HIRATA Sumio

J-GLOBAL         Last updated: Mar 14, 2019 at 10:07
 
Avatar
Name
HIRATA Sumio
URL
http://ikuyaku.pharm.kumamoto-u.ac.jp/
Affiliation
Kumamoto University
Section
School of Pharmacy,  ,School of Pharmacy,Kumamoto University
Job title
Professor,The Frontier Center of Drug Rediscovery and Reinvention
Degree
Doctor of Pharmaceutical Science(Kyushu University)

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2006
 - 
2008
 Professor,School of Pharmacy,Kumamoto University
 
2008
   
 
 The Frontier Center of Drug Rediscovery and Reinvention, ,School of Pharmacy,Kumamoto University
 
2008
   
 
 Professor, ,School of Pharmacy,Kumamoto University
 
2005
 - 
2006
 Visiting Professor,Oregon State University College of Pharmacy
 

Education

 
 
 - 
2004
Kyushu University
 
 
 - 
1977
Faculty of Pharmaceutical Science, Osaka University of Pharmaceutical Sciences
 

Committee Memberships

 
2011
   
 
The Japanese Society of Nephrology and Pharamacotherapy  President
 
2008
   
 
Japanese Society for Applied Therapeutics  Councilor
 

Published Papers

 
Kawakami M, Hirata S, Mizuta M, Hidaka D, Sano H, Isobe K, Nakatani S, Narita Y
International journal of clinical pharmacology and therapeutics      Feb 2019   [Refereed]
Urata M, Narita Y, Fukunaga M, Kadowaki D, Hirata S
Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy   22(5) 485-493   Oct 2018   [Refereed]
Muraya N, Kadowaki D, Miyamura S, Kitamura K, Uchimura K, Narita Y, Miyamoto Y, Chuang VTG, Taguchi K, Maruyama T, Otagiri M, Hirata S
Oxidative medicine and cellular longevity   2018 7635274   2018   [Refereed]
Usui J, Yamagata K, Imai E, Okuyama H, Kajiyama H, Kanamori H, Kaneko S, Kono E, Sakai Y, Sakai N, Sakamaki Y, Taniguchi Y, Nakai K, Nishiwaki H, Hirata S, Yamaya H, Tsuruoka S, Terada Y, Yokoyama H, Wada T, Narita I
Clinical and experimental nephrology   20(6) 827-831   Dec 2016   [Refereed]
Narita Y, Ueda M, Uchimura K, Kakizoe Y, Miyasato Y, Mizumoto T, Morinaga J, Hayata M, Nakagawa T, Adachi M, Miyoshi T, Sakai Y, Kadowaki D, Hirata S, Mukoyama M, Kitamura K
Journal of pharmacological sciences   130(2) 110-116   Feb 2016   [Refereed]
Kadowaki D, Anraku M, Sakaya M, Hirata S, Maruyama T, Otagiri M
Clinical and experimental nephrology   19(6) 1007-1014   Dec 2015   [Refereed]
Fukuda S, Koyama H, Kondo K, Fujii H, Hirayama Y, Tabata T, Okamura M, Yamakawa T, Okada S, Hirata S, Kiyama H, Kajimoto O, Watanabe Y, Inaba M, Nishizawa Y
PloS one   10(3) e0119578   Mar 2015   [Refereed]
Ishitsuka Y, Fukumoto Y, Kondo Y, Irikura M, Kadowaki D, Narita Y, Hirata S, Moriuchi H, Maruyama T, Hamasaki N, Irie T
ISRN pharmacology   2013 375825   2013   [Refereed]
Kadowaki D, Sumikawa S, Arimizu K, Taguchi K, Kitamura K, Ishitsuka Y, Narita Y, Irie T, Chuang VT, Maruyama T, Otagiri M, Hirata S
Life sciences   91(25-26) 1304-1308   Dec 2012   [Refereed]
Hirata S
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   132(4) 461-470   Apr 2012   [Refereed]
Hirata S, Kadowaki D
Contributions to nephrology   177 30-37   2012   [Refereed]
[Drug induced nephropathy and appropriate use of drugs].
Hirata S, Kadowaki D, Narita Y
Nihon Jinzo Gakkai shi   54(7) 999-1005   2012   [Refereed]
Antioxidant activity of renin-angiotensin system (RAS) inhibitor in vitro
Kadowaki Daisuke, Anraku Makoto, Maruyama Toru, Watanabe Hiroshi, Suenaga Ayaka, Hirata Sumio, Otagiri Masaki
DRUG METABOLISM REVIEWS   43 69   May 2011   [Refereed]
Kondo Yuki, Ishitsuka Yoichi, Kadowaki Daisuke, Nagatome Minako, Saisho Yusuke, Kuroda Masataka, Hirata Sumio, Irikura Mitsuru, Hamasaki Naotaka, Irie Tetsumi
JOURNAL OF HEALTH SCIENCE   56(6) 727-732   Dec 2010   [Refereed]
Tsujimoto Masayuki, Higuchi Keishi, Shima Daisuke, Yokota Hitoshi, Furukubo Taku, Izumi Satoshi, Yamakawa Tomoyuki, Otagiri Masaki, Hirata Sumio, Takara Kohji, Nishiguchi Kohshi
JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACOLOGY   62(1) 133-138   Jan 2010   [Refereed]
Tsujimoto M, Kinoshita Y, Hirata S, Otagiri M, Ohtani H, Sawada Y
Therapeutic drug monitoring   30(5) 576-582   Oct 2008   [Refereed]
Tsujimoto M, Higuchi K, Shima D, Yokota H, Furukubo T, Izumi S, Yamakawa T, Otagiri M, Hirata S, Takara K, Nishiguchi K
The Journal of pharmacy and pharmacology   62(1) 133-138   Jan 2010   [Refereed]
[Pharmacokinetic evaluation of extracorporeal therapy in the treatment of intoxication].
Hirata S
Chudoku kenkyu : Chudoku Kenkyukai jun kikanshi = The Japanese journal of toxicology   21(2) 105-113   Apr 2008   [Refereed]
[Pharmacokinetics and drug dosage adjustment theory in patients undergoing renal replacement therapy].
Hirata S
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   62 Suppl 5 55-64   May 2004   [Refereed]

Misc

 
芳澤朋大, 芳澤朋大, 上條吉人, 花澤朋樹, 鈴木善樹, 鈴木善樹, 藤田友嗣, 臼井聖尊, 平田純生, 中谷宜章, 芳賀佳之, 岸野亨
中毒研究   31(2) 227   Jul 2018
平田純生, 成田勇樹
臨床透析   34(7) 779‐782   Jun 2018
森優, 福永雅樹, 成田勇樹, 小谷俊介, 門脇大介, 平田純生
日本透析医学会雑誌   51(Supplement 1) 530   May 2018
平田純生
TDM研究   35(2) 54   May 2018
田原敬, 山縣邦弘, 佐久間亜季, 福原祐樹, 菅野義彦, 武島えり, 長田太助, 中井滋, 長谷川毅, 長谷川毅, 水上礼, 宮崎友晃, 安藤勝信, 栗原怜, 栗原怜, 永澤亜美, 伊東稔, 川合徹, 大坪茂, 平田純生, 平田純生, 成田勇樹, 成田勇樹, 小池茂文, 高橋直子, 駒場大峰, 関根章成, 星野純一, 辻孝之, 加藤明彦, 松井賢治, 大竹剛靖, 松金愛, 常喜信彦, 松原雄, 横山啓太郎, 鶴田悠木, 菊地勘, 佐伯忠賜朗, 山本忠司, 西村勝治
透析ケア   24(5) 397‐446   May 2018
末吉美優, 門脇大介, 福永雅樹, 目井瑞絵, 成田勇樹, 平田純生
日本腎臓学会誌   60(3) 404   Apr 2018
福永雅樹, 兵藤沙耶, 門脇大介, 小谷俊介, 成田勇樹, 平田純生
日本腎臓学会誌   60(3) 468   Apr 2018
門脇大介, 成田勇樹, 宮村重幸, 内村幸平, 北村健一郎, 丸山徹, 小田切優樹, 瀬尾量, 平田純生
高血圧関連疾患モデル学会学術総会抄録集   54th 65   2018
緒方文香, 成田勇樹, 植田美紀, 内村幸平, 柿添豊, 水本輝彦, 宮里賢和, 森永潤, 早田学, 中川輝政, 實吉拓, 安達政隆, 門脇大介, 平田純生, 向山政志, 北村健一郎
高血圧関連疾患モデル学会学術総会抄録集   54th 73   2018
平田純生
日本薬剤師会学術大会(Web)   51st ROMBUNNO.W‐2‐1 (WEB ONLY)   2018
平田純生
臨床薬理   48(Supplement) S221   Nov 2017
目井瑞会, 門脇大介, 福永雅樹, 丸山徹, 成田勇樹, 平田純生
日本薬学会九州支部大会講演要旨集   34th 79   Nov 2017
高森紀衣, 門脇大介, 異島優, 木下遼, 成田勇樹, 丸山徹, 小田切優樹, 平田純生
日本薬学会九州支部大会講演要旨集   34th 77   Nov 2017
兵藤沙耶, 門脇大介, 小谷俊介, 成田勇樹, 瀬尾量, 平田純生
日本薬学会九州支部大会講演要旨集   34th 78   Nov 2017
門脇大介, 成田勇樹, 平田純生
月刊薬事   59(14) 2899‐2903   Oct 2017
この副作用防げますか? 腎機能評価と薬の特徴から読み解く投与戦略
平田 純生
日本腎臓病薬物療法学会誌   6(2) S56-S56   Sep 2017
熊本腎と薬剤研究会によるアクティブラーニングを重視した研修会の取り組み
糸島 恵, 市川 康子, 内田 朋子, 河原 文子, 近藤 悠希, 坂田 美紀, 坂田 美咲, 佐々 扶美, 長峰 慎之介, 成田 勇樹, 長谷川 浩三, 宮村 重幸, 森 美香, 山室 蕗子, 門脇 大介, 下石 和樹, 柴田 啓智, 平田 純生, 山本 武人
日本腎臓病薬物療法学会誌   6(2) S147-S147   Sep 2017
血液透析による薬物除去率の予測
浦田 元樹, 成田 勇樹, 平田 純生
日本腎臓病薬物療法学会誌   6(2) S149-S149   Sep 2017
近藤悠希, 石塚洋一, 山門慎一郎, 成田勇樹, 門脇大介, 門脇大介, 平田純生, 平田純生, 岩元正義, 入江徹美, 入江徹美
医療薬学フォーラム講演要旨集   25th 212   Jun 2017
AKI(急性腎障害)診療ガイドライン2016
寺田 典生, 井関 邦敏, 湯澤 由紀夫, 岡田 浩一, 古家 大祐, 清元 秀泰, 柴垣 有吾, 森 潔, 谷山 佳弘, 脇野 修, 安田 日出夫, 久米 真司, 祖父江 理, 藤崎 毅一郎, 嶋 英昭, 友利 浩司, 堀野 太郎, 渡辺 裕輔, 林 宏樹, 西田 修, 松田 兼一, 土井 研人, 森口 武史, 山下 和人, 井口 竜太, 中村 謙介, 原 嘉孝, 重松 隆, 加藤 明彦, 林 晃正, 小川 智也, 塚本 達雄, 古市 賢吾, 佐々木 彰, 辻 孝之, 山田 博之, 米本 佐代子, 貞廣 智仁, 野入 英世, 根木 茂雄, 中田 孝明, 服部 憲幸, 山下 徹志, 伊丹 儀友, 亀井 宏一, 北山 浩嗣, 木内 善太郎, 澤田 真理子, 高橋 匡輝, 谷 昌憲, 中澤 祐介, 布山 正貴, 福井 次矢, 松尾 清一, 柏原 直樹, 守山 敏樹, 丸山 彰一, 柳田 素子, 鶴屋 和彦, 山下 芳久, 石川 祐一, 平田 純生, 古久保 拓, AKI(急性腎障害)診療ガイドライン作成委員会,日本腎臓学会,日本集中治療医学会,日本透析医学会,日本急性血液浄化学会,日本小児腎臓病学会
日本腎臓学会誌   59(4) 419-533   May 2017
高リン血症腎不全モデルラットにおいてクエン酸第二鉄水和物中の鉄が酸化ストレスへ及ぼす影響の評価
目井 瑞会, 門脇 大介, 福永 雅樹, 成田 勇樹, 丸山 徹, 平田 純生
日本腎臓学会誌   59(3) 320-320   Apr 2017
抗菌薬TDMガイドライン2016 抗菌薬投与時の正しい腎機能評価
平田 純生, 門脇 大介, 成田 勇樹
日本化学療法学会雑誌   65(2) 218-219   Mar 2017
抗菌薬TDMガイドライン改訂版 公益社団法人日本化学療法学会/一般社団法人日本TDM学会
竹末 芳生, 大曲 貴夫, 岡田 賢二, 笠原 敬, 関 雅文, 高倉 俊二, 高橋 佳子, 時松 一成, 松元 一明, 三鴨 廣繁, 猪川 和朗, 平田 純生, 木村 利美, 小林 昌宏, 西 圭史, 浜田 幸宏, 日本化学療法学会/日本TDM学会抗菌薬TDMガイドライン作成委員会
TDM研究   33(4) 203-344   Dec 2016
【薬剤性腎障害】 NSAIDsによる腎障害 COX-2阻害薬およびアセトアミノフェンは腎障害を起こすか
平田 純生, 門脇 大介, 成田 勇樹
日本腎臓学会誌   58(7) 1059-1063   Oct 2016
日本腎臓病薬物療法学会の取り組みについて
平田 純生, 木村 健, 竹内 裕紀
日本薬剤師会学術大会講演要旨集   49回 W-21   Oct 2016
CKD患者の生体内での薬の行方 薬物動態って難しくない
平田 純生
日本腎臓病薬物療法学会誌   5(2) S46-S46   Oct 2016
薬剤性腎障害を深く学ぶ NSAIDs・アセトアミノフェン
平田 純生, 門脇 大介, 成田 勇樹
日本腎臓病薬物療法学会誌   5(2) S78-S78   Oct 2016
高齢者における腎機能推算式に関する臨床研究
川上 倫子, 日高 大輔, 高松 秀和, 水田 雅也, 礒部 邦彌, 平田 純生
日本腎臓病薬物療法学会誌   5(2) S146-S146   Oct 2016
麻酔関連薬物の臓器障害 鎮痛薬と腎障害
平田 純生
日本臨床麻酔学会誌   36(6) S182-S182   Oct 2016
腎臓と薬
平田 純生
臨床薬理   47(Suppl.) S103-S103   Oct 2016
日本循環器学会/日本TDM学会合同ガイドライン(2013-2014年度合同研究班報告)【ダイジェスト版】 2015年版 循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン
青沼 和隆, 志賀 剛, 新 博次, 池田 隆徳, 市田 蕗子, 上野 和行, 越前 宏俊, 栄田 敏之, 清水 渉, 菅原 満, 土下 喜正, 土岐 浩介, 戸塚 恭一, 萩原 誠久, 長谷川 純一, 林 秀晴, 平尾 見三, 前田 頼伸, 松本 直樹, 渡邉 英一, 笠井 英史, 篠原 徳子, 杉山 篤, 鈴木 敦, 住友 直方, 関口 幸夫, 高橋 尚彦, 野上 昭彦, 橋口 正行, 平田 純生, 松本 宜明, 湯川 栄二, 伊藤 宏, 井上 博, 大江 透, 篠崎 公一, 田中 一彦, 本間 真人, 堀江 稔, 三浦 崇則, 日本循環器学会,日本TDM学会
TDM研究   33(3) 123-157   Sep 2016
慢性腎臓病患者における薬物適正使用
平田 純生, 門脇 大介, 成田 勇樹
日本病院薬剤師会雑誌   52(8) 991-995   Aug 2016
"腎排泄型薬剤投与量チェックシステム"を用いた、薬局薬剤師による医薬品適正使用推進の有用性評価
近藤 悠希, 石塚 洋一, 堂籠 恵理, 山門 慎一郎, 岩崎 慎也, 成田 勇樹, 門脇 大介, 平田 純生, 岩元 正義, 入江 徹美
社会薬学   35(Suppl.) 54-54   Aug 2016
患者腎機能の正確な評価の理論と実践
平田 純生, 柴田 啓智, 宮村 重幸, 門脇 大介
日本腎臓病薬物療法学会誌   5(1) 3-18   Jun 2016
腎機能は糸球体濾過量(GFR)で表され、イヌリンクリアランスは最も正確なgold standardであるが、測定手技が煩雑であるため、実臨床ではあまり用いられない。多くは血清クレアチニン(Cr)値を基にした腎機能推算式であるCockcroft-Gault(CG)式による推算クレアチニンクリアランス(CCr)や日本人向け推算糸球体濾過量(eGFR)が用いられるが血清Cr値は男女差、筋肉量による差があり、併用薬による影響を受けることなどを理解しておく必要がある。腎排泄型薬物の投与設計には正確な...
入院血液透析患者のせん妄治療におけるチアプリド塩酸塩の適正使用
島 祐子, 平田 純生, 佐野 豪泰, 田辺 知子, 辻 晶子, 奥田 洽爾, 黒田 昌宏
日本腎臓病薬物療法学会誌   5(1) 19-25   Jun 2016
せん妄や興奮状態の改善に用いるチアプリド塩酸塩(チアプリド)は未変化体の尿中排泄率が高いことから、腎機能低下患者や血液透析(HD)患者に用いる場合は適切な減量が必要である。過量投与では過鎮静や傾眠状態が、また抗ドパミン作用による錐体外路症状が発現することがわかっている。チアプリドの高齢者への使用では開始量として1回25mg1日1-2回が推奨されているが、HD患者への使用は具体的に明示されていない。そこでチアプリドの使用実態調査を行いその有効性と安全性を検討した。調査対象は2002年4月-2...
抗菌薬TDMガイドライン2016 公益社団法人日本化学療法学会/一般社団法人日本TDM学会
竹末 芳生, 大曲 貴夫, 岡田 賢二, 笠原 敬, 関 雅文, 高倉 俊二, 高橋 佳子, 時松 一成, 松元 一明, 三鴨 廣繁, 猪川 和朗, 平田 純生, 木村 利美, 小林 昌宏, 西 圭史, 浜田 幸宏, 公益社団法人日本化学療法学会・一般社団法人日本TDM学会抗菌薬TDMガイドライン作成委員会
日本化学療法学会雑誌   64(3) 387-477   May 2016
抗菌薬TDMガイドライン再考 2016ガイドラインへ 抗菌薬投与における腎機能評価
平田 純生
日本化学療法学会雑誌   64(Suppl.A) 99-100   May 2016
薬剤性腎障害診療ガイドライン2016
成田 一衛, 山縣 邦弘, 今井 惠理, 臼井 丈一, 奥山 宏, 梶山 浩, 金森 弘志, 金子 修三, 河野 恵美子, 酒井 行直, 坂井 宣彦, 酒巻 裕一, 谷口 義典, 鶴岡 秀一, 寺田 典生, 中井 健太郎, 西脇 宏樹, 平田 純生, 山谷 秀喜, 横山 仁, 和田 隆志, 厚生労働省科学研究費補助金平成27年度日本医療開発機構腎疾患実用化研究事業「慢性腎臓病の進行を促進する薬剤等による腎障害の早期診断法と治療法の開発」薬剤性腎障害の診療ガイドライン作成委員会
日本腎臓学会誌   58(4) 477-555   May 2016
腎障害時の薬物投与注意点
平田 純生
日本腎臓学会誌   58(3) 244-244   May 2016
透析患者の中毒性副作用・相互作用を防ぐ 活性代謝物の蓄積による中毒性副作用を防ぐ
平田 純生
日本透析医学会雑誌   49(Suppl.1) 346-346   May 2016
薬剤師の男女共同参画の現状と透析医療における薬剤師の参画への課題
竹内 裕紀, 鎌田 直博, 木村 健, 平田 純生
日本透析医学会雑誌   49(Suppl.1) 397-397   May 2016
薬物投与設計における腎機能評価とTDMの有用性 TDM対象薬による薬剤性腎障害を防ぐ
平田 純生
TDM研究   33(2) 76-76   May 2016
高齢患者の薬物治療におけるリスク管理 薬物動態から考えるOAB治療剤、オキシブチニン塩酸塩経皮吸収型製剤
平田 純生
Mebio   33(2) 96-101   Feb 2016
日本循環器学会/日本TDM学会合同ガイドライン(2013-2014年度合同研究班報告) 2015年版 循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン
青沼 和隆, 志賀 剛, 新 博次, 池田 隆徳, 市田 蕗子, 上野 和行, 越前 宏俊, 栄田 敏之, 清水 渉, 菅原 満, 土下 喜正, 土岐 浩介, 戸塚 恭一, 萩原 誠久, 長谷川 純一, 林 秀晴, 平尾 見三, 前田 頼伸, 松本 直樹, 渡邉 英一, 笠井 英史, 篠原 徳子, 杉山 篤, 鈴木 敦, 住友 直方, 関口 幸夫, 高橋 尚彦, 野上 昭彦, 橋口 正行, 平田 純生, 松本 宜明, 湯川 栄二, 伊藤 宏, 井上 博, 大江 透, 篠崎 公一, 田中 一彦, 本間 真人, 堀江 稔, 三浦 崇則, 日本循環器学会,日本TDM学会
循環器病ガイドシリーズ   2015(循環器薬の薬物血中濃度モニタリングに関するガイドライン) 3-54   Feb 2016
江藤 りか, 天本 耕一郎, 上島 泰二, 山口 健太郎, 土井 健志, 下坂 健, 本間 三絵, 河村 綾子, 井上 和秀, 宮崎 彰宣, 中嶋 幹郎, 七種 均, 益田 宣弘, 蒲池 芳明, 田代 浩幸, 山田 晴美, 宗 陽子, 星子 浄水, 平田 純生, 宮崎 長一郎
医療薬学   41(10) 732-739   Oct 2015
長崎県内720の保険薬局を対象として、病薬連携により腎機能情報を用いた薬物療法適正化事業を行い、その成果を報告した。調査期間内に110薬局から報告された1416件(平均年齢73歳)の腎機能情報の開示方法は患者持参のデータが90.3%、あじさいネットを利用したデータが8.4%、医療機関への問い合わせが1.3%で、約半数は複数のパラメータによって腎機能が評価されており、推算糸球体濾過量60mL/min/1.73m2未満が50.3%を占めていた。また、腎機能情報に基づく疑義照会は全体の3.3%で...
【フィジカルアセスメント】 腎機能の正しい把握が投与設計の基本
平田 純生
ファルマシア   51(9) 863-867   Sep 2015
リン吸着薬の選択と正しい使い方
平田 純生
医薬の門   55(4) 178-183   Sep 2015
今から始める腎臓病薬物療法シリーズ:仙台版:仙台版 よくわかる薬物投与設計時の腎機能の評価
平田 純生
日本腎臓病薬物療法学会誌   4(2) S52-S52   Sep 2015
透析患者の薬物適正使用
平田 純生
日本腎臓病薬物療法学会誌   4(2) S78-S78   Sep 2015
薬物透析性において基礎研究から臨床へ応用するために考慮すべき因子の模索
福永 雅樹, 門脇 大介, 成田 勇樹, 田中 遼大, 渡邊 博志, 山崎 啓之, 田口 和明, 伊東 弘樹, 丸山 徹, 小田切 優樹, 平田 純生
日本腎臓病薬物療法学会誌   4(2) S101-S101   Sep 2015
腎細胞癌治療におけるチロシンキナーゼ阻害薬による高血圧に対する降圧薬の適正使用に向けての基礎的検討
中村 希, 門脇 大介, 高森 紀衣, 成田 勇樹, 小田切 優樹, 丸山 徹, 平田 純生
日本腎臓病薬物療法学会誌   4(2) S102-S102   Sep 2015
熊本腎と薬剤研究会による参加型研修会への取り組みとその効果
宇藤 文子, 柴田 啓智, 長谷川 浩三, 大島 壽和子, 平良 知子, 糸島 恵, 内田 朋子, 門脇 大介, 佐々 扶美, 長峰 慎之介, 近藤 悠希, 成田 勇樹, 宮村 重幸, 山室 蕗子, 下石 和樹, 平田 純生, 古久保 拓
日本腎臓病薬物療法学会誌   4(2) S164-S164   Sep 2015
【腎臓病薬物療法ベーシック】 腎機能低下患者の投与設計 腎機能低下患者に腎排泄性薬剤を使うときの簡単な減量法
島 祐子, 平田 純生
調剤と情報   21(10) 1290-1296   Aug 2015
【腎臓病薬物療法ベーシック】 腎機能低下時に最も注意の必要な薬剤投与量一覧
平田 純生
調剤と情報   21(10) 1420-1447   Aug 2015
【NST活動のレベルアップのために知っておきたい薬の知識】 CKD関連薬剤の特徴と副作用
成末 まさみ, 平田 純生
臨床栄養   127(2) 167-173   Aug 2015
腎機能に配慮した鎮痛薬選択
平田 純生
PAIN RESEARCH   30(2) 71-71   Jul 2015
門脇 大介, 成田 勇樹, 平田 純生
臨床泌尿器科   69(7) 540-545   Jun 2015
近年の抗がん剤開発の目覚ましい進歩により,がん患者の生存率は著明に改善している。一方で,抗がん剤による治療と腎障害は複雑であり,がんそのものが腎障害を惹起する場合や,腎毒性を有する抗がん薬を使用した場合など,その判断は困難であることが多い。また,多くの抗がん剤において,その腎毒性に対する有効な対処法が確立されていない。加えて,慢性腎臓病(CKD)患者においては,腎機能に応じて減量が必要な抗がん剤もある。これらを踏まえると,抗がん剤による腎障害の予防および早期発見のためには,投与前からの患者...
【高齢者の腎泌尿器疾患】 高齢者の内科疾患 薬物療法のポイント
森 直樹, 平田 純生
腎と透析   78(6) 869-874   Jun 2015
門脇 大介, 成田 勇樹, 平田 純生
臨床泌尿器科 = Japanese journal of clinical urology   69(7) 540-545   Jun 2015
モンテカルロ・シミュレーションを用いたバレニクリン酒石酸塩の腎機能および体重に応じた投与量の検討
林 雅彦, 八重 徹司, 柴田 和彦, 三輪 高一, 森 尚義, 大井 一弥, 平田 純生
日本腎臓病薬物療法学会誌   4(1) 3-8   May 2015
【目的】低体重かつ腎機能障害のある喫煙者におけるバレニクリンの薬物血中濃度-時間曲線下面積(AUC)について検討した。【方法】体重(65、55kg)、クレアチニンクリアランス(CLcr)(100、60、40mL/min)におけるバレニクリン投与量(2.0、1.5、1.0mg/日)別に、AUC200、250、300、350、400ng・h/mLを超える確率を、母集団パラメータに基づき、モンテカルロ・シミュレーションを用いて10,000回のシミュレーションで予想した。AUC有効域は200〜30...
腎機能低下時のTDM 中毒性副作用ゼロを目指すためにやるべきこと
平田 純生
TDM研究   32(2) 46-46   May 2015
【病態生理と症例から学ぶ輸液ガイド】 (第2章)身につけておきたい水・電解質輸液の基本手技 輸液製剤 シンプルに理解する輸液の種類
平田 純生, 門脇 大介
Medical Practice   32(臨増) 58-62   Apr 2015
血液透析患者に用いられる各種ポリマーによる便秘誘発に関する比較
福元 浩一, 門脇 大介, 成田 勇樹, 平田 純生
日本腎臓学会誌   57(3) 469-469   Apr 2015
新規治療戦略を目指したカモスタットおよびARB併用による有用性評価
成田 勇樹, 植田 美紀, 内村 幸平, 柿添 豊, 門脇 大介, 平田 純生, 向山 政志, 北村 健一郎
日本腎臓学会誌   57(3) 487-487   Apr 2015
Daisuke Kadowaki, Daisuke Kadowaki, Shoichi Sakaguchi, Yohei Miyamoto, Kazuaki Taguchi, Kazuaki Taguchi, Nanako Muraya, Yuki Narita, Yuki Narita, Keizo Sato, Victor Tuan Giam Chuang, Toru Maruyama, Toru Maruyama, Masaki Otagiri, Masaki Otagiri, Sumio Hirata, Sumio Hirata
Biological and Pharmaceutical Bulletin   38(3) 487-492   Mar 2015
Background: Digoxin is distributed in skeletal muscles in high concentrations. The most reliable parameter to measure the distribution of digoxin in patients undergoing hemodialysis is not known. Objective: To estimate which distribution parameter...
成末 まさみ, 杉本 悠花, 柴田 龍二郎, 大坪 俊夫, 平田 純生
日本透析医学会雑誌   48(3) 155-161   Mar 2015
プレガバリン(リリカ)は尿中排泄率約90%と腎排泄性薬物であり腎機能に応じた用量調節を行い安全に使用することが臨床現場での課題となっている。光晴会病院では、添付文書での推奨投与量以下の用量での有害事象発生状況について調査を行った。調査期間は2010年6月〜2013年11月で120名のうち、14名でめまい・嗜眠などの中枢神経系有害事象が発生した。多くは投与開始後6日以内にみられ、有害事象発生群の体重は非発生群に比し、有意に低かった(p=0.005)。腎機能低下が進行するほど有害事象発生率は高...
Chemotheraphy and nephrotoxicity
Daisuke Kadowaki, Yuki Narita, Sumio Hirata
Japanese Journal of Clinical Urology   69 540-545   Jan 2015
【Onconephrology-腎臓病とがんの深いかかわり-】 腎不全患者のがん治療 腎不全患者における抗がん剤の使い方
門脇 大介, 成田 勇樹, 平田 純生
腎臓内科・泌尿器科   1(1) 74-79   Jan 2015
Safety of non-steroidal anti-inflammatory drugs and acetaminophen focusing on kidney injury
ISHITSUKA Yoichi,KADOWAKI Daisuke,HIRATA Sumio,NARITA Yuki,
1(1) 13-30   2015
CKD患者の処方の見方、考え方 本物の薬剤師だからできる投与設計・中毒性副作用の防止
平田 純生
日本腎臓病薬物療法学会誌   3(2) S44-S44   Sep 2014
今から始める腎臓病薬物療法シリーズ よくわかる薬剤性腎障害
平田 純生
日本腎臓病薬物療法学会誌   3(2) S75-S75   Sep 2014
新規治療戦略を目指したCKD治療薬としてのカモスタットの有用性評価
成田 勇樹, 植田 美紀, 内村 幸平, 水本 輝彦, 宮里 賢和, 森永 潤, 早田 学, 柿添 豊, 安達 政隆, 實吉 拓, 門脇 大介, 平田 純生, 北村 健一郎
日本腎臓病薬物療法学会誌   3(2) S115-S115   Sep 2014
糖尿病患者でのシスプラチン急性腎不全発症における尿細管トランスポーターSLC47A1の関与
水野 智博, 佐藤 和一, 石川 和宏, 森下 真由, 寺尾 勇紀, 宮川 泰宏, 阪井 祐介, 高橋 和男, 湯澤 由紀夫, 山田 清文, 平田 純生, 今井 圓裕, 永松 正, 野田 幸裕
日本腎臓病薬物療法学会誌   3(2) S116-S116   Sep 2014
超小型ダイアライザーを用いた透析除去率のin vitro評価
小園 晃生, 成田 勇樹, 竹澤 真吾, 門脇 大介, 平田 純生
日本腎臓病薬物療法学会誌   3(2) S116-S116   Sep 2014
日本腎臓病薬物療法学認定薬剤師によるデブリーフィングを用いたシミュレーション教育
柴田 啓智, 大野 能之, 門脇 大介, 佐々 扶美, 平田 純生, 山室 蕗子, 長谷川 浩三, 宇藤 文子, 糸島 恵, 長峰 慎之介, 成田 勇樹, 近藤 悠希, 平良 知子, 村山 朋子, 大島 壽和子, 宮村 重幸, 下石 和樹, 熊本腎と薬剤研究会
日本腎臓病薬物療法学会誌   3(2) S129-S129   Sep 2014
医師と薬剤師の連携における腎機能を用いた薬物療法適正化事業
江藤 りか, 天本 耕一郎, 上島 泰二, 山口 健太郎, 土井 健志, 下坂 健, 本間 三絵, 河村 綾子, 井上 和秀, 宮崎 彰宣, 中嶋 幹郎, 七種 均, 益田 宣弘, 蒲池 芳明, 田代 浩幸, 宮崎 長一郎, 平田 純生
日本腎臓病薬物療法学会誌   3(2) S131-S131   Sep 2014
薬剤師による腎機能を考慮した処方鑑査・疑義照会実施に影響する因子の分析
近藤 悠希, 石塚 洋一, 重盛 恵理, 入倉 充, 門脇 大介, 平田 純生, 前村 毅, 入江 徹美
社会薬学   33(Suppl.) 70-70   Sep 2014
血液浄化施行中の薬物動態 薬物動態パラメーターから血液浄化施行時の薬物除去を予測する
門脇 大介, 成田 勇樹, 平田 純生
日本急性血液浄化学会雑誌   5(Suppl.) 66-66   Sep 2014
薬剤性腎障害 Overview
平田 純生, 門脇 大介, 成田 勇樹
日本腎臓学会誌   56(6) 808-808   Aug 2014
透析ナースのための服薬指導 平田ゼミ (1日目)オリエンテーション
平田 純生
透析ケア   別冊(ゼミナールシリーズ4) 9-49   Jul 2014
<今日のポイント>(1)透析患者で減量すべき薬・透析患者で減量すべき薬は腎から排泄される薬。・尿中への活性をもった薬物の排泄率が高いものほど蓄積しやすく、半減期も延長するため、厳密に減量する必要がある。・ヘルペス治療薬のゾビラックス、バルトレックスは透析患者で最も副作用が起こりやすい薬である。(2)ハイリスク薬ほど怖い・ワルファリンカリウムなど抗凝固薬・抗血小板薬などの抗血栓薬とインスリンや血糖降下薬などの血糖を下げる薬が、それぞれ出血と低血糖という緊急入院を要するような重篤な副作用の原因...
透析ナースのための服薬指導 平田ゼミ (2日目)貧血治療薬
平田 純生
透析ケア   別冊(ゼミナールシリーズ4) 53-72   Jul 2014
<今日のポイント>(1)腎性貧血とESAのポイント・腎性貧血の原因は、腎臓で分泌される造血ホルモン・エリスロポエチンの産生低下。・週はじめの臥位の採血でHb値10〜11g/dL(Ht値30〜33%)となるようESAを投与。・急激にHb濃度が上昇することによって血液粘度が上昇し、血圧が上がることがあるため血圧をモニタリングする。・急激な貧血改善は血栓症や高血圧、頭痛のもと。Ht値上昇は1週間当たり1%以内に。・透析患者では、ESAは回路内に静注投与する。(2)鉄剤の服薬指導のポイント・Hb濃...
透析ナースのための服薬指導 平田ゼミ (3日目)リン吸着薬
平田 純生
透析ケア   別冊(ゼミナールシリーズ4) 77-99   Jul 2014
<今日のポイント>(1)カルタンの服薬指導のポイント・最大の副作用は高カルシウム血症による異所性石灰化の助長。そのため1日投与量の上限は3gまでが推奨されている。・高カルシウム血症を防ぐには、食事に含まれるリンに見合った量を服用することが重要。・食直前、食事中か食直後に飲まないと効果がない。・空腹時に飲むと、リンを吸着せず、カルシウムが吸収されて、高カルシウム血症になりやすくなるため、食事を抜いたときには飲んではいけない。・大量投与時には、高カルシウム血症だけでなく便秘にも要注意。(2)レ...
透析ナースのための服薬指導 平田ゼミ (4日目)骨ミネラル代謝異常改善薬・高カリウム血症治療薬
平田 純生
透析ケア   別冊(ゼミナールシリーズ4) 105-131   Jul 2014
<今日のポイント>(1)オキサロール注、ロカルトロール注の観察ポイント・PTHはintactPTHとして60〜240pg/mLの範囲内にコントロールする。・iPTH、ALPが過度に抑制されたとき、血清カルシウムが過度に上昇したときには休薬し、血清リン濃度が過度に上昇した場合にはリン吸着薬を増量する。(2)フルスタン錠・ホーネル錠の服薬指導ポイント・PTHはintactPTHとして60〜240pg/mLの範囲内にコントロールする。・iPTH、ALPが過度に抑制されたとき、血清カルシウムが過度...
透析ナースのための服薬指導 平田ゼミ (5日目)降圧薬
平田 純生
透析ケア   別冊(ゼミナールシリーズ4) 137-164   Jul 2014
<今日のポイント>(1)ARB、ACE阻害薬の観察&服薬指導のポイント・血圧、血清カリウム値のモニタリングは必須で、血清カリウム高値の場合は減量または中止する。あるいは治療上の有用性が高ければ、血清カリウム抑制薬を併用する。・ACE阻害薬服用患者は、AN69膜などの血液浄化器の使用によって血中の血管拡張物質の濃度が上昇してアナフィラキシー様ショックを起こすことがあり、それらを使用する際は投与を中止する。・ACE阻害薬服用者で耐えがたい空咳が生じた場合には、ARBに変更する。(2)利尿薬の服...
透析ナースのための服薬指導 平田ゼミ (6日目)下剤
平田 純生
透析ケア   別冊(ゼミナールシリーズ4) 171-195   Jul 2014
<今日のポイント>(1)透析患者が便秘になりやすい理由・透析患者は年々高齢化しており、加齢による腸管蠕動力低下・腹筋力の低下により便秘になりやすい患者が増加しつつある。・透析患者ではカリウム吸着薬、リン吸着薬などの不溶性ポリマーなど便秘になりやすい薬を服用する機会が多いため、薬剤性便秘を起こしやすい。・透析自体が虚血操作であるため、慢性便秘を併発した透析患者では透析日に致死性の虚血性腸炎・腸管穿孔を発症することがある。それを防止するためには適正な下剤の投与が必要。(2)各種下剤の特徴・大腸...
透析ナースのための服薬指導 平田ゼミ (7日目)その他透析患者によく処方される重要薬剤
平田 純生
透析ケア   別冊(ゼミナールシリーズ4) 201-249   Jul 2014
<今日のポイント>(1)透析患者のかゆみに使う薬・自動車の運転をするなど危ない作業をする患者には眠気を起こしにくい抗ヒスタミン薬のアレグラ、クラリチン、アレギサールなどを使う。・レミッチカプセル2.5μgは1日1回1カプセルを、夕食後または就寝前に服用し、透析患者のかゆみを強力に抑える。(2)糖尿病治療薬・透析患者の血糖コントロールは随時血糖値180〜200mg/dL未満、GA値20.0%(心血管イベントの既往歴を有し、低血糖傾向のある対象者では24.0%)未満を目標に、基本的にインスリン...
【透析関連専門資格に求められるもの・これからの透析医療教育-現状と課題】 薬剤師 腎臓病薬物療法専門(認定)薬剤師認定制度
平田 純生, 木村 健, 竹内 裕紀
臨床透析   30(6) 665-672   Jun 2014
2013年に日本腎臓病薬物療法学会によって腎臓病薬物療法専門薬剤師14名,腎臓病薬物療法認定薬剤師45名が認定された.腎臓病薬物療法専門・認定薬剤師は薬学を基盤とした専門的な臨床能力を発揮することによって,腎機能に応じた適切な薬物療法の提供,ならびに薬剤性腎障害の回避や透析患者などで多発する中毒性副作用を未然に防ぐことが期待される.日本腎臓病薬物療法学会は関連学会と協力し,「腎臓病患者に配慮した有効かつ安全な最高の薬物療法を医師や他の医療スタッフと協力しながら責任もって提供できる薬剤師」を...
【徹底ガイド 急性血液浄化法2014-15】 (VI章)薬物管理 急性血液浄化施行中の投薬管理
平田 純生
救急・集中治療   26(3月4日) 471-479   May 2014
<point>腎不全では、親水性で尿中未変化体排泄率が高い薬物、親水性を増した代謝物が活性をもつ薬物では、排泄遅延により中毒性の副作用をきたしやすくなる。例外として、脂溶性薬物でも尿細管分泌される薬物は蓄積しやすいので要注意である。蛋白結合率が90%以上、分布容積(Vd)が2L/kg以上の薬物は、透析によって除去されない。なお、高性能膜の使用によって分子量1万dalton以上の低分子蛋白まで、除去が可能になった。CHDFのクリアランスは透析液流量+濾液流量に依存する。わが国のCHDFでは腎...
トロンボモデュリンαの抗酸化作用によるプレイオトロピック効果
成田 勇樹, 坂田 美紀, 異島 優, 小田切 優樹, 丸山 徹, 門脇 大介, 平田 純生
日本腎臓学会誌   56(3) 343-343   May 2014
In vivo血液透析モデルラットによるバンコマイシン除去率評価の妥当性に関する検討
福永 雅樹, 門脇 大介, 成田 勇樹, 竹澤 真吾, 丸山 徹, 小田切 優樹, 平田 純生
日本腎臓学会誌   56(3) 403-403   May 2014
透析チーム医療における専門資格の意義 腎臓病薬物療法専門・認定薬剤師の意義
平田 純生
日本透析医学会雑誌   47(Suppl.1) 377-377   May 2014
血液浄化法による薬物除去について徹底討論する この薬物は除去されるのか、どれだけ補充すればよいのか? 血液浄化法における薬物除去特性 Overview
平田 純生
日本透析医学会雑誌   47(Suppl.1) 410-410   May 2014
血液浄化法による薬物除去について徹底討論する この薬物は除去されるのか、どれだけ補充すればよいのか? 血液透析による薬物除去率を予測する
門脇 大介, 成田 勇樹, 平田 純生
日本透析医学会雑誌   47(Suppl.1) 411-411   May 2014
若手医師とコメディカルのための透析患者の薬物適正使用 透析患者の便秘とその治療薬
平田 純生
日本透析医学会雑誌   47(Suppl.1) 439-439   May 2014
腎臓病薬物療法学会 専門・認定薬剤師について
平田 純生, 木村 健, 竹内 裕紀
日本透析医会雑誌   29(1) 40-46   Apr 2014
2013年に、日本腎臓病薬物療法学会が認定する腎臓病薬物療法専門薬剤師14名、腎臓病薬物療法認定薬剤師45名が認定された。腎臓病薬物療法専門・認定薬剤師には薬学を基盤とした専門的な臨床能力を発揮することによって、慢性腎臓病(CKD)患者の薬剤性腎障害や透析患者などで多発する中毒性副作用を未然に防ぐことが期待される。日本腎臓病薬物療法学会としては、関連学会と協力しつつ、「有効かつ安全で、目の前の腎臓病患者に配慮した最高の薬物療法を、医師や他の医療スタッフと協力しながら責任もって提供できる薬剤...
Yuki Kondo, Yuki Kondo, Yoichi Ishitsuka, Eri Shigemori, Mitsuru Irikura, Daisuke Kadowaki, Daisuke Kadowaki, Sumio Hirata, Sumio Hirata, Takeshi Maemura, Tetsumi Irie, Tetsumi Irie
BMC Health Services Research   14 615   Jan 2014
Copyright ? 2014 by Lippincott Williams & Wilkins. In this report, the authors described the unusual case of a patient in whom the plasma phenytoin concentration was unexpectedly not detected on a particle-enhanced turbidimetric inhibition immun...
Kenshiro Hirata, Junji Saruwatari, Yuhuki Enoki, Kazufumi Iwata, Yukino Urata, Keiji Aizawa, Kentaro Ueda, Takumi Shirouzono, Motoki Imamura, Hiroshi Moriuchi, Yu Ishima, Yu Ishima, Daisuke Kadowaki, Daisuke Kadowaki, Hiroshi Watanabe, Hiroshi Watanabe, Sumio Hirata, Sumio Hirata, Toru Maruyama, Toru Maruyama, Eiko Fukunaga
Therapeutic Drug Monitoring   36(5) 553-555   Jan 2014
Digoxin (DX) is mainly excreted unchanged in the urine. In patients undergoing hemodialysis (HD patients), the relative contribution of hepatic elimination is increased. DX is a substrate of OATP1B3 (SLCO1B3), expressed on the sinusoidal membranes...
【検査値・症状から「コレがあやしい」に気づく!透析患者のくすりと副作用】 便秘している!
平田 純生, 門脇 大介, 成田 勇樹
透析ケア   19(10) 966-969   Oct 2013

Books etc

 
HIRATA Sumio
2012   
HIRATA Sumio
2012   ISBN:978840741545
HIRATA Sumio
2012   
HIRATA Sumio
2011   ISBN:978840741545
HIRATA Sumio
2011   ISBN:9784524263837
HIRATA Sumio
2011   ISBN:9784524263837
HIRATA Sumio
2011   ISBN:9784753224838
HIRATA Sumio
2011   
HIRATA Sumio
2011   
HIRATA Sumio
2011   
HIRATA Sumio
2011   
HIRATA Sumio
2011   
HIRATA Sumio
2011   
2010   ISBN:9784840741323
HIRATA Sumio
2010   
HIRATA Sumio
2010   
HIRATA Sumio
2010   
HIRATA Sumio
2010   
HIRATA Sumio
2010   
HIRATA Sumio
2010   
HIRATA Sumio
2010   
HIRATA Sumio
2010   ISBN:9784263705803
HIRATA Sumio
2010   ISBN:9784883788071
HIRATA Sumio
2010   ISBN:9784498124707
HIRATA Sumio
2010   ISBN:9784787818140
HIRATA Sumio
2010   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   ISBN:978840741545
HIRATA Sumio
2009   ISBN:88563-186-3
HIRATA Sumio
2009   ISBN:567-49780-0
HIRATA Sumio
2009   ISBN:7532-2367-1
HIRATA Sumio
2009   ISBN:7532-2367-1
HIRATA Sumio
2009   ISBN:7532-2367-1
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   ISBN:9784753223794
HIRATA Sumio
2009   ISBN:9784753223794
HIRATA Sumio
2009   ISBN:9784753223794
HIRATA Sumio
2009   ISBN:9784753223794
HIRATA Sumio
2009   ISBN:9784753223794
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2009   
HIRATA Sumio
2008   
HIRATA Sumio
2008   ISBN:7532-2280-3
HIRATA Sumio
2008   ISBN:7532-2317-6
HIRATA Sumio
2007   
HIRATA Sumio
2007   
HIRATA Sumio
2007   
HIRATA Sumio
2007   
HIRATA Sumio
2007   
HIRATA Sumio
2007   
HIRATA Sumio
2007   
HIRATA Sumio
2007   
HIRATA Sumio
2006   
HIRATA Sumio
2006   
HIRATA Sumio
2006   
HIRATA Sumio
2006   
HIRATA Sumio
2006   
2005   ISBN:9784840734196
HIRATA Sumio
2005   
HIRATA Sumio
2005   
HIRATA Sumio
2005   
HIRATA Sumio
2005   
HIRATA Sumio
2005   
HIRATA Sumio
2004   
HIRATA Sumio
2004   
HIRATA Sumio
2004   
HIRATA Sumio
2004   
HIRATA Sumio
2004   
HIRATA Sumio
2004   
HIRATA Sumio
2003   
HIRATA Sumio
2003   
HIRATA Sumio
2000   
HIRATA Sumio
1983   

Research Grants & Projects

 
Investigation of nephrotoxicity of acetoaminophene and NSAIDs
The Other Research Programs
Project Year: 2008   
Interaction between cinacalcet and antiarrhythmia agents of substrates of CYP2D6
Basic Science Research Program
Project Year: 2009   
Investigation of elimination by continuous renal raplacement therapy
The Other Research Programs
Project Year: 2012