンドオブライフケア(ターミナルケア)の実態を捉え、ターミナル期における個室および共同生活室の役割について明らかにした。

Misc

 
山口健太郎, 井上由起子, 本間里見, CHEN Chen
日本建築学会計画系論文集   (723) 1099   2016年5月
永浜正貴, 絹川麻理, 山口健太郎, 志垣智子
日本建築学会計画系論文集   (720) 279   2016年2月
永浜 正貴, 絹川 麻理, 山口 健太郎, 志垣 智子
日本建築学会計画系論文集   (720) 279   2016年
 This study performed analyses of floor plans using 490 floor plans of Elderly Housing with Supportive Services (hereinafter, Sakojyu), obtained by a complete enumeration survey on all Sakojyu as of Dec. 31st, 2012 to see the current physical sett...
山口 健太郎, 井上 由起子, 本間 里見, 陳 晨
日本建築学会計画系論文集   (723) 1099   2016年
 1. Introduction In the field of care insurance, Continue Living is required in regions that have long existed on an ideal of a community-based integrated care system. To support Continue Living for the elderly, we need a system that not only prov...
山田 雅之, 山口 健太郎, 髙田 光雄
日本建築学会計画系論文集   (709) 475-483   2015年
The purpose of this study was to clarify the quantity of personal belongings that soon-to-be residents of serviced housing for the elderly wished to bring with them. The following points were clarified. (1) On average, they wished to bring 1.8 pla...
山田 雅之, 山口 健太郎, 高田 光雄
日本建築学会計画系論文集   79(695) 11-20   2014年
This paper aimed to clarify the process of moving into rental housing for the elderly and the effect of living environment after relocation. To make clear these point, the interviews was repeated several times, from 2008 to 2009, in two rental hou...
奥田 欣也, 山口 健太郎
日本建築学会計画系論文集   (705) 2375-2385   2014年
The aims of this study are to clarify the actual condition of a complex of different businesses such as a spa facility, restaurants and shops as well as welfare service and to investigate the effect of the complex on social interactions. We tracke...
山口 健太郎, 出島 利一, 塩山 智花
日本建築学会技術報告集 = AIJ journal of technology and design   20(45) 671-676   2014年6月
山口 健太郎, 出島 利一, 塩山 智花
日本建築学会技術報告集 = AIJ journal of technology and design   20(45) 647-652   2014年6月
小西 翔太, 山口 健太郎
日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系   (54) 5-8   2014年5月
山口 健太郎, 出島 利一, 塩山 智花
日本建築学会技術報告集   20(45) 671-676   2014年
This paper the reports results of workshop with full scale furniture models in the design process of the senior housing with services. Participants in the workshop were care staffs of residential facilities for the elderly. As a result, it were ex...
山口 健太郎, 出島 利一, 塩山 智花
日本建築学会技術報告集   20(45) 647-652   2014年
The aim of this paper is to extract of the life style of the senior housing with services using workshops by care staffs in the planning process. The methods are the following three types. It were three-choice multiple questions and KJ method, bra...
山口 健太郎, 石井 敏, 井上 由起子
日本建築学会計画系論文集   (690) 1733-1742   2013年8月
山口 健太郎, 石井 敏, 井上 由起子, 三浦 研
日本建築学会計画系論文集   (690) 1733-1742   2013年
The aim of this study is to clarify the damages and the Business Continuity caused by The Great East Japan Earthquake about facilities for the elderly through visiting and interview survey. The results are as follows; 1) Residents in community-bas...
山田 雅之, 沖村 卓哉, 山口 健太郎, 高田 光雄
日本建築学会計画系論文集   77(677) 1545-1552   2012年
In this case study, we aimed to revealed the reality of life support services quantitatively in the rental housing for the elderly. Conclusions were as follows :<br>1. Agency, description of how to use appliance, consultation was required in order...
奥田 欣也, 山口 健太郎
日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系   (52) 169-172   2012年5月
奥田 欣也, 山口 健太郎
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2011 195-196   2011年7月
山口 健太郎, 井上 由起子
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2011 209-210   2011年7月
井上 由起子, 山口 健太郎
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2011 211-212   2011年7月
山田 雅之, 沖村 卓哉, 山口 健太郎, 高田 光雄
学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育   2011 319-320   2011年7月
山田 雅之, 沖村 卓哉, 山口 健太郎
日本建築学会計画系論文集   77(677) 1545-1552   2012年7月
山口 健太郎, 石井 敏, 三浦 研
日本建築学会計画系論文集   75(656) 2307-2314   2010年10月
沖村 卓哉, 山田 雅之, 山口 健太郎, 高田 光雄
学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育   2011 321-322   2011年7月
山口 健太郎, 井上 由起子
日本建築学会計画系論文集   75(649) 559-568   2010年3月
中島 正城, 山口 健太郎
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2010 93-94   2010年7月
山口 健太郎, 井上 由起子
日本建築学会計画系論文集   75(649) 559-568   2010年
This study aims to clarify the actual condition of facility management and the residents' life in satellite nursing home. The method of this study is questionnaire and interviews of staff and residents' family.The results are as follows:<br>1) The...
田中 孝, 山口 健太郎, 三浦 研, 斎藤 芳徳
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2010 1031-1032   2010年7月
齋藤 芳徳, 山口 健太郎, 三浦 研
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2010 1037-1038   2010年7月
山田 雅之, 武市 千歩, 山口 健太郎, 三浦 研
学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育   2010 241-242   2010年7月
武市 千歩, 山田 雅之, 山口 健太郎, 三浦 研
学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育   2010 243-244   2010年7月
山口 健太郎, 石井 敏, 三浦 研
日本建築学会計画系論文集   75(656) 2307-2314   2010年
The aim of this study is to clarify the architectural features of community base small multi care facilities from layout plan view analysis. Investigation performed the questionnaire including the request of the institution plan view for 908 facil...
石井 敏, 三浦 研, 山口 健太郎
日本建築学会計画系論文集 = Transactions of AIJ. Journal of architecture, planning and environmental engineering   (635) 17-24   2009年1月
石井 敏, 三浦 研, 山口 健太郎
日本建築学会計画系論文集   74(635) 17-24   2009年1月
The aims of this paper is acquiring planned knowledge through present and actual condition grasp of "community base small multi care facilities" which is a place to support the aged people requiring care of being home that was newly appeared by th...
沖村 卓哉, 山口 健太郎, 山田 雅之
日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系   (51) 85-88   2011年5月
武市 千歩, 山口 健太郎, 山田 雅之
学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育   2009 225-226   2009年7月
山田 雅之, 山口 健太郎, 武市 千歩
学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育   2009 227-228   2009年7月
山口 健太郎, 石井 敏, 三浦 研
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2009 211-212   2009年7月
所 道彦, 佐藤 由美, 山口 健太郎
都市住宅学   (72) 79-85   2011年
今井 香苗, 三浦 研, 山口 健太郎, 齋藤 芳徳, 山下 久仁子
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2008 525-526   2008年7月
沖村 卓哉, 山口 健太郎, 山田 雅之
学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育   2010 247-248   2010年7月
井上 由起子, 山口 健太郎
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2008 391-392   2008年7月
山口 健太郎, 井上 由起子
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2008 389-390   2008年7月
上野 麻衣, 三浦 研, 山口 健太郎, 石井 敏
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2008 29-32   2008年7月
上野 麻衣, 三浦 研, 山口 健太郎, 石井 敏
日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系   (48) 153-156   2008年5月
太田 明彦, 齋藤 芳徳, 山口 健太郎, 松本 正富
日本建築学会中国支部研究報告集   31 "510-1"-"510-4"   2008年3月
沖村 卓哉, 山口 健太郎, 山田 雅之
日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系   (50) 69-72   2010年5月
太田 明彦, 川本 悠人, 野上 直紀, 齋藤 芳徳, 山口 健太郎, 松本 正富
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2007 217-218   2007年7月
松本 正富, 川本 悠人, 太田 明彦, 野上 直紀, 齋藤 芳徳, 山口 健太郎
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2007 219-220   2007年7月
森 勇樹, 三浦 研, 山口 健太郎, 斉藤 芳徳
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2007 221-222   2007年7月
山本 真由美, 山口 健太郎, 三浦 研, 齋藤 芳徳
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2007 223-224   2007年7月
井上 由起子, 山口 健太郎
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2007 243-244   2007年7月
武市 千歩, 山口 健太郎, 山田 雅之
日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系   (49) 25-28   2009年5月
山口 健太郎, 井上 由起子
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2007 245-246   2007年7月
眞田 琴美, 山口 健太郎, 三浦 研
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2007 271-272   2007年7月
今井 香苗, 眞田 琴美, 山口 健太郎, 三浦 研
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2007 273-274   2007年7月
山口 健太郎, 齋藤 芳徳, 三浦 研, 高田 光雄
日本建築学会計画系論文集   (608) 27-34   2006年10月
This study clarified relation of posture, behavioral patterns and sleep-wake rhythm of nursing home residents with deteriorated ADL. The methods utilized were a behavioral tracking survey, a questionnaire survey and observation by actigram.The res...
石井 敏, 三浦 研, 山口 健太郎
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2007 275-276   2007年7月
森 傑, 横山 隆, 堀 雅弘, 原田 慎一, 大澤 一彦, 浅井 政弘, 菅野 克, 鈴木 淳, 内藤 純, 佐藤 正博, 清水 郁江, 木村 有里, 桐 圭佑, 小林 暁子, 坂井 友美, 野中 志帆, 松島 泰裕, 山口 健太郎
建築雑誌   123(1582)    2008年11月
三浦 研, 山口 健太郎, 石井 敏, 上野 麻衣
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2007 277-278   2007年7月
横山 ゆりか, 古賀 紀江, 三浦 研, 山口 健太郎
MERA Journal=人間・環境学会誌   11(2) 1-10   2008年8月
本論では、特別養護老人ホームとグループホームの2種類を取り上げ、両者における錯誤行動の違いを検証することによって、環境が認知症高齢者の行動におよぼす影響を考察する。施設の介護スタッフに日常見られる錯誤行動の事例を聞くフォーカスインタビュー調査を行い、その結果を8つのカテゴリーに分類した。分析の結果、8つのカテゴリーの錯誤行動には、2)建物内の探索・迷込のように特別養護老人ホームに多く見られる傾向のものと、逆に1)外出・出入、6)作業のようにグループホームに多く見られる傾向のあるものとがある...
山口 健太郎
建築雑誌   122(1563)    2007年6月
山中 直, 山口 健太郎, 三浦 研, 高田 光雄, 齊藤 芳徳
日本建築学会計画系論文集   (599) 49-56   2006年1月
This study aims to clarify the effect of the introduction of the bathing corresponding to the individual care for the elderly. The results are as follows; 1) After reparing the bathrooms and dressinng rooms, the circulation was dispersed and the n...
山口 健太郎, 三浦 研
日本生理人類学会誌   12(2) 75-82   2007年5月
山口 健太郎, 齋藤 芳徳, 三浦 研, 高田 光雄
日本建築学会計画系論文集   (595) 49-56   2005年9月
This study clarified the effects generated by introduction of the innovated modular wheelchair on the activities and the behavioral patterns of the nursing home residents with deteriorated ADL. The methods utilized were a behavioral tracking surve...
川本 悠人, 太田 明彦, 齋藤 芳徳, 山口 健太郎, 松本 正富
日本建築学会中国支部研究報告集   30 549-552   2007年3月
山口 健太郎, 山田 雅之, 三浦 研, 高田 光雄
日本建築学会計画系論文集   (587) 33-40   2005年1月
This study clarifies the effects of downsizing of care units on individual care. To make it clear, the behavioral tracking surveys for staff and residents were carried out at an existing nursing home. The results are as follows: 1) The staff membe...
山口 健太郎, 小滝 一正, 大原 一興, 朴 宣河, 山田 あすか
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2006 205-206   2006年7月
朴 宣河, 小滝 一正, 大原 一興, 山口 健太郎, 山田 あすか
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2006 207-208   2006年7月
大塚 崇雄, 齋藤 芳徳, 山口 健太郎, 絹川 麻里, 三浦 研
日本建築学会計画系論文集   (576) 9-16   2004年2月
The purpose of this study is to suggest environment for the wheelchair users in a nursing home. This study focuses on behavioral patterns of elderlies from viewpoints of moving ability, transfer ability and degree of dementia, and on care of staff...
山口 健太郎, 斎藤 芳徳, 三浦 研, 高田 光雄
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2005 347-348   2005年7月
大塚 崇雄, 齋藤 芳徳, 山脇 博紀, 山口 健太郎, 三浦 研, 外山 義
日本建築学会計画系論文集   (569) 47-54   2003年7月
The purpose of this study is to clarify the effects of introducing adjustable wheelchairs in a nursing home.For this objective, a nursing home was surveyed by means of observations and interviews.The results are as follows. 1) The mobility of the ...
山口 健太郎, 斎藤 芳徳, 三浦 研, 高田 光雄
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2004 393-394   2004年7月
山中 直, 山口 健太郎, 富田 啓介, 三浦 研, 高田 光雄
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2004 331-332   2004年7月
富田 啓介, 山中 直, 山口 健太郎, 三浦 研, 高田 光雄
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2004 329-330   2004年7月
山口 健太郎, 斎藤 芳徳, 三浦 研
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2003 489-490   2003年7月
大塚 崇雄, 齋藤 芳徳, 山口 健太郎, 三浦 研
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2003 491-492   2003年7月
山田 雅之, 山口 健太郎, 三浦 研
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2003 525-526   2003年7月
山口 健太郎, 三浦 研, 高田 光雄, 山田 雅之, 山中 直, 富田 啓介
MERA Journal=人間・環境学会誌   10(2)    2007年5月
米山 剛史, 三浦 研, 山口 健太郎, 外山 義, 絹川 麻里
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2002 333-334   2002年6月
山口 健太郎, 外山 義, 三浦 研
学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎   2002 335-336   2002年6月
米山 剛史, 山口 健太郎, 絹川 麻里, 三浦 研, 外山 義
日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系   (42) 13-16   2002年5月
山口 健太郎, 外山 義, 三浦 研
日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系   (42) 17-20   2002年5月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 山口 健太郎
高齢者向け住宅における互助活動を活性化していくためには、住民相互の関係性を醸成していく「出来事」や「場所」が必要となる。本年度は、高齢化が進み高齢者向け住宅と同じ問題を抱える公営住宅におけるコミュニティ活動の実態調査を実施した。本調査対象施設の特徴は、住民の自治機能だけに依存するのではなく、行政、地域包括支援センター、介護事業所といった地域機能が連携しコミュニティ活動を推進している点にある。具体的な活動は、月1回のサークル活動、独居高齢者に対する見守り活動、認知症に対する研修やまちづくりイ...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 山口 健太郎
本研究では、高齢者向け住宅併設型および、サービス圏域が小規模化された地域における小規模多機能型居宅介護の実態把握を行った。主な調査方法は、介護職員ヒアリング調査、介護記録閲覧調査、入居者行動観察調査である。その結果、高齢者向け住宅併設型では、(1)高齢者向け住宅への頻繁な夜間の訪問介護が可能となる。(2)退院後の在宅復帰が早まるということが明らかとなり、サービス圏域を小規模化した施設では個別の状況に対応した訪問介護が提供されていた。