安達 由洋

J-GLOBALへ         更新日: 14/08/29 13:17
 
アバター
研究者氏名
安達 由洋
 
アダチ ヨシヒロ
所属
東洋大学
部署
総合情報学部
職名
教授
学位
工学博士(名古屋大学)
科研費研究者番号
10139040

論文

 
Yoshihiro Adachi
CoRR   abs/0903.2207    2009年   [査読有り]
Yoshihiro Adachi,Yudai Furusawa
ECEASST   7    2007年   [査読有り]
Yoshihiro Adachi
Proceedings of the 11th International Conference on Distributed Multimedia Systems, DMS 2005, September 5-7, 2005, Fairmont Banff Springs Hotel, Banff, Alberta, Canada   303-308   2005年   [査読有り]
Yoshihiro Adachi
Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man & Cybernetics: The Hague, Netherlands, 10-13 October 2004   502-507   2004年   [査読有り]
文脈依存NCEグラフ文法とその構文解析可能性
安達 由洋,小林卓
情報処理学会論文誌   42(SIG 5(TOM 4)) 42-52   2001年   [査読有り]

書籍等出版物

 
情報工学実験改訂版
森秀樹,伊東克能,安達由洋,上原稔,大坪紘一,杉本富利,佐藤進 (担当:分担執筆, 範囲:第8章デジタル信号処理,第9章自然言語処理,第10章ニューラルネットワーク)
ヴェリタス書房   2001年   
佐藤 章, 安達 由洋, 大野 豊
共立出版   1994年   ISBN:4320026977

講演・口頭発表等

 
産学連携による学生の実践力向上に向けた教育プログラムの現状と課題2012
大場善次郎,尾崎晴男,椿光太郎,大蒔和仁,安達由洋,上原稔
第61 回年次大会(平成25年度)工学教育研究講演会   2013年   
産学連携による学生の実践力向上に向けた教育プログラムの開発
大場善次郎,尾崎晴男,椿光太郎,大蒔和仁,安達由洋,山際基
第60 回年次大会(平成23 年度)工学教育研究講演会   2012年   
プログラム図を用いたProlog学習支援環境
古澤雄大,安達由洋
第6回情報科学技術フォーラム   2007年9月   
文脈依存NCEグラフ文法に基づく図形言語設計システム
坂本英晃,安達由洋
第66回情報処理学会全国大会   2004年   
図形言語のグラフ文法に基づく設計支援
内田潤一,安達由洋
第62回情報処理学会全国大会講演   2001年