海津 一朗

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/08 11:40
 
アバター
研究者氏名
海津 一朗
 
カイヅ イチロウ
所属
和歌山大学
部署
教育学部
職名
教授,教授
学位
博士(史学)(東京都立大学)
その他の所属
和歌山大学

プロフィール

日本中世史。編著『世界史につながる日本史 紀伊半島からの視座』ミネルヴァ書房2018で、16c紀州惣国一揆を倭寇世界の一分岐と見るなど、紀州地域を世界(史)の窓口とする歴史像を発信した。稲生淳と県下の教員の共同研究を組織。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1996年
 - 
2003年
 和歌山大学教育学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1989年
東京都立大学 人文科学研究科 史学
 
 
 - 
1981年
東京学芸大学 教育学部 B類社会科
 

委員歴

 
1989年
 - 
1991年
歴史学研究会  委員
 

書籍等出版物

 
世界史とつながる日本史 紀伊半島からの視座
海津 一朗 (担当:共編者, 範囲:序・3・4・8・9・21章)
ミネルヴァ書房   2018年4月   
中世都市根来寺と紀州惣国
海津 一朗 (担当:編者)
同成社   2013年8月   
紀伊国かせだ荘
海津 一朗 (担当:編者)
同成社   2011年5月   
中世終焉
海津 一朗 (担当:編者)
清文堂   2008年3月   
きのくに歴史探見
海津 一朗 (担当:編者)
白馬社   2006年6月   
中世の変革と徳政
海津一朗
吉川弘文館   1994年   
蒙古襲来
海津一朗
吉川弘文館   1998年   
神風と悪党の世紀
講談社   1996年   
楠木正成と悪党
海津一朗
筑摩書房   1999年   
南北朝の動乱 日本の時代史6
海津一朗 (担当:分担執筆)
吉川弘文館   2003年12月   

所属学協会

 
 

Works

 
西岡虎之助 紀南への旅
海津 一朗   教材   2012年3月
秀吉の太田城水攻め
海津 一朗   Webサービス   2009年3月
中世探訪南部荘と高田土居
2001年
南部荘遺跡の復元研究
2000年 - 2002年
和歌山平野における荘園・遺跡の復元研究
2003年

競争的資金等の研究課題

 
中世の紀伊半島における歴史遺跡・名所の創作および保存・活用事業データベースの作成
日本学術振興会 : 科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 海津 一朗
西岡虎之助蒐集中世絵画史料コレクションの復原と模写技法の基礎的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 海津 一朗
神護寺領紀伊国かせだ荘の1185年荘園景観の復元研究
日本学術振興会 : 科学研究補助金
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 海津 一朗
中世都市根来寺内周辺における荘園景観の復元研究
日本学術振興会 : 科学研究費補助金
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 海津 一朗
日本中世の荘園制について
科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2005年