山口 道昭

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/27 03:00
 
アバター
研究者氏名
山口 道昭
 
ヤマグチ ミチアキ
URL
http://yama2015.yukihotaru.com/
所属
立正大学
部署
法学部法学科
職名
教授
学位
法学士(慶應義塾大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2002年4月
 - 
現在
立正大学 法学部 法学科 教授
 

学歴

 
1974年4月
 - 
1978年3月
慶應義塾大学 法学部 政治学科
 

委員歴

 
1996年10月
 - 
現在
運営委員
 
1998年10月
 - 
現在
企画部会員
 
2004年8月
 - 
現在
編集部会員
 
2005年1月
 - 
現在
学会賞法律小委員会委員
 
2006年8月
 - 
現在
運営委員
 

受賞

 
1998年
地方自治法施行50周年記念懸賞論文優秀賞
 

論文

 
都道府県と市町村との対等化
都市問題   108(8) 76-84   2017年8月   [招待有り]
コーディネーターと政策法務
ガバナンス   (195) 21-23   2017年7月   [招待有り]
相模原障害者殺傷事件が自治体福祉行政に与える課題
地方自治職員研修   (701) 15-17   2017年7月   [招待有り]
市町村に対する都道府県の「補完」のあり方(1)(2) ─岩手県の事例をとおして考える
自治研究   92(7・8) 24,17-45,35   2016年6月
高校・大学との連携と自治体
ガバナンス   (181) 26-28   2016年4月   [招待有り]

Misc

 
「多様性行政」における政治志向と行政志向―生活保護世帯における子どもの就学を中心に
年報行政研究   (52) 89-112   2017年5月   [依頼有り]
エクセレント=卓越した自治体とは
地方自治職員研修   (692) 12-14   2016年10月   [依頼有り]
市民参加と市民協働
自治体法務検定公式テキスト 政策法務編 平成27年度検定対応   235-256   2015年1月   [依頼有り]
生活困窮者に対する「総合的な相談支援」を行うための課題と方向性 地域福祉としての生活困窮者自立支援─総論
生活困窮者自立支援・生活保護に関する都市自治体の役割と地域社会との連携      2014年4月   [依頼有り]
今さら聞けない地方行政
日経グローカル   (169-193)    2011年4月

書籍等出版物

 
子ども・子育て支援
第一法規   2017年6月   
自治体職員の窓口対応―その特性と対応の見極め 保育所の入所資格を満たしているのに入所保留になった
第一法規   2017年4月   
福祉行政の基礎
1   2016年10月   
広域連携
第一法規   2015年9月   
政策法務の最前線
9   2015年2月   

講演・口頭発表等

 
『多様性行政』における政治志向と行政志向―生活保護世帯における子どもの就学を例に [招待有り]
2016年度日本行政学会 共通論題Ⅱ <多様性と行政>   2016年5月22日   日本行政学会
生活保護の制度運用─執行法務の観点からみた裁量行使の正当化理由に関して
2014年度日本公共政策学会個別テーマセッションⅡ 政策実施のなかのルールと裁量のバランス:生活保護制度を事例に   2014年6月8日   日本公共政策学会
地方自治論 [招待有り]
2012年1月20日   
監査制度 [招待有り]
2011年11月10日   
リーガルドック [招待有り]
2011年7月15日   

社会貢献活動

 
(埼玉県)上里町行政不服審査会
【】  上里町役場  2016年4月 - 現在
岩手県山田町NPO事案の再検証に関する有識者会議
【助言・指導】  岩手県庁  2016年1月 - 2016年2月
熊谷市中核市移行に関する有識者懇話会
【助言・指導】  熊谷市役所  2016年1月 - 2016年2月