永山 忍

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/09 02:41
 
アバター
研究者氏名
永山 忍
 
ナガヤマ シノブ
eメール
s_nagahiroshima-cu.ac.jp
所属
広島市立大学
部署
情報科学研究科情報工学専攻
職名
教授
学位
博士(情報工学)(九州工業大学)

プロフィール

・平成12年 論理シミュレータの開発に従事
・平成13年 決定グラフの最適化と応用に関する研究に従事
・平成16年 数値計算回路の設計および合成法に関する研究に従事
・平成22年 ディジタル波形信号合成器の開発とその設計自動化に関する研究に従事
・平成22年 決定グラフを用いた多状態システムの解析法に関する研究に従事
・平成24年 決定グラフを用いた正規表現マッチングに関する研究に従事
・平成28年 車載ネットワークへの不正侵入防止システムの開発に関する研究に従事

研究分野

 
 

経歴

 
2004年10月
 - 
2005年3月
(財)北九州産業学術推進機構 招聘研究員
 
2005年4月
 - 
2008年3月
広島市立大学 情報科学部 情報工学科 助手(助教)
 
2008年4月
 - 
2010年3月
広島市立大学 大学院 情報科学研究科 情報工学専攻 講師
 
2010年4月
 - 
2016年3月
広島市立大学 大学院 情報科学研究科 情報工学専攻 准教授
 
2016年4月
   
 
広島市立大学 大学院 情報科学研究科 情報工学専攻 教授
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2000年3月
明治大学 理工学部 情報科学科
 
2000年4月
 - 
2002年3月
明治大学 理工学研究科 基礎理工学専攻
 
2002年4月
 - 
2004年9月
九州工業大学 情報工学研究科 情報システム専攻
 

委員歴

 
2007年11月
 - 
2008年5月
第38回 IEEE多値論理国際会議  プログラム委員
 
2008年5月
 - 
2011年5月
IEEEコンピュータソサイエティ多値論理専門委員会  広義委員
 
2009年5月
 - 
2009年10月
電気・情報関連学会中国支部第60回連合大会  特別講演・懇親会幹事
 
2009年10月
 - 
2010年2月
ASPDAC2010 学生フォーラム  ポスター選奨委員
 
2009年10月
 - 
2011年9月
多値論理研究会  庶務担当幹事
 

受賞

 
2000年3月
学業成績優秀賞
 
2001年12月
武田研究奨励賞
 
2003年2月
IEEE福岡支部学生研究奨励賞
 
2005年5月
Outstanding Contributed Paper Award, 34th IEEE ISMVL
 
2006年7月
平成18年度 システムLSI設計技術研究会 優秀論文賞
 

論文

 
An exact optimization method using ZDDs for linear decomposition of symmetric index generation functions
永山 忍, 笹尾 勤, ジョン バトラー
International Federation of Computational Logic Journal of Logic and Their Applications   5(9) 1849-1866   2018年12月   [査読有り][招待有り]
A balanced decision tree based heuristic for linear decomposition of index generation functions
永山 忍, 笹尾 勤, ジョン バトラー
IEICE Transactions on Information and Systems   E100-D(8) 1583-1591   2017年8月   [査読有り]
多状態システムの高速な解析のための枝重みつきMDDの最適化について
永山 忍, 笹尾 勤, ジョン バトラー, ミッチェル ソーントン, セオドア マニカス
IEICE Transactions on Information and Systems   E97-D(9) 2234-2242   2014年9月   [査読有り]
An Area Efficient Regular Expression Matching Engine Using Partial Reconfiguration for Quick Pattern Updating
若葉 陽一, 若林 真一, 永山 忍, 稲木 雅人
IPSJ Transactions on System LSI Design Methodology   (7) 110-118   2014年8月   [査読有り]
初等関数の区分的算術式と数値計算回路の設計への応用
永山 忍, 笹尾 勤, ジョン バトラー
Journal of Multiple-Valued Logic and Soft Computing   23(3-4) 293-313   2014年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Cambridge Scholars Publishing   2016年5月   
MORGAN & CLAYPOOL PUBLISHERS   2014年11月   
2010年度論文賞の受賞論文紹介:柔軟な専用回路の開発を目指して
一般社団法人 情報処理学会   2011年8月   

講演・口頭発表等

 
インデックス生成関数の最適な線形分解のための動的計画法
永山 忍
IEEE International Symposium on Multiple-Valued Logic   2019年5月23日   
インデックス生成関数の線形分解のためのZDDを用いた厳密最適化手法化
永山 忍
IEEE International Symposium on Multiple-Valued Logic   2018年5月17日   
An FPGA-based Nearest Neighbor Search Engine Using Distance-Based Hashing for High-Dimensional Data
Toshitaka Ito, Yuri Itotani, Shin'ichi Wakabayashi, Shinobu Nagayama, Masato Inagi
Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies   2018年3月27日   
インデックス生成関数の線形分解のための厳密最適化アルゴリズム
永山 忍
IEEE International Symposium on Multiple-Valued Logic   2017年5月23日   
Development of fast and reliable network intrusion detection systems underlying IoT [招待有り]
永山 忍
新世代ICTの羅針盤 - 通研共同プロジェクトからのメッセージ -   2017年2月23日   東北大学 電気通信研究所

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
数値計算回路の自動合成および設計検証システムの開発に関する研究
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月
決定グラフを用いた初等関数の表現法とその応用に関する研究
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月
最適化問題の高速解法のためのリコンフィギャラブル専用エンジンに関する研究
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月
多変数数学関数回路の自動合成システムの開発に関する研究
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月
多変数数学関数と浮動小数点数学関数の決定グラフによる表現法に関する研究
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月

特許

 
2013-161411 : 多状態システムの解析方法および解析装置
永山忍, 笹尾勤, ジョン・バトラー
2012-250017 : 多状態システムの診断方法及び診断装置
永山忍, 笹尾勤, ジョン・バトラー