土谷 佳樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/29 19:52
 
アバター
研究者氏名
土谷 佳樹
 
ツチヤ ヨシキ
所属
京都府立医科大学
部署
統合生理学
職名
講師
学位
博士(生命科学)(京都大学), 修士(生命科学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
京都府立医科大学 統合生理学 講師
 
2008年4月
 - 
2012年3月
同志社大学 生命医科学部 医生命システム学科 助教
 
2005年4月
 - 
2008年3月
京都大学大学院生命科学研究科研究員(科学研究)
 
2004年4月
 - 
2005年3月
日本学術振興会特別研究員(DC2)
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2005年3月
京都大学 大学院生命科学研究科 統合生命科学専攻
 
1996年4月
 - 
2000年3月
京都大学 理学部 
 

論文

 
Ohashi M, Umemura Y, Koike N, Tsuchiya Y, Inada Y, Watanabe H, Tanaka T, Minami Y, Ukimura O, Miki T, Tajiri T, Kondoh G, Yamada Y, Yagita K
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   23(2) 60-69   2018年2月   [査読有り]
Yoo SH, Kojima S, Shimomura K, Koike N, Buhr ED, Furukawa T, Ko CH, Gloston G, Ayoub C, Nohara K, Reyes BA, Tsuchiya Y, Yoo OJ, Yagita K, Lee C, Chen Z, Yamazaki S, Green CB, Takahashi JS
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114(42) E8855-E8864   2017年10月   [査読有り]
Umemura Y, Koike N, Ohashi M, Tsuchiya Y, Meng QJ, Minami Y, Hara M, Hisatomi M, Yagita K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114(36) E7479-E7488   2017年9月   [査読有り]
Hara M, Minami Y, Ohashi M, Tsuchiya Y, Kusaba T, Tamagaki K, Koike N, Umemura Y, Inokawa H, Yagita K
Scientific reports   7(1) 7306   2017年8月   [査読有り]
Tsuchiya Y, Umemura Y, Minami Y, Koike N, Hosokawa T, Hara M, Ito H, Inokawa H, Yagita K
Journal of biological rhythms   31(1) 48-56   2016年2月   [査読有り]

Misc

 
プロテアソームリカバリーにおける転写因子Nrf1の遺伝子発現機構
小林 聡, 土谷 佳樹
生化学   86(2) 265-268   2014年4月
タンパク質キナーゼCK2による哺乳類概日リズム制御機構
土谷 佳樹, 明石 真, 西田 栄介
実験医学   27(19) 3130-3133   2009年12月

書籍等出版物

 
時間生物学事典 - 16. 温度補償性 (共著)
朝倉書店   2008年   

講演・口頭発表等

 
Dual regulation of the transcriptional activity of Nrf1 by β-TrCP- and Hrd1-dependent degradation mechanisms.
土谷 佳樹
第34回日本分子生物学会年会   2011年12月   
The role of CK2 in the regulation of the mammalian circadian rhythms. [招待有り]
Tsuchiya Y
6th International Conference on Protein Kinase CK2.   2010年9月10日   
哺乳類概日時計におけるCK2 の役割
土谷 佳樹
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会   2007年12月