秋田 貢一

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/11 12:13
 
アバター
研究者氏名
秋田 貢一
 
アキタ コウイチ
URL
https://www.tcu.ac.jp/
所属
東京都市大学
部署
工学部機械システム工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(東京都立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東京都市大学 工学部機械システム工学科 教授
 
2016年7月
 - 
2018年3月
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 物質科学研究センター中性子材料解析研究ディビジョン ディビジョン長
 
2010年4月
 - 
2016年6月
日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究部門(2014年から量子ビーム応用研究センター,2016年から物質科学研究センター) グループリーダー
 
2008年4月
 - 
2010年3月
武蔵工業大学工学部(2009年から東京都市大学に大学名変更) 教授
 
2007年4月
 - 
2010年3月
日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究部門 客員研究員グループリーダー
 

学歴

 
 
 - 
1990年
東京都立大学 工学研究科 機械工学専攻
 
 
 - 
1988年
東京都立大学 工学部 機械工学科
 

委員歴

 
2012年
 - 
現在
International Conference for Residual Stresses (ICRS) International Scientific Board
 
2010年
 - 
2017年
Neutron Science Proposal Review Committee of J-PARC MLF (J-PARC MLF課題審査委員会)
 
2011年4月
 - 
2014年3月
日本中性子科学会  「波紋」編集委員
 
2009年
   
 
日本鉄鋼協会  評価・分析・解析部会 新世代中性子源を利用した鉄鋼元素機能研究会委員
 
2007年
   
 
日本機械学会  第14期商議員
 

受賞

 
2011年
日本材料学会 X線材料強度部門委員会業績賞(研究)
 
2009年
日本実験力学会 学会賞(技術賞)
 
1993年
日本材料学会第28回X線材料強度に関するシンポジウム最優秀発表賞
 
1999年
日本溶射協会平成10年度奨励賞
 
2001年
日本機械学会材料力学部門優秀講演表彰
 

論文

 
Xi Li, Xi Li, Rian Dippenaar, Ayumi Shiro, Takahisa Shobu, Yuji Higo, Mark Reid, Mark Reid, Hiroshi Suzuki, Koichi Akita, Ken Ichi Funakoshi, Klaus Dieter Liss, Klaus Dieter Liss, Klaus Dieter Liss, Klaus Dieter Liss, Klaus Dieter Liss
Intermetallics   102 120-131   2018年11月
© 2018 Lattice strain evolution during deformation processing of Ti-Al alloys at high temperature is important in terms of its microstructural evolution and microstructural stability. It is shown here that careful evaluation of lattice parameters ...
Pingguang Xu, Stefanus Harjo, Mayumi Ojima, Hiroshi Suzuki, Takayoshi Ito, Wu Gong, Sven C. Vogel, Junya Inoue, Yo Tomota, Yo Tomota, Kazuya Aizawa, Koichi Akita
Journal of Applied Crystallography   51 746-760   2018年3月
© 2018 International Union of Crystallography. Neutron diffraction texture measurements provide bulk averaged textures with excellent grain orientation statistics, even for large-grained materials, owing to the probed volume being of the order of ...
Liss Klaus-Dieter, Funakoshi Ken-Ichi, Dippenaar Rian Johannes, Higo Yuji, Shiro Ayumi, Reid Mark, Suzuki Hiroshi, Shobu Takahisa, Akita Koichi
METALS   7(9)    2017年9月   [査読有り]
小島 真由美, 城 鮎美, 鈴木 裕士, 井上 純哉, 菖蒲 敬久, 徐 平光, 秋田 貢一, 南部 将一, 小関 敏彦
材料   66(6) 420-426   2017年6月
Ikushima Kazuki, Shibahara Masakazu, Akita Koichi, Suzuki Hiroshi, Morooka Satoshi, Nishikawa Satoru, Furukawa Takashi
WELDING IN THE WORLD   61(3) 517-527   2017年5月   [査読有り]

Misc

 
鈴木 裕士, 秋田 貢一
波紋 : Neutron network news   25(1) 32-38   2015年2月
秋田 貢一
マテリアルライフ学会誌   23(3) 104-107   2011年10月
秋田 貢一, 鈴木 裕士
Radioisotopes   59(12) 741-750   2010年12月
中性子回折法は材料や部品の深部における残留応力を非破壊的に測定できるという大きな利点を有する。そのためこの方法は,実際の機械部品や構造物の構造健全性の確認や,製造工程と強度信頼性の改善などに適用されている。本稿では,中性子回折による残留応力測定の基本的方法について述べる。次いで,得られた結果の信頼性を確保するためには,無応力状態の格子定数,回折面の選択,粗大粒及び表面効果の取り扱いが重要であることを述べる。最後に,結晶材料の強度及び弾塑性挙動に関する研究における中性子応力測定の利点を示すた...
秋田 貢一
波紋   20(1) 76-79   2010年1月
鈴木裕士, 秋田貢一
実験力学   4(2) 93-99   2004年6月
It is very important to know the residual stress states in a single crystal since the residual stresses affects the mechanical properties or functionality of some devices such as semiconductors or micromachines. X-ray diffraction technique is non ...

書籍等出版物

 
加速器ハンドブック
秋田貢一 (担当:分担執筆, 範囲:第14章14.8節 「放射光Ⅹ線と中性子による残留応力測定」)
丸善出版   2018年4月   
溶射工学便覧
秋田貢一 (担当:分担執筆, 範囲:第10章10.3.5節「残留応力」)
日本溶射協会   2010年   
Standard Method for X-Ray Stress Measurement (JSMS-SD-10-05)
秋田 貢一 (担当:分担執筆)
The Society of Materials Science, Japan   2005年   
X線応力測定法標準(2002年版)-鉄鋼編- (JSMS-SD-5-02)
秋田 貢一 (担当:分担執筆)
日本材料学会   2002年   
X線応力測定法標準(1997年版)
秋田貢一 (担当:分担執筆)
日本材料学会   1997年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
SOI式超高速X線イメージングによるレールの初期転動接触疲労の実態解明
文科省: 科研費基盤研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 佐々木敏彦
中性子回折法の鉄筋コンクリート構造力学研究への展開
文科省: 科研費基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 秋田 貢一
原子力発電機器における応力改善工法の長期安全性評価のための基盤技術開発
文部科学省: 国家課題対応型研究開発推進事業・原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ
研究期間: 2014年9月 - 2017年3月    代表者: 秋田 貢一
大強度パルス中性子による疲労荷重下の機械内部応力測定システムの開発
文科省: 科研費挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 秋田 貢一
ショットピーニングによる疲労破壊制御技術に関する研究
文科省: 科研費基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 黒田 雅利

特許

 
特開2005-248291 : 低鉄損一方向性電磁鋼板
今福宗行、岩田圭司、藤倉昌浩、秋田貢一、鈴木裕士