眞鍋 倫子

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/12 02:50
 
アバター
研究者氏名
眞鍋 倫子
 
マナベ リンコ
eメール
rinkotamacc.chuo-u.ac.jp
所属
中央大学
部署
文学部
職名
教授
学位
修士(教育学)(京都大学)
科研費研究者番号
00345323

研究分野

 
 

経歴

 
1997年4月
 - 
2001年9月
滋賀県近江八幡市立看護学校非常勤講師
 
2000年4月
   
 
(社)国際経済労働研究所非常勤研究員
 
2001年4月
 - 
2001年7月
滋賀県立総合保健専門学校非常勤講師
 
2002年4月
 - 
2006年3月
東京学芸大学教育学部講師(教育学講座生涯教育分野)
 
2005年1月
 - 
2006年3月
東京学芸大学大学院教育学研究科担当(生涯教育分野)
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1996年3月
京都大学 教育学研究科 
 
1996年4月
 - 
2002年3月
京都大学 教育学研究科 
 

論文

 
「教員の職務の無限定性とジョブ型教育改革のねじれ|rn|―学級担任の職務の日英比較を中心にして―」
新谷康浩・眞鍋倫子
『教育デザイン研究』   (833-41)    2017年3月   [査読有り]

Misc

 
女性のキャリアに対する専門学校卒業の効果
教育学論集   58 55-77   2016年3月
大学教育とキャリアをつなげること-芸術系の大学へのヒアリングから
眞鍋倫子
教育学論集   55 153-170   2013年3月
専門学校卒業の効果
眞鍋倫子
教育学論集   53 55-72   2011年3月
子どもたちの将来像とジェンダー
眞鍋倫子
教育学論集      2008年3月
H17・18年公募研究報告 学校教育におけるジェンダー平等戦略-教育環境と教育内容に焦点をあてて-
東京学芸大学 教員養成とジェンダー研究会
   2007年12月

書籍等出版物

 
実践から考える金融教育の現在と未来
大澤克己・松尾直博・東條憲二ほか (担当:共著)
2018年1月   
学校教育の中のジェンダー  子どもと教師の調査から
村松泰子・直井道子 (担当:共著, 範囲:第2章 子どもたちの自己像と職業選択)
日本評論社   2009年11月   
キャリア研究を学ぶ25冊を読む
日本キャリアデザイン学会 (担当:共著)
泉文社   2009年11月   
生涯学習と人的資本蓄積における個人責任
(財)社会経済生産性本部 エイジフリー研究会   2006年7月   
第2章 既婚女性の就労と世帯所得間格差のゆくえ
本田由紀他9名
勁草書房   2004年5月   

講演・口頭発表等

 
小中学生の生涯教育の現状、挑戦とその対応について
2017年国際教育論談「日本高中小教育改革動向」   2017年5月   
イギリスと日本のキャリア教育
キャリア教育研究会   2016年5月   

Works

 
高校生男女の達成意欲における分極化と教師の支援のあり方に関する研究
2013年3月 - 2013年3月

社会貢献活動

 
国分寺市子育て・子育ちいきいき計画推進協議委員
【その他】  2018年4月1日 - 2020年3月31日