橋本 正明

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/17 09:56
 
アバター
研究者氏名
橋本 正明
 
ハシモト マサアキ
eメール
masaaki.hashimotokyudai.jp
所属
旧所属 九州工業大学 大学院情報工学研究院 情報創成工学研究系
職名
教授
学位
工学博士(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2000年
 - 
2001年
 九州工業大学情報工学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1970年
九州大学 工学研究科 電子工学専攻
 
 
 - 
1968年
九州大学 工学部 電子工学科
 

委員歴

 
1986年
   
 
情報処理学会  論文査読委員
 
1992年
   
 
電子情報通信学会  知能ソフトウェア工学研究専門委員会委員
 
2005年
   
 
プロジェクトマネジメント学会  論文審査委員会委員
 

受賞

 
2005年
第12回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ貢献賞
 

Misc

 
情報フロー・ダイアグラムによる組み込みソフトウェア非正常系の要求分析の一手法(共著)
情報処理学会論文誌   48(9) 2894-2903   2007年
QFDによる組込みソフトウェア分析・設計の品質管理モデリングに関する一考察(共著)
プロジェクトマネジメント学会誌   7(5) 15-20   2005年
Integrated Development Environment for Knowledge-Based Systems and its Practical Application(共著)
IEICE Transactions on Information and Systems   E87-D(4) 877-885   2004年
電気学会論文誌D(産業応用部門誌)   122-D(8) 862-870   2002年
A Reference Model of CAD System Generation from Various Object Model-Based Specification Description Languages Specific to Individual Domains
IEICE Transactions on Information and Systems   E83-D(4) 713-721   2000年

書籍等出版物

 
Model of the Earned Requirement Value Method and its Experimental Implementation(jointly worked)
Proceedings of the 2nd International Conference on Project Management   2004年   
A Discussion on Modeling Technique of Product-Oriented Project Scheduling in an Example of Building Construction(jointly worked)
Proceeding of the 2nd International Conference on Project Management   2004年   

Works

 
実戦的なシステム分析・IT技術者教育のためのCASEツール統合・高度化の研究
2003年 - 2005年
実戦的なシステム分析・IT技術者教育のためのCASEツール統合・高度化の研究
2003年 - 2005年
実戦的なシステム分析・IT技術者教育のためのCASEツール統合・高度化の研究
2003年 - 2005年
CALSの高度な活用のための多視点ソフトウェア・モデリングに関する研究
1999年 - 2001年
組込み系ソフトウェア分野の非正常系仕様設定技術の研究
2007年 - 2008年

競争的資金等の研究課題

 
ソフトウェア工学に関する研究
共同研究
研究期間: 1993年 - 2009年