TANAKA Yasuhito

J-GLOBAL         Last updated: Dec 11, 2018 at 18:06
 
Avatar
Name
TANAKA Yasuhito
Affiliation
Nagoya City University
Section
Graduate School of Medical Sciences Department of Virology
Job title
Professor

Research Interests

 
 

Academic & Professional Experience

 
Nov 1999
 - 
Jul 2001
Visiting Fellow, National Institute of Health USA (NIH)
 
Oct 2009
 - 
Today
Professor, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences
 
Oct 2009
 - 
Today
Director, Division of Clinical Laboratory, Nagoya City University Hospital
 

Education

 
 
 - 
1991
Faculty of Medicine, Nagoya City University
 

Awards & Honors

 
2007
APASL Presidential Award
 

Published Papers

 
Murata Y, Kawashima K, Sheikh K, Tanaka Y, Isogawa M
Journal of virology   92(21)    Nov 2018   [Refereed]
Hsu YC, Jun T, Huang YT, Yeh ML, Lee CL, Ogawa S, Cho SH, Lin JT, Yu ML, Nguyen MH, Tanaka Y
Alimentary pharmacology & therapeutics   48(10) 1128-1137   Nov 2018   [Refereed]
Raksayot M, Chuaypen N, Khlaiphuengsin A, Pinjaroen N, Treeprasertsuk S, Poovorawan Y, Tanaka Y, Tangkijvanich P
Journal of gastroenterology      Nov 2018   [Refereed]
Hsu YC, Nguyen MH, Mo LR, Wu MS, Yang TH, Chen CC, Tseng CH, Tai CM, Wu CY, Lin JT, Tanaka Y, Chang CY
Alimentary pharmacology & therapeutics      Nov 2018   [Refereed]
Matsuura K, Aizawa N, Enomoto H, Nishiguchi S, Toyoda H, Kumada T, Iio E, Ito K, Ogawa S, Isogawa M, Alter HJ, Tanaka Y
Open forum infectious diseases   5(11) ofy268   Nov 2018   [Refereed]
Itokawa N, Atsukawa M, Tsubota A, Ikegami T, Shimada N, Kato K, Abe H, Okubo T, Arai T, Iwashita AN, Kondo C, Mikami S, Asano T, Matsuzaki Y, Toyoda H, Kumada T, Iio E, Tanaka Y, Iwakiri K
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology      Oct 2018   [Refereed]
Kusumoto S, Arcaini L, Hong X, Jin J, Kim WS, Kwong YL, Peters MG, Tanaka Y, Zelenetz AD, Kuriki H, Fingerle-Rowson G, Nielsen T, Ueda E, Piper-Lepoutre H, Sellam G, Tobinai K
Blood      Oct 2018   [Refereed]
Iio E, Matsuura K, Shimada N, Atsukawa M, Itokawa N, Abe H, Kato K, Takaguchi K, Senoh T, Eguchi Y, Nomura H, Yoshizawa K, Kang JH, Matsui T, Hirashima N, Kusakabe A, Miyaki T, Fujiwara K, Matsunami K, Tsutsumi S, Iwakiri K, Tanaka Y
Journal of gastroenterology      Oct 2018   [Refereed]
Wakasugi H, Takahashi H, Niinuma T, Kitajima H, Oikawa R, Matsumoto N, Takeba Y, Otsubo T, Takagi M, Ariizumi Y, Suzuki M, Okuse C, Iwabuchi S, Nakano M, Akutsu N, Kang JH, Matsui T, Yamada N, Sasaki H, Yamamoto E, Kai M, Sasaki Y, Sasaki S, Tanaka Y, Yotsuyanagi H, Tsutsumi T, Yamamoto H, Tokino T, Nakase H, Suzuki H, Itoh F
Cancer letters   434 91-100   Oct 2018   [Refereed]
Chuaypen N, Chittmittraprap S, Pinjaroen N, Sirichindakul B, Poovorawan Y, Tanaka Y, Tangkijvanich P
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   48(11) 872-881   Oct 2018   [Refereed]

Misc

 
五十川正記, 田中靖人
月刊メディカル・サイエンス・ダイジェスト   44(7) 344‐349   Jul 2018
佐野まゆ美, 五藤孝秋, 大根久美子, 大池知行, 佐藤茂, 井上貴子, 田中靖人
臨床化学   47 311   Jul 2018
田尻仁, 高野智子, 藤井洋輔, 伊藤嘉規, 田中英夫, 細野覚代, 田中靖人, 羽鳥麗子, 中山佳子, 杉山真也, 乾あやの, 小松陽樹, 村上潤, 工藤豊一郎, 鈴木光幸, 虻川大樹, 惠谷ゆり, 三善陽子, 要藤裕孝, 四柳宏
日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌   32(1) 9‐14   Apr 2018
田中靖人
臨床とウイルス   46(2) S10‐S11   Apr 2018
松波加代子, 松波加代子, 田中靖人
週刊日本医事新報   (4902) 28‐36   Apr 2018
【B型肝炎診療の最前線】 B型肝炎の診療ガイドライン HBV再活性化も含めて
松波 加代子, 田中 靖人
日本医事新報   (4902) 28-36   Apr 2018
<POINT>▼B型慢性肝炎における抗ウイルス療法の目標は、肝炎の活動性と肝線維化進展の抑制による慢性肝不全の回避ならびに肝発癌の抑制である▼抗ウイルス療法の短期目標は、(1)ALT持続正常化(30U/L以下)、(2)HBe抗原陰性かつHBe抗体陽性、(3)HBV-DNA増殖抑制の3項目であり、長期目標はHBs抗原消失である▼2017年にテノホビルジソプロキシル(TDF)のプロドラッグであるテノホビルアラフェナミド(TAF)が承認され、TDFからTAFに切り替えることで腎機能障害や骨密度低...
【肝癌-診断・治療の最新知見-】 肝癌リスク遺伝子
松浦 健太郎, 田中 靖人
日本臨床   76(2) 164-168   Feb 2018
五十川正記, 田中靖人
Mebio   35(1) 4‐13   Jan 2018
田中靖人, 乾あやの, 森屋恭爾, 江口有一郎, 四柳宏
肝臓   59(6) 259‐263(J‐STAGE)   2018
肝疾患の新展開 B型肝炎ウイルス再活性化 現状と当院での取り組み
井上 貴子, 新海 登, 田中 靖人
臨床病理   65(12) 1291-1298   Dec 2017
電子カルテを応用したB型肝炎ウイルス再活性化予防システムの改良
井上 貴子, 五藤 孝秋, 大池 知行, 可児 里美, 佐藤 茂, 菊池 祥平, 田中 靖人
臨床病理   65(補冊) 207-207   Oct 2017
【甲状腺ホルモンと関連疾患】 甲状腺ホルモンと肝機能障害
井上 貴子, 田中 靖人
日本甲状腺学会雑誌   8(2) 193-206   Sep 2017
肝臓は代謝・合成の中心的な臓器で甲状腺ホルモンの影響を受けやすく、甲状腺ホルモンが正常に機能するためには肝機能も正常である必要があり、肝臓と甲状腺は密接に関連している。甲状腺中毒症では肝細胞の代謝が亢進し、甲状腺機能低下症では代謝の低下から胆汁うっ滞が生じ、ともに肝機能障害の原因となる。自己免疫性肝炎・原発性胆汁性胆管炎・非アルコール性脂肪性肝疾患・C型慢性肝炎では甲状腺機能異常の合併が多く、肝硬変に至ればさらに増加する。C型慢性肝炎をインターフェロン(IFN)-αで治療する際は、IFN誘...
【ここまで変わったC型肝炎の治療】 治療効果を規定する要因 DAA治療における宿主要因の意義
松浦 健太郎, 田中 靖人
最新医学   72(9) 1280-1284   Sep 2017
C型慢性肝疾患に対するIFNを基本とした治療の効果には,さまざまなウイルス因子,IL28B遺伝子多型をはじめとした宿主因子が関連することが報告されてきた.現在,主流であるDAAs併用療法により,これまで難治例とされていた高齢,肝線維化進展,IL28B遺伝子型が治療抵抗型の患者においても極めて高いHCV排除率が得られるようになった.(著者抄録)
【ウイルス肝炎のすべて】 ウイルス肝炎総論 ウイルス肝炎研究におけるGWASの意義
松浦 健太郎, 田中 靖人
医学のあゆみ   262(14) 1233-1238   Sep 2017
近年、網羅的な一塩基多型(SNP)のタイピング技術が飛躍的に進歩し、ゲノムワイド関連分析法(GWAS)を用いることにより、肝疾患領域においても治療・病態に関連する遺伝要因が明らかにされている。著者らは、C型慢性肝疾患に対するインターフェロン(IFN)治療効果にきわめて強く関連するIL28B遺伝子多型を同定し、後の実臨床、新規薬剤の開発に大きく貢献した。そのほかにも、GWASにより、IFN治療の副作用、B型・C型肝炎の臨床経過に影響を及ぼす遺伝子多型が同定されている。本稿ではこれらの概要と、...
HCV排除後のHBV再活性化はどのようにして起こるか? IFNフリー治療での発生が目立つ。抗ウイルス活性の減弱などが原因として考えられる
田中 靖人
日本医事新報   (4869) 62-62   Aug 2017
最近のC型肝炎治療 C型肝炎撲滅を目指して
田中 靖人
明日の臨床   29(1) 13-18   Jun 2017
最近のC型肝炎治療について概説した。C型慢性肝疾患の治療は2004年に承認されたペグインターフェロン(PEG-IFN)/リバビリン(RBV)併用療法によって格段に進歩した。2010年にはIL28Bの遺伝子診断によるインターフェロン効果の予測評価が新規先制医療に認可され、治療前に遺伝子型を測定することで高確率に治療効果を予測し、治療適応を判断できるようになった。そして近年、Direct Acting Antivirals(DAAs)の登場によりC型肝炎ウイルス(HCV)に対する治療効果は飛躍...
【激変する肝疾患診療の現状】 ウイルス性肝炎の診療 B型肝炎の再活性化とその対策
楠本 茂, 田中 靖人
臨牀と研究   94(5) 545-551   May 2017

Conference Activities & Talks

 
松波加代子, 飯尾悦子, 飯尾悦子, 松浦健太郎, 松浦健太郎, 藤原圭, 野尻俊輔, 田中靖人
肝臓   20 Sep 2018   
新海登, 熊田卓, 田中靖人
肝臓   20 Sep 2018   
大西雅也, 大西雅也, 五十川正記, 田中靖人
肝臓   20 Sep 2018   
飯尾悦子, 松浦健太郎, 田中靖人
肝臓   20 Sep 2018   
葉山惟信, 厚川正則, 近藤千紗, 豊田秀徳, 高口浩一, 魚嶋晴紀, 渡邊網正, 島田紀朋, 三上繁, 加藤慶三, 安部宏, 小川力, 飯尾悦子, 田中靖人, 熊田卓
肝臓   20 Sep 2018   

Research Grants & Projects

 
実用化に向けたB型肝炎新規治療薬の探索及び最適化
AMED: B型肝炎創薬実用化等研究事業
Project Year: 2017 - 2021    Investigator(s): Yasuhito Tanaka
日本と台湾の大規模コホートにおけるC型肝癌及び排除後肝癌に寄与する遺伝要因の解明
JSPS: 二国間交流事業
Project Year: 2017 - 2018    Investigator(s): Yasuhito Tanaka
B型肝炎根絶を目指した安全な新規免疫療法の開発
JSPS: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
Project Year: 2016 - 2018    Investigator(s): Yasuhito Tanaka
C型肝炎の新たな治療関連因子及び治癒後の病態進展・改善に関連する宿主因子等の同定を目指したゲノムワイド研究
AMED: 肝炎等克服緊急対策研究事業
Project Year: 2016 - 2018    Investigator(s): Yasuhito Tanaka
B型肝炎ウイルスの持続感染を再現する効率的な培養細胞評価系の開発に関する研究
MHLW: B型肝炎創薬実用化等研究事業
Project Year: 2012 - 2016    Investigator(s): Yasuhito Tanaka

Social Contribution

 
愛知県肝炎患者医療給付事業認定審査会構成員
[]  行政  (愛知県庁および名古屋市立大学)  1 Apr 2011 - Today
愛知県肝炎患者医療給付事業認定審査会において、受給者の認定を行う。
愛知県肝疾患診療連携拠点病院等連絡協議会 構成員
[]  行政  (愛知県庁および名古屋市立大学)  1 Apr 2012 - 31 Mar 2013
愛知県肝疾患診療連携拠点病院等連絡協議会開催時に構成員として参加する。
平成24年度第1回都道府県肝疾患診療連携拠点病院間連絡協議会 構成員
[]  行政  (国立国際医療研究センター病院)  13 Jul 2012 - 13 Jul 2012
平成24年度第1回都道府県肝疾患診療連携拠点病院間連絡協議に構成員として参加する。
平成24年度第2回都道府県肝疾患診療連携拠点病院間連絡協議会 構成員
[]  行政  (国立国際医療研究センター病院)  18 Jan 2013 - 18 Jan 2013
平成24年度第2回都道府県肝疾患診療連携拠点病院間連絡協議に構成員として参加する。
福祉施設嘱託医師
[]  行政  (名古屋市立大学桜山キャンパス)  1 Apr 2012 - 31 Mar 2013
自立支援医療(更生医療)判定及び障害程度審査委員会委員