山口 満

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/08 17:15
 
アバター
研究者氏名
山口 満
 
ヤマグチ ミチル
URL
http://ba.sozo.ac.jp/myama/
所属
豊橋創造大学
部署
経営学部 経営学科
職名
准教授
学位
修士(工学)(豊橋技術科学大学), 博士(工学)(豊橋技術科学大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2005年4月
 - 
2007年3月
富山商船高等専門学校 情報工学科 助手
 
2007年4月
 - 
2012年3月
豊橋創造大学 情報ビジネス学部 講師
 
2012年4月
 - 
2012年8月
豊橋創造大学 経営学部 講師
 
2012年9月
 - 
現在
豊橋創造大学 経営学部 准教授
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2000年3月
豊橋技術科学大学 工学部 情報工学課程
 
2000年4月
 - 
2002年3月
豊橋技術科学大学 工学研究科 情報工学専攻
 
2002年4月
 - 
2005年3月
豊橋技術科学大学 工学研究科 電子・情報工学専攻
 

論文

 
Pitch estimation for mixed tones with overlapped harmonic components using comb filters and auto-correlation functions
M. Yamaguchi and Y. Tadokoro
Proc. SCIS & ISIS 2008   861-864   2008年9月   [査読有り]
Pitch Estimation of difficult polyphony sounds overlapping some frequency components
Y. Tadokoro, M. Natsui, Y. Seto, and M. Yamaguchi
Proc. ICINCO’06   168-173   2006年8月   [査読有り]
くし形フィルタに基づく歌唱音の自動採譜に関する研究
山口 満
豊橋技術科学大学      2005年1月   [査読有り]
並列構成くし形フィルタの出力値に注目した採譜のための音高推定法
森田健夫,山口満,田所嘉昭
電子情報通信学会論文誌D-II   J87-D-II(12) 2271-2279   2004年12月   [査読有り]
Pitch estimation for musical sounds with percussion sound using resonator-type comb filters
Y. Tadokoro, T. Fujiwara, T. Saito, and M. Yamaguchi
Proc. TENCON’04   A 88-91   2004年11月   [査読有り]
Musical instrument estimation using linear prediction method
Y. Tadokoro, K. Tanishita, and M. Yamaguchi
Proc. IWSSIP’04   207-210   2004年9月   [査読有り]
Pitch estimation of polyphony based on controlling delays of comb filters for transcription
M. Yamaguchi and Y. Tadokoro
Proc. 11th DSP Workshop   371-375   2004年8月   [査読有り]
並列構成くし形フィルタと特異値分解による多重唱の音高推定
山口 満
電子情報通信学会論文誌D-II   J87-D-II(4) 1020-1029   2004年4月   [査読有り]
本論文では,歌唱音,特に多重唱に対する音高推定法として,くし形フィルタの12個並列接続構成および特異値分解を使用した,調波成分の減少検出に基づく新しい方式を提案した.実験より,精度良く多重唱の音高推定が実現できることを示した.
Pitch estimation of polyphonic songs using comb filters and singular value decomposition
M. Yamaguchi and Y. Tadokoro
Proc. TENCON’03   1 375-379   2003年10月   [査読有り]
Pitch detection of musical sounds using adaptive comb filters controlled by time delay
Y. Tadokoro, W. Matsumoto, and M. Yamaguchi
Proc. ICME’02   1 109-112   2002年8月   [査読有り]
二重くし形フィルタによる独唱・二重唱の音高推定
山口満,三輪多恵子,斎藤努,田所嘉昭
電気学会論文誌C   121-C(12) 1853-1859   2001年12月   [査読有り]
Pitch detection of duet song using double comb filters
Y. Tadokoro and M. Yamaguchi
Proc. ECCTD’01   I 57-60   2001年8月   [査読有り]

Misc

 
オンラインの特徴を活かした動物園マップの作成
山口 満
豊橋創造大学紀要   (23) 11-20   2019年3月   [査読有り]
避難所における情報提供を目的としたピクトグラムの作成
三輪多恵子,山口満
豊橋創造大学紀要   (23) 1-9   2019年3月   [査読有り]
漢文テキストの縦書きWeb表示に関する検討
山口満,三輪多恵子
豊橋創造大学紀要   (21) 29-36   2017年3月   [査読有り]
プロジェクト活動の成果と課題―豊橋総合動植物公園との連携を通じて―
三輪多恵子,山口満
豊橋創造大学紀要   (21) 19-27   2017年3月   [査読有り]
中国笑話集を対象とした文字情報検索システムの機能改善
梅田貴士,山口満,島田大助
豊橋創造大学紀要   (15) 195-198   2011年3月   [査読有り]
運筆情報に基づいた古文書に含まれる仮名くずし文字の特徴分析
三輪多恵子,山口満,島田大助
豊橋創造大学紀要   (15) 37-46   2011年3月   [査読有り]
中国笑話集における文字情報のデータベース化
梅田貴士,山口満,島田大助
豊橋創造大学紀要   (14) 147-150   2010年3月   [査読有り]
くし形フィルタと自己相関関数に基づく調波成分が重複する混合音の音高推定
山口満, 田所嘉昭
情処学音楽情報科学研報   2007-MUS(72-10) 49-54   2007年10月
Resonator Fourier Transformによる近接周波数のフーリエ係数推定
山口満, 田所嘉昭
信学技報   DSP2002(218) 53-58   2003年3月
並列構成くし形フィルタと特異値分解に基づく多重唱の音高推定法に関する検討
山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭
信学技報   DSP2002(110) 1-6   2002年9月
並列構成くし形フィルタによる和音の音高検出法の検討
山口満, 森田健夫, 三輪多恵子, 田所嘉昭
信学技報   DSP2001(204) 57-64   2002年3月
縦続接続くし形フィルタ構成による多重唱の音高推定の検討
山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭
情処学音楽情報科学研報   2001-MUS(41-10) 55-60   2001年8月
並列構成くし形フィルタによる歌唱の採譜の基礎検討
山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭
信学技報   DSP2000(94) 33-38   2000年9月

書籍等出版物

 
東アジアの古典文学における笑話
荒尾禎秀,琴榮辰,崔溶澈,佐伯孝弘,藤井史果,川上陽介,島田大助,山口満 (担当:共著, 範囲:漢文テキストのWeb表示 -縦書きWebレイアウトに関する取り組み-)
新葉館出版   2017年10月   

講演・口頭発表等

 
社会人基礎力養成に係る教育効果の主観的・客観的評価事例
早瀬光浩,見目喜重,今井正文,山口満
大学教育改革フォーラムin東海2015   2015年3月   
情報活用力の修得を目的とした科目「ICT応用」におけるICTの活用事例とその効果
三輪多恵子,山口満,見目喜重
平成26年度教育改革ICT戦略大会   2014年9月   
社会人基礎力養成に係る教育効果測定(評価)と指導方法のあり方に関する事例発表
森田佐知子,今井正文,山口満,見目喜重,三好哲也
大学教育改革フォーラムin東海2014   2014年3月   
地域企業との協働プロジェクトを通した総合的学士力養成プログラムの試み
山口満,村松東,見目喜重,今井正文,三好哲也
大学教育改革フォーラムin東海2013   2013年3月   
プッシュ型問題配信に基づくeラーニングシステムSozo Platzの開発
山口満, 桐木道彦, 遠山直人
平24東海連大   2012年9月   
くし形フィルタ出力の自己相関関数に注目した調波成分が重複する混合音の音高推定
山口満, 田所嘉昭
2007信学ソ大(基礎・境界)   2007年9月   
Pitch estimation of musical polyphony sounds having same frequency components for transcription
Y. Tadokoro, K. Noguchi and M. Yamaguchi
Third Symposium on Intelligent Human Sensing (IHSS2005)   2005年3月   
Study on tracking system of singer and transcription system for its song sound
Y. Tadokoro, K. Noguchi, K. Obata and M. Yamaguchi
Second Symposium on Intelligent Human Sensing (IHSS2004)   2004年2月   
くし形フィルタの遅延数制御による混合音の音高推定
山口満, 松本弥, 田所嘉昭
電子情報通信学会第18回ディジタル信号処理シンポジウム   2003年11月   
resonator Fourier transformによる近接するスペクトル成分の判別
山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭
2003信学総大   2003年3月   
Study on location estimation system of song sound source in additive noises and its transcription system
Y. Tadokoro, K. Noguchi, K. Obata and M. Yamaguchi
First Symposium on Intelligent Human Sensing (IHSS2003)   2003年3月   
並列構成くし形フィルタと特異値分解による多重唱の音高推定
山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭
2002信学総大   2002年3月   
縦続接続くし形フィルタ構成による三重唱の音高推定
山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭
平13東海連大   2001年11月   
多重くし形フィルタによる二重唱の採譜の検討
山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭
2001信学総大   2001年3月   
くし形フィルタによる歌唱のピッチ推定の実験結果
山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭
2000信学ソ大(基礎・境界)   2000年10月   
くし形フィルタによる歌唱音のピッチ推定の基礎検討
山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭
平12東海連大   2000年9月   
異なるオクターブの同一音名和音に対する楽器推定法の検討
山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭
2000信学総大   2000年3月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
山口 満   Webサービス   2019年5月
地域連携プロジェクト「のんほいパーク盛り上げ隊!」として豊橋総合動植物公園と連携し,写真コンテスト「のんほいプチフォトコン」サイトを構築した。
山口 満   Webサービス   2018年3月
地域連携プロジェクト「のんほいパーク盛り上げ隊!」で蓄積したデータや豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)公式SNSの情報を基に,Googleマップを活用した動物園案のための内マップサービスを構築し公開した.
山口 満   Webサービス   2011年9月
『中国笑話集と日本文学・日本語との関連に関する研究』の過程において、「笑林広記」「笑府」の全ページを画像で参照できるサイトを構築した。現在はテキスト検索機能を実装中である。

競争的資金等の研究課題

 
近世笑話本に関する総合的研究
日本学術振興会: 科研費基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 島田 大助(研究分担者:山口 満)
東アジアの笑話と日本語・日本文学に関する複合的研究
日本学術振興会: 科研費基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 川上 陽介(研究分担者:山口 満)

社会貢献活動

 
ポイントカードにみる企業戦略とICT ~Pontaカード vs T-POINTカード~
【講師】  愛知県教育委員会  あいちの大学『学び』フォーラム2014  2014年8月9日
情報ネットワークの過去・現在・未来
【講師】  豊橋創造大学・豊橋市教育委員会  市民大学トラム「生活の中のIT技術と情報の創造的活用」  2008年7月12日