永井 一清

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/24 12:14
 
アバター
研究者氏名
永井 一清
 
ナガイ カズキヨ
eメール
nagaimeiji.ac.jp
URL
http://www.isc.meiji.ac.jp/~nagailab/index.html
所属
明治大学
部署
理工学部
職名
専任教授
学位
博士(工学)(明治大学大学院), 修士(明治大学大学院), 学士(明治大学)
科研費研究者番号
40350269

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
   
 
明治大学 理工学部応用化学科
 
2002年4月
 - 
2006年3月
明治大学 理工学部工業化学科
 
2000年6月
 - 
2002年3月
豪州CSIRO Petroleum および CSIRO Molecular Science
 
1997年4月
 - 
2000年6月
米国ノースカロライナ州立大学 工学部化学工学科
 
1990年4月
 - 
1997年3月
信越化学工業株式会社 シリコーン電子材料技術研究所
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1996年3月
明治大学大学院 理工学研究科 工業化学専攻
 
1988年4月
 - 
1990年3月
明治大学大学院 工学研究科 工業化学専攻
 
1984年4月
 - 
1988年3月
明治大学 工学部 工業化学科
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
ISO-TC61/SC11 - Plastic Products  Chairperson
 
2017年
 - 
現在
ISO-TC229/WG4  Expert
 
2016年
 - 
現在
次世代型膜モジュール技術研究組合研究推進委員会  委員
 
2015年
 - 
現在
SEMI Standards FPD Materials & Components Japan TC Chapter/FPD Metrology Japan TC Chapter  Committee member
 
2014年4月
   
 
日本包装学会  副会長
 

受賞

 
2003年
日本膜学会膜学研究奨励賞
 

論文

 
プラスチックと海洋ごみ問題
永井一清
日本包装学会誌   27(6)    2018年
A. Ito, T. Yasuda, T. Yoshioka, A. Yoshida, X. Li, K. Hashimoto, K. Nagai, M. Shibayama, and M. Watanabe
Macromolecules   51 7112-7120   2018年   [査読有り]
R. Iwasa, T. Suizu, H. Yamaji, T. Yoshioka, and K. Nagai
J. Membr. Sci.   550 80-90   2018年   [査読有り]
M. Hsiao, S. Nara, T. Kitagawa, and K. Nagai
J. Appl. Polym. Sci.      2018年   [査読有り]
S. Sato, R. Ido, T. Ose, Y. Takahashi, S. Kanehashi, T. Ishimura, T. Honda, T. Miyakoshi, and K. Nagai
Prog. Org. Coat   104 43-49   2017年   [査読有り]

Misc

 
JIS K 7129-7, プラスチック-フィルム及びシート-水蒸気透過度の求め方-第7部:カルシウム腐食法
JIS規格      2016年   [査読有り]
JIS K 7129-6, プラスチック-フィルム及びシート-水蒸気透過度の求め方-第6部:大気圧イオン化質量分析法
JIS規格      2016年   [査読有り]
JIS K 7129-5, プラスチック-フィルム及びシート-水蒸気透過度の求め方-第5部:圧力センサ法
JIS規格      2016年   [査読有り]
ISO 15106-7, Plastics - Film and sheeting -Determination of water vapour transmission rate - Part 7: Calcium corrosion method, First edition
ISO (the International Organization for Standardization)      2015年   [査読有り]
ISO 15106-6, Plastics - Film and sheeting - Determination of water vapour transmission rate - Part 6: Atmospheric pressure ionization mass spectrometer method, First edition
ISO (the International Organization for Standardization)      2015年   [査読有り]

書籍等出版物

 
ポリイミドの機能向上技術と応用展開~ポリイミドハイブリッド膜のガス透過性とガス分離性~
岩佐怜穂,風間伸吾,永井一清 (担当:共著)
シーエムシー出版   2017年   ISBN:978-4-7813-1243-9
ポリイミドの機能向上技術と応用展開~ポリイミドガス分離膜の設計開発~
風間伸吾,永井一清 (担当:共著)
シーエムシー出版   2017年   ISBN:978-4-7813-1243-9
Comprehensive Membrane Science and Engineering, second edition
S. Kanehashi and K. Nagai (担当:共著)
Elsevier Science   2017年   ISBN:978-0-444-63796-3
CO2削減、省エネに関する新技術、採用事例、規制対応
風間伸吾,永井一清 (担当:共著)
技術情報協会   2017年   ISBN:978-4-86104-671-1
Liquid crystalline polymers: Diffusion
N. Taniguchi and K. Nagai (担当:共著)
Elsevier   2016年   

講演・口頭発表等

 
分離膜研究の最近の話題 [招待有り]
永井一清
第7回革新的CO2膜分離技術シンポジウム   2018年2月   次世代型膜モジュール技術研究組合
真空紫外線とシランカップリング剤により表面構造を制御したポリイミド膜の気体分離特性
岩佐怜穂、水津崇宏、山持晴加、吉岡哲朗、永井一清
第55回高分子と水に関する討論会   2017年11月   高分子学会
バイオマスを原料とする高分子架橋膜の溶存酸素バリア性
長濱純人、玉木智也、加藤駿、永井一清
第55回高分子と水に関する討論会   2017年11月   高分子学会
プラスチック包装におけるガスバリアフィルムの現状と将来展望 [招待有り]
永井一清
成形加工シンポジア'17   2017年10月   プラスチック成形加工学会
バリア技術入門 ~1日半コース~ [招待有り]
永井一清
第16回基礎講座   2017年10月   一般社団法人バリア研究会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
弦鳴楽器ハープ形状革新的水素分子ふるい分離膜の創製と新規分離機構の解明
基盤研究 (C)
研究期間: 2018年 - 現在
ナノ自己組織化作用による革新的水素分離チャンネル膜の創製と新規分離機構の解明
基盤研究 (C)
研究期間: 2015年 - 2017年
InSitu法による高効率高分離CO2吸着分離膜の創製と吸着膜分離性能の最適化
基盤研究 (C)
研究期間: 2012年 - 2014年
ポリイミド・カーボンハイブリット膜の創製とその二酸化炭素透過・分離特性
基盤研究 (C)
研究期間: 2008年 - 2010年

特許

 
特開平4-359018 : シラン架橋性アルキレンオキシド重合体の製造方法
特開平4-359019 : シラン架橋性アルキレンオキシド重合体の製造方法
2005-273088 : プラスチック製ボトルのガスバリア性評価方法とそれに用いる容器及び装置
2003-305347 : 分離膜及び分離膜を用いた環境汚染物質の分離方法
2009-46252 : 多孔質ポリイミド形成用ブロック共重合体、多孔質ポリイミドおよ び絶縁材料