臼杵 陽

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/31 03:28
 
アバター
研究者氏名
臼杵 陽
 
ウスキ アキラ
eメール
usukifc.jwu.ac.jp
URL
http://momi.jwu.ac.jp/shigaku/usuki.html
所属
日本女子大学
部署
文学部 史学科
職名
教授
学位
京都大学博士(地域研究)(京都大学)
科研費研究者番号
40203525

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1995年
佐賀大学教養部 講師・助教授
 
1995年
 - 
2002年
国立民族学博物館地域研究企画交流センター 助教授
 
2002年
 - 
2005年
同センター教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東京大学 総合文化研究科 国際関係論
 
 
 - 
1980年
東京外国語大学 外国語学部 アラビア語学科
 

委員歴

 
 
   
 
理事・事務局長 2000-2006
 
 
   
 
評議員 1998-2002
 

受賞

 
2008年
大同生命地域研究奨励賞
 

論文

 
中東の語り部たち(最終回)戦後知識人の中東(6)加賀乙彦『殉教者』の聖地エルサレム
臼杵 陽
究:ミネルヴァ通信   (86) 40-43   2018年6月
中東の語り部たち(47)戦後知識人の中東(5)加賀乙彦の描くガリラヤでのペトロ岐部
臼杵 陽
究:ミネルヴァ通信   (86) 40-43   2018年5月
中東の語り部たち(46)戦後知識人の中東(4)ペトロ岐部と加賀乙彦の信仰
臼杵 陽
究:ミネルヴァ通信   (85) 40-43   2018年4月
中東の語り部たち(44)戦後知識人の中東(2)遠藤周作と「受難」
臼杵 陽
究:ミネルヴァ通信   (83) 40-43   2018年2月
中東の語り部たち(43)戦後知識人の中東観(1)遠藤周作のエルサレム観
臼杵 陽
究:ミネルヴァ通信   (82) 40-43   2018年1月

書籍等出版物

 
「中東」の世界史 : 西洋の衝撃から紛争・テロの時代まで
臼杵 陽
作品社   2018年8月   
パレスチナを知るための60章
臼杵 陽・鈴木啓之 編著
明石書店   2016年   
世界史の中のパレスチナ問題
臼杵 陽
講談社   2013年   
シオニズムの解剖―現代ユダヤ世界におけるディアスポラとイスラエルの相克
臼杵陽監修、赤尾光春・早尾貴紀編
人文書院   2011年10月   
双方の視点から描く パレスチナ/イスラエル紛争史
ダン・コンシャーボク、ダウド・アラミー著、臼杵 陽 (監修、 翻訳)
岩波書店   2011年3月   

講演・口頭発表等

 
イスラームにおける戦争-戦時期日本とパレスチナを結ぶ視座-
臼杵 陽
筑波大学北アフリカ地域研究センター主催公開講演会   2007年12月6日   筑波大学北アフリカ地域研究センター
アジア主義とイスラームのはざまで-大川周明を中心に
臼杵 陽
「アジア主義研究会」第二回シンポジウム   2008年12月2日   アジア太平洋研究センター
パレスチナ問題をめぐる新しい歴史学
臼杵 陽
史学研究会   2006年11月25日   史学研究会
戦時期日本の回教研究と「回教徒問題」
臼杵 陽
東洋史研究会年次大会   2006年11月3日   東洋史研究会
イスラームのなかのユダヤ、ユダヤのなかのイスラーム
臼杵 陽
中東イスラーム教育セミナー   2006年9月21日   東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所

競争的資金等の研究課題

 
戦時期日本の回教・回教徒政策
-