論文

査読有り
2020年1月

トンネル覆工コンクリートの漏水に伴うカルシウム溶出現象の解明

地下空間シンポジウム論文・報告集
  • 普照 遥
  • ,
  • 木村 定雄
  • ,
  • 大嶋 俊一

25
開始ページ
18
終了ページ
26
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
出版者・発行元
土木学会

山岳トンネルの覆工の目地部においてコンクリートがはく離する変状は,コンクリート中のひび割れが進行して生じるものだと考えられている.筆者らは,とくにひび割れとともに発生する地下水の流れによって,流水面からカルシウムが溶出し,セメント硬化体の Ca/Si モル比が低下することで,強度低下が生じ,コンクリート中のひび割れ進展が促進されると考え,カルシウム溶出とひび割れ進展の関係の仮説を立てた.本研究では,水中に溶出するカルシウムの分析手法を提案し,その有効性を検証した.

エクスポート
BibTeX RIS