MIYAGAWA Masao

J-GLOBAL         Last updated: Nov 19, 2019 at 23:23
 
Avatar
Name
MIYAGAWA Masao
Affiliation
Ehime University
Section
Hospital
Research funding number
90346685

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
Oct 2011
Best Paper Award of Annals of Nuclear Medicine, Japanese Society of Nuclear Medicine
 
Jun 2009
JSNC Award, Japanese Society of Nuclear Cardiology
 
Oct 1998
JSNM Award, Japanese Society of Nuclear Medicine
 

Published Papers

 
Kumita S, Yoshinaga K, Miyagawa M, Momose M, Kiso K, Kasai T, Naya M, Committee for diagnosis of cardiac sarcoidosis using 18F-FDG PET,Japanese Society of Nuclear Cardiology.
Journal of nuclear cardiology : official publication of the American Society of Nuclear Cardiology   26(4) 1414-1433   Aug 2019   [Refereed]
Yokoi T, Tanabe Y, Kido T, Kurata A, Kido T, Uetani T, Ikeda S, Izutani H, Miyagawa M, Mochizuki T
Clinical imaging   56 93-101   Jul 2019   [Refereed]
Watanabe E, Miyagawa M, Uetani T, Kinoshita M, Kitazawa R, Kurata M, Ishimura H, Matsuda T, Tanabe Y, Kido T, Kido T, Kurata A, Mochizuki T
International journal of cardiology   283 171-177   May 2019   [Refereed]
Nishiyama H, Tanabe Y, Kido T, Kurata A, Uetani T, Kido T, Ikeda S, Miyagawa M, Mochizuki T
Journal of cardiology   73(5) 425-431   May 2019   [Refereed]
Asai S, Fukumoto T, Watanabe R, Koyama K, Sawada Y, Noda T, Miura N, Yanagihara Y, Miyauchi Y, Miyagawa M, Kikugawa T, Saika T
Japanese journal of clinical oncology   48(11) 1022-1027   Nov 2018   [Refereed]
Tanabe Y, Kido T, Kurata A, Kouchi T, Fukuyama N, Yokoi T, Uetani T, Yamashita N, Miyagawa M, Mochizuki T
European radiology   28(3) 1285-1292   Mar 2018   [Refereed]
Fukuyama N, Kurata A, Kawaguchi N, Tashiro R, Higaki T, Yokoi T, Tanabe Y, Nishiyama H, Itoh T, Kido T, Miyagawa M, Mochizuki T
Pediatric cardiology   39(3) 518-525   Mar 2018   [Refereed]
Kawaguchi N, Okayama H, Kawamura G, Shigematsu T, Takahashi T, Kawada Y, Hiasa G, Yamada T, Matsuoka H, Kazatani Y, Miyagawa M, Mochizuki T
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   82(2) 486-493   Jan 2018   [Refereed]
Yoshida K, Miyagawa M, Kido T, Ide K, Sano Y, Sugawara Y, Takahata H, Monden N, Furuya M, Mochizuki T
Case reports in radiology   2018 6265175   2018   [Refereed]
Tanabe Y, Kido T, Kurata A, Yokoi T, Fukuyama N, Uetani T, Nishiyama H, Kawaguchi N, Tahir E, Miyagawa M, Mochizuki T
Journal of cardiology   70(6) 565-570   Dec 2017   [Refereed]
Miyagawa M, Nishiyama Y, Uetani T, Ogimoto A, Ikeda S, Ishimura H, Watanabe E, Tashiro R, Tanabe Y, Kido T, Kurata A, Mochizuki T
International journal of cardiology   244 347-353   Oct 2017   [Refereed]
Yoshida T, Mori T, Shimizu H, Yoshino Y, Sonobe N, Matsumoto T, Kikuchi K, Miyagawa M, Iga J, Mochizuki T, Ueno SI
International journal of geriatric psychiatry   32(4) 407-413   Apr 2017   [Refereed]
Tanabe Y, Kido T, Kurata A, Sawada S, Suekuni H, Kido T, Yokoi T, Uetani T, Inoue K, Miyagawa M, Mochizuki T
European radiology   27(4) 1667-1675   Apr 2017   [Refereed]
Ogawa R, Kido T, Nakamura M, Kido T, Kurata A, Uetani T, Ogimoto A, Miyagawa M, Mochizuki T
Japanese journal of radiology   35(3) 116-125   Mar 2017   [Refereed]
Chikamori T, Goto K, Hida S, Miyagawa M, Ishimura H, Uchida K, Fukuyama T, Mochizuki T, Yamashina A
Journal of cardiology   69(2) 449-455   Feb 2017   [Refereed]
Tanabe Y, Kido T, Uetani T, Kurata A, Kono T, Ogimoto A, Miyagawa M, Soma T, Murase K, Iwaki H, Mochizuki T
European radiology   26(11) 3790-3801   Nov 2016   [Refereed]
Tanabe Y, Kido T, Kurata A, Uetani T, Fukuyama N, Yokoi T, Nishiyama H, Kido T, Miyagawa M, Mochizuki T
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   80(12) 2506-2512   Nov 2016   [Refereed]
Kono T, Ogimoto A, Iio C, Fujimoto K, Fujii A, Uetani T, Nagai T, Nishimura K, Inoue K, Suzuki J, Hiasa G, Okayama H, Okura T, Miyagawa M, Mochizuki T, Izutani H, Higaki J
International journal of cardiology   203 972-974   Jan 2016   [Refereed]
Nakajima K, Matsumoto N, Kasai T, Kiso K, Momose M, Miyagawa M, Nakagawa M, Matsuo S, Uchida K, Onoguchi M, Okuda K
Kaku igaku. The Japanese journal of nuclear medicine   53(1) 23-25   2016   [Refereed]
Yoshida T, Mori T, Yamazaki K, Sonobe N, Shimizu H, Matsumoto T, Kikuchi K, Miyagawa M, Mochizuki T, Ueno S
International journal of geriatric psychiatry   30(10) 1068-1075   Oct 2015   [Refereed]
Asai S, Fukumoto T, Tanji N, Miura N, Miyagawa M, Nishimura K, Yanagihara Y, Shirato A, Miyauchi Y, Kikugawa T, Yokoyama M
International journal of clinical oncology   20(5) 1042-1047   Oct 2015   [Refereed]
Yokoyama R, Miyagawa M, Okayama H, Inoue T, Miki H, Ogimoto A, Higaki J, Mochizuki T
International journal of cardiology   195 180-187   Sep 2015   [Refereed]
Nakamura M, Kido T, Kido T, Tanabe Y, Matsuda T, Nishiyama Y, Miyagawa M, Mochizuki T
European journal of radiology   84(8) 1493-1501   Aug 2015   [Refereed]
Dual radioisotopes simultaneous SPECT of (99m)Tc-tetrofosmin and (123)I-BMIPP using a semiconductor detector.
Takahashi Y, Miyagawa M, Nishiyama Y, Kawaguchi N, Ishimura H, Mochizuki T
Asia Oceania journal of nuclear medicine & biology   3(1) 43-49   2015   [Refereed]
Kido T, Kido T, Nakamura M, Kawaguchi N, Nishiyama Y, Ogimoto A, Miyagawa M, Mochizuki T
European journal of radiology   83(12) 2159-2166   Dec 2014   [Refereed]
Kono T, Ogimoto A, Saito M, Fujimoto K, Fujii A, Uetani T, Nagai T, Nishimura K, Inoue K, Suzuki J, Okura T, Kido T, Miyagawa M, Mochizuki T, Higaki J
International journal of cardiology   176(3) e89-91   Oct 2014   [Refereed]
Ochi H, Hirooka M, Hiraoka A, Koizumi Y, Abe M, Sogabe I, Ishimaru Y, Furuya K, Miyagawa M, Kawasaki H, Michitaka K, Takada Y, Mochizuki T, Hiasa Y
Molecular and clinical oncology   2(5) 798-804   Sep 2014   [Refereed]
Ishida Y, Yoshinaga K, Miyagawa M, Moroi M, Kondoh C, Kiso K, Kumita S
Annals of nuclear medicine   28(4) 393-403   May 2014   [Refereed]
Kawaguchi N, Kurata A, Kido T, Nishiyama Y, Kido T, Miyagawa M, Ogimoto A, Mochizuki T
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   78(3) 662-670   2014   [Refereed]
Nishiyama Y, Miyagawa M, Kawaguchi N, Nakamura M, Kido T, Kurata A, Kido T, Ogimoto A, Higaki J, Mochizuki T
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   78(5) 1169-1175   2014   [Refereed]
Miyagawa M, Yokoyama R, Nishiyama Y, Ogimoto A, Higaki J, Mochizuki T
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   78(6) 1302-1310   2014   [Refereed][Invited]
Ogawa R, Miyagawa M, Ide K, Akamune A, Ohtsuki Y, Mochizuki T
Japanese journal of radiology   31(9) 633-636   Sep 2013   [Refereed]
Takahashi Y, Miyagawa M, Nishiyama Y, Ishimura H, Mochizuki T
Annals of nuclear medicine   27(1) 11-16   Jan 2013   [Refereed]
Miyazaki Y, Nawa Y, Miyagawa M, Kohashi S, Nakase K, Yasukawa M, Hara M
Annals of hematology   92(2) 239-244   Jan 2013   [Refereed]
Kido T, Nagao M, Kido T, Kurata A, Miyagawa M, Ogimoto A, Mochizuki T
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   77(5) 1235-1241   2013   [Refereed]
Kurata A, Kawaguchi N, Kido T, Inoue K, Suzuki J, Ogimoto A, Funada J, Higaki J, Miyagawa M, Vembar M, Mochizuki T
PloS one   8(12) e83950   2013   [Refereed]
Kurata A, Higaki T, Yamamoto E, Shikata F, Okamura T, Nagashima M, Kido T, Kido T, Miyagawa M, Mochizuki T
Journal of cardiology cases   5(1) e51-e54   Feb 2012   [Refereed]
[Follicular lymphoma showing long-term false positive results by FDG-PET after rituximab-containing chemotherapy].
Miyazaki Y, Nawa Y, Kohashi S, Nakase K, Miyagawa M, Hara M
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   53(2) 252-254   Feb 2012   [Refereed]
Miyazaki Y, Nawa Y, Nakase K, Kohashi S, Kadohisa S, Hiraoka A, Miyagawa M, Yasukawa M, Hara M
Annals of hematology   90(12) 1489-1490   Dec 2011   [Refereed]
Yoneshiro T, Aita S, Matsushita M, Okamatsu-Ogura Y, Kameya T, Kawai Y, Miyagawa M, Tsujisaki M, Saito M
Obesity (Silver Spring, Md.)   19(9) 1755-1760   Sep 2011   [Refereed]
Diagnostic value of sonazoid for hepatic metastasis: comparison with FDG PET/CT.
Hiraoka A, Kume M, Miyagawa M, Tazuya N, Ichiryu M, Ochi H, Tanabe A, Nakahara H, Shinbata Y, Kan M, Doi S, Hidaka S, Uehara T, Tanihira T, Hasebe A, Miyamoto Y, Ninomiya T, Hirooka M, Abe M, Hiasa Y, Matsuura B, Onji M, Michitaka K
Hepato-gastroenterology   57(102-103) 1237-1240   Sep 2010   [Refereed]
Saito M, Okamatsu-Ogura Y, Matsushita M, Watanabe K, Yoneshiro T, Nio-Kobayashi J, Iwanaga T, Miyagawa M, Kameya T, Nakada K, Kawai Y, Tsujisaki M
Diabetes   58(7) 1526-1531   Jul 2009   [Refereed]
Hyodo T, Sugawara Y, Tsuda T, Yanagihara Y, Aoki K, Tanji N, Hirata M, Murakami M, Miyagawa M, Yokoyama M, Mochizuki T
Japanese journal of radiology   27(2) 111-114   Feb 2009   [Refereed]
Risk factors for death in 224 cases of hepatocellular carcinoma after transcatheter arterial chemoembolization.
Hiraoka A, Horiike N, Yamashita Y, Koizumi Y, Doi H, Yamamoto Y, Ichikawa S, Hasebe A, Yano M, Miyamoto Y, Ninomiya T, Ootani H, Takamura K, Kawasaki H, Otomi Y, Kogame M, Sogabe I, Ishimaru Y, Kashihara K, Miyagawa M, Hirooka M, Hiasa Y, Matsuura B, Michitaka K, Onji M
Hepato-gastroenterology   56(89) 213-217   Jan 2009   [Refereed]
Doi H, Horiike N, Hiraoka A, Koizumi Y, Yamamoto Y, Hasebe A, Ichikawa S, Yano M, Miyamoto Y, Ninomiya T, Ishimaru Y, Miyagawa M, Takamura K, Kawasaki H, Kozuka T, Maeda T, Yoshino T
International journal of hematology   88(4) 418-423   Nov 2008   [Refereed]
Nishizawa S, Inubushi M, Kido A, Miyagawa M, Inoue T, Shinohara K, Kajihara M
Annals of nuclear medicine   22(9) 803-810   Nov 2008   [Refereed]
Nagao M, Higashino H, Matsuoka H, Kawakami H, Miyagawa M, Mochizuki T, Uemura M, Tokunaga N
Investigative radiology   42(11) 765-770   Nov 2007   [Refereed]
Ide K, Mogami H, Murakami T, Yasuhara Y, Miyagawa M, Mochizuki T
Radiation medicine   25(5) 195-201   Jun 2007   [Refereed]
Wagner B, Anton M, Nekolla SG, Reder S, Henke J, Seidl S, Hegenloh R, Miyagawa M, Haubner R, Schwaiger M, Bengel FM
Journal of the American College of Cardiology   48(10) 2107-2115   Nov 2006   [Refereed]
Higashino H, Mochizuki T, Haraikawa T, Kurata A, Kido T, Nakata S, Sugawara Y, Miyagawa M, Miki H, Koyama Y, Okayama H, Higaki J
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   70(1) 105-109   Jan 2006   [Refereed]
Miyagawa M, Anton M, Wagner B, Haubner R, Souvatzoglou M, Gansbacher B, Schwaiger M, Bengel FM
European journal of nuclear medicine and molecular imaging   32(9) 1108-1114   Sep 2005   [Refereed]
Clinical evaluation of pulmonary nodules with dual-exposure dual-energy subtraction chest radiography.
Uemura M, Miyagawa M, Yasuhara Y, Murakami T, Ikura H, Sakamoto K, Tagashira H, Arakawa K, Mochizuki T
Radiation medicine   23(6) 391-397   Sep 2005   [Refereed]
Miyagawa M, Beyer M, Wagner B, Anton M, Spitzweg C, Gansbacher B, Schwaiger M, Bengel FM
Cardiovascular research   65(1) 195-202   Jan 2005   [Refereed]
Myocardial kinetics of reporter probe 124I-FIAU in isolated perfused rat hearts after in vivo adenoviral transfer of herpes simplex virus type 1 thymidine kinase reporter gene.
Simões MV, Miyagawa M, Reder S, Städele C, Haubner R, Linke W, Lehner T, Epple P, Anton M, Schwaiger M, Bengel FM
Journal of nuclear medicine : official publication, Society of Nuclear Medicine   46(1) 98-105   Jan 2005   [Refereed]
PET of cardiac transgene expression: comparison of 2 approaches based on herpesviral thymidine kinase reporter gene.
Miyagawa M, Anton M, Haubner R, Simoes MV, Städele C, Erhardt W, Reder S, Lehner T, Wagner B, Noll S, Noll B, Grote M, Gambhir SS, Gansbacher B, Schwaiger M, Bengel FM
Journal of nuclear medicine : official publication, Society of Nuclear Medicine   45(11) 1917-1923   Nov 2004   [Refereed]
Simões MV, Egert S, Ziegler S, Miyagawa M, Reder S, Lehner T, Nguyen N, Charron MJ, Schwaiger M
Journal of the American College of Cardiology   43(9) 1690-1697   May 2004   [Refereed]
A case of sclerosing hemangioma surrounded by emphysematous change.
Sakamoto I, Tomiyama N, Sugita A, Miyagawa M
Radiation medicine   22(2) 123-125   Mar 2004   [Refereed]
Ohnishi H, Abe M, Miyagawa M, Nishimura K
Clinical nuclear medicine   28(7) 601-603   Jul 2003   [Refereed]
Assessment of left ventricular volumes using multi-detector row computed tomography (MDCT): phantom and human studies.
Hosoi S, Mochizuki T, Miyagawa M, Shen Y, Murase K, Ikezoe J
Radiation medicine   21(2) 62-67   Mar 2003   [Refereed]
Clinical usefulness of the cardiac multi-detector-row CT.
Mochizuki T, Higashino H, Koyama Y, Hosoi S, Tsuda T, Sugawara Y, Miyagawa M, Ikezoe J, Shen Y
Computerized medical imaging and graphics : the official journal of the Computerized Medical Imaging Society   27(1) 35-42   2003   [Refereed]
Ischemic "memory image" in acute myocardial infarction of 123I-BMIPP after reperfusion therapy: a comparison with 99mTc-pyrophosphate and 201Tl dual-isotope SPECT.
Mochizuki T, Murase K, Higashino H, Miyagawa M, Sugawara Y, Kikuchi T, Ikezoe J
Annals of nuclear medicine   16(8) 563-568   Dec 2002   [Refereed]
Tomiyama N, Johkoh T, Mihara N, Honda O, Kozuka T, Koyama M, Hamada S, Okumura M, Ohta M, Eimoto T, Miyagawa M, Müller NL, Ikezoe J, Nakamura H
AJR. American journal of roentgenology   179(4) 881-886   Oct 2002   [Refereed]
Usefulness of I-123 BMIPP with myocardial imaging for evaluation of the efficacy ofdrug therapy in patients with chronic heart failure.
Watanabe K, Sekiya M, Tsuruoka T, Funada JI, Miyagawa M.
Journal of Cardiac Failure   7(3) 257-264   Sep 2001   [Refereed]
Twenty-four-hour Tl-201 delayed scan underestimates myocardial viability in patients with acute myocardial infarction after percutaneous transluminal coronary angioplasty.
Mochizuki T, Murase K, Sugawara Y, Higashino H, Kikuchi T, Miyagawa M, Ikezoe J.
Annals of Nuclear Medicine   15(2) 93-96   Apr 2001   [Refereed]
Prognostic value of iodine-123-metaiodobenzylguanidine imaging and cardiac natriuretic peptide levels in patients with left ventricular dysfunction resulting from cardiomyopathy.
Imamura Y, Fukuyama T, Mochizuki T, Miyagawa M, Watanabe K; Ehime MIBG Heart Failure Study Investigators.
Japanese Circulation Journal   65(3) 155-160   Mar 2001   [Refereed]
Tc-99m PMT hepatobiliary scintigraphy in the differential diagnosis of extrahepatic metastases and hepatocellular carcinoma.
Mochizuki T, Tsuda T, Sugawara Y, Tanaka H, Kikuchi T, Miyagawa M, Shimizu K, Murase K, Iuchi H, Onji M, Ikezoe J.
Clinical Nuclear Medicine   25(12) 991-995   Dec 2000   [Refereed]
Tricuspid atresia with atrial septal defect, ventricular septal defect, and right ventricular hypoplasia demonstrated by multidetector computed tomography.
Mochizuki T, Ohtani T, Higashino H, Sugawara Y, Tsuda T, Sekiya M, Miyagawa M, Ohmoto K, Ikezoe J.
Circulation   102(20) E164-E165   Nov 2000   [Refereed]
The influence of left ventricular geometry on coronary vasomotion in patients with essential hypertension.
Sekiya M, Funada J, Suzuki J, Watanabe K, Miyagawa M, Akutsu H.
American Journal of Hypertension   13(7) 789-795   Jul 2000   [Refereed]
Antiphospholipid syndrome with acute myocardial infarction and portal vein occlusion: a case report.
Ogimoto A, Sekiya M, Funada J, Miyagawa M, Kubo Y, Akutsu H.
Japanese Circulation Journal   64(6) 468-470   Jun 2000   [Refereed]
Two- and three-dimensional CT ventriculography: a new application of helical CT.
Mochizuki T, Murase K, Higashino H, Koyama Y, Doi M, Miyagawa M, Nakata S, Shimizu K, Ikezoe J.
AJR. American Journal of Roentgenology   174(1) 203-208   Jan 2000   [Refereed]
Relationship between insulin resistance and cardiac sympathetic nervous function in essential hypertension.
Watanabe K, Sekiya M, Tsuruoka T, Funada J, Kameoka H, Miyagawa M, Kohara K.
Journal of Hypertension 1161-8.   17(8) 1161-1168   Aug 1999   [Refereed]
[Trial of combined radiotherapy and chemotherapy (CBDCA) for post-operative non-small cell lung cancer (N2).
Nakano N, Kishima H, Yamamura N, Ueda S, Kameda Y, Miyagawa M.
Gan To Kagaku Ryoho   26(6) 845-847   May 1999   [Refereed]
Prognostic value of dipyridamole-thallium myocardial scintigraphy in patients with Kawasaki disease.
Miyagawa M, Mochizuki T, Murase K, Tanada S, Ikezoe J, Sekiya M, Hamamoto K, Matsumoto S, Niino M.
Circulation   98(10) 990-996   Sep 1998   [Refereed]
Effects of probucol and cilostazol alone and in combination on frequency of poststenting restenosis.
Sekiya M, Funada J, Watanabe K, Miyagawa M, Akutsu H.
American Journal of Cardiology   82(2) 144-147   Jul 1998   [Refereed]
Comparison of adenosine triphosphate and dipyridamole in diagnosis by thallium-201 myocardial scintigraphy.
Watanabe K, Sekiya M, Ikeda S, Miyagawa M, Kinoshita M, Kumano S.
Journal of Nuclear Medicine   38(4) 577-581   Apr 1997   [Refereed]
Preventive effects of probucol on restenosis after percutaneous transluminal coronary angioplasty.
Watanabe K, Sekiya M, Ikeda S, Miyagawa M, Hashida K.
American Heart Journal   132(1) 23-29   Jul 1996   [Refereed]
Usefulness of 123I-BMIPP myocardial scintigraphy for evaluation of the left ventricular function in patients with chronic heart failure.
Watanabe K, Sekiya M, Tsuruoka T, Funada J, Miyagawa M, Kumano S.
Kaku Igaku   33(7) 743-751   Jul 1996   [Refereed]
Thallium-201 myocardial tomography with intravenous infusion of adenosine triphosphate in diagnosis of coronary artery disease.
Miyagawa M, Kumano S, Sekiya M, Watanabe K, Akutzu H, Imachi T, Tanada S, Hamamoto K.
Jornal of American Collage of Cardiology   26(5) 1196-1201   Nov 1995   [Refereed]
Assessment of myocardial viability by thallium-201 reinjection imaging with sublingual nitroglycerin.
Miyagawa M, Kumano S, Sekiya M, Watanabe K, Hashida K, Shiode M, Nishimura K, Akutsu H, Imachi T, Tanada S, Hamamoto K.
Kaku Igaku   31(8) 943-950   Aug 1994   [Refereed]
Evaluation of serological detection of anthracycline-induced myocardial damage: possible application of an immunoradiometric assay kit for cardiac myosin light chain I.
Kimura Y, Miyagawa M, Ata M, Tanada S, Hamamoto K, Ishine M, Hatou T.
Kaku Igaku   28(12) 1521-1527   Dec 1991   [Refereed]
ECG-gated thallium-201 myocardial SPECT in patients with old myocardial infarction compared with ECG-gated blood pool SPECT.
Mochizuki T, Murase K, Fujiwara Y, Itoh T, Miyagawa M, Tanada S, Iio A, Hamamoto K, Tauxe WN.
Annals of Nuclear Medicine   5(2) 47-51   Jul 1991   [Refereed]
Scintigraphic evaluation of myocardial uptake of thallium 201 and technetium 99m pyrophosphate utilizing a rat model of chronic doxorubicin cardiotoxicity.
Miyagawa M, Tanada S, Hamamoto K.
European Journal of Nuclear Medicine (Ehime University Graduate School of Medicine)   18(5) 332-338   May 1991   [Refereed]
Validity of microsphere model in cerebral blood flow measurement using N-isopropyl-p-(I-123) iodoamphetamine.
Murase K, Tanada S, Mogami H, Kawamura M, Miyagawa M, Yamada M, Higashino H, Lio A, Hamamoto K.
Medical Physics   17(1) 79-83   Jan 1990   [Refereed]
A unified computer program for assessment of attenuation correction and data acquisition methods in single photon emission computed tomography (SPECT).
Murase K, Tanada S, Higashino H, Yamada M, Miyagawa M, Iio A, Hamamoto K.
European Journal of Nuclear Medicine   15(5) 248-253   May 1989   [Refereed]
Clinical studies of radionuclide angiography with a new radioactive tracer, 99mTc-DTPA-human serum albumin.
Yamada M, Tanada S, Mogami H, Mochizuki T, Miyagawa M, Yasuhara Y, Iio A, Hamamoto K.
Kaku Igaku   25(11) 1291-1297   Nov 1988   [Refereed]
Results of radiation therapy for brain metastases.
Kataoka M, Kawamura M, Mogami H, Miyagawa M, Hamamoto K, Ougushi I, Kimura M, Inatsuki S.
Nihon Igaku Hoshasen Gakkai Zasshi   47(7) 954-961   Jul 1987   [Refereed]

Misc

 
【循環器疾患の画像診断-現状と進歩】虚血性心疾患 核医学検査を改めて知る
宮川 正男
循環器ジャーナル   67(3) 364-370   Jul 2019
<文献概要>Point ・虚血性心疾患に対する非侵襲的な診断法のなかで,心筋血流SPECTは欧米では最大の検査数を有する.・エビデンスに基づいた心筋血流SPECTの虚血評価法を理解することが重要である.・半導体SPECT装置と自動解析法により検査時間の短縮や被曝の大幅な低減が可能となる.
心サルコイドーシスのPET診断のガイドライン(日本心臓核医学会) 心臓サルコイドーシスに対する18F-FDG PET検査の手引き2018年改訂[ダイジェスト版]
汲田 伸一郎, 吉永 恵一郎, 宮川 正男, 百瀬 満, 木曽 啓祐, 笠井 督雄, 納谷 昌直, 日本心臓核医学会「心臓サルコイドーシスの18F-FDG PET診断に関する委員会」
日本心臓核医学会ニュースレター   21(1) 22-27   Feb 2019
【Nuclear Medicine Today 2018 最新トピックスから探る核医学の現在と未来】心臓核医学検査の最新トピックス 心サルコイドーシスのPET診断ガイドラインのポイント
宮川 正男
INNERVISION   33(11) 35-37   Oct 2018
サルコイドーシスは、肺、リンパ節、皮膚、眼、心臓、筋肉などの全身諸臓器に、乾酪壊死のない類上皮細胞肉芽腫が形成される全身性肉芽腫性疾患である。一般には、自然寛解する予後良好な疾患と考えられるが、心病変の合併は予後不良であり、慎重な対応が必要とされる。『心臓サルコイドーシス診断の手引き』は、1992年、平賀らによって本邦において初めて作成され、2006年に改訂が行われた。18F-FDG(以下、FDG)-PETは、心サルコイドーシスの活動性炎症部位を高集積部として鋭敏に検出する。2012年から...
【新しい!循環器画像診断】半導体SPECT装置を用いたダイナミック心筋血流予備能定量法
宮川 正男, 石村 隼人, 渡部 笑麗, 川口 直人, 望月 輝一
Rad Fan   16(2) 117-120   Jan 2018
半導体SPECT装置を用いたダイナミック心筋血流検査のデータから、冠血流予備能(coronary flow reserve:CFR)を測定することを目的としたソフトウェア:FRATを開発し、冠動脈疾患における有用性を評価した。新しいソフトウェア:4DM Reserveの初期経験も報告する。(著者抄録)
半導体SPECTを用いてCFRを求める
宮川 正男
ニュータウンカンファレンス: 心臓核医学   42 8-8   Jun 2017
F-18 FDG PET/CTにおける心房細動患者の心集積についての検討
渡部 笑麗, 宮川 正男, 平井 邦明, 横井 敬弘, 小川 遼, 中村 壮志, 川口 直人, 城戸 倫之, 城戸 輝仁, 倉田 聖, 望月 輝一
日本心臓核医学会ニュースレター   19(2) 62-62   Jun 2017
石丸論文に対するEditorial Comment
宮川 正男
心臓   49(5) 475-475   May 2017
【マルチモダリティによるCardiac Imaging 2017 心機能と形態の包括評価が臨床を変える】臨床編 PET/CTとSPECT/CTのストラテジー&アウトカム 心筋SPECTを用いた心筋血流予備能の定量解析
宮川 正男, 渡部 笑麗, 石村 隼人, 望月 輝一
INNERVISION   32(5) 73-75   Apr 2017
【マルチモダリティ時代における心筋血流・血流予備能評価の定量評価】半導体SPECTを用いた99mTc心筋血流予備能の定量評価
宮川 正男, 渡部 笑麗, 石村 隼人, 望月 輝一
日本心臓核医学会ニュースレター   19(1) 13-13   Feb 2017
マルチモダリティ時代における心筋血流・血流予備能評価の定量評価 半導体SPECTを用いたTc-99m心筋血流予備能の定量評価
宮川 正男
日本心臓核医学会ニュースレター   18(2) 34-34   Jun 2016
心臓専用半導体装置によるダイナミック収集SPECT画像の検討
宮内 笑麗, 宮川 正男, 横井 敬弘, 小川 遼, 田邊 裕貴, 福山 直紀, 中村 壮志, 城戸 輝仁, 倉田 聖, 望月 輝一
日本心臓核医学会ニュースレター   18(2) 81-81   Jun 2016
I-123 MIBG Heart-to-Mediastinum Ratios Obtained by DNM530c CZT SPECT: Direct Comparison with Conventional Planar Imaging
Miyagawa Masao, Ishimura Hayato, Nishiyama Yoshiko, Tashiro Rami, Onishi Kyouhei, Ogawa Ryo, Miyauchi Emiri, Mochizuki Teruhito
JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   57    May 2016   [Refereed]
心臓核医学における共有データベースの作成とソフトウェア間の校正
中嶋 憲一, 松本 直也, 笠井 督雄, 木曽 啓祐, 百瀬 満, 宮川 正男, 中川 正康, 松尾 信郎, 内田 健二, 小野口 昌久, 奥田 光一
核医学   53(1) 23-25   Feb 2016
心臓サルコイドーシスを巡る最近の画像診断の進歩 PET検査の標準化について
宮川 正男, 横山 らみ, 西山 香子, 望月 輝一
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌   35(1-2) 31-37   Nov 2015
昨年,心臓サルコイドーシスによる不整脈の診断と治療についての合意声明が不整脈学会誌(Heart Rhythm)に発表された.画像診断基準として,従来の"ガリウムシンチでの心臓への集積"に加えて高度の画像診断法とされる"心臓PETにおける斑状の取り込み"および"心臓MRIにおけるガドリニウム遅延造影"が採用された.FDG PETについては,これまで本症に対する診断特異度の低さが問題とされてきたが,前処置として(1)少なくとも検査前12時間以上(可能であれば18時間以上)の絶食,(2)検査前日...
【Nuclear Medicine Today 2015 実臨床におけるPET/CT、SPECT/CTの意義と今後の展開】核医学分野における技術開発の最新動向 心臓専用半導体SPECTの最新動向
宮川 正男, 西山 香子, 石村 隼人, 田代 らみ, 望月 輝一
INNERVISION   30(12) 46-47   Nov 2015
F-18 FDG PET/CTにおける心サルコイドーシスの心集積 ROC解析を用いた定量評価
横山 らみ, 宮川 正男, 岡山 英樹, 井上 武, 三木 均, 西山 香子, 大木元 明義, 檜垣 實男, 望月 輝一
日本心臓核医学会ニュースレター   17(2) 22-22   Jun 2015
心筋血流の定量解析 Discovery NM530cを用いた心筋血流の定量
宮川 正男
日本心臓核医学会ニュースレター   17(2) 50-50   Jun 2015
半導体SPECT装置を用いた被ばく低減プロトコールに関する検討
西山 香子, 宮川 正男, 横山 らみ, 横井 敬弘, 小川 遼, 福山 直紀, 田邊 裕貴, 城戸 倫之, 城戸 輝仁, 望月 輝一
日本心臓核医学会ニュースレター   17(2) 75-75   Jun 2015
心筋SPECT先端技術 半導体カメラのInnovation Technology
宮川 正男
ニュータウンカンファレンス: 心臓核医学   40 5-5   May 2015
【心臓SPECT撮像装置のトレンド】Discovery NM530cの技術的特性の検討
高橋 康幸, 宮川 正男, 西山 香子, 石村 隼人, 望月 輝一
臨床放射線   60(4) 495-502   Apr 2015
【心臓SPECT撮像装置のトレンド】Discovery NM530cの臨床評価
宮川 正男, 西山 香子, 望月 輝一
臨床放射線   60(4) 503-512   Apr 2015
【心臓イメージング2015】心臓PET 心臓PETの現状とトピックス
宮川 正男
映像情報Medical   47(3) 221-225   Mar 2015
【心臓イメージング2015】心臓半導体SPECT 被ばく低減プロトコル
西山 香子, 宮川 正男, 望月 輝一
映像情報Medical   47(3) 244-248   Mar 2015
【マルチモダリティで心筋虚血をみる】心臓専用半導体γカメラDiscovery NM530cで心筋虚血をみる
宮川 正男, 西山 香子, 石村 隼人, 望月 輝一
日本心臓核医学会ニュースレター   17(1) 16-17   Feb 2015
日本における新型半導体γカメラの有効的使用に関する研究
山科 章, 近森 大志郎, 石村 隼人, 内田 健二, 後藤 賢治, 肥田 敏, 福山 尚哉, 宮川 正男, 望月 輝一
核医学   52(1) 21-23   Feb 2015
日本における新型半導体γカメラの有効的使用について検討した。99mTc製剤を用いた検査では、Angerカメラでの標準使用量の約1100MBqを投与している場合が多いが、半導体γカメラ導入初期以降の撮像時間は5分以下に短縮した。これに対して投与量を低減したプロトコールも約3割に行われていた。1000例の後ろ向き登録データを基にした冠動脈診断精度では、画像解析において10例が胆道系の高集積などにより判読が困難であったが、残りの99%では良好なSPECT画像が得られた。また、冠動脈造影検査との対...
【半導体ガンマカメラは虚血性心疾患の診療を変えるか】Discovery NM530cの使用経験 核医学専門医の立場から
宮川 正男, 西山 香子, 川口 直人, 望月 輝一
日本心臓核医学会ニュースレター   16(3) 14-15   Jul 2014
マルチモダリティで心筋虚血をみる 心臓専用半導体ガンマカメラDiscovery NM530cで心筋虚血をみる
宮川 正男
日本心臓核医学会ニュースレター   16(2) 31-31   Jun 2014
心サルコイドーシス
宮川 正男
ニュータウンカンファレンス: 心臓核医学   39 18-19   May 2014
【心臓病における核医学検査の進歩】撮影技術の進歩
宮川 正男, 望月 輝一
呼吸と循環   61(11) 995-1000   Nov 2013
心室中隔中部に憩室様の菲薄化をきたした心サルコイドーシスの1例
村上 千佳, 永井 啓行, 飯尾 千春子, 藤井 昭, 西村 和久, 井上 勝次, 鈴木 純, 宮川 正男, 望月 輝一, 檜垣 實男, 大木元 明義
心臓   45(8) 1007-1012   Aug 2013
症例は73歳、女性。2005年に検診の胸部X線検査で胸部異常陰影を指摘され、気管支鏡下肺生検で肺サルコイドーシスと確定診断された。以降、他科にて経過観察中であったが、2011年に施行した心エコー図検査で心室中隔中部の壁菲薄化を認め、心サルコイドーシスが疑われたため、当科に入院した。冠動脈造影では異常を認めなかったが、心筋血流シンチグラムにて菲薄化部位に一致して灌流異常を認め、ヘパリン負荷下の18F-FDG-PETでは同部位を中心に心臓への異常集積を認めた。心サルコイドーシスの可能性が高いと...
心臓核医学技術 短時間収集
高橋 康幸, 宮川 正男, 西山 香子, 石村 隼人, 望月 輝一
日本心臓核医学会ニュースレター   15(3) 32-34   Jul 2013
心サルコイドーシスのPET診断のガイドライン(日本心臓核医学会) 心臓サルコイドーシスに対する18F FDG PET検査の手引き
石田 良雄, 汲田 伸一郎, 吉永 恵一郎, 宮川 正男, 諸井 雅男, 近藤 千里, 木曽 啓祐, 心臓サルコイドーシスのFDG PET診断に関する委員会(日本心臓核医学会)
日本心臓核医学会ニュースレター   15(3) 35-47   Jul 2013
【マルチモダリティによるCardiac Imaging 2013[臨床編] 最新技術がもたらすベネフィット:被ばく低減・低侵襲検査をめざして】PET、SPECTのストラテジー&アウトカム PET、SPECTの臨床における位置づけ 心臓検査におけるPETとSPECTの位置づけと被ばく低減法
宮川 正男, 石村 隼人, 高橋 康幸, 西山 香子, 横山 らみ, 川口 直人, 松田 卓也, 中村 壮志, 望月 輝一
INNERVISION   28(5) 72-75   Apr 2013
【核医学実践ガイド2012】心臓用半導体SPECT装置の臨床的有用性
宮川 正男, 高橋 康幸, 石村 隼人, 西山 香子, 川口 直人, 城戸 倫之, 松田 卓也, 中村 壮志, 城戸 輝仁, 倉田 聖, 大木元 明義, 檜垣 實男, 望月 輝一
Rad Fan   10(12) 55-58   Sep 2012
Combined supine-prone myocardial perfusion imaging using an ultrafast gamma camera with semiconductor detectors
Okizuka Yoshiko, Miyagawa Masao, Kawaguchi Naoto, Kido Tomoyuki, Kido Teruhito, Kurata Akira, Ishimura Hayato, Takahashi Yasuyuki, Mochizuki Teruhito
JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   53    May 2012   [Refereed]
Feasibility of I-123-BMIPP (BMIPP) and Tc-99m tetrofosmin (TF) dual isotope SPECT with dynamic acquisition using a fast gamma camera with semiconductor detectors
Kawaguchi Naoto, Miyagawa Masao, Okizuka Yoshiko, Kido Teruhito, Kurata Akira, Ishimura Hayato, Takahashi Yasuyuki, Mochizuki Teruhito
JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   53    May 2012   [Refereed]
Long time follow-up of patients with cardiac sarcoidosis by F-18 FDG PET/CT
Miyagawa Masao, Kawaguchi Naoto, Okizuka Yoshiko, Kido Tomoyuki, Kido Teruhito, Kurata Akira, Mochizuki Teruhito
JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   53    May 2012   [Refereed]
各科臨床のトピックス 保険適用拡大以降のPET/CTの動向
宮川 正男
日本医師会雑誌   141(2) 316-317   May 2012
リツキシマブ併用化学療法後、長期にわたりFDG-PET偽陽性を示した濾胞性リンパ腫
宮崎 幸大, 名和 由一郎, 小橋 澄子, 中瀬 浩一, 宮川 正男, 原 雅道
臨床血液   53(2) 252-254   Feb 2012
38歳男。全身リンパ節腫大を自覚し、鼠径リンパ節生検により濾胞性リンパ腫grade 2と診断された。FISH法でIgH/Bcl 2陽性、FDG-PETで多数の全身リンパ節腫大と同部位のFDG集積を認めた。末梢血と骨髄への浸潤を認め、病期はstage IVA、IPIはLow-Intermediate、FLIPIはHigh riskであった。Rituximabを併用したCHOP(R-CHOP)療法を開始し、3コース終了後のFDG-PETで全身のリンパ節は著明に縮小し消失を認めたが、6コース終了...
【循環器画像診断の方向性】心臓PETの現状と将来展望
宮川 正男, 増原 晃, 菊池 隆徳
Rad Fan   9(3) 29-32   Feb 2011
心サルコイドーシスの活動性評価ならびに治療効果判定にヘパリン負荷FDG-PETが有効であった2症例
高木 弥栄美, 牧野 景, 三好 章仁, 中村 陽一, 宮川 正男, 鈴木 誠
心臓   42(10) 1349-1354   Oct 2010
症例1:63歳、女性。50歳時に突然の視野欠損を発症し、眼肺サルコイドーシスと診断されていた。11年後に間欠的意識消失が出現し、完全房室ブロックが原因と診断し恒久的ペースメーカー植え込み術を施行した。2年後の心エコー図上、心室中隔基部の菲薄化を認め、ヘパリン負荷fluorine-18 fluorodeoxyglucose positron emission tomography(FDG-PET)では左室高位前壁から側壁に集積亢進を認めたため、活動性心サルコイドーシスと診断した。プレドニゾロ...
膵腺房細胞癌の2例
横山 らみ, 菊池 隆徳, 川口 直人, 小亀 雅広, 梶原 誠, 村上 忠司, 山下 恭, 松木 弘量, 曽我部 一郎, 石丸 良広, 中村 誠治, 宮川 正男
愛媛県立病院学会会誌   44(1) 31-33   Mar 2010
症例1(30代男性)。膵ダイナミックCTでは膵鉤部〜膵頭部に径3cm、内部は不均一に造影される腫瘤と体尾部の主膵管に拡張が認められた。また、PET-CTでは膵鉤部の腫瘤に一致して強いFDG集積がみられ、膵体尾部には随伴性膵炎を示す集積も認められた。症例2(60代女性)。膵ダイナミックCTでは膵鉤部に径5cmの嚢胞性腫瘤が認められ、PET-CTでは嚢胞性腫瘤右辺縁の結節に一致して中程度のFDG集積とリンパ節転移と思われる集積を伴った結節が1個確認された。両症例とも、治療として膵頭十二指腸切除...
Multimodality画像を用いた神経膠腫摘出術の有用性
大上 史朗, 高野 昌平, 原田 広信, 久門 良明, 三木 均, 菊池 恵一, 貞本 和彦, 宮川 正男, 大西 丘倫
CI研究   31(1) 13-20   Jun 2009
神経膠腫54例(男女各27例、平均年齢52.9歳)を対象として、摘出術前に3次元(3D)MRI、functional MRI(fMRI)、diffusion tensor imaging(DTI)、MR spectroscopy(MRS)などの撮像を行った。3D MRIやfMRIでは中心前回や中心後回などが容易に同定でき、DTIでは錐体路などの神経線維と腫瘍との位置関係が明瞭に把握できた。1H-MRSは腫瘍に一致して高いコリンのピークを認め、悪性神経膠腫では乳酸や脂質のピークを認める症例も...
口腔扁平上皮癌cN0症例におけるFDG PET-CTとセンチネルリンパ節生検の意義
荒本 孝良, 中城 公一, 西川 英知, 住田 知樹, 宮川 正男, 浜川 裕之
頭頸部癌   34(4) 513-517   Dec 2008
近年、FDG PET-CTは悪性腫瘍の原発、所属リンパ節および遠隔転移の精査に広く用いられている。今回、われわれは口腔扁平上皮癌cN0症例におけるFDG PET-CTおよびセンチネルリンパ節生検の意義について検討した。対象は、従来の画像診断にて頸部リンパ節転移を認めず、同時にFDG PET-CTによる精査を行った口腔扁平上皮癌23症例、計43個のセンチネルリンパ節とした。センチネルリンパ節を同定、摘出したのちに病理組織学的に転移の有無を評価した。その結果、43個のリンパ節のうち転移陽性リン...
【PETの新局面と今後の可能性】高まるPET発展への期待 PET/CTを用いた心筋バイアビリティ診断
宮川 正男
新医療   34(3) 54-57   Mar 2007
【循環器の画像診断】複合型PET/CT装置による心筋糖代謝,心筋血流イメージング
宮川 正男, 中村 誠治, 竹口 崇, 岩村 卓明, 川中 崇, 柏原 賢一, 田頭 坦, 松中 豪, 鈴木 誠, 風谷 幸男
映像情報Medical   38(1) 30-35   Jan 2006
心臓核医学の動向 第51回SNMを中心に
宮川 正男
ニュータウンカンファレンス: 心臓核医学   30 86-91   Dec 2005
胸部マルチスライスCTにおける造影剤の適正使用量の検討
坂本 郁子, 富山 憲幸, 小塚 健倫, 小山 光博, 本多 修, 上甲 剛, 濱田 星紀, 宮川 正男, 池添 潤平, 中村 仁信
臨床放射線   48(2) 275-280   Feb 2003
胸部マルチスライスCTにおける造影剤の適正使用量を検討した.対象は,縦隔および肺門リンパ節腫大で胸部造影CTを施行した71例で,造影剤の注入方法は,造影剤量ならびに注入速度がそれぞれ100ml・3ml/sec(プロトコール3-100群)と,75ml・造影剤量2ml/sec(プロトコール2-75群)の2通りの方法で施行した.エントリー順にはじめの22例(コントロール群)を無作為に2群に分け,下行大動脈,肺動脈,肺静脈,上大静脈のtime-density curveを作成した.次にエントリー順...
心疾患の薬剤(または外科)治療評価への応用 心不全の薬物治療の効果判定
渡邊 浩毅, 小松 次郎, 倉田 聖, 関谷 達人, 舩田 淳一, 宮川 正男
ニュータウンカンファレンス: 心臓核医学   27 60-63   Dec 2002
【CT,MR時代の胸部単純写真の役割】肺感染症の診断は胸部単純写真で可能か?
安原 美文, 池添 潤平, 山本 尚幸, 宮川 正男
画像診断   22(4) 368-374   Mar 2002
肺炎の診断は,臨床症状,血液検査所見と単純写真の所見が一致すれば難しくない.治療に対する反応を追跡する場合にも,単純写真のみで十分であることが多い.単純写真とその他の所見の間に矛盾がある場合,癌の高危険群における繰り返す肺炎や,重症例,免疫力の低下した患者における肺炎の診断に当たっては,時期を逸することなくCTを施行することが肝要である
治療・予後 虚血性心疾患の予後予測におけるATP負荷心筋SPECTの有用性
宮川 正男, 細井 聡, 富山 憲幸, 関谷 達人, 大谷 敬之, 舩田 淳一, 熊野 正士, 望月 輝一, 池添 潤平
ニュータウンカンファレンス: 心臓核医学   26 56-59   Dec 2001
【肺を中心とした日和見感染症の画像診断】結核
宮川 正男, 坂本 郁子, 富山 憲幸, 望月 輝人, 池添 潤平
臨床画像   17(11) 1250-1258   Nov 2001
1999年,厚生省は結核緊急事態を宣言し,結核の再認識と対策強化を訴えた.免疫力低下患者に生じる肺結核,老人の肺結核,成人後の初期結核,非定型抗酸菌症が各々増加している.又,患者の集団発生,院内感染,薬剤耐性結核など新たな問題も発生している
冠攣縮性狭心症の診断におけるアデノシン三リン酸負荷Thallium-201心筋シンチグラフィーの洗い出し率解析の有用性
渡辺 浩毅, 鈴木 純, 末田 章三, 鶴岡 高志, 池田 俊太郎, 関谷 達人, 舩田 淳一, 宮川 正男
Journal of Cardiology   36(4) 231-239   Oct 2000
肝動脈造影で冠攣縮性狭心症と診断された76例と正常冠動脈であった対照18例を対象に,ATP負荷タリウム201心筋シンチグラフィーを施行し,局所洗い出し率を求めた.また,SPECT像から視覚的に集積分布の半定量評価を行った.冠動脈領域別の洗い出し率は対照群では有意差を認めなかったが,狭心症群では冠攣縮陰性部位,冠攣縮陽性部位共に対照群に比べて有意に低かった.洗い出し率から求めた冠攣縮診断率は感度,特異度,正確度とも視覚評価によるものに比べて有意に高かった.集積分布の視覚評価では病変枝数が増す...
【肺感染症の画像診断 非感染性炎症との鑑別のために】気管支パターン
宮川 正男, 熊野 正士, 村上 忠司, 阿部 聖裕, 平山 猛, 西村 一孝, 安原 美文, 望月 輝一, 池添 潤平
画像診断   20(4) 411-417   Mar 2000
【最近注目されている肺疾患】lymphomatoid granulomatosis(リンパ腫様肉芽腫)
宮川 正男, 熊野 正士, 村上 忠司, 阿部 聖裕, 平山 猛, 西村 一孝, 望月 輝一, 池添 潤平, 杉田 敦郎
臨床画像   15(11) 1348-1354   Nov 1999
術後非小細胞肺癌(N2)に対する放射線療法と化学療法(Carboplatin)同時併用の試み
中野 昇, 貴島 弘樹, 山村 憲幸, 上田 晋也, 亀田 祐子, 宮川 正男
癌と化学療法   26(6) 845-847   May 1999
15例全例に本療法を完了できた.carboplatinは全例300mg/m2まで投与し,放射線療法は総量40Gyが1例,40Gyを超え50Gy以下が12例,50Gyを超え60Gy以下が2例であった.長期予後を示す累積生存率は,1年生存率86.2%,2年生存率57.4%,3年生存率36.9%であった.副作用では,Grade 2以上が白血球減少では5例(33.3%),食道炎では2例(13.3%)に認めた.放射線肺炎は放射線総量45Gyと48Gyの2例(13.3%)に,5ヵ月後と2ヵ月後に発症し...
奇静脈瘤の1治験例
中野 昇, 山村 憲幸, 貴島 弘樹, 亀田 祐子, 宮川 正男
愛媛医学   18(1) 76-80   Mar 1999
【結核症の画像診断】肺結核のCT,HRCT
宮川 正男, 西村 一孝, 亀田 祐子, 梶谷 元改, 阿部 聖裕, 望月 輝一, 平山 猛, 池添 潤平
臨床画像   14(増刊) 38-49   Oct 1998
肺癌 画像診断の展望 ヘリカルCTの光と影
池添 潤平, 安原 美文, 宮川 正男, 西村 一孝
呼吸   17(10) 1103-1106   Oct 1998
【呼吸管理の全て】呼吸不全の診断 画像診断からみた呼吸不全
池添 潤平, 安原 美文, 梶谷 元改, 宮川 正男, 西村 一孝
救急医学   22(10) 1142-1148   Sep 1998
【肺肉芽腫症の画像診断】Wegener肉芽腫症
安原 美文, 梶谷 元改, 池添 潤平, 赤宗 明久, 宮川 正男, 最上 博, 二宮 克彦
画像診断   18(8) 808-816   Aug 1998
感染症の画像診断update 結核 肺結核症
宮川 正男, 池添 潤平, 竹内 規之
臨床放射線   42(5) 557-563   May 1997
201Tl-SPECTで高度な集積を認め,67Gaシンチでは集積を認めなかった肺癌の1症例
渡辺 浩毅, 宮川 正男, 塩出 昌弘
医療   49(9) 769-772   Sep 1995
60歳男.検診目的で撮った胸部X線写真で左肺上葉に腫瘤陰影を指摘され,気管支鏡下肺生検を施行したが確定診断に至らず,開胸肺生検にて未分化型大細胞癌と診断した.CT及びGaシンチを用いた術前診断では鑑別診断が困難であったが,201Tl-SPECTが病変部に高度な集積を認め,リンパ節転移の有無を指摘できた
心筋viability評価法としてのニトログリセリン舌下併用201Tl再静注法の試み
宮川 正男, 熊野 正士, 関谷 達人
核医学   31(8) 943-950   Aug 1994
虚血性心疾患を対象に,従来の運動負荷201Tl心筋SPECT少量再静注法を施行した40例と,201Tl再静注前にニトログリセリンを舌下投与した40例との間で再分布の程度を比べた。1)側副血行支配領域で再静注像にて201Tlのfill inが認められた区域数は,NTG(-)群に比しNTG(+)群で有意に多かった。このため全領域においても,再静注像で201Tlのfill inを認めた割合はNTG(+)群が46%で,NTG(-)群の36%に比し高率であった。2)ニトログリセリン舌下を併用する20...
心筋タリウムSPECTによるPTCAの評価
宮川 正男, 関谷 達人, 渡辺 浩毅
愛媛県医師会報   (684) 88-94   Oct 1993
Anthracycline系抗癌剤による心筋障害の血清診断の可能性 心筋ミオシン軽鎖I測定RIAキットの検討
木村 良子, 宮川 正男, 阿多 まり子
核医学   28(12) 1521-1527   Dec 1991
1)心筋ミオシ軽鎖測定キットによるanthracycline, anthraquinone系抗癌剤よる心筋障害検出の可能性について検討した.2)キットの信頼性は良好であったが,アッセイ温度の厳密さが要求された.3)アドリアマイシン心筋障害ラットモデルにおいて,30 mg/kg投与ラットのミオシン軽鎖値の上昇を認めた.4) anthracycline, anthraquinone系抗癌剤を投与された12症例19コースにおいて,4例でミオシン軽鎖値の上昇を認め,心プールシンチグラフィを施行され...
アドリアマイシン慢性心筋障害検出における安静時Thallium-201心筋シンチグラフィの臨床的有用性の検討 心プールシンチグラフィとの対比において
宮川 正男
愛媛医学   10(2) 334-339   Jun 1991
ADMを投与された患者12例において安静時Tl心筋SPECT及びTc-99m HSAによる心プールシンチグラフィを施行し,ADM慢性心筋障害の早期検出における安静時Tl washout rate及びLVEFの有用性を検討した.Tl washout rateはLVEFより早期に,またADM総投与量の増加に伴って減少し,ADM心筋症早期検出の1指標となることが示唆された

Books etc

 
Perspective on nuclear medicine diagnosis and integrated therapy.
Miyagawa M, Nishiyama Y, Ishimura H, Tashiro R, Ide K, Mochizuki T. (Part:Contributor, Emerging trends and future perspective of novel cardiac SPECT technology.)
Springer Japan KK, Ltd.   2016   

Conference Activities & Talks

 
Complete suppression of physiological FDG uptake achieved by means of more than 18 hr fasting with low carbohydrate diet in patients with cardiac sarcoidosis.
SNMMI 2019 (Seminar of Nuclear Medicine and Molecular Imaging); 63th Annual Meeting   24 Jun 2019   
Nuclear Cardiology for Non-Ischemic Heart Disease [Invited]
MIYAGAWA Masao
13 Apr 2019   
Role of FDG-PET in the diagnosis of cardiac sarcoidosis. [Invited]
MIYAGAWA Masao
2018 Annual Congress of East Asia Nuclear Medicine Association (EANMA 2018)   17 Nov 2018