Sagawa, Toru

J-GLOBAL         Last updated: Aug 21, 2019 at 02:50
 
Avatar
Name
Sagawa, Toru
Affiliation
Keio University
Section
Faculty of Letters Department of Humanities and Social Science (Human Relations)
Job title
Associate Professor
Research funding number
70613579

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2011
 - 
Mar 2014
助教, 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科, 京都大学
 
Apr 2010
 - 
Mar 2011
特別研究員PD, 日本学術振興会
 
Nov 2009
 - 
Mar 2010
研究員, アフリカ地域研究資料センター, 京都大学
 
Apr 2009
 - 
Oct 2009
研究員, 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科, 京都大学
 

Education

 
Apr 2000
 - 
Mar 2009
アフリカ地域研究専攻, 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科, Kyoto University
 

Committee Memberships

 
Apr 2019
 - 
Today
Nilo-Ethiopian Studies誌  編集委員(長)
 
Apr 2018
 - 
Mar 2019
日本ナイル・エチオピア学会  選挙管理委員(長)
 
Apr 2017
 - 
Today
日本アフリカ学会  評議員
 
Apr 2016
 - 
Mar 2018
『文化人類学』誌  編集委員
 
Apr 2013
 - 
Mar 2019
Nilo-Ethiopian Studies誌  編集委員
 

Awards & Honors

 
Dec 2013
著書『暴力と歓待の民族誌―東アフリカ牧畜社会の戦争と平和』に対して, 公益信託澁澤民族学振興基金 第40回 澁澤賞
 
May 2012
著書『暴力と歓待の民族誌―東アフリカ牧畜社会の戦争と平和』に対して, 日本アフリカ学会 第24回 研究奨励賞
 
Apr 2011
「東アフリカ牧畜社会における紛争と平和の動態に関する研究」に対して, 日本ナイル・エチオピア学会 第17回 高島賞
 

Published Papers

 
Waiting on a friend: Hospitality and gift to the ‘enemy’ in the Daasanach
Toru Sagawa
Nilo-Ethiopian Studies   23 1-16   2019   [Refereed]
「エチオピアにおける食料安全保障政策と激変する農牧民の生活―大規模開発事業との関係に注目して」
佐川徹
『アフリカ研究』   95 13-25   2019   [Refereed]
「友を待つ―東アフリカ牧畜社会における「敵」への歓待と贈与」
SAGAWA Tooru
『哲学』   140 147-183   2018
Arms availability and violence in the Ethiopia-Kenya-South Sudan borderland
Toru Sagawa
『国際武器移転史』   6 39-44   2018   [Refereed]
「紛争多発地域における草の根の平和実践と介入者の役割―東アフリカ牧畜社会を事例に」
SAGAWA Tooru
『平和研究』   44 1-19   2015   [Refereed]

Misc

 
「現代世界におけるフロンティア空間の動態」
佐川徹
『民博通信』   (164) 10-11   2019
「日常的暴力と日常的平和」松村圭一郎・中川理・石井美保(編)『文化人類学の思考法』
佐川徹
137   2019
「書評:橋本栄莉『エ・クウォス―南スーダン・ヌエル社会における予言と受難の民族誌』」
佐川徹
『アフリカ研究』   95 35-38   2019
「研究手帖 境界をつくらない平和」
佐川徹
現代思想   47(9) 230   2019   [Invited]
「エチオピアの牧畜地域におけるNGOによる平和構築活動」宮脇幸生(編)『NGOとアフリカの市民社会』
SAGAWA Tooru
113-122   2017

Books etc

 
「『男らしさ』を相対化する―ダサネッチの戦場体験」太田至・曽我亨(編)『遊牧の思想―人類学がみる激動のアフリカ』
佐川徹
昭和堂   2019   
「戦争と平和―人はなぜ戦うのか」松村圭一郎・中川理・石井美保(編)『文化人類学の思考法』
佐川徹
世界思想社   2019   
「フィールドワーク論」桑山敬己・綾部真雄(編)『詳論 文化人類学』
SAGAWA Tooru
ミネルヴァ書房   Apr 2018   
「ローカルNGOによる平和構築活動の成果と限界」宮脇幸生(編)『国家支配と民衆の力―エチオピアにおける国家・NGO・草の根社会』
SAGAWA Tooru
大阪公立大学共同出版会   Mar 2018   
「個人を起点に捉える戦いと平和―東アフリカ牧畜社会の事例から」島田周平・上田元(編)『世界地誌シリーズ⑧アフリカ』
SAGAWA Tooru
朝倉書店   2017   

Conference Activities & Talks

 
Land rush and the frontier processes among the Daasanach of southwestern Ethiopia
SAGAWA Tooru
5th African forum ‘Local Knowledge as African Potential’   31 Oct 2015   
Becoming cowardly: Automatic rifles and the change of bodily experiences in East African battlefields
SAGAWA Tooru
XVIII ISA (International Sociological Associatoin) World Congress of Sociology   15 Jul 2014   
Forms of conflict and cooperation among the Daasanach and their neighbors
SAGAWA Tooru
Max-Planck-Institut für Ethnologische Forschung Workshop: Interrelated Conflicts in a Northeast Africa Border Region (Azomia 1)   14 Feb 2013   
Relational networks and peace-making in East African pastoral societies (South Omo)
SAGAWA Tooru
First International Forum on Conflict Resolution and Coexistence through Reassessment and Utilization of "African Potentials”   3 Dec 2011   
After ‘getting drunk with Kalashnikovs’: Violence and spontaneous order in the Kenya-Ethiopia borderland
SAGAWA Tooru
110th Annual Meeting of American Anthropological Association   17 Nov 2011   

Research Grants & Projects

 
Land grabbing and local development in the marginalized society of Africa
MEXT,JSPS: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): 佐川 徹
Since the latter half of the 2000s, external investors have acquired vast areas primarily in the African continent. Ethiopia is one of the main target areas. Some million hectares of land has already been transacted not only to foreign investors, ...