NEMURA Naomi

J-GLOBAL         Last updated: Dec 3, 2019 at 02:47
 
Avatar
Name
NEMURA Naomi
E-mail
nemura.naominihon-u.ac.jp
URL
http://www.eco.nihon-u.ac.jp/~nemura/index.html
Affiliation
Nihon University
Section
College of Economics, College of Economics
Job title
Professor
Degree
Ph.D.in Humanities(Ochanomizu University), MA in Literature(Ochanomizu University)
Research funding number
10251696

Research Areas

 

Academic & Professional Experience

 
Oct 1992
 - 
Mar 1996
Associate Reseacher, Doctoral Course, Graduate School of Humanities and Sciences, Ochanomizu University
 
Apr 1994
 - 
Mar 2002
Part-time Lecturer in Humanities and Ethics, Tokyo Medical and Dental University
 
Nov 1996
 - 
Mar 1999
Associate Reseacher, Institute for Gender Studies, Ochanomizu University
 
Apr 2000
 - 
Mar 2002
Researcher, Institute for Gender Studies, Ochanomizu University
 
Apr 2002
 - 
Mar 2006
Associate Professor, College of Economics, Nihon University
 

Education

 
 
 - 
1987
Department of Philosophy, Faculty of Letters and Education, Ochanomizu University
 
 
 - 
1992
Department of Comparative Study of Cultures, Doctoral Research Course in Human Culture(Graduate School of Humanities and Sciences), Ochanomizu University
 

Awards & Honors

 
1994
Japan Moral Education Society Award
 

Published Papers

 
Posthumanism and Constructionism of the Body in the Film Ghost in the Shell 2: Innocence
Naomi Nemura
Socio-Informatics   第5(1号) 73-88   Sep 2016   [Refereed]
 This study analyzes what kind of body schema and image is created by posthumanism. In the film Ghost in the Shell 2: Innocence, the bodies of dolls are interpreted as artificial constructions. The body schema and image constitutes the underlying ...
A Study of Change of the Body View in Cyberculture
Naomi Nemura
Journal of Socio-Informatics   7(1) 31-46   Nov 2014   [Refereed]
First of all,this paper shows that although early cyberculture describes a utopia of the near future where escape from the body is realized by technologies , expressions of new experiences of bodies in our everyday life have become an important pa...
A Study of the Self and the Body in Cyberspace : In What Way does the Objection to the Gender Order in Real Life Become Possible?
根村 直美
Journal of Socio-Informatics   14(1) 78-91   Jan 2010   [Refereed]
This paper examines how the self born in cyberspace experiences the body. In this investigation, preceding studies of cybercultures and game cultures are referenced. The self which appears in cyberspace may be the self released from the restrictio...
The Multiplicitous Self in the Information Society: Its Ethical Possibility
根村 直美
Journal of Social Informatics   18(1) 31-44   Mar 2006   [Refereed]
本論文では、タークルが描き出したインターネット時代の「自己」の多元性とそうした「自己」の広がりについて考察を試みた。そして、タークルの研究を、ポストモダン哲学が示す曖昧で多義的な「自己」が立ち現れはじめていることを示すものと位置づけた。これらの考察を通じて、本稿筆者は、情報社会の「自己」像は、既存の「倫理」への「異議申し立て力」がより現実的な力となりうる可能性を示しているのではないかという結論に至っている。
A Study of Gender Perspective: from the Viewpoints of Putnam’s Internal Realism and Laudan’s Reticulated Model
Journal of Gender Studies,Institute for Gender Studies, Ochanomizu University   (14) 31-43   Mar 2011   [Refereed]
本稿ニおいては、パトナムの内的実在論の議論を援用しつつ、<社会的構築>を中核に置き世界を把握するパースペクティブを読み解くとともに、その立場から、<セックス>というカテゴリー、<男性><女性>というカテゴリーについて論じた。 また本稿は、そのような立場をとりながら、ジェンダー・パースペクティブを相対主義と区別することヲ試みた。すなわち、ジェンダー・パースペクティブにラウダンの正当化モデルを取り入れることを試みたのである。

Misc

 
Naomi Nemura
2014年社会情報学会(SSI) 学会大会研究発表論文集   271-276   Sep 2014
This paper attempts a phenomenological analysis of the corporeal schema or body-image in the movie Ghost in the Shell directed by Mamoru Oshii. The analysis focuses on the main character, Major Motoko Kusanagi, to examinee three types of the corp...
Naomi Nemura
2015年社会情報学会(SSI)学会大会 研究発表論文集   24-29   Sep 2015
This paper tries to explore the body view of Hatsune Miku by connecting with the "digital performance." Specifically, Hatsune Miku is weighed against digital performances of Merce Cunningham. It is concluded that Hatsune Miku and digital performan...
Naomi Nemura
2017年社会情報学会(SSI)学会大会 研究発表論文集   1-6   Sep 2017
This study explores critical posthumanism, propounded by Stefan Herbrechter, by comparing it with transhumanism, put forward by some philosophers. Critical posthumanism is similar to transhumanism in that it assumes the technological progress has ...
A Study of the Concept of ‘Becoming Cyborg’
Naomi Nemura
2011年日本社会情報学会(JASI&JSIS)合同研究会 研究発表論文集   89-94   Sep 2011
This paper attemts to thoeize the experiences of ‘becoming cyborg’ in an information society. The experiences can introduce objections to the gender order of real-life and reconstruction the order. In the world where we have cyberspace, most of us...
MMORPG(マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロールプレイング・ゲーム)におけるジェンダー・スウィチングに関する一考察
根村 直美
JSIS&JASIS 合同研究大会 研究発表論文集   38-43    Aug 2007
本論文では、現実のジェンダー秩序において不利な立場に置かれている女性の方が、MMORPGにおける現実とは異なるジェンダーでの経験に対して敏感でより意識的である一方、ジェンダー秩序において有利な立場にある男性が女性の立場に立つということは自身の「醜さ」を直視せざるをえない営みとなり、心理的に相当の負荷がかかることを明らかにした。

Books etc

 
An Introduction to Posthuman Ethics: Bodies in Cyberculture
Naomi Nemura
Seikyusha   Feb 2017   ISBN:978-4-7872-3413-1
 本書は、<サイバー・カルチャー>のうちにどのような自己や身体、そして、ジェンダーが現れてきているのかを明らかにすることを通じて、ポスト・ヒューマン社会に対応する倫理の探究への扉を開こうとしたものである。その際には、現在うみだされつつあるそれらの理解のあり方に対して<現状批判>に興じるような姿勢を避け、情報社会の可能性を探る立場を取った。すなわち、現在の電子的環境がうみだしつつある自己、身体、そして、ジェンダーの理解を、<既存の仕方で秩序化された世界>とは異なる世界の可能性を明らかにするも...
A Challenge of Contemporary Ethics: Self-Determination and Gender for Realization of Mutal Respect
Naomi Nemura
Gakujutu Shuppnkai   Dec 2013   ISBN:978-4-284-10400-5
 本書は、現代の倫理的な諸問題を考察するにあたって重要と考えられる2つの概念、<自己決定>と<ジェンダー>に関わる考察をまとめたものである。本書では、<自己決定>や<ジェンダー>を、社会における価値観の多様化と科学・技術の発達とが我々に新たな問いをつきつけたことからうまれてきた概念と位置づけた。その2つの概念には様々な批判がなされてきてはいるが、それらに変わるキー概念が登場しているわけでもない。こうした状況を鑑みるとき、求められているのは、それらの概念を放棄することではなく、今一度<相互尊...
Various Aspects of Bioethics
根村 直美
Soeisha/Sanseido Shoten   Sep 2001   ISBN:4-88142-478-5
本書では、エンゲルハートの「多元主義的-合意基底」理論を明らかにするとともに、そこからどのような議論が展開できるのかを探究している。本書では、「倫理」という企ては、それが多元社会において企てられるときには、「平和的交渉」という「合意されたプロセス」による解決の形を取るという考えを中核におき議論を進めている。
Rethinking Care and Health: Health and Gender Ⅳ,editor and author
根村 直美 (Part:Joint Work, 「序論」「実践倫理学における<合意>の再検討」「あとがき」)
Akashi Shoten   Oct 2007   ISBN:978-4-7503-2650-4
 序論では、本書の総括を行うとともに、「ケア」概念の再検討やジェンダー秩序と「セクシュアリティ」の関連について考察を行った。また、第1章では、バイオエシックスをはじめとする実践倫理学の分野において展開されている「合意」についての議論を取り上げ、それらの議論に考察を加えた。その考察を通じて、契約論的なアプローチの直観を維持しつつ議論を展開するフェミニスト倫理学の議論のもつ意義は小さくないことが確認された。
Health, Body and Gender: Health and Gender Ⅲ,editor and author
根村 直美 (Part:Joint Work, 「序論」「倫理学におけるジェンダー・パースペクティブ」「あとがき」)
Akashi Shoten   Feb 2005   ISBN:4-7503-2064-1
序論では、本書の総括のみならず、「性別」および「性別秩序」概念の中核に「社会構築性」をおくジェンダー・パースペクティブを分析哲学者の議論を用いて説明することを試みた。また、第2章では、「健康」や「セクシュアリティ」に関わる倫理学的考察に今後求められるのは、「性別秩序改編のジェンダー・パースペクティブ」であることを明らかにした。さらに、そのパースペクティブを、フーコーの「自由」観や、ラクラウとムフ、そして、ホールが示した「主体」概念と結びつけることによって理論化していくことを試みている。

Conference Activities & Talks

 
A Reflection from a Gender Perspective; Reality of Ethics [Invited]
The Japanese Society for Ethics   9 Oct 2005   日本倫理学会
The WHO Definition of <Health> [Invited]
根村 直美
The Japanese Association for Philosophical and Ethical Researches in Medicine   23 Oct 2003   
The End of‘ Man’and the Posthuman [Invited]
Naomi Nemura
情報技術の展開と哲学   3 Nov 2017   静岡哲学会
  This study explores the critical posthumanism, propounded by Stefan Herbrechter, by comparing it with transhumanism, put forward by some philosophers. Critical posthumanism is similar to transhumanism in that it assumes the technological progre...
コンピュータを介したコミュニケーション論の再構築-ジェンダー分析の新たな視点 [Invited]
Naomi Nemura
群馬大学2008年度社会情報学シンポジウム   23 Jan 2009   群馬大学
根村 直美
2017年度社会情報学会学会大会   17 Sep 2017   社会情報学会(SSI)
 This study explores critical posthumanism, propounded by Stefan Herbrechter, by comparing it with transhumanism, put forward by some philosophers. Critical posthumanism is similar to transhumanism in that it assumes the technological progress has...

Research Grants & Projects

 
サイバー・カルチャーの新たな展開-その<身体>解釈は何を示すのか―
日本学術振興会: 
Project Year: Apr 2013 - Mar 2017    Investigator(s): 根村 直美
Rethinking the Theories of Comuputer-Mediated Comunication: New Directions in Gender Analysis
Project Year: 2005 - 2007
Eugenic Thought in Education; History and Foresight
Project Year: 2003 - 2005
Rethinking the theory of Computer-Mediated Communication; New Gender Analysis
Nihon University Individual Research Grant
Project Year: 2005 - 2005
Construction of Information Ethics Based on Postmodernism: From the Theory of Multiple Selves
Nihon University Individual Research Grant
Project Year: 2004 - 2004

Others

 
2004
「生命倫理年表」中岡成文編『生命』(岩波・応用倫理学講義第1巻)、岩波書店