今田 勝巳

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/12 13:18
 
アバター
研究者氏名
今田 勝巳
 
イマダ カツミ
所属
大阪大学
部署
大学院理学研究科 高分子科学専攻
学位
博士(理学)(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2010年10月
 - 
現在
大阪大学 大学院理学研究科 高分子科学専攻 教授
 
2007年4月
 - 
2010年9月
大阪大学 大学院生命機能研究科 准教授
 
2004年12月
 - 
2008年3月
科学技術振興機構 ICORP 超分子ナノマシンプロジェクト グループリーダー(兼)
 
2002年4月
 - 
2007年3月
大阪大学 大学院生命機能研究科 助教授
 
1997年10月
 - 
2002年3月
科学技術振興事業団 ERATO 難波プロトニックナノマシンプロジェクト グループリーダー
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1992年3月
大阪大学 理学研究科 高分子学
 
1983年4月
 - 
1987年3月
大阪大学 理学部 高分子学科
 

受賞

 
2006年
ひょうごSPring-8賞
 
2008年
Best Poster from Students at the XXI Congress of the International Union of Crystallography
 
2009年
第9回日本蛋白質科学会年会ポスター賞
 

論文

 
Naoya Terahara, Yumi Inoue, Noriyuki Kodera, Yusuke V. Morimoto, Takayuki Uchihashi, Katsumi Imada, Toshio Ando, Keiichi Namba, Tohru Minamino
Science Advances   4(4) eaao7054   2018年4月   [査読有り]
Katsumi Imada
Biophysical Reviews   10(2) 559   2018年4月   [査読有り]
Kojima S, Takao M, Almira G, Kawahara I, Sakuma M, Homma M, Kojima C, Imada K.
Structure   26(4) 590-598.e5   2018年   [査読有り]
Kinoshita M, Furukawa Y, Uchiyama S, Imada K, Namba K, Minamino T.
Biochemical and Biophysical Research Communications   496(1) 12-17   2018年   [査読有り]
Terashima H, Kawamoto A, Tatsumi C, Namba K, Minamino T, Imada K.
mBio   9(3)    2018年   [査読有り]
Structural differences in the bacterial flagellar motor among bacterial species
Terashima H, Kawamoto A, Morimoto YV, Imada K, Minamino T.
Biophys Physicobiol   14 191-198   2017年12月   [査読有り]
Imada K.
Methods in Molecular Biology   1593 97-103   2017年   [査読有り]
Kumar A, Isumi M, Sakuma M, Zhu S, Nishino Y, Onoue Y, Kojima S, Miyanoiri Y, Imada K, Homma M.
Journal of Biochemistry   161(4) 331-337   2017年   [査読有り]
Fukumura T, Makino F, Dietsche T, Kinoshita M, Kato T, Wagner S, Namba K, Imada K, Minamino T.
PLoS Biology   15(8)    2017年   [査読有り]
Kinoshita M, Nakanishi Y, Furukawa Y, Namba K, Imada K, Minamino T.
Molecular Microbiology   101(4) 656-670   2016年   [査読有り]

Misc

 
Insights into the Stator Assembly of the Na+-Driven Vibrio Flagellar Motor from the Crystal Structure of MotY
SPring-8 Research Frontiers 2009   34-35    2010年
Stator Assembly and Activation Mechanism of the Flagellar Motor Revealed by the Crystal Structure of the Periplasmic Region of MotB
SPring-8 Research Frontiers 2009   36-37    2010年
Extensive Structural Similarity between the Flagellar Type III ATPase FliI and F1-ATPase Subunits
SPring-8 Research Frontiers 2007   32-33    2008年
海産性好熱性細菌 Rhodothermus marinus 由来イソアミラーゼの精製,性質検討及びX線結晶構造解析
岡山大学農学部学術報告   Vol. 97, pp1-7    2008年
Structure of the bacterial flagellar hook and implication for the molecular universal joint mechanism
Annual Report of Osaka University   6:42-45    2005年
生体超分子のユニバーサルジョイント. In silicoで探る細菌べん毛フックのメカニズム
蛋白質 核酸 酵素   50, No.10, 1335-1340    2005年
<1分子>生物学
岩波書店      2004年
生化学辞典(弟3版)共著
東京化学同人      1998年

書籍等出版物

 
生物物理48巻1号「細菌べん毛繊維は分子間相互作用とフラストレーションを利用して超らせん構造の変化を制御する」
日本生物物理学会   2008年   

Works

 
生体超分子ナノマシンの構造解析
2002年 - 2007年
超分子擬似原子分解能電子線・X線構造解析法
2004年

競争的資金等の研究課題

 
細菌べん毛を対象として分子構造と機能の解析により、生物巨大分子集合体の自己構築、形態変換