宮田 譲

J-GLOBALへ         更新日: 12/12/17 09:25
 
アバター
研究者氏名
宮田 譲
 
ミヤタ ユズル
URL
http://pm.hse.tut.ac.jp/kakenA
所属
豊橋技術科学大学
部署
大学院工学研究科 建築・都市システム学系
職名
教授
学位
学術博士(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1993年
 北海道大学大学院環境科学研究科 助手
 
1994年
 - 
1995年
 釧路公立大学経済学部 助教授 
 
1996年
 - 
1997年
 豊橋技術科学大学工学部 助教授
 
1998年
 - 
2007年
 豊橋技術科学大学工学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
北海道大学 環境科学研究科 環境計画学専攻
 
 
 - 
1978年
北海道大学 理学部 数学科
 

委員歴

 
2012年6月
 - 
現在
日本環境共生学会  表彰委員会委員
 
2012年6月
 - 
現在
日本環境共生学会  学術編集委員長
 
1988年4月
 - 
1990年3月
(2)北海道中期経済モデル策定調査委員会委員(北海道,1988年4月~1990年3月)
 
1989年4月
 - 
1990年3月
(3)北海道観光経済調査委員会委員(北海道開発局,1989年4月~1990年3月)
 
1992年4月
 - 
1994年3月
(4)ロシア極東経済年鑑作成専門委員(ロシア科学アカデミー極東支部経済研究所・笹川平和財団,1992年4月~1994年3月)
 

受賞

 
2005年
日本環境共生学会論文賞:Interregional Analysis of the Environmental Tax on SO2 Emissions in China
 
2002年
日本地域学会論文賞:環境・経済統合勘定と一般均衡分析適用に関する研究
 
1990年
土木学会北海道支部奨励賞:地域人口分布の自己組織化理論
 
 
日本環境共生学会 <環境共生学術賞>論文賞
受賞者: 宮田 譲,渋澤博幸
 

Misc

 
A System Dynamics Model Framework for Examining Measures for Promoting Population Migration to Rural Areas in Japan
金野 隆・大貝 彰・宮田 譲・谷 武・Emanuel LELEITO
Proceedings of the 7th International Symposium on City Planning and Environmental Management in Asian Countries, Asian Urban Research Group, Fukuoka, Japan      2010年
Integrating Commodity and Labor Flows into Monocentric City over a Two Dimensional Continuous Space
宮田 譲
Studies in Regional Science   Vol.38 印刷中   2009年
Evaluating Impacts of a Disaster in the Tokai Region of Japan: A Dynamic Spatial CGE Model Approach
渋澤博幸・山口 誠・宮田 譲
Studies in Regional Science   Vol.39 印刷中   2009年
Analysis of Illegal Settlements in Flood Prone Areas in Central Kalimantan Province, Indonesia -A Two Dimensional Urban Economic Modeling Approach-
Indrawan Permana・宮田 譲・渋澤博幸
Paper Presented at 56th Annual North American Meetings of the Regional Science Association International, San Francisco, United States      2009年
Interrcity Computable General Equilibrium Analysis of San-En-Nanshin Region in Japan
Hossain Nahid・Ha Thi Thu Trang・宮田 譲・渋澤博幸
Paper Presented at 56th Annual North American Meetings of the Regional Science Association International, San Francisco, United States      2009年

書籍等出版物

 
展望 21世紀の人と環境
三共出版株式会社   1994年   
共に地域をつくる 政策研究シリーズ10
北海道自治研究所   1995年   
An Intertemporal General Equilibrium Analysis of CO2 Emissions in Japan, in Theories of Regional Competition ed. by Roy, J. and Schulz, W., pp.88-107
Nomos Publishers, Baden­Baden   2001年   
「環境問題と経済学」,「社会科学の学び方」第6章,pp.107-135
朝倉書店   2001年   

講演・口頭発表等

 
道路整備効果計測
平成21年度「県境を跨ぐエコ地域づくり戦略プラン」第1回幹事会,県境を跨ぐエコ地域づくり戦略プラン研究会   2009年   
県境連携による持続可能な地域マネジメントを考える -三遠南信をフィールドにした学際的研究成果から-
日本不動産学会平成21年度秋季全国大会シンポジウム(パネラー)   2009年   
道路整備効果計測
県境を跨ぐエコ地域づくり戦略プラン研究会外部評価会   2009年   
広域幹線道路網整備の便益計測に関する実証的検討
土木学会中部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM   2009年   
広域幹線道路網整備を対象とした経済波及効果計測における均衡交通量配分モデルの検討
土木学会中部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM   2009年   

Works

 
「三遠地域における道路整備による交通-経済-環境-土地利用変化の計測」,平成21年3月,県境を跨ぐエコ地域づくり戦略プラン平成20年度研究成果報告書,pp.44-51,県境を跨ぐエコ地域づくり戦略プラン研究会
2009年
「大学教育の国際化加速プログラム 海外先進教育研究実践支援(教育実践型)-企業経営を担う技術者養成システムの設計-報告書」,平成21年3月,豊橋技術科学大学
2009年
「目で見る微分方程式 -微分方程式は楽しい-」,平成21年3月,平成20年度スーパーサイエンスハイスクール豊橋技術科学大学実験実習講座~百聞は一験に如かず~成果報告書,pp.216-221,愛知県立時習館高等学校,指導・協力:国立大学法人豊橋技術科学大学
2009年
「動学的多地域階層システムに基づく都市地域再生政策評価モデルに関する研究」,平成21年3月,日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B),平成17年度~平成20年度研究成果報告書
2009年
「平成20年度道路整備による経済波及効果計測手法の開発報告書」,平成21年3月,国土交通省中部地方整備局東海幹線道路調査事務所,豊橋技術科学大学
2009年

競争的資金等の研究課題

 
環境を考慮したコンパクトシティに関する研究
地球環境研究総合推進費
研究期間: 2001年 - 2003年
環境保全を重視した都市のあり方を,応用一般均衡モデルを用いて考察する。
交通を考慮した新たな地域総合環境評価モデルの開発
科学研究費補助金
研究期間: 2007年   
二酸化炭素,窒素,リンなどの循環を考慮した空間経済モデルを作成し,環境負荷の最小化とアメニティの向上の可能性を探る。
道路整備による経済波及効果計測手法の検討
委託研究
研究期間: 2006年   
道路整備による経済効果を,空間経済モデルによって計測する。
平面上の都市経済モデル
科学研究費補助金
研究期間: 2006年   
平面上での都市形成を偏微分方程式を用いて分析する。
環境共生型都市の動学的経済評価
科学研究費補助金
研究期間: 2004年 - 2006年
帯広都市圏を対象として,廃棄物リサイクルと持続的発展の関係を,動学的応用一般均衡モデルを用いて分析する。