東村 知子

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/13 02:55
 
アバター
研究者氏名
東村 知子
 
ヒガシムラ トモコ
所属
京都教育大学
部署
幼児教育科
職名
准教授
学位
人間・環境学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
京都教育大学 幼児教育科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2005年
京都大学 人間・環境学研究科 
 

委員歴

 
2007年4月
   
 
日本グループ・ダイナミックス学会  理事
 

受賞

 
2014年10月
日本質的心理学会 第6回日本質的心理学会学会賞(優秀分析方法論文賞) 母親が語る障害のある人々の就労と自立―語りの形式とずれの分析
 

論文

 
出生前診断に対する短期大学生の意識―展開されるロジックと潜在する「妊娠-出産」観―
東村知子
奈良学園大学奈良文化女子短期大学部紀要   (46) 101-111   2015年11月
幼稚園におけるアートワークショップと園環境―保育者と子どもによる「発見」のプロセスから―
東村知子
奈良文化女子短期大学紀要   (43) 135-148   2012年11月
母親が語る障害のある人々の就労と自立―語りの形式とずれの分析
東村知子
質的心理学研究   (11) 136-155   2012年3月   [査読有り]
質的研究という営み、論文という物語り
東村知子
質的心理学フォーラム   (3) 85-87   2012年3月   [査読有り]
子どもの活動をデザインする―幼稚園の遊びコーナーづくりを通した学生の学び―
東村知子
奈良文化女子短期大学紀要   (42) 107-123   2011年11月

Misc

 
東村 知子
実験社会心理学研究   43(2) 140-154   2004年
アクションリサーチにおける質的心理学の方法によるセンスメーキング―町村合併で翻弄された過疎地域活性化運動の再定位
心理学評論   49(3) 530-545   2006年
障害をもつ子どもの親によるピアサポート
集団力学研究所紀要   23 69-80   2006年
学校教育と現代の若者の自立―通信制高校・サポート校の生徒の語りから
子ども学モノグラフ   (1) 16-29   2009年

書籍等出版物

 
発達支援の場としての学校―子どもの不思議に向き合う特別支援教育
東村知子・麻生武 (担当:共編者, 範囲:序章、第9章、第3部)
ミネルヴァ書房   2016年2月   ISBN:9784623075836
音楽アイデンティティ―音楽心理学の新しいアプローチ
レイモンド・マクドナルド (担当:共訳)
北大路書房   2011年9月   ISBN:9784762827624
コミュニティのグループ・ダイナミックス
杉万俊夫 (担当:分担執筆, 範囲:第4章「教育:市民グループによる『学校』教育」)
京都大学学術出版会   2006年1月   ISBN:9784876988051
あなたへの社会構成主義
ケネス・ガーゲン (担当:単訳)
ナカニシヤ出版   2004年11月   ISBN:9784888489157

競争的資金等の研究課題

 
保育における「おもしろさ」の生成過程に関する現象学的研究:園文化の視点から
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 現在    代表者: 東村知子
心理学における「関係」および「物語」理論の再構築:養育、療育、看護の現場から
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 東村知子
母親が語る障害のあるわが子と自己の人生:生涯発達の視点から
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 東村知子
現代における子どもの自立の意味――生きにくさを抱える子ども・親・支援者の視点から
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 東村知子