UESUGI Kazuhiro

J-GLOBAL         Last updated: Sep 21, 2019 at 13:31
 
Avatar
Name
UESUGI Kazuhiro
Affiliation
Kyoto Prefectural University
Section
Faculty of Letters

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Selling the Naval Ports: Modern-Day Maizuru and Tourism
UESUGI Kazuhiro
Japan Review   33 219-246   Mar 2019   [Refereed]
Uesugi Kazuhiro
Japanese Journal of Human Geography   70(4) 457-476   2018
<p>The inscription of past memories in landscapes requires a historical and geographical perspective. As Okinawa is where the battle of Okinawa took place in 1945, it is a suitable place to understand such landscapes. Most studies on war commemora...

Misc

 
上杉 和央
Japanese Journal of Human Geography   71(2) 202-203   2019
Onodera Atsushi, Masuko Kazuo, Uesugi Kazuhiro, Nozumi Masayoshi, Chiba Mayumi, Ishii Tomoko, Iwama Kinuyo, Nagayama Misaki
Proc. Ass. Jpn. Geogr.   2015(0)    2015
<br>&nbsp; 長久保赤水(1717-1801)は,安永8年(1779)に「改正日本輿地路程全図」 天明5年(1785)に「地球萬国山海輿地全図説」,に「大清広輿図」などを刊行した地図製作者である。長久保赤水が編集した地図は「赤水図」と呼ばれ,江戸時代中期における最もポピュラーな地図として版を重ねた。編集図は,様々な文献や地図をもとに編集して地図を作製したと想定されているが,いかなる文献,いかなる地図を参考にしたかなど,具体的な地図作製過程については不分明な点が多い。そこで,本科学研...
小野田 一幸, 上杉 和央
人文地理 = Japanese journal of human geography   67(5) 439-441   2015
Uesugi Kazuhiro
ABSTRACTS of the Annual Meeting, The Human Geographical Society of Japan   2013(0) 130-131   2013
文化的景観を所管する行政担当者に対するアンケート調査を実施し、文化的景観に取り組む際、どのような専門分野の専門家に調査や委員を依頼するかを尋ねた。その結果から、文化的景観行政における地理学の認知度をさぐる。
UESUGI Kazuhiro
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2011(0) 100017-100017   2011
This paper shows the city plannning of Maizuru, one of Japanese Naval-Base city, after the 1990's. In the end of the 1980's, some citizens found that the red-brick buildings in Maizuru built by Japanese Naval before 1945 had some kind of the power...
UESUGI Kazuhiro
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2008(0) 51-51   2008
<BR>1.「慰霊空間の中心」<BR> 沖縄本島南部に位置する糸満市は,沖縄戦最期の激戦地として著名であり,摩文仁ヶ丘を中心とした一帯は「慰霊空間の中心」として整備されている。この一帯が「慰霊空間の中心」として位置づけられたプロセスについて,主に琉球政府や沖縄遺族連合会による公的なコメモレイションの場の創出と,戦後復興の柱としての観光地整備という側面からは,既に明らかにした(上杉 2006)。今回は,現地調査の結果をもとに,政府や産業界,遺族連合会が南部戦跡整備に動いていた同...
上杉 和央
The Journal of history   90(4) 646-652   Jul 2007
UESUGI Kazuhiro, MURANAKA Akio, HANAOKA Kazumasa, HANIBUCHI Tomoya
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   (69)    Mar 2006
UESUGI Kazuhiro, MURANAKA Akio, HANAOKA Kazumasa, HANIBUCHI Tomoya
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2006(0) 50-50   2006
近年,空間や場所をめぐる様々な理論や概念が学界内に溢れかえっている。このような洪水状態を前に,何から手をつけてよいのか分からず,ただ呆然と立ち尽くす者は,おそらく発表者らだけではないと思われる。本発表では,空間論や場所論をめぐる思想家とそのキーワードとの関係を分析し,現在の(空間論や場所論といった)思想的潮流にはどのような特徴があるのか,そしてそれらがどのような関係にあるのか,見取図を作り,理解を深めることにした。<BR> 主要な思想家およびキーワードを選択するには,いくつかの方法が挙げら...
UESUGI Kazuhiro, HAMAI Kazufumi
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   (68)    Sep 2005
UESUGI Kazuhiro, HAMAI Kazufumi
Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2005(0) 74-74   2005
1.「墓標の島」 戦後,沖縄は「墓標の島」と例えられることがあった。「墓標」もさることながら,20万人とも推計される沖縄戦戦没者の慰霊碑が各地に建立された状況に由来するこの比喩は,戦後沖縄を象徴する1つの「モニュメント」である。2005年は戦後60年目にあたるが,この期間における沖縄の歴史地理を見る際,「墓標の島」への着目,言い換えるならば,遺骨の収集から納骨,納骨堂や慰霊碑の建立,慰霊祭の挙行といった「戦没者」(過去)に対する「生(存)者」(現在)の営みやその変容過程に対する着目は,ひと...
UESUGI Kazuhiro
ABSTRACTS of the Annual Meeting, The Human Geographical Society of Japan   2005(0) 17-17   2005
本発表は,大坂天満宮の祝部渡辺吉賢(1703-?)を特に取り上げ,彼がどのような知的交流を行い,その中で地図がどのような役割を果たしていたのかについて検討する。主に取り上げる資料は,現在大阪歴史博物館に所蔵されている旧渡辺吉賢所蔵地図(奥田コレクション)である。<BR> 調査の結果,吉賢が交流があった人物として木村蒹葭堂や平賀源内(国学者)などが確認された。彼らは物産会を通じた交流であり,その中で地図を交換していたりした。また,地図を通じた交流として森幸安,宇野宗明(町人),久保重宜(庄屋...
UESUGI Kazuhiro
ABSTRACTS of the Annual Meeting, The Human Geographical Society of Japan   2004(0) 12-12   2004
MORI Kohan (1701-?) has been famous as a cartographer in Edo era. Actually he drew over 300 maps, but he didn't make only maps in his life. Before becoming a cartographer, he wrote some topographies, such as Sansyu-sen and Kosyu-syoyo-sen which ar...
上杉 和央
The Journal of history   86(2) 275-280   Mar 2003
個人情報保護のため削除部分あり
Uesugi Kazuhiro
ABSTRACTS of the Annual Meeting, The Human Geographical Society of Japan   2002(0) 12-12   2002
<BR>  本居宣長(1730年から1801年)は国学者として著名である.彼は,まだ学問世界に身を置く23歳よりも以前から,多くの書物を読んでいるが,同じ頃,地図とも戯れていたことはほとんど知られていない.宣長は,15歳から23歳にかけて,6枚の地図を作製しているが,それらは既存図の単なる模写ではなく,彼独自の地理認識が表現されたものとなっている.その中でも,特に異彩を放っているのが「端原氏城下絵図」(本居宣長記念館蔵)と称される作品である.<BR>  この図には端原氏の治める城下町が描か...
UESUGI Kazuhiro
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   59    2001