今田 勝巳

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
今田 勝巳
 
イマダ カツミ
所属
大阪大学
部署
大学院理学研究科 高分子科学専攻
学位
博士(理学)(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
 - 
1993年
 (財)高輝度光科学研究センター 企画調査部
 
1993年
 - 
1997年
 松下電器産業株式会社 中央研究所 リサーチアソシエエイト
 
1997年
 - 
2002年
 科学技術振興事業団 ERATO難波プロトニックナノマシンプロジェクト
 
 
   
 
分子構築グループリーダー
 
2002年
 - 
現在
 大阪大学大学院生命機能研究科 ナノ生体科学講座 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1992年
大阪大学 理学研究科 高分子学
 
 
 - 
1987年
大阪大学 理学部 高分子学科
 

受賞

 
2006年
ひょうごSPring-8賞
 
2008年
Best Poster from Students at the XXI Congress of the International Union of Crystallography
 
2009年
第9回日本蛋白質科学会年会ポスター賞
 

Misc

 
SAMATEY F A, MATSUNAMI H, IMADA K, NAGASHIMA S, SHAIKH T R, THOMAS D R, CHEN J Z, DEROSIER D J, KITAO A
nature   431(7012) 1062-1068   2004年
SAMATEY Fa, MATSUNAMI H, IMADA K, NAGASHIMA S, NAMBA K
Acta Crystallogr   60 2078-2080   2004年
IWASE R, IMADA K, HAYASHI F, UZUMAKI T, NAMBA K, ISHIURA M
Acta Crystallogr   60 727-729   2004年
HAYASHI F, SUZUKI H, IWASE R, UZUMAKI T, SHEN J‐R, IMADA K, FURUKAWA Y, YONEKURA K, ISHIURA M
Genes to Cells.   8(3) 287-296   2003年
INOUE H, TAMURA T, EHARA N, NISHITO A, NAKAYAMA Y, MAEKAWA M, IMADA K, TANAKA H, INAGAKI K
FEMS Microbiol Lett.   214(1) 127-132   2002年

書籍等出版物

 
生物物理48巻1号「細菌べん毛繊維は分子間相互作用とフラストレーションを利用して超らせん構造の変化を制御する」
日本生物物理学会   2008年   

Works

 
生体超分子ナノマシンの構造解析
2002年 - 2007年
超分子擬似原子分解能電子線・X線構造解析法
2004年

競争的資金等の研究課題

 
細菌べん毛を対象として分子構造と機能の解析により、生物巨大分子集合体の自己構築、形態変換