石井 英真

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/05 14:19
 
アバター
研究者氏名
石井 英真
 
イシイ テルマサ
所属
京都大学
部署
大学院教育学研究科 教育科学専攻 教育方法学講座
職名
助教
学位
修士(京都大学)

研究分野

 
 

論文

 
若い先生方に伝えたい授業づくりの基礎・基本 教材研究のススメ②
石井 英真
教師のチカラ   (34) 68-69   2018年7月
生徒の資質・能力の育成を目指した学習評価―資質・能力の三つの柱と観点別評価―
石井 英真
中学校   (776) 12-15   2018年5月
新学習指導要領が求めるカリキュラム・マネジメント
石井 英真
月刊高校教育   36-39   2018年5月
CHALLENGES IN CURRICULUM DEVELOPMENT FOR MATHEMATICAL PROOF IN SECONDARY SCHOOL: CULTURAL DIMENSIONS TO BE CONSIDERED
真野祐輔・宮川健・岩崎秀樹・國宗進・溝口達也・石井英真・阿部好貴
for the learning of mathematics vol.38, num.1   26-30   2018年3月   [査読有り]
第2章 教師の学びと授業改善の道筋
石井 英真
平成29年度成果報告書 E.FORUM 学力評価スペシャリスト研修   83-90   2018年3月
若い先生方に伝えたい授業づくりの基礎・基本 教材研究のススメ①
石井 英真
教師のチカラ   (33) 68-69   2018年4月
カリキュラム・マネジメントで何が求められているのか
石井 英真
教師のチカラ   (32) 68-69   2018年1月
いま求められる学力とその指導・評価
石井 英真
第11回キャリア教育推進フォーラム 教育の持つ本質的な問い 学校や授業はこれからどうあるべきかを考える 報告書   59-79   2017年11月
新学習指導要領と国語教育の課題――資質・能力ベースのカリキュラム改革をどう捉えるか――
石井 英真
国語科教育   82 8-10   2017年9月
今、求められる学力とは
石井 英真
Career Guidance   (418) 34-37   2017年7月
教育課程編成の工夫―教科内容の精選と構造化の工夫
石井 英真
教職研修   93-96   2017年7月
資質・能力ベースのカリキュラム改革をめぐる理論的諸問題―教育的価値を追求するカリキュラムと授業の構想に向けて―
石井 英真
国立教育政策研究所紀要 第146集   146 109-121   2017年3月   [査読有り]
これから求められる学力の質とは
石井 英真
教育展望   63(2) 17-21   2017年3月
資質・能力を育成する多面的・多角的な評価とは―パフォーマンス評価の基本的な考え方
石井 英真
国語教育   16-21   2017年3月
アクティブ・ラーニングにおける評価のあり方(2)―形成的評価の新しい考え方―
石井 英真
学校教育   62-63   2017年3月
教育目標の設定と構造化―学校として育成すべき資質・能力とは
石井 英真
新教育課程ライブラリVol.2 中教審答申を読む(2)   18-21   2017年2月
アクティブ・ラーニングにおける評価のあり方(1)―パフォーマンス評価という考え方―
石井 英真
学校教育   62-63   2017年2月
アクティブな授業と知識習得との関係
石井 英真
学校教育   62-63   2017年1月
資質・能力の3つの柱と評価のあり方
石井 英真
教師のチカラ   (31) 68-69   2017年
教科横断的な視点からの資質・能力の育成
石井 英真
教師のチカラ   (30) 68-69   2017年
コンピテンシー・ベースの教育課程と教科教育の課題
石井 英真
学校音楽教育実践論集   (1) 9-9   2017年
学習指導要領改訂のポイント
石井 英真
教師のチカラ   (29) 64-65   2017年
パフォーマンス評価とは何か
石井 英真
教師のチカラ   (28) 58-59   2017年
「深い学び」に向けて「見方・考え方」をどう捉えるか
石井 英真
学校教育   62-63   2016年12月
「教科する」授業を実現する手立て(3)―学びのプロセスに教科の本質を見出す―
石井 英真
学校教育   62-63   2016年11月
「教科する」授業を実現する手立て(2)―知識発見学習から知識構築学習へ―
石井 英真
学校教育   62-63   2016年10月
「教科する」授業を実現する手立て(1)―「尻すぼみ」から「末広がり」の単元構造へ―
石井 英真
学校教育   62-63   2016年9月
著書紹介・『中学校「荒れ」克服10の戦略 本丸は授業改善にあった!』
石井 英真・太田洋子
スクールリーダー研究会『スクールリーダー研究—教師の学習コミュニティ—』   (8) 59-60   2016年8月
アクティブ・ラーニングを超えて「教科する」授業へ
石井 英真
学校教育   62-63   2016年8月
アクティブ・ラーニングを超える授業づくり
石井 英真
教育展望   (臨時増刊48) 119-124   2016年7月
Book Review 学習指導要領のエッセンス 国立教育政策所編『資質・能力【理論編】』
石井 英真
教職研修   112-112   2016年7月
資質・能力の三つの柱とアクティブ・ラーニングの三つの視点
石井 英真
学校教育   62-63   2016年7月
数学的リテラシーとしての論証の必要性(2)
阿部好貴・石井英真
中等教育を一貫する数学的活動の領域間ネットワーク化による論証指導カリキュラム開発研究   15-19   2016年6月
学校教育で育成すべき資質・能力と学力とは
石井 英真
学校教育   62-63   2016年6月
パフォーマンスアセスメント
石井 英真
指導と評価   18-20   2016年6月
資質・能力やアクティブ・ラーニングが強調される背景とは
石井 英真
学校教育   62-63   2016年5月
時期学習指導要領改訂のキーワードとは
石井 英真
学校教育   62-63   2016年5月
カリキュラム・マネジメントで求められる評価のあり方
石井 英真
教育展望   23-28   2016年4月
学習指導要領改訂と評価改革の方向性
石井 英真
指導と評価   36-38   2016年4月
学力調査の時代を読み解く評価リテラシー
石井 英真
思考力・判断力・表現力育成のための長期的ルーブリックの開発   9-19   2016年3月
学力調査のあり方を考える
石井 英真
教職研修   27-29   2016年1月
次期学習指導要領のゆくえ
石井 英真
高校教育   36-39   2016年1月
発見学習
石井 英真
授業力&学級経営力   14-15   2016年1月
アクティブ・ラーニング(主体的・対話的で深い学び)
石井 英真
教師のチカラ   (27) 58-59   2016年
「コンピテンシー」とは何か
石井 英真
教師のチカラ   (26) 58-59   2016年
新学習指導要領 改訂の焦点は何か
石井 英真
教師のチカラ   (25) 60-61   2016年
22世紀を生きる子どもたちを見据えた教育改革
石井 英真・鈴木寛
教育人会議   10-11   2016年
授業の構想力を高める教師の実践研究の方法論
石井 英真
教育方法の探究      2016年
資質・能力ベースのカリキュラムの危険性と可能性
石井 英真
カリキュラム研究   (25)    2016年   [査読有り]
これから求められる学力と学び
石井 英真
平成27年度スーパーサイエンスハイスクール 秋の情報交換会   8-28   2015年12月
教育評価
石井 英真
指導と評価   61-10(730)    2015年10月
高校教育改革の方向性――「教育目標・内容」「学習・指導方法」「評価方法」の一体的な高校教育改革が進む
石井 英真
河合塾『Guideline』   18-22   2015年9月
学力向上とは
石井 英真
指導と評価   61-8(728)    2015年8月
教育実践の論理から「エビデンスに基づく教育」を問い直す――教育の標準化・市場化の中で――
石井 英真
教育学研究   82(2) 30-42   2015年6月   [査読有り]
新しい時代に求められる学力モデルと学校改革のヴィジョンの探究
石井 英真
子どもを「育てる」教師のチカラ   (21) 55   2015年4月
A theoretical framework for curriculum development in the teaching of mathematical proof at the secondary school level
真野祐輔・宮川健・岩崎秀樹・國宗進・溝口達也・石井英真・阿部好貴
In Proceedings of 39th Psychology of Mathematics Education Conference, Vol.4   169-176   2015年   [査読有り]
数学的リテラシーとしての論証の必要性(2)
阿部好貴・石井英真
日本数学教育学会・第3回春季研究大会論文集   63-66   2015年
講演記録・21世紀の社会が求める学力とその指導・評価
石井 英真
秋田大学教育文化学部附属小学校 平成27年度研究紀要 仲間と共につくる豊かな学びⅡ 新たな価値を創造する「対話」を目指して   196-208   2015年
講演記録・新しい学力と学びを捉えるパフォーマンス評価
石井 英真
第9回キャリア教育推進フォーラム 学習意欲を高め学力向上につなげる授業改革 報告書   37-63   2015年
対談・明日の教育 教育人視点 改めて問う、子どもを巣立たせる教育
安彦忠彦・石井英真
教育人会議   (2015秋) 8-10   2015年
アクティブ・ラーニングをどう捉えるか――「教科する」授業をめざして――
石井 英真
TEADA      2015年
21世紀をよりよく生きていくのに必要な資質・能力をとらえる枠組み――目標の分類と構造化――
石井 英真
指導と評価   60-6(714) 36-38   2014年6月
ポスト近代社会が求める人間像と学力像――背景と論点――
石井 英真
指導と評価   60-4(712) 29-31   2014年4月
座談会・確かな学力を育成する総合的な学習の時間
石井 英真
初等教育資料   (912) 74-83   2014年4月
特集・教科書と学力:現代社会が求める学力と評価
石井 英真
TEADA   (15)    2014年4月
グローバル化時代の学力とその評価
石井英真
『指導と評価』第709号      2014年1月
教員養成の高度化と教師の専門職像の再検討
石井 英真
日本教師教育学会年報   (23) 20-29   2014年   [査読有り]
これから育成すべき資質・能力の指導と評価のあり方
石井 英真
教育展望   60(8) 46-51   2014年
活用する力を評価するパフォーマンス評価
石井 英真
看護教育   55(8) 684-691   2014年
SGHは高校教育に何をもたらすか
石井 英真
月刊高校教育   47(8) 42-45   2014年
グローバル化社会が求める学力
石井 英真
教育展望   60(3) 24-28   2014年
高次の学力の質的レベルを捉える枠組み――N. L. ウェブの「知の深さ」を中心に――
石井英真
教育方法の探究   (17) 25-32   2014年
数学的リテラシーとしての論証の必要性
阿部好貴・石井英真
日本数学教育学会第2回春期研究大会論文集   57-60   2014年
数学における評価について
石井英真
『中学校数学』第197号      2013年10月

Misc

 
オーセンティックな学びを追究する外国語教育――米国における日本語教師のカリキュラム改善の事例をもとに――
加藤友夏・藤本和久・石井英真
日本教育方法学会第51回大会、自由研究発表(於:岩手大学)      2015年10月
教職の専門性を支える知のあり方をめぐって――米国における教師の実践知と知識基礎に関する研究の展開を中心に――
石井 英真
日本教育学会第73回大会(於:九州大学)      2014年8月
分かち合い、共に未来を創造する子どもの育成――2領域で見方・考え方を育む指導と評価の在り方――
黒田拓志・磯田文雄・石井英真・根津朋実
日本カリキュラム学会第25回大会、自由研究発表(於:関西大学)      2014年7月
E.FORUMスタンダード開発の試み―算数・数学科と英語科を中心に―
西岡加名恵、石井英真、赤沢真世、中池竜一、八田幸恵、小山英恵、北原琢也
教育目標・評価学会第24回大会、自由研究発表      2013年12月
「『数学する』活動としての論証とその指導と評価のあり方」
石井 英真
科研基盤B(研究代表者・岩崎秀樹)「中等教育を一貫する数学的活動に基づく論証指導カリキュラムの開発研究」第一回会議      2012年12月
「教室の内側からの評価改革――『学習のための評価」論とネブラスカ州の評価システムに焦点を当てて――」
石井英真
教育目標・評価学会,第23回大会,自由研究発表(於:東洋大学,2012年11月11日)      2012年11月
「パフォーマンス評価を取り入れた授業実践の事例分析-中学3年生「平方根」の指導を通して-」
石井英真、神原一之
全国数学教育学会,第35回研究発表会(於:愛知教育大学,2012年1月21日)      2012年1月
「現代アメリカにおける教育目標・評価論の展開――スタンダードに基づくカリキュラムの設計――」
石井英真
日本カリキュラム学会,第2回研究集会,研究発表(於:中部大学,2011年3月26日)      2011年3月
「学力論議の現在――ポスト近代社会における学力の論じ方――」
石井英真
日本教育学会,第69回大会,ラウンドテーブル3「〈新しい能力〉は教育を変えるか?――学力・リテラシー・コンピテンシー――」(於:広島大学,2010年8月22日)      2010年8月
「「活用する力」を育てる数学授業の創造――パフォーマンス評価を生かした『平方根』の単元設計を通して――」
石井英真・神原一之
日本数学教育学会,第92回全国研究大会,分科会発表(於:新潟市立宮浦中学校,2010年8月3日)      2010年8月
「パフォーマンス評価を教科指導にどう生かすか――中学校数学科のアクション・リサーチを通して――」
石井英真・神原一之
日本カリキュラム学会,第21回大会,自由研究発表(於:佐賀大学,2010年7月4日)      2010年7月
「NCLB法を問い直す視座――スタンダードに基づく教育改革のローカルな展開に着目して――」
石井英真
日本教育学会,第68回大会,ラウンドテーブルⅠ「現代アメリカのアカウンタビリティ・アセスメント教育政策の理論と実践」(於:東京大学,2009年8月29日)      2009年8月
「『スタンダードに基づく教育改革』の再定義に向けて――アメリカにおける学力向上政策の検討――」
石井英真
世界新教育学会,WEF国際教育フォーラム2008,自由研究発表(於:武庫川女子大学,2008年6月7日)      2008年6月
「授業の中の学力問題」
石井英真
日本教育学会,第66回大会,一般研究発表B「学力問題――その後の展開――」(於:慶應義塾大学,2007年8月29日)      2007年8月
「アメリカにおけるスタンダード設定論の検討」
石井英真
日本カリキュラム学会,第17回大会,自由研究発表(於:奈良教育大学,2006年7月8日)      2006年7月
「平成13年度小中学校教育課程実施状況調査の分析――小学校国語科,算数科を中心に――」
石井英真・渡辺貴裕・田中耕治・西岡加名恵・樋口太郎・遠藤貴広・窪田知子・柴本枝美
関西教育学会,第56回大会,自由研究発表(於:聖和大学,2004年11月20日)      2004年11月
「パフォーマンス・アセスメントの方法と意味――JELS 2003・Wave1の実施をふまえて――」
松下佳代・石井英真・遠藤貴広
教育目標・評価学会,第15回大会,自由研究発表(於:滋賀大学,2004年10月31日)      2004年10月
「アメリカにおける情意目標論の展開――態度としての『傾向性』概念に焦点を当てて――」
石井英真
日本教育方法学会,第40回大会,自由研究発表(於:和光大学,2004年10月9日)      2004年10月
「『改訂版タキソノミー』における教育評価論の特質――パフォーマンス評価の位置づけを中心に――」
石井英真
日本教育方法学会,第39回大会,自由研究発表(於:滋賀大学,2003年9月28日)      2003年9月
「高次の思考力を育成する授業設計の方法――R. J. マルザーノの『学習の次元』の検討を通して――」
石井英真
日本カリキュラム学会,第14回大会,自由研究発表(於:上越教育大学,2003年7月6日)      2003年7月
「アメリカにおける教育目標論の動向――マルザーノの『学習の次元』を中心に――」
石井英真
教育目標・評価学会,第13回大会,自由研究発表(於:京大会館,2002年12月8日)      2002年12月
「教育目標設定の新しい枠組み――ブルーム・タキソノミーから『改訂版タキソノミー』へ――」
石井英真
日本教育方法学会,第38回大会,自由研究発表(於:日本女子大学,2002年9月23日)      2002年9月
「斎藤喜博の教育技術論に関する一考察」
石井英真
関西教育学会,第52回大会,自由研究発表(於:大阪府立大学,2000年10月29日)      2000年10月

書籍等出版物

 
Teacher Learning with Classroom Assessment
石井 英真
Springer   2018年6月   
主体的・対話的で深い学びを拓く
石井 英真
学事出版   2018年4月   
高等学校における校内授業実践研究進め方ガイドブック
石井 英真
大阪府教育センター   2018年3月   
教育の方法と技術
石井 英真
ミネルヴァ書房   2018年3月   
よくわかる教育課程 第2版
石井 英真 (担当:分担執筆, 範囲:「コンピテンシー・ベースと現代の教育課程改革」「教育目的と教育目標」「2017年版学習指導要領:資質・能力ベースによる教育課程の一体改革」「アメリカ合衆国のカリキュラム」)
ミネルヴァ書房   2018年2月   
高等学校 新学習指導要領 全文と解説
石井 英真
学事出版   2018年   
教職教育論
石井 英真
協同出版   2017年12月   
資質・能力を育てる カリキュラム・マネジメント―読解力を基盤とする教科の学習とパフォーマンス評価の実践
西岡加名恵・石井英真
日本標準   2017年12月   
附属新潟中式「3つの重点」を生かした確かな学びを促す授業
石井 英真
東信堂   2017年10月   
学習指導要領の改訂に関する教育方法学的検討
石井 英真
日本教育方法学会   2017年10月   
教師教育研究ハンドブック
石井 英真
学文社   2017年9月   
中教審「答申」を読み解く―新学習指導要領を使いこなし、質の高い授業を創造するために―
石井 英真
日本標準   2017年   
教育をよみとく
田中 耕治・石井 英真・八田 幸恵・本所 恵・西岡 加名恵 (担当:共著, 範囲:「早期教育」「いじめ問題」「学力低下」「コラム」)
有斐閣   2017年   
田中耕治著「教育方法と授業の計画(教職教養講座 第5巻)」
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「授業設計の基礎・基本」(pp.51-65))
協同出版   2017年   
教師の資質・能力を高める! アクティブ・ラーニングを超えていく「研究する」教師へ―教師が学び合う「実践研究」の方法
石井 英真
日本標準   2017年   
小学校発 アクティブ・ラーニングを超える授業―質の高い学びのヴィジョン「教科する」授業
石井 英真
日本標準   2017年   
岩波講座 教育 変革への展望 第五巻 学びとカリキュラム
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「第5章 学校改革とカリキュラム変革の系譜」)
岩波書店   2017年   
戦後日本教育方法論史(上)
田中 耕治・石井 英真 (担当:共著, 範囲:「『科学と教育の結合』論と系統学習論―反知性主義への挑戦と真の知育の追求―」「授業の本質と教授学」)
ミネルヴァ書房   2017年   
[Round Study]教師の学びをアクティブにする授業研究─授業力を磨く! アクティブ・ラーニング研修法
石井 英真・原田 三朗・黒田 真由美 (担当:共著)
東洋館出版社   2017年   
創る—2領域カリキュラムで子どもが変わる!教師が変わる!
磯田文雄序・香川大学教育学部附属高松小学校・石井 英真 (担当:共著, 範囲:「『教科する』学びで本質を問う」)
東洋館出版社   2017年   
Curriculum, Instruction and Assessment in Japan
田中 耕治・西岡 加名恵・石井 英真 (担当:共著, 範囲:Chap.4 “Theories of the Models of Academic Achievement and Competency”, Chap. 5 “Historical Overview of Lesson Study”, Chap. 7 “Various Methods for Organizing Creative Whole-Class Teaching”)
Routledge   2017年   
教育の社会・制度と経営
石井 英真
ジダイ社   2016年4月   
資質・能力を育てるパフォーマンス評価―アクティブ・ラーニングをどう充実させるか―
西岡 加名恵・石井 英真 (担当:共著, 範囲:「算数・数学科アクティブ・ラーニング」(pp.50-57))
明治図書   2016年   
国語授業の改革16
石井 英真
学文社   2016年   
学生を思考にいざなうレポート課題
成瀬 尚志・石井 英真 (担当:共著, 範囲:「第6章 レポート課題を評価するとき―ルーブリックの活用―」)
ひつじ書房   2016年   
アクティブラーニングの評価
松下 佳代・石井 英真 (担当:共著, 範囲:「教員養成における評価――パフォーマンス評価とポートフォリオ評価――」)
東信堂   2016年   
増補版・現代アメリカにおける学力形成論の展開――スタンダードに基づくカリキュラムの設計――
石井 英真
東信堂   2015年   
『教育評価改革の課題と展望――欧米・アジア・日本を結ぶ――』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「第一部 序文 教育改革における評価の位相――評価の時代の始まり――」「総括論文 学力テスト政策の課題と展望」)
日本標準   2016年   
『平成27年度版「みんなと学ぶ 小学校算数」 教師用指導書 第二部(研究編)』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「これからの学力評価のあり方――思考力・判断力・表現力を育てるパフォーマンス評価――」)
学校図書   2015年   
西岡加名恵・石井英真・田中耕治『新しい教育評価入門――人を育てる評価のために――』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「教育評価の立場」「教育目標と評価」)
有斐閣   2015年   
上條晴夫編『教師教育』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「藤岡完治 校内研修を変革するリフレクションとは?」(pp.98-103))
さくら社   2015年   
中学校「荒れ」克服10の戦略――本丸は授業改革にあった!
石井英真 (担当:監修)
学事出版   2015年   
今求められる学力と学びとは――コンピテンシー・ベースのカリキュラムの光と影――
石井 英真
日本標準   2015年   
『社会科教育学研究法ハンドブック』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「コラム:『教科する』学習を軸にした教育目標・評価研究の必要性」)
2015年   
子安増生・二宮克美監訳『青年期発達百科事典』
石井 英真 (担当:共訳, 範囲:M. J. Dietz「ミドル・スクール」(pp.378-385))
丸善出版   2014年   
日本教育方法学会編『教育方法学研究ハンドブック』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「学力」(pp.178-181))
学文社   2014年   
日本教育方法学会編『教育方法 43』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「授業研究を問い直す――教授学的関心の再評価」(pp.36-49))
図書文化   2014年   
西岡加名恵・石井英真・川地亜弥子・北原琢也『教職実践演習ワークブック―ポートフォリオで教師力アップ―』
石井英真
ミネルヴァ書房   2013年   ISBN:4623066517
北野秋男・吉良直・大桃敏行編『アメリカ教育改革の最前線―頂上への競争―』
石井英真
学術出版会、2012年、執筆担当「教室の内側からの評価改革―「学習のための評価」論とネブラスカ州の評価システムに焦点を当てて―」(pp.245-261)   2012年   
篠原清昭編『学校改善マネジメント』
石井英真
ミネルヴァ書房、2012年、執筆担当「学力向上」(pp.136-150)   2012年   
『平成23年度版「みんなと学ぶ 小学校算数」 教師用指導書 第二部(研究編)』
石井英真
学校図書,2011年3月,執筆担当「これからの学力評価のあり方――思考力・判断力・表現力を育てるパフォーマンス評価――」(pp.236-249)   2011年3月   
『現代アメリカにおける学力形成論の展開――スタンダードに基づくカリキュラムの設計――』
石井英真
東信堂,2011年2月,全374ページ   2011年2月   
田中耕治編著『パフォーマンス評価―思考力・判断力・表現力を育む授業づくり―』
石井英真 (担当:共著, 範囲:「パフォーマンス評価をどう実践するか」)
ぎょうせい   2011年   ISBN:4324092877
教育目標・評価学会編『「評価の時代」を読み解く――教育目標・評価研究の課題と展望――(下)』
石井英真
日本標準, 2010年12月,執筆担当「算数・数学」(pp.74-83)   2010年12月   
田中耕治編『小学校 新指導要録改訂のポイント』
石井英真
日本標準,2010年11月,執筆担当「算数――パフォーマンス評価を生かして『活用する力』を育てる――」(pp.38-43)   2010年11月   
松下佳代編『〈新しい能力〉は教育を変えるか――学力・リテラシー・コンピテンシー――』
石井英真
ミネルヴァ書房, 2010年9月, 執筆担当 (a)「学力論議の現在――ポスト近代社会における学力の論じ方――」(pp.141-178), (b)「アメリカの場合――カリキュラム設計における『工学的アプローチ』の再構築へ――」(pp.251-280)   2010年9月   
北野秋男編『現代アメリカの教育アセスメント行政の展開――マサチューセッツ州(MCASテスト)を中心に――』
石井英真
東信堂,2009年11月,執筆担当 (a)「アメリカにおけるスタンダード設定論の検討――McRELデータベースに焦点を当てて――」(pp.52-75), (b)「『スタンダードに基づく教育改革』の再定義に向けて――NCLB法制定後のアカウンタビリティ強化の観点から――」(pp.324-344)   2009年11月   
田中耕治編『時代を拓いた教師たちⅡ――実践から教育を問い直す――』
石井英真
日本標準,2009年10月,執筆担当「浜之郷小学校と学びの共同体――学校を改革するとはどういうことか――」(pp. 201-212)   2009年10月   
田中耕治編『やわらかアカデミズム・わかるシリーズ:よくわかる教育課程』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「Ⅴ 教科書」「Ⅶ-1 カリキュラム評価」「Ⅶ-5 実践記録」「Ⅶ-6 アカウンタビリティ」「Ⅸ-2 算数・数学科のカリキュラム」「ⅩⅣ-2 アメリカ合衆国のカリキュラム」(pp. 62-77, pp.92-95, pp.102-105, pp.126-127, pp.204-205))
ミネルヴァ書房   2009年9月   
田中耕治編『新しい学力テストを読み解く――PISA/TIMSS/全国学力・学習状況調査/教育課程実施状況調査の分析とその課題――』
石井英真
日本標準,2008年6月,執筆担当 (a)「算数・数学の学力と数学的リテラシー――PISAの提起するものをどう受け止めるか――」(pp.95-124), (b)「アメリカにおける学力向上政策の教訓――アカウンタビリティを民主的な教育改革の力に――」(pp.243-259).   2008年6月   
田中耕治・井ノ口淳三編『学力を育てる教育学』
石井英真
八千代出版,2008年4月,執筆担当「学力を育てる授業」 (pp.103-124)   2008年4月   
情報教育事典編集委員会編『情報教育事典』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「パフォーマンスの評価」「熟達度」「アセスメント」「ルーブリック」「情報に関するコンピテンシー」「コンピテンシー課題」「パフォーマンス目標」(pp.78-82))
丸善   2008年2月   
田中耕治編『人物で綴る戦後教育評価の歴史』
石井英真
三学出版,2007年4月,執筆担当「子どもの内面世界を育てる評価の方法――梶田叡一の場合――」(pp.168-183).   2007年4月   
田中耕治編『やわらかアカデミズム・わかるシリーズ:よくわかる授業論』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「Ⅶ 授業展開を導く教授行為」(pp.92-107))
ミネルヴァ書房   2007年3月   
田中耕治編『「教職研修」6月号増刊・“信頼される学校づくり”に向けたカリキュラム・マネジメント第4巻:カリキュラムをつくる教師の力量形成』
石井英真
教育開発研究所,2006年6月,執筆担当「学校文化をどう創るか」(pp.114-117)   2006年6月   
辰野千壽・石田恒好・北尾倫彦監修『教育評価事典』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「ブルームの目標分類学」(p.44))
図書文化   2006年6月   
田中耕治編『やわらかアカデミズム・わかるシリーズ:よくわかる教育評価』
石井 英真 (担当:共著, 範囲:「Ⅳ 教育目標と教育評価の関係」「Ⅷ-2 算数・数学科における評価」「Ⅷ-4理科における評価」「ⅩⅣ-2 アメリカの教育評価制度」(pp.36-51, pp.112-113, pp.116-117, pp.212-213))
ミネルヴァ書房   2005年12月   
田中耕治編『時代を拓いた教師たち――戦後教育実践からのメッセージ――』
石井英真
日本標準,2005年9月,執筆担当「遠山啓と水道方式――算数は誰にでもわかる――」(pp.102-114).   2005年9月   
田中耕治・羽豆成二・大脇康弘監修・京都市立高倉小学校研究同人編著『「確かな学力」と「豊かな心」を育てる学校――学校・家庭・地域・大学の連携――』
石井英真
三学出版,2005年2月,執筆担当「京都大学大学院教育学研究科田中研究室との共同授業研究」(渡辺貴裕と共同執筆「高次の学力を評価する方法」の部分を担当, pp.22-28)   2005年2月   
田中耕治編『教育評価の未来を拓く――目標に準拠した評価の現状・課題・展望――』
石井英真
ミネルヴァ書房,2003年10月, 執筆担当 (a)「評価改革を通して教師の指導力量を高める――小浜市立中名田小学校の取り組み――」(pp.26-39), (b)「米国における教育評価研究の動向――『真正の評価』論の展開を中心に――」(田中耕治と共同執筆「はじめに」「1」「2」「おわりに」の部分を担当, pp.200-212, pp.215-217)   2003年10月   

講演・口頭発表等

 
エビデンスに基づく教育を飼い慣らす視座―教育目標と評価の新しい形の構想へ― [招待有り]
石井 英真
日本教育行政学会第52回大会 課題研究Ⅱ「教育政策エビデンスをめぐる教育と教育行政」   2017年10月15日   
カリキュラムと評価の改革の世界的標準化をめぐって―教育学としての「比較」研究による対抗軸の模索―
石井 英真
日本教育学会第76回大会シンポジウムⅡ「教育政策のグローバライゼーションのもとにおける『比較』の新しい意味   2017年8月27日   
資質・能力ベースのカリキュラム改革と教科学習の課題 [招待有り]
石井 英真
日本家庭科教育学会 中国地区会 第37回 研究発表会・講演会   2017年8月26日   
新学習指導要領と国語教育の課題 [招待有り]
石井 英真
全国大学国語教育学会第132回大会シンポジウム「新学習指導要領,わたしはこう見る   2017年5月27日   
日本の教師の学びをめぐる課題とメンター育成の意味 [招待有り]
石井 英真
平成28年度京都教育大学機能強化構想「新しい時代に対応した教師力の涵養を図る教員養成・初任者教育のためのシステム構築」プロジェクトシンポジウム「日本のメンターはどのようにして育つのか」   2017年3月28日   
コンピテンシー・ベースのカリキュラム改革の危険性と可能性――教育的価値論としての学力論からの視座 [招待有り]
石井 英真
北海道大学・教育学研究員 2016年度 研究推進特別経費企画 公開研究会   2017年3月10日   
資質・能力ベースのカリキュラムの危険性と可能性 [招待有り]
石井 英真
日本カリキュラム学会第26回大会課題研究Ⅰ「『資質・能力』の育成をどう考えるか」(於:昭和女子大学)   2015年7月4日   
教育評価論から見た新たな高大接続システムの構想 [招待有り]
石井 英真
公開シンポジウム「高大接続問題の今日的到達点と課題」(於:愛知県立大学サテライトキャンパス)   2015年3月30日   
パフォーマンス評価とルーブリックの基礎と最前線 [招待有り]
石井 英真
第21回 大学教育研究フォーラム(於:京都大学)   2015年3月13日   
「学問する」教師をめざす京都大学の教員養成の取り組み
石井 英真
E.FORUM教育研究セミナー「教職の高度化」をどう構想するか」(於:京都大学)   2013年12月12日   
授業研究における教師の学びの質を問い直す―戦後授業研究史の展開をふまえて― [招待有り]
石井英真
日本教育方法学会第49回大会公開シンポジウム「授業研究による教師の力量形成」   2013年10月5日   
アメリカにおけるスタンダード運動の展開と高校教育改革―大学やキャリアとの接続に焦点を当てて― [招待有り]
石井英真
日本カリキュラム学会第24回大会、課題研究Ⅱ「後期中等教育のカリキュラム改革の動向」   2013年7月6日   
「『教員養成の京都大学モデル』を探る」
石井 英真
E.FORUM教育研究セミナーⅠ 教師教育研究セミナー「大学で育てるべき教師の資質能力とは何か――『教員養成の京都大学モデル』を探る――」   2012年12月   
「現代日本において学力向上政策がもたらすもの」
石井英真
日本デューイ学会第56回大会,公開シンポジウム「『NCLB法(どの子も置き去りにしない法)』と日本への影響を吟味する」(於:東洋大学,2012年9月22日)   2012年9月22日   
「『質保証』のあり方を問う視点」
石井英真
(指定討論)日本教師教育学会第22回大会,公開シンポジウム「教師教育の『質保証』を問い直す――国内外の状況と今後のあり方を再考する――」(於:東洋大学,2012年9月8日)   2012年9月8日   
「算数・数学教育の立場から」
石井英真
教育目標・評価学会,第22回大会,課題研究1「教育目標・評価と指導の現状と課題――教科教育の立場から――」(於:奈良教育大学,2011年11月19日)   2011年11月19日   
「米国の教育目標・評価論と社会科教育研究」 [招待有り]
石井英真
全国社会科教育学会「特別セミナー:社会科教育研究の方法論の国際化プロジェクト」(於:広島大学,2011年8月29日)   2011年8月29日   
「算数・数学科のスタンダード開発に向けて」
石井英真
平成22年度E.FORUM全国スクールリーダー育成研修・学校教育研究フェスタ,シンポジウム「スタンダード開発の可能性と課題」(於:京都大学,2010年8月19日)   2010年8月19日   
「アメリカの場合――スタンダード運動の展開――」
石井英真
日本カリキュラム学会,第19回大会,課題研究Ⅰ「学習指導要領の基準性を問い直す(2)――教育課程に関する国家基準の国際比較――」(於:鳴門教育大学,2008年7月5日)   2008年7月5日   
「学力論議の現在」
石井英真
教育目標・評価学会,第18回大会,課題研究Ⅰ「学校教育において能力をどう語るか――PISA以後――」(於:大阪経済大学,2007年12月1日)   2007年12月1日   

競争的資金等の研究課題