貴堂 嘉之

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/28 02:42
 
アバター
研究者氏名
貴堂 嘉之
 
キドウ ヨシユキ
URL
http://www.soc.hit-u.ac.jp/~kido/index.html
所属
一橋大学
部署
社会学研究科
職名
教授
学位
博士(学術)(東京大学), 学術修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1994年4月
 - 
1995年4月
東京大学 教養学部外国語科 助手
 
1995年5月
 - 
1999年12月
千葉大学 文学部 講師
 
2000年1月
 - 
2002年3月
千葉大学 文学部 助教授
 
2000年8月
 - 
2001年8月
サンフランシスコ州立大学 アジア系アメリカ人研究科 客員研究員
 
2002年4月
 - 
2002年9月
千葉大学 文学部 併任
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1994年3月
東京大学 総合文化研究科 地域文化研究専攻
 
1992年9月
 - 
1994年3月
コロンビア大学 歴史学部 
 
 
 - 
1989年3月
東京大学 教養学部 
 

受賞

 
2013年6月
アメリカ学会 アメリカ学会清水博賞 『アメリカ合衆国と中国人移民−歴史のなかの「移民国家」アメリカ−』
 

論文

 
「アメリカ学会の学会活動50年史」
貴堂 嘉之
『アメリカ研究』   別(特別)    2016年12月   [招待有り]
貴堂 嘉之
『立教アメリカン・スタディーズ』   37 55-80   2015年5月   [招待有り]
「移民国家アメリカの優生学運動-選び捨ての論理をめぐって-」
貴堂 嘉之
歴史評論   780((2015年4月号)) 28-39   2015年4月   [招待有り]
「「人種化」の近代とアメリカ合衆国-ソシアビリテの交錯と「国民」の境界-」
貴堂 嘉之
歴史学研究   846 90-99   2008年10月   [査読有り]
新刊紹介: 村田勝幸著『<アメリカ人>の境界とラティーノ・エスニシティ―「非合法移民問題」の社会文化史』 (東京大学出版会, 2007)
貴堂 嘉之
『アメリカ学会会報ニューズレター』 通巻166号      2008年4月   [招待有り]

Misc

 
貴堂 嘉之
『Bridges』  一橋大学留学生センター      2008年4月
尾形勇ほか編『歴史学事典 第12巻 王と国家』 (執筆項目:移民・帰化・先住民(マイノリティ)・亡命・印紙税) (編著)
貴堂 嘉之
弘文堂      2005年3月
貴堂 嘉之
移民研究年報  通巻10号      2004年3月   [依頼有り]
「イスラム」とは何か(下)米国編―「自由」掲げ「不自由」生む―
貴堂 嘉之
『信濃毎日新聞』  信濃毎日新聞社  2001.9.26朝刊      2001年9月   [依頼有り]
史学会シンポジウム報告コメント「ヨーロッパ移民の社会史(17-20世紀)-エスニシティの形成と軋轢をめぐって」
貴堂 嘉之
『史学雑誌』  史学会      2001年8月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
移民国家アメリカの歴史
貴堂 嘉之
岩波書店   2018年10月   ISBN:9784004317449
『現代歴史学の成果と課題  第一巻 新自由主義時代の歴史学』
貴堂 嘉之 (担当:共著, 範囲:下からのグローバル・ヒストリーに向けて-人の移動、人種・階級・ジェンダーの視座からー)
績文堂出版   2017年5月   ISBN:9784881161319
歴史学者と読む高校世界史
貴堂 嘉之 (担当:共著, 範囲:高校世界史教科書におけるアメリカ合衆国—人種・エスニシティ・人の移動史を中心にー)
勁草書房   2018年6月   ISBN:9784326248483
「ヘイト」の時代のアメリカ史-人種・民族・国籍を考える- (編著)
貴堂 嘉之 (担当:編者)
彩流社   2017年1月   ISBN:4779122929
ミネルヴァ世界史叢書1 地域史と世界史
貴堂 嘉之 (担当:共著)
ミネルヴァ書房   2016年10月   ISBN:462307112X

講演・口頭発表等

 
移民国家アメリカの歴史再考ー「ヘイト」の時代に歴史学ができることー [招待有り]
貴堂 嘉之
2019年度歴史学研究会全体会   2019年5月25日   歴史学研究会
「移民国家」アメリカという歴史の教訓 [招待有り]
貴堂 嘉之
ILO協議会海外社会労働事情研究会   2019年3月8日   ILO協議会
「奴隷」と隷属の世界史 「奴隷制における「近代」とは何か ーアメリカ合衆国の奴隷制研究史を中心にー」) [招待有り]
貴堂 嘉之
史学会公開シンポジウム   2018年11月24日   史学会
「一橋大学ジェンダー社会科学研究センター10年の歩みーその成果と課題ー [招待有り]
貴堂 嘉之
国際ジェンダー学会   2016年9月10日   国際ジェンダー学会
「ポスト「戦後70年」とジェンダー史−地域のジェンダー実践を思考の手がかりにー」 [招待有り]
貴堂 嘉之
ジェンダー史学会   2016年6月26日   

競争的資金等の研究課題

 
アメリカ合衆国の国民統合と人種秩序
科学研究費補助金
研究期間: 1995年4月 - 現在
科学研究費助成事業
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 貴堂嘉之
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 1999年4月 - 2003年3月
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月    代表者: 竹沢泰子
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月    代表者: 樋口映美