柑本 英雄

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/05 23:29
 
アバター
研究者氏名
柑本 英雄
 
コウジモト ヒデオ
所属
日本大学
部署
法学部政治経済学科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2001年4月
 - 
2010年3月
弘前大学 人文学部 助教授
 
2010年4月
 - 
2011年3月
早稲田大学 国際言語文化研究所 客員研究員
 
2010年4月
 - 
2014年3月
弘前大学 人文学部 教授
 
2011年4月
   
 
早稲田大学 国際言語文化研究所 招聘研究員
 
2012年2月
 - 
2012年8月
カナダブリティッシュコロンビア大学 海洋研究所 客員教授
 

委員歴

 
2017年
   
 
日本選挙学会  理事
 
2002年10月
   
 
北東アジア学会  常任理事
 
2002年10月
 - 
2005年9月
北東アジア学会  事務局長
 

書籍等出版物

 
The New International Relations of Sub-Regionalism
Hidetoshi Taga
Routledge   2018年9月   ISBN:978-1138093256
国際関係論(Next教科書シリーズ)第3版
弘文堂   2018年2月   
祈りと再生のコスモロジー:比較基層文化論序説
成文堂   2016年10月   
EUのマクロリージョン:欧州空間計画と北海・バルト海地域協力
勁草書房   2014年9月   
津軽から発信!母国を離れプロフェッションに生きる 国際コーディネーター編(弘大ブックレットNo.11)
弘前大学出版会   2014年1月   
津軽から発信!国際緊急医療援助に生きる 朝日茂樹医師のJDR活動編(弘大ブックレットNo. 10)
弘前大学出版会   2013年7月   
津軽から発信! 国際協力キャリアを生きる JICA編(弘大ブックレットNo. 5)
弘前大学出版会   2008年12月   
比較文化の可能性―日本近代化論への学際的アプローチ
成文堂   2007年1月   
サブリージョンから読み解くEU・東アジア共同体―欧州北海地域と北東アジアの越境広域グランドデザイン比較
弘前大学出版会   2006年9月   
リージョンの時代と島の自治:バルト海オーランド島と東シナ海沖縄島の比較研究
中央大学出版部   2006年3月   
共生と循環のコスモロジー:日本・アジア・ケルトの基層文化への旅
成文堂   2005年6月   
新現代社会(高校教科書)
桐原書店   2003年   
日本海学の新世紀3:循環する海と森
角川書店   2003年3月   
国際的行為体とアイデンティティの変容:欧州沿岸辺境地域会議と共通漁業政策をめぐって
成文堂   2000年10月   

論文

 
「協生」から考えるドナウサブリージョンの現状とEGTC
柑本英雄
北東アジア地域研究   23 29-39   2017年10月   [査読有り][招待有り]
ユーロリージョンとEGTCの違いに着目し、それがCADSES INTERREGマクロリージョンプログラムの失敗を超克する方法論として、ドナウマクロリージョンで生かされていることについての考察。
サブリージョナリズム分析の新しい潮流:ソフトな空間概念からのアプローチ
柑本 英雄
北東アジア地域研究   (22) 1-17   2016年   [査読有り]
柑本 英雄
北東アジア地域研究   (17) 31-47   2011年10月   [査読有り]
This paper discusses the changing nature of international cooperation in the macro-regions through an analysis of the "EU Baltic Sea Strategy" from the perspective of the analytical framework of political geography re-scaling. The macro-region st...
柑本 英雄
都市計画   60(2) 7-14   2011年4月
This paper discusses the changing nature of the international cooperation in the macro-regions through analyzing the "EU Baltic Sea Strategy," world first strategy for Macro-regions. The strategy sets trans-national/ cross-scale/ stakeholder part...
柑本英雄
北東アジア地域研究   (14) 1-20   2008年10月   [査読有り]
This paper examines features of scales as an applicable framework for promoting trans-national cooperation activities within mezzo-regions such as the North East Asia region and the North Sea region. Based on this discussion, the paper offers cri...
柑本 英雄
環日本海研究   (11) 39-62   2005年10月   [査読有り]
In the process of the enlargement and deepening of the European Union, several significant changes have been observed in the regional policy arena. The European Commission has launched the INTERREG II C Programme and has established policy recepta...
欧州連合漁業政策をめぐる問題―シェトランド、PESCA、INTERREGを題材に
柑本 英雄
国際漁業研究   5(1) 27-32   2002年6月   [査読有り]
The European Union has a Common Fisheries Policy in order to manage fisheries for the benefit of fishing communities. The deadline for the review of the CFP has now expired and it is possible the new CFP can come into force in 2003. In this pape...
柑本 英雄
社会科学研究科紀要 別冊   (7) 79-95   2001年3月   [査読有り]
柑本 英雄
環日本海研究   (6) 55-69   2000年10月   [査読有り]
This paper aims at investigating the recently changing nature of sub-regionalism in Europe. In1997, European Community (EC) started the "Community Initiative INTERREG II C." This is the first initiative that introduced the concept of categorizing ...
柑本 英雄
社会科学研究科紀要 別冊   (6) 47-64   2000年9月   [査読有り]
柑本 英雄
社会科学研究科紀要 別冊   (5) 177-199   2000年3月   [査読有り]
柑本 英雄
ソシオサイエンス   (5) 123-136   1999年3月   [査読有り]
Hideo KOJIMOTO
社会科学研究科紀要 別冊   (2) 83-94   1998年3月   [査読有り]
Observation on How Effectively the LDP Had Maintained Its Dominance in the Period 1973-93: A New Approach Based on Organizational Identity Theory
Hideo KOJIMOTO
早稲田大学ソシオサイエンス   (4) 173-186   1997年3月   [査読有り]
Changing Nature of Japan's Identity and Identity Formation from the 1960s to Post-Cold War Era
Hideo KOJIMOTO
University of Essex      1996年3月   [査読有り]

Misc

 
英国のEU離脱、スコットランドの英国からの独立問題
柑本 英雄
地理月報   (548) 9-12   2017年1月   [依頼有り]
ロシア・東欧「関係性の中の地域」(2016年研究大会 分科会報告)
柑本 英雄
日本国際政治学会ニューズレター JAIR Newsletter   (150) 17-17   2017年1月   [依頼有り]
大学生が本を編む(2)
柑本 英雄
日本教育   (431) 24-25   2014年2月   [依頼有り]
大学生が本を編む(1)
柑本 英雄
日本教育   (430) 24-25   2014年1月   [依頼有り]
柑本 英雄
人文社会論叢 社会科学篇   (18) 195-208   2007年8月
共存の海へ:早分かり「環日本海学会」(新聞特集連載、全8回)(編集・執筆)
東奥日報      2005年9月
欧州連合の実務担当者と交流を深める:欧州連合短期招聘プログラム EUVP
柑本 英雄
europe   (235) 31-35   2003年   [依頼有り]
朝日茂樹, 木田和幸, 三田礼造, 和田簡一郎, 西沢義子, 野田美保子, 斎藤久美子, 柑本英雄
東北学校保健学会会誌   (49) 46-47   2001年9月

講演・口頭発表等

 
Findings from Outside
EU Maritime Week 2009   2009年5月   The Local Dimension To European Maritime Policy
北東アジアにおける環海洋ガバナンスの可能性と、欧州の環海洋ガバナンスと施策群に対する外からの知見について、EU海洋週間イベントで講演を行った。
Strategical Identity Formation of North Sea Commission [招待有り]
General Assembly of the North Sea Commission   2000年6月   Conference of Peripheral Maritime Regions
欧州北海地域委員会年次総会において、北海沿岸地域の参加行為体によるアイデンティティの戦略的変容と政策関与について講演を行った。

競争的資金等の研究課題

 
地域政策における領域的結束の研究
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 柑本英雄
ポストBrexitの自治地域の比較研究:スコットランド、ウェールズ、北アイルランドをめぐって
一般財団法人櫻田會: 第36回政治研究助成金
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月
東アジアにおける重層的サブリージョンと新たな安全保障アーキテクチャ
日本学術振興会: 日本学術振興会科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 多賀秀敏
EU地域政策とクロススケールガバナンス:EUドナウ戦略の研究
日本学術振興会: 日本学術振興会科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
東アジアにおけるサブリージョナル・ガバナンスの研究:拡大メコン圏形成過程を事例に
日本学術振興会: 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
EU地域政策とマクロリージョンの研究:北海マクロリージョン戦略策定プロセスの検証
日本学術振興会: 日本学術振興会科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
グローバル時代のマルチ・レベル・ガバナンス-EUと東アジアのサブリージョン比較
日本学術振興会: 日本学術振興会科学研究費補助金
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 多賀秀敏
越層する国際的行為体の研究:自治体によるEU「地域別」漁業政策の取り組み
日本学術振興会: 日本学術振興会科学研究費補助金
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 柑本英雄
欧州ランドスケープ条約が各地域の景観・観光政策に及ぼす効果発現の実証的研究
日本学術振興会: 日本学術振興会科学研究費補助金
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月
イタリアの国境地域と島嶼地域の“境界領域のメタモルフォーゼ”に関する比較地域研究
日本学術振興会: 日本学術振興会科学研究費補助金
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 新原道信
欧州サブリージョンのグランドデザインに関する比較研究―「領域的結束」具体化の分析
日本学術振興会: 日本学術振興会科学研究費補助金
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 柑本英雄
EUサブリージョンと東アジア共同体:地域ガバナンス間の国際連携モデル構築
日本学術振興会: 日本学術振興会科学研究費補助金
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 多賀秀敏
21世紀“共成”システム構築を目的とした社会文化的な“島々”の研究
日本学術振興会: 日本学術振興会科学研究費補助金
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 新原道信
EU統合における地方自治体の役割の研究―バルカン半島・黒海周辺への拡大をみすえて
日本学術振興会: 日本学術振興会科学研究費補助金
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月    代表者: 柑本英雄
欧州新地域主義の胎動
早稲田大学: 早稲田大学研究助成基金学術出版補助金
研究期間: 1999年4月 - 2000年3月    代表者: 柑本英雄

受賞

 
2015年10月
実践女子大学 第1回ベスト・ティーチング賞
 
2010年7月
弘前大学出版会 第1回弘前大学出版会賞
 
監修書『津軽から発信!国際協力キャリアを生きる JICA編』(弘前大学出版会、2008)に対して
2010年2月
国際協力機構(JICA) 2008年度国際協力機構(JICA)広報グランプリ国際協力推進特別賞
 
監修書『津軽から発信!国際協力キャリアを生きる JICA編』(弘前大学出版会、2008)に対して
2010年1月
弘前大学 平成21年度(第1回)弘前大学における教育に関して優れた業績を上げた教員
 

社会貢献活動

 
EU~国境のない世界~
【講師】  NPO法人子ども大学かわごえ  2016年度第2回授業  (尚美学園大学)  2016年7月9日 - 2016年7月9日
国連大学グローバル・セミナー 第5回東北セッション「地球(グローブ)の危機管理―直面する危機への対処と長期的リスクマネジメントへの展望」、実行委員
【運営参加・支援】  国連大学  国連大学グローバル・セミナー 第5回東北セッション  (弘前大学)  2006年9月10日 - 2006年9月13日
国連大学グローバル・セミナー東北セッション実行委員
【】  国連大学  国連大学グローバル・セミナー東北セッション  2005年10月 - 2006年7月
国連大学グローバル・セミナー 第2回東北セッション「地球環境と地域開発」、プログラム委員
【】  国連大学  国連大学グローバル・セミナー 第2回東北セッション  (秋田大学)  2003年7月27日 - 2003年7月30日
国連大学グローバル・セミナー東北セッションプログラム委員
【】  国連大学  国連大学グローバル・セミナー東北セッション  2002年9月 - 2003年7月

担当経験のある科目