中川 晴夫

J-GLOBALへ         更新日: 15/03/05 13:58
 
アバター
研究者氏名
中川 晴夫
 
ナカガワ ハルオ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/b5aa2f40bc3918de073808e5acb8837c.html
学位
医学博士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東北大学 大学院医学系研究科 医科学専攻 外科病態学講座 泌尿器科学分野 准教授
 
2012年
   
 
- 東北大学大学院医学系研究科 准教授
 
2006年
 - 
2012年
東北大学病院 講師
 
2003年
 - 
2006年
東北大学病院 助手(院内講師)
 
2001年
 - 
2003年
東北大学病院 助手
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東北大学 医学部 
 

委員歴

 
2012年
   
 
日本泌尿器科学会  代議員
 
2009年
   
 
日本Endourology・ESWL学会  評議員
 
2007年
   
 
日本排尿機能学会  評議員
 
2005年
   
 
日本脊髄障害医学会  評議員
 
2003年
   
 
日本性機能学会  評議員
 

受賞

 
2011年
三井住友海上福祉財団賞
 
2010年
Best of Posters of Annual Meeting AUA
 
2008年
Award for Innovative Research Presented on Nocturnal Voiding Problems: ICS
 
2008年
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会賞
 

Misc

 
超音波断層法による前立腺診断(第47報) 経直腸的バイプレーンプローブ使用時のゴムカフによるアーチファクトの検討
中川晴夫, 他
日本超音波医学会53回研究発表会講演論文集   235-236   1988年
並木 俊一, 石戸谷 滋人, 伊藤 明宏, 海法 康裕, 齋藤 英郎, 山田 成幸, 三塚 浩二, 山下 慎一, 中川 晴夫, 荒井 陽一
Japanese Journal of Endourology   26(2) 252-256   2013年
仙骨表面治療的電気刺激法が根治的前立腺摘除術後早期の勃起機能に与える効果
高柳 明夫, 小林 皇, 松木 雅裕, 松田 洋平, 橋本 浩平, 舛森 直哉, 塚本 泰司, 山下 慎一, 海法 康裕, 中川 晴夫, 荒井 陽一
日本性機能学会雑誌   28(2) 89-94   2013年
【前立腺癌】 人工尿道括約筋
中川晴夫、海法康裕、荒井陽一
排尿障害プラクティス   21(2) 149-154   2013年
Yamada, Shigeyuki Saito, Hideo Ohara, Shinya Yamashita, Shinichi Mitsuzuka, Koji Namiki, Shunichi Miyazato, Minoru Kaiho, Yasuhiro Ito, Akihiro Nakagawa, Haruo Ishidoya, Shigeto Arai, Yoichi
Jpn J Clin Oncol      2013年

書籍等出版物

 
元気!健康!フェア よくわかる医療と健康の最新情報2013
河北新報社   2013年   
ベッドサイド泌尿器科
南光堂   2013年   
腎疾患治療薬マニュアル2013-14 腎疾患に対する薬剤の使用方法
東京医学社   2013年   
今日からの排尿ケアが変わる 排尿管理の技術Q&A
メディカ出版   2010年   
ここが聞きたい 泌尿器科外来における対処と処方
医学書院   2010年   

講演・口頭発表等

 
イブニングセミナー 「過活動膀胱と夜間頻尿〜その原因と対策〜」
日本泌尿器科学会東部総会   2013年   
地域在住高齢者における下部尿路症状と中途覚醒頻度の関係
日本排尿機能学会   2013年   
前立腺全摘除術後の鼠径ヘルニア発症に排尿が関与する
日本排尿機能学会   2013年   
TAKE HOME MESSAGE(臨床部門)
日本排尿機能学会   2013年   
ランチョンセミナー 「東日本大震災での体験を踏まえた排泄ケア」
日本排尿機能学会   2013年   

Works

 
高齢者緑茶摂取の夜間頻尿に及ぼすCommunity Based疫学調査と介入研究
2011年 - 2013年
東日本大震災による在宅間欠自己導尿への影響に関する調査研究とその対策
2011年 - 2012年
東日本大震災による在宅間欠自己導尿への影響に関する調査研究とその対策
2011年 - 2012年
夜間頻尿と転倒による骨折、生存率低下との関連に関する研究
2008年 - 2010年
高齢者における夜間頻尿と死亡率増加との関連について —排尿機能に関する疫学調査後の長期経過観察による検討—
2008年 - 2010年