藏増 嘉伸

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/17 02:41
 
アバター
研究者氏名
藏増 嘉伸
 
クラマシ ヨシノブ
所属
筑波大学
部署
計算科学研究センター
職名
教授
学位
博士(理学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年10月
 - 
2013年3月
筑波大学 数理物質系 准教授
 
2016年4月
   
 
筑波大学 計算科学研究センター 教授
 

論文

 
Ono, Hiroshi;Kuramashi, Yoshinobu;Nakamura, Yoshifumi;Takeda, Shinji
PoS LATTICE2018   174 1-7   2019年5月   [査読有り]
We report our study on the critical endpoint of the finite temperature phase transition in 4-flavor QCD with Wilson-Clover fermions. Using the kurtosis intersection method, we determined the critical endpoint on lattices with Nt = 4, 6 and 8. Our ...
Kadoh, Daisuke; Kuramashi, Yoshinobu; Nakamura, Yoshifumi; Sakai, Ryo; Takeda, Shinji; Yoshimura, Yusuke
JOURNAL OF HIGH ENERGY PHYSICS   (5)    2019年5月   [査読有り]
Calculation of
Kakazu, Junpei;Ishikawa, Ken-ichi;Ishizuka, Naruhito;Kuramashi, Yoshinobu;Nakamura, Yoshifumi;Namekawa, Yusuke;Taniguchi, Yusuke;Ukita, Naoya;Yamazaki, Takeshi;Yoshie, Tomoteru
Proceedings of Science   LATTICE2018(265)    2019年5月
Relation between scattering amplitude and Bethe-Salpeter wave function in quantum field theory
Yamazaki, Takeshi;Kuramashi, Yoshinobu
Proceedings of Science   LATTICE2018(077)    2019年5月   [査読有り]
Ishikawa, K-I;Ishizuka, N.;Kuramashi, Y.;Nakamura, Y.;Namekawa, Y.;Taniguchi, Y.;Ukita, N.;Yamazaki, T.;Yoshie, T.
PHYSICAL REVIEW D   99(1)    2019年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Hadron Matrix Elements in Lattice QCD
藏増, 嘉伸
1995年3月   
12TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MESON-NUCLEON PHYSICS AND THE STRUCTURE OF THE NUCLEON (MENU 2010)
Yamazaki,T.;Kuramashi,Y. (担当:分担執筆, 範囲:Calculation of Helium nuclei in quenched lattice QCD)
AMER INST PHYSICS   2011年1月   ISBN:9780735409347

講演・口頭発表等

 
物理点での大規模格子QCDによる軽中間子形状因子計算
Kakazu, Junpei;Ishikawa, Ken-ichi;Ishizuka, Naruhito;Kuramashi, Yoshinobu;Nakamura, Yoshifumi;Namekawa, Yusuke;Taniguchi, Yusuke;Ukita, Naoya;Yamazaki, Takeshi;Yoshie, Tomoteru
日本物理学会2018年秋季大会   2018年9月14日   
Nucleon form factors on a (10.8fm)^4 lattice at the physical point in 2+1 flavor QCD
Kuramashi, Yoshinobu;Shintani, Eigo;Ishikawa, Ken-ichi;Sasaki, Shoichi;Tsukamoto, Natsuki;Yamazaki, Takeshi
Lattice 2018   2018年7月22日   
Relation between scattering amplitude and Bethe-Salpeter wave function in quantum field theory
Yamazaki, Takeshi;Kuramashi, Yoshinobu
Lattice 2018   2018年7月22日   
Calculation of K→πlν form factor in Nf=2+1 QCD at physical point on (10 fm)^3
Kakazu, Junpei;Ishikawa, Ken-ichi;Ishizuka, Naruhito;Kuramashi, Yoshinobu;Nakamura, Yoshifumi;Namekawa, Yusuke;Taniguchi, Yusuke;Ukita, Naoya;Yamazaki, Takeshi;Yoshie, Tomoteru
Lattice 2018   2018年7月22日   
Nucleon form factors on a (10.8fm)^4 lattice at the physical point in 2+1 flavor QCD
Kuramashi, Yoshinobu;Shintani, Eigo;Ishikawa, Ken-Ichi;Sasaki, Shoichi;Tsukamoto, Natsuki;Yamazaki, Takeshi
The 36th International Symposium on lattice field theory (Lattice 2018)   2018年7月22日   

競争的資金等の研究課題

 
基礎科学のフロンティア - 極限への挑戦(基礎科学の挑戦-複合・マルチスケール問題を通した極限の探求)
文部科学省: ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題に関するアプリケーション開発・研究開発
研究期間: 2016年8月 - 2020年3月    代表者: 久保百司
量子力学の創始以来、量子力学的多体問題を自由に解くことは理論科学者にとっての長年の夢であり、仮にそれが可能になるならば、新しいメカニズムによる量子凝縮、超伝導などの可能性、宇宙や物質の起源に迫るクォーク・グルーオン系相図の問題、近年進展著しい極低温原子系で実現される量子多体問題、わけても量子計算や量子通信に関わる問題、など多くの分野に強いインパクトを与えるものとなろう。近年、情報数理コミュニティと理論物理学コミュニティの接点において誕生したテンソルネットワーク法は、そのようなブレイクスルー...
ポストペタスケールに対応した階層モデルによる超並列固有値解析エンジンの開発
独立行政法人科学技術振興機構: 出資金による受託研究
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月    代表者: 櫻井鉄也
ポストペタスケールに向けた次々世代のコンピュータアーキテクチャでは, 深く階層化された超並列構造が想定される. 本プロジェクトでは, 大規模計算の実行において多くの時間を占め高速化のニーズが高い固有値計算を対象として, 次々世代のスーパーコンピュータのハードウェア性能を十分に引き出すことの出来る「超並列固有値解析エンジン」を開発する.