ITO Shinsuke

J-GLOBAL         Last updated: Nov 12, 2019 at 02:50
 
Avatar
Name
ITO Shinsuke
Affiliation
Chuo University
Section
Faculty of Economics
Job title
Professor
Research funding number
90363316

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2003
 - 
Mar 2004
九州大学大学院経済学研究院助手
 
Apr 2005
 - 
Mar 2007
独立行政法人日本学術振興会特別研究員(PD)
 
Apr 2007
 - 
Mar 2012
明海大学経済学部専任講師
 
Apr 2012
 - 
Mar 2014
明海大学経済学部准教授
 
Apr 2014
 - 
Mar 2017
中央大学経済学部准教授
 

Education

 
Apr 1993
 - 
Mar 1997
経済学科, Faculty of Economics, Kyushu University
 
Apr 1997
 - 
Mar 2000
経済学専攻, Graduate School, Division of Economics, Kyushu University
 
Apr 2000
 - 
Mar 2003
国際経済経営専攻, Graduate School of Economics and Its Department, Kyushu University
 

Published Papers

 
The Potential of Anonymization Methods for Creating Detailed Geographical Data in Japan
Shinsuke Ito and Masayuki Terada
Paper presented at Joint UNECE/Eurostat Work Session on Statistical Data Confidentiality, The Hague, Netherlands   1-14   Oct 2019
保有不動産・金融資産と就業との関係―全国消費実態調査の宅地単価に着目して―
伊藤伸介・出島敬久・村田磨理子
日本統計学会誌   48(2) 147-175   Mar 2019   [Refereed]
世代特性から見た生活行動と生活時間の関連性についての実証分析
伊藤伸介
社会科学研究   70(2) 5-29   Mar 2019
わが国における家計の資産構成が子供の就業選択に与える効果
伊藤伸介・出島敬久
経済学論纂   59(5・6合併) 151-174   Mar 2019
匿名化された公的統計ミクロデータの作成における攪乱的手法の有効性の評価
伊藤伸介・星野なおみ・阿久津文香・菊池亮
経済学論纂   59(1・2合併) 37-60   Sep 2018

Misc

 
公的統計ミクロデータの利活用の動向とわが国における課題
伊藤伸介
統計   (2018.6) 13-18   Jun 2018
世代から見た就業に関する意識の様相について
伊藤伸介
統計   (2017.12) 57-60   Dec 2017
わが国における雇用状況と就業・転職意識の動向
伊藤伸介
統計   (2017.7) 14-19   Jul 2017
わが国における外国人の就業特性について
伊藤伸介
統計   (2016.10) 47-51   Oct 2016
地域特性から見た小売店舗の立地状況について
伊藤伸介
統計   (2016.4) 20-24   Apr 2016

Books etc

 
Privacy in Statistical Databases: UNESCO Chair in Data Privacy, International Conference, PSD 2018, Valencia, Spain, September 26–28, 2018, Proceedings
Josep Domingo-Ferrer and Francisco Montes (Part:Joint Work, Comparative Study of the Effectiveness of Perturbative Methods for Creating Official Microdata in Japan)
Springer   Jul 2018   
Privacy in Statistical Databases: UNESCO Chair in Data Privacy, International Conference, PSD 2016, Dubrovnik, Croatia, September 14–16, 2016, Proceedings
Josep Domingo-Ferrer and Mirjana Pejić-Bach (Part:Joint Work, Empirical Analysis of Sensitivity Rules:Cells with Frequency Exceeding 10 that should be Suppressed Based on Descriptive Statistics,Creating an 'Academic Use File' Based on Descriptive Statistics)
Springer   Jul 2016   
『ドイツにおけるミクロ統計データの匿名化の条件と開示状況』,平成8~10年度文部省科学研究費補助金:重点領域『統計情報活用のニューフロンティア』A02 ミクロデータ利用の社会制度上の問題―資料:Nr.4
濱砂敬郎 監訳・伊藤伸介訳 (Part:Joint Translation)
法政大学日本統計研究所   May 1997   

Conference Activities & Talks

 
人文社会科学データの共有に向けての取り組みと課題
朝岡誠・前田幸男・伊藤伸介・船守美穂・林正治・山地一禎
第92回日本社会学会大会   6 Oct 2019   
海外における公的統計ミクロデータと行政記録情報の利活用に関する展開方向
伊藤伸介
2019年度統計関連学会連合大会   12 Sep 2019   
詳細な地域データにおける秘匿処理の適用可能性について
伊藤伸介・寺田雅之
2019年度統計関連学会連合大会   12 Sep 2019   滋賀大学
デンマークとオランダにおける医療健康データの二次利用について
伊藤伸介
2019年度統計関連学会連合大会   12 Sep 2019   
わが国におけるデータカタログの整備に向けて─現状とこれからの課題─
前田幸男・伊藤伸介
2019年度統計関連学会連合大会   9 Sep 2019