槇島 誠

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/02 05:49
 
アバター
研究者氏名
槇島 誠
 
マキシマ マコト
eメール
makishima.makotonihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
医学部医学科生化学
職名
教授
学位
博士(医学)(自治医科大学)
科研費研究者番号
70346146

研究分野

 
 

経歴

 
1987年6月
 - 
1989年5月
防衛医科大学校病院・自衛隊中央病院初任実務研修医官
 
1989年6月
 - 
1991年7月
陸上自衛隊大宮駐屯地医官
 
1991年8月
 - 
1993年7月
防衛医科大学校内科学第3講座専門研修医官
 
1993年8月
 - 
1996年3月
埼玉県立精神保健総合センター診療部医員
 
1996年4月
 - 
1998年3月
埼玉県立精神保健総合センター診療部医長
 

学歴

 
 
 - 
1987年
防衛医科大学校 医学部 
 

委員歴

 
2011年11月
 - 
2011年11月
日本レチノイド研究会  日本レチノイド研究会第22回学術集会 会頭
 
2010年11月
   
 
胆汁酸研究会  世話人
 
2010年6月
   
 
日本ビタミン学会  評議員
 
2008年11月
   
 
日本レチノイド研究会  幹事
 
2006年4月
   
 
脂溶性ビタミン総合研究委員会  委員
 

論文

 
Unexpected emergence of luciferase-inhibitory activity during structural development study of phenyloxadiazole-based PPAR ligands
Ryuta Shioi, Yosuke Toyota, Tomomi Noguchi-Yachide, Minoru Ishikawa, Takao Yamaguchi, Makoto Makishima, Yuichi Hashimoto, and Kenji Ohgane
Heterocycles   in press   2018年   [査読有り]
Shigeyuki Uno, Torahiko Tanaka, Hiroki Ashiba, Makoto Fujimaki, Mutsuo Tanaka, Yoshihiro Hatta, Masami Takei, Koichi Awazu, and Makoto Makishima
Journal of Bioscience and Bioengineering   126(1) 131-137   2018年7月   [査読有り]
Abraham Neelankal John, Zafar Iqbal, Shane Colley, Grant Morahan, Makoto Makishima, and Fang-Xu Jiang
Diabetes & Metabolism   44(3) 269-280   2018年6月   [査読有り]
ビタミンDの生理作用と作用メカニズム
槇島誠
食と医療   5 20-27   2018年4月   [招待有り]
Masaru Nakagawa, Sigeyuki Uno, Noriyoshi Iriyama, Manabu Matsunawa, Makoto Makishima, Jin Takeuchi, Isao Tsuboi, Yoshihiro Hatta, and Masami Takei
Toxicology and Applied Pharmacology   345 48-56   2018年4月   [査読有り]

Misc

 
Kaori Endo-Umeda, Hiroyuki Nakashima, Shihoko Komine-Aizawa, Naoki Umeda, Shuhji Seki, and Makoto Makishima
Scientific Reports   18(1) 9281   2018年6月   [査読有り]
脂質応答性核内受容体と大腸癌
槇島誠
肝胆膵   72(5) 839-836   2016年5月   [依頼有り]
Ichiro Takada, and Makoto Makishima
Expert Opinion on Therapeutic Patents   25(12) 1373-1383   2015年12月   [査読有り][依頼有り]
非セコステロイドビタミンD受容体作用薬とその治療応用への展望
槇島誠
Clinical Calcium   25(3) 403-411   2015年3月   [依頼有り]
Takada, I., and Makishima, M.
Expert Opinion on Therapeutic Patents   25(2) 175-191   2015年2月   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
Cooperative regulation of expression of cytochrome P450 enzymes by aryl hydrocarbon receptor and vitamin D receptor. In: Yamasaki H (ed), Fifty Years of Cytochrome P450 Research
Makoto Makishima (担当:共著, 範囲:277-290)
Springer Japan   2014年7月   ISBN:978-4431549918
The bile acid derivative lithocholic acid acetate and lithocholic acid propionate are functionally selective vitamin D receptor ligands. In: Feldman D., Pike JW, and Adams JS (eds), Vitamin D, third edition
Makishima M, and Yamada S (担当:共著, 範囲:1509-1524)
Academic Press   2011年6月   ISBN:978-0123870346
Nuclear receptors sense bile acid metabolism: A hormonal action of bile acids. In: Morikawa K, Tate S (eds), Functional and Structural Biology on the Lipo-network
Makishima M
Transworld Research Network   2006年   ISBN:81-7895-232-7
核内レセプターによるコレステロール胆汁酸代謝調節. 食習慣を監視する分子メカニズム. 荒川泰行(編) 消化器病学の進歩 2005 ― モノグラフ ― 肝・胆・膵 編
槇島誠
日本消化器病学会   2005年   
Vitamin D receptor as a bile acid sensor. In: Paumgartner P (ed), Falk Symposium. No. 129. Bile acids: From Genomics to Disease and Therapy
Lu, T. T., Makishima, M., and Mangelsdorf, D. J. (担当:共著, 範囲:39-45)
Kluwer Academic Publishers   2003年   ISBN:978-0792387817

講演・口頭発表等

 
ビタミンD受容体の糞中胆汁酸代謝への関与
石澤通康、槇島誠
日本レチノイド研究会第28回学術集会   2017年11月18日   
肝臓免疫細胞における核内受容体LXRの自然免疫調節作用
梅田(遠藤)香織、中島弘幸、梅田直、関修司、槇島誠
日本レチノイド研究会第28回学術集会   2017年11月18日   
Phenanthridin-6(5H)-one骨格を有する非ステロイド型プロゲステロン受容体拮抗薬
西山郵子、森修一、槇島誠、藤井晋也、影近弘之、橋下祐一、石川稔
日本レチノイド研究会第28回学術集会   2017年11月18日   
高脂肪食摂取マウスの胆汁酸代謝系におけるビタミンD受容体の関与
石澤通康、槇島誠
第39回胆汁酸研究会   2017年11月11日   
腸管粘膜由来SW480細胞でのビタミンD依存性カルシウムチャネルTRPV6の発現誘導におけるp38とGADD45Aの関与
石澤通康、赤木大輔、山本純平、槇島誠.腸管粘膜由来SW480細胞でのビタミンD依存性カルシウムチャネルTRPV6の発現誘導におけるp38とGADD45Aの関与
第356回脂溶性ビタミン総合研究委員会   2017年9月8日   

特許

 
特願2007-147866 : 作用選択的ビタミンD受容体作用剤
特願2006-077193 : 神経突起伸長誘導剤
特願2003-115518 : コレステロール血症治療薬
特願2002-376589 : アディポネクチンプロモーターおよびその用途
特許出願平9-173408 : 9−シス−レチノイン酸−α−トコフェロールエステルを含有する白血病治療薬