TSUJIMOTO Masayuki

J-GLOBAL         Last updated: Oct 23, 2018 at 20:39
 
Avatar
Name
TSUJIMOTO Masayuki
Affiliation
Kyoto Pharmaceutical University
Job title
Research assistant

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2003
   
 
8-9. Research assistant of Kyushu University
 

Education

 
 
 - 
2003
Department of Medico-Pharmaceutical Science, Graduate School, Division of Pharmaceutical Sciences, Kyushu University
 
 
 - 
2002
Cours of Clinical Phamacy, Graduate School, Division of Pharmaceutical Sciences, Kyoto Pharmaceutical University
 
 
 - 
2000
Course of Pharmaceutical Sciences, Faculty of Pharmaceutical Science, Kyoto Pharmaceutical University
 

Published Papers

 
Minegaki T, Suzuki A, Mori M, Tsuji S, Yamamoto S, Watanabe A, Tsuzuki T, Tsunoda T, Yamamoto A, Tsujimoto M, Nishiguchi K
Oncology letters   16(5) 6202-6208   Nov 2018   [Refereed]
Koide H, Tsujimoto M, Takeuchi A, Tanaka M, Ikegami Y, Tagami M, Abe S, Hashimoto M, Minegaki T, Nishiguchi K
Xenobiotica; the fate of foreign compounds in biological systems   48(10) 1059-1071   Oct 2018   [Refereed]
Uchiyama H, Tsujimoto M, Kimura A, Yuki E, Saiki T, Yoshida T, Furukubo T, Izumi S, Yamakawa T, Tachiki H, Minegaki T, Nishiguchi K
Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy      Oct 2018   [Refereed]
Minegaki T, Koiki S, Douke Y, Yamane C, Suzuki A, Mori M, Tsujimoto M, Nishiguchi K
The Journal of pharmacy and pharmacology   70(8) 1040-1047   Aug 2018   [Refereed]
Katsube Y, Hira D, Tsujimoto M, Koide H, Minegaki T, Ikeda Y, Morita SY, Nishiguchi K, Terada T
International journal of clinical pharmacology and therapeutics   56(7) 328-336   Jul 2018   [Refereed]

Misc

 
峯垣哲也, 湯月翔太, 伯井理恵子, 藤井尚子, 濱田美輝, 若林未稀, 辻本雅之, 西口工司
医薬品情報学   19(3) 97‐103(J‐STAGE)-103   Nov 2017
アムロジピン製剤は、すべて口腔内崩壊錠(OD錠)を用いた。先発品として、ノルバスクOD錠5mgおよびアムロジンOD錠5mg、後発品として、アムロジピンOD錠5mg「CH」、「EMEC」、「JG」、「KN」、「KRM」、「NP」、「NS」、「TCK」、「TYK」、「YD」、「ZE」、「あすか」、「アメル」、「科研」、「ケミファ」、「サワイ」、「サンド」、「タカタ」、「トーワ」、「日医工」、「フソー」、「明治」を選択した。アムロジピンOD錠製剤とマグミット錠との同時簡易懸濁時に生じる配合変化に...
桑原晶子, 峯垣哲也, 濱田美輝, 若林未希, 浅井麻佑里, 大西結希, 藤本美沙紀, 小畑真希, 小柳志織, 角南博子, 高松美里, 綿本有希子, 豊原朋子, 辻本雅之, 片岡和三郎, 西口工司
医療薬学   41(8) 550-555   Aug 2015
先発品、後発品について生理食塩液に溶解後のゲムシタビンの安定性、β-ウリジンの生成に関する情報を得るため注射用ゲムシタビン塩酸塩製剤の先発品、後発品を対象に、ゲムシタビン濃度、β-ウリジン濃度、pH変動について検討した。凍結乾燥製剤である先発品、後発品6種類について生理食塩液に溶解後のゲムシタビンの安定性、β-ウリジンの生成速度、pHの点で25℃保存中における顕著な相違は観察されなかった。25℃においてもゲムシタビンの分解速度は遅く、要時溶解後直ちに使用するという通常の使用下ではゲムシタビ...
西口工司, 峯垣哲也, 辻本雅之
Pharm Tech Jpn   29(3) 465-473   Mar 2013
末期腎不全時に腎外クリアランスが変動する薬剤とその要因
辻本 雅之, 峯垣 哲也, 西口 工司
日本腎臓病薬物療法学会誌   1(1) 3-13   Jul 2012
末期腎不全患者においてバイオアベイラビリティー(BA)や肝クリアランスの低下といった腎外クリアランス(NRC)の変動をもたらす薬剤について、以下の事例を紹介した。1)BA増大の可能性(プロプラノロール、プラバスタチン)、2)肝代謝阻害の可能性(ロサルタン、ワルファリン)、3)肝取り込み阻害の可能性(エリスロマイシン、フェキソフェナジン、ジゴキシン)、4)NRC増大の可能性(CPT-11)、5)特異的に生じる薬物間相互作用の可能性(コルヒチン-クラリスロマイシン、ジゴキシン-フェキソフェナジン)。
吉田拓弥, 古久保拓, 松永千春, 根来早紀子, 前原智恵子, 和泉智, 山川智之, 加藤禎一, 峯垣哲也, 辻本雅之, 西口工司
大阪透析研究会会誌   28(2) 131-134   Sep 2010
症例は、2003年11月に膜性腎症にて血液透析(HD)導入となった77歳男性患者である。2004年3月から、発症性心房細動に対する治療薬として、ピルジカイニド塩酸塩(PILS)25mgを週3回のHD前に服用していた。2007年10月に頸部リンパ節結核を指摘され、リファンピシン(RFP)を含む抗結核化学療法が施行された。抗結核化学療法施行前0.55±0.15μg/mL(n=17)であった血清PILS濃度は、抗結核化学療法施行開始後、徐々に低下し、施行期間の後半である2008年9月から2009...