池田 治生

J-GLOBALへ         更新日: 08/03/26 00:00
 
アバター
研究者氏名
池田 治生
 
イケダ ハルオ
URL
http://avermitilis.ls.kitasato-u.ac.jp
所属
北里大学
部署
北里生命科学研究所
職名
教授
学位
薬学博士(北里大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2002年
 - 
2004年
日本放線菌学会  事務局長
 

受賞

 
2000年
住木、梅澤記念賞
 
1999年
日本放線菌学会学会賞
 
1991年
日本放線菌学会奨励賞
 

Misc

 
化学と生物   40(), 694-700    2002年
放線菌の全ゲノム配列決定とその意義
蛋白質拡酸酵素   47(), 1845-1850    2002年
ポストゲノム時代を迎えての放線菌代謝産物研究
ファルマシア   38(), 829-833    2002年
IKEDA H, ISHIKAWA J, HANAMOTO A, SHINOSE M, KIKUCHI H, SHIBA T, SAKAKI Y, HATTORI M, OMURA S
Nature Biotechnology   21(5) 526-531   2003年
LAMB D C, IKEDA H, NELSON D R, ISHIKAWA J, SKAUG T, JACKSON C, OMURA S, WATERMAN M R, KELLY S L
Biochemical and Biophysical Research commumication   307(3) 610-619   2003年

書籍等出版物

 
Macrolide Antibiotics. Chapter5. Biosynthesis, Regulation and Genetics of Macrolide Production
Academic Press   2002年   

Works

 
放線菌のゲノム解析に係る共同研究
1999年
2次代謝産物生合成遺伝子の配列決定と機能解析に関する研究
2003年
放線菌代謝産物のメタボローム解析
2004年

競争的資金等の研究課題

 
放線菌のゲノム解析
その他の研究制度
研究期間: 2000年   
工業微生物の遺伝解析
産業微生物のポストゲノム

特許

 
Selective producer which yields the most effective components in the avermectin complex
JP-53411/1990, US-565,448 (Microorganism's claim), US-998,861 (Process claim), EPC-90308842.5, CA-2023114.9, AU-60201/1990, NZ-234,741
Direct production of 5-oxoavermectin derivatives
JP-344605/1992
New derivatives of avermectins produced by mutant strains
JP-295436/1992