本庄 武

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/01 03:30
 
アバター
研究者氏名
本庄 武
eメール
t.honjor.hit-u.ac.jp
所属
一橋大学
部署
法学研究科
職名
教授

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2002年7月
 - 
2007年10月
一橋大学 法学研究科 講師
 
2007年11月
 - 
2014年5月
一橋大学 法学研究科 准教授
 
2014年6月
 - 
現在
一橋大学 法学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1996年3月
一橋大学 法学部 
 
 
 - 
2001年7月
一橋大学 法学研究科 刑事法学
 

受賞

 
2014年12月
刑事司法及び少年司法に関する教育・学術研究推進センター 第1回守屋研究奨励賞
 
著書『少年に対する刑事処分』(現代人文社、2014年)を対象とするもの。

論文

 
本庄 武
一橋研究   24(1) 79-109   1999年4月
本庄 武
一橋研究   24(2) 113-146   1999年7月
本庄 武
矯正講座   (22) 151-160   2001年4月
本庄 武
一橋法学   1(1) 173-224   2002年3月
刑罰の積極的一般予防効果の心理学的検討
本庄 武
法と心理   2(1) 76-91   2002年4月   [査読有り]

Misc

 
危険運転致傷罪
本庄 武
刑法判例百選Ⅱ各論[第7版]   16-17   2014年8月   [依頼有り]
本庄 武
比較法研究   (39) 186-193   2014年12月   [依頼有り]
刑務所医療
本庄 武
刑法雑誌   54(3) 524-529   2015年7月   [依頼有り]
責任能力と期待可能性の関係
本庄 武
新・判例解説Watch   (17)    2015年9月   [査読有り][依頼有り]
書評・木附千晶・福田雅章(文)・DCI日本(監修)『子どもの権利条約ハンドブック』
本庄 武
週刊金曜日   (1085) 51   2016年4月

書籍等出版物

 
少年に対する刑事処分
本庄 武
現代人文社   2014年3月   ISBN:978-4-87798-577-6
マクマーチン裁判の深層―全米史上最長の子ども性的虐待事件裁判 (共訳)
E.W.バトラー, H.フクライ, J-E.ディミトリウス, R.クルース(著), 黒沢 香, 庭山 英雄(編訳) (担当:共訳)
北大路書房   2004年4月   
冤罪を生む構造―アメリカ雪冤事件の実証研究 (共訳)
笹倉香奈, 豊崎七絵, 本庄 武, 徳永 光 (担当:共訳)
日本評論社   2014年7月   
刑罰制度改革の前に考えておくべきこと
本庄 武, 武内 謙治 (担当:共編者, 範囲:受刑者の法的地位と自由刑の改革)
日本評論社   2017年12月   ISBN:978-4-535-52294-7

講演・口頭発表等

 
規範意識をめぐる法と心理学
本庄 武
法と心理学会・第2回大会口頭報告   2001年10月21日   
裁判員制度下における刑の量定
本庄 武
法と心理学会・第5回大会シンポジウム   2004年10月17日   
少年事件の量刑と家庭裁判所への移送
本庄 武
日本刑法学会・第83回大会ワークショップ   2005年6月19日   
宣告刑形成過程における量刑法
本庄 武
日本刑法学会・第84回大会ワークショップ   2006年5月28日   
及川事件における評議の法的問題点
本庄 武
法と心理学会・第8回大会シンポジウム   2007年10月14日   

競争的資金等の研究課題

 
量刑研究
研究期間: 1999年4月 - 現在
犯罪者処遇論
研究期間: 2001年4月 - 現在
死刑
研究期間: 2004年4月 - 現在
非行少年に対する法的制裁のあり方に関する研究
研究期間: 2004年4月 - 現在
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月