KITASAKA Naohiro

J-GLOBAL         Last updated: May 30, 2019 at 02:46
 
Avatar
Name
KITASAKA Naohiro
E-mail
kitasakalaw.fukuoka-u.ac.jp
Affiliation
Fukuoka University
Section
Faculty of Law
Degree
Master(Osaka University), Doctor(Osaka University)
Research funding number
60346129

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2002
 - 
Mar 2003
助手, Graduate School of Osaka University, Assistant
 
Apr 2003
 - 
Mar 2006
講師, 福岡大学法学部
 
Apr 2006
 - 
Mar 2013
助教授/准教授, 福岡大学法学部
 
Apr 2013
   
 
教授, 福岡大学法学部
 

Education

 
 
 - 
1997
Law, Faculty of Laws, Osaka University
 
 
 - 
2002
Private International Law, Graduate School, Division of Law, Osaka University
 

Published Papers

 
離婚と親権者指定の同時解決ー国際裁判管轄権の観点から
国際私法年報   (19) 109-133   Jun 2018   [Refereed]
日本人間の離婚の訴えにおける本国管轄、国際訴訟競合、訴えの利益
戸籍時報   (752) 38-45   Apr 2017
EU扶養規則における扶養事件の国際裁判管轄権
国際公共政策研究   21(1) 73-83   Sep 2016   [Invited]
離婚の訴えに伴う親権者指定等に関する裁判についての離婚管轄国の国際裁判管轄権-1996年ハーグ条約及びEU規則について-
福岡大学法学論叢   60(4) 1-44   Mar 2016
有責配偶者であるフランス人妻から日本人夫に対する離婚請求の際の親権者指定の国際裁判管轄権及び準拠法
戸籍時報   (733) 24-31   Nov 2015

Misc

 
文献紹介: 木棚照一編著『知的財産の国際私法原則研究-東アジアからの日韓共同提案-』
日本国際経済法学会年報   (22) 292-297   Oct 2013
他州(離婚)判決の承認
アメリカ法判例百選   160-161   Dec 2012

Books etc

 
松岡博編『国際関係私法入門[第4版]』
有斐閣   May 2019   
小川富之=下田大介編『法学ー人の一生と法律のかかわりー』
八千代出版   Sep 2018   
松岡博編『レクチャー国際取引法[第2版]』
法律文化社   May 2018   
野村美明=高杉直=久保田隆編『ケーススタディー国際関係私法』
有斐閣   Jan 2015   
新井誠編『ドイツとヨーロッパの私法と手続法』
日本評論社   Nov 2013   

Conference Activities & Talks

 
離婚の訴えに伴う親権者指定に関する裁判の国際裁判管轄権
国際私法学会   4 Jun 2016   
外国で成立した身分関係の効力―スイス国際私法のアプローチについて―
国際私法学会   10 May 2003